第15回山代神楽共演大会

・・・今年の会場は、旧本郷村・・・


ノスタルジックな町だった。
至る所で昭和の香りがした。












歴史を大切にしている町だということも分かった。

【杉民治顕彰碑】


杉民治は萩と往復しながら旧本郷村の各所を開墾、開発した。



【十一庄屋義挙400年記念碑「義の心」】


圧政、搾取に苦しんだ農民のために、11人の庄屋が御上に直訴。
暮らし向きは救われたが、その後、処刑され晒し首にされたことを悼む記念碑


【鎮火碑】

明治時代の大火について書かれていた。






 ステージは、何と外!
雪だるまのように着込んで行ったが、それでも寒かった。

家で「これでもか。」というくらい着て、「クマさんみたいになった!」と夫に言うと、
「前からクマさんみたいじゃん!」と言われた。


向垰子ども神楽「大蛇」



なかなか達者なお子達だった。
特に大蛇と奏楽は15歳くらいだったが、大人顔負けだった。


釜ヶ原神楽団「頼政」


鵺(ぬえ)・・・頭が猿で、胴が牛、手足は虎なんだそうだ。
前半はコミカルな演技もあり、後半はプロフェッショナルな舞で
メリハリのある舞台だった。ストーリーが面白かった。




美川観音太鼓保存会


30代から70代まで幅広い年齢の女性がメンバー。
最年少の女性も、それでも15年やっていると言っていた。






本郷子ども神楽「八岐大蛇」











Copyright © 2015-Yoshiko. All Rights Reserved.

inserted by FC2 system