× ×
長く続いた戦争と人々の暮らし〜「男たちの大和」〜

(6年:社会科)
 
□ □ □ □ □ □
 
映画「男たちの大和」を鑑賞した。

なぜ大和は出航しなければならなかったのか、当時の戦局がどうだったか、
また乗組員やその家族の立場等について、視聴後に補足、復習した。

そして、昭和19年に魚雷攻撃を受け撃沈された学童疎開船「対馬丸」の話などもした。
<子ども達の感想>
 ヤマトに乗った人々は、これからの日本のために犠牲になったと分かった。あの船長は、60年間の生きる意味が分からなくて、でも最後に生きていた意味が分かってとても良かったと思う。

 「死ニ方用意」・・・そう書かれた黒板を見た時、もう十分に負けると分かっていたはずだ。が、最後まで「船から離れろ!」と言われても、最後の最後まで戦う人達がいた。

 ヤマトと一緒に死んだ仲間達の代わり、仲間達の命の代わりに生きている人達が仲間達の命を引き継いで生きているんだと思った。

 命を落とさずに家族のために命を残しておき、幸せに命をおとせばいいと思った。感じたことは、戦争はこんなにも悲しい事で、死んだ人も生き残った人も、その家族も悲しい思いになりながら生きている。65年前のことを心に刻んでおきたいと思った。

 オバマ大統領の言う通り、核兵器のない世界がぼくはいいと思う。

 「ぬけぬけと帰って来たんあか。」は、自分の息子が死んだからヤケで言ったと思うけど、国のために働いたんだから誉めてあげればいいのに。これ以上犠牲者は増えなくていい。もう二度と戦争は起こしたくないと思った。

 生きて帰ってきたことを喜ぶべきだと思う。死んで喜ぶのは変だ。

 みんな「国のために頑張るぞ!!」と言って死んでしまったのに、偉い人達だけ船に乗らず助かるなんて卑怯だと思った。映画を観て、たくさんの人達が辛い思いをして死んだということが分かった。あと、せっかく頑張って、苦しい思いをして帰って来たというのに「お前だけ・・・」という言い方はひどいと思った。その人がどんな辛い思いで来たか知らないのに!!でもヤマトは沈んでいるので、その戦士達の骨はまだそこにあるってことだし、そのお母さんも最後会えなかったので辛いと思った。

 戦争から生きて帰って来た人に「よくぬけぬけと帰って来たな。」なんて言われたら嫌だ。国を守るために行っていたのに、そんな事を言われたくない。

 どんなにバカにされても恥ずかしくても、自分には生きる意味があるから耐えて生きるべきだと思った。戦争で死ぬとは、国のために死ぬことではないと思った。

 生きて帰った時はいろいろ言われたけど、60年間経ってやっと生きていた意味が分かって良かったと思う。3人が敬礼をしているところがよかった。すごく感動した。

 60年以上前に戦争があって、今日本では戦争はないので、この時代に生まれてよかったなと思った。死ぬと分かっていても行くなんてすごいと思った。国と国とのケンカだったら話をして仲直りとはいかないのかなと思った。戦争で死んでいった人達は、戦争がもしなければ、まだまだいきていたはずだ。

 戦争に行く人は、本当は死にたくないけど、みんなを守るためにヤマトに乗ったんだ。まだ18才の人などが・・・。まだ未来があるのに・・・。昔戦争なんてしていなかったら、たくさんの人を殺さなくてもいいのに。そんなことをして何になるのか。

 本当に戦争が残酷なんだなと思った。ヤマトに乗っていた人は、日本のために戦ってくれるのはいいけど、まだ大人になっていない人達を戦争に出すなんてひどいなと思った。でも、あのヤマトに乗っていて生きて帰って来る人もいるんだなと思い、びっくりした。
 今まで戦争のDVDを見たことはあるけど、この映画はいろいろなことを教えてくれた。私は戦争が憎い。でも憎んだってこの過去は消せない。戦争でたくさんの人が死んだ。ヤマトと一緒に亡くなった人、国内で爆弾の被害に遭った人。
 戦争は今でもある。私は今ある戦争を無くしたい。誰もが願う平和な世界にしたい。争いのない世界に。
 ヤマトで亡くなった人達は最後まで諦めない所がすごい。死ぬと知っているのに。私はこの人達のために日本を助けたいと思う。
 戦死した友達のお母さんの前で「ごめんなさい。ごめんなさい。」と言うところに感動した。おじいさんは60年経っても生きる意味が分からなかったけど、上官の娘に教えられた。私はこのことを胸に刻んで生きていきたいと思った。

 戦争に出て命懸けで戦うことがそんなに勇ましいのか?本当に戦死は立派なのか?敵の軍を殺すことがそんなに偉いことなのか?私は違うと思う。命を投げ出すのは間違っていると思う。確かに国を守る、家族を守ることは大切だ。でも、だからって人殺しをすることはない。私達の先祖も、この戦争で生き残ったから今の私達があるのだが、この先祖も「人殺し」をやってきたのかと思うと悲しい。信じたくない。どうして、日本の偉い人達は、昔自分の仕掛けた戦争を自分で受けなかったのか、どうして自分は戦わないのか、なぜ国民を巻き込んだのか、不思議に思う。今の時代から見ると、国民全員が戦争を進めたと思う。
::     ::
inserted by FC2 system