ヴェジタリアン ミール

〜 健全で、新鮮で、元気のある生活をめざして 〜



2014年8月1日
 (上)周南市「ガネーシュ」 (下)岩国市「DEVI」、どちらもおいしゅうございました!

2015年8月5日
マレーシア航空のヴェジタリアンミール。

ヴィーガンミール

 ヒンドゥーミールをオーダーしたが、機内ではヴェジタリアンとノンヴェジタリアンの2種類しか提供していなかったので、これがヒンドゥーミールかどうかは不明。

ラクトオボヴェジタリアン

2014年8月1日
 湯葉料理の「奴」にて

2014年7月19日
 1学期の打ち上げ。周南市の「メイプル・ヒル」にて。ここは肉食か否かが選べるのでありがたい。

2014年6月25日
 
この夏作った梅酒と梅干し、レモン漬け

完成!

6月28日、シソに漬け込んだ。
 
塩漬けの後の天日干しも毎日こつこつと
  

2014年1月4日
エバエアーのヴェジタリアンミール





2013年8月31日
マレーシアとブルネイで食べたヴェジタリアンミールはこちら→
http://yoshiko2.web.fc2.com/malay2.html
 

2012年1月6日
ラオスで食べた物。


↑(右上)ヴィエンチャンでイタリア人が経営しているバーで。20000kipくらいだった。
↑(右中)メコン川で獲れた白身魚のスチーム。
↑(左上)ワッタイ国際空港(ヴィエンチャン)2階の日本料理店のきつねそば。25,000kip(250円)くらいだった。
↑(左下)チャンパサックのメコン川畔のレストランで。ネコが椅子に飛び乗ってきて辟易した。


↑(右中)熊本ラーメン
↑(右下)インド料理、チーズナンとヴェジタブルマサラ&ラッシー
↑(左下)紅茶は砂糖入りリプトン
バナナクレープも、ものすごい量のミルクを投入! ↓(右上)


↑タイ航空のヴェジタリアンミール
 

2011年8月17日
 インドネシアで食べたベジタリアンメニュー

 香辛料が、もうそれはそれは辛かった。豆腐はとてもポピュラーだった。
 
バジル・パスタ ヴェジタリアン・ピザ
ミー・ゴレン ナシ・ゴレン
 
シンガポールエアラインのベジタリアンメニュー↓
 

2011年8月5日
 スリランカのスーパー(食品売り場)で買った「KASAKASA」。種なのか穀物なのか正体がよく分からなかったので、台所の保管庫で眠ったままだったのだが、今日やっと調べ、正体が分かった。それは、グルコマンナン豊富なバジルシードで、スリランカで昔から親しまれている食材なのだそうだ。コレステロールの再吸収や糖質の吸収も抑えるのだそうだ。1年も寝かしておかずに早く食べればよかった。明日の朝食で味見したい。(一応賞味期限内)

2011年8月3日
 飲み会なんかで海の幸を食べていると、「あれ?ベジタリアンじゃなかったの?」などと言われることがある。ノーミートで過ごしているが、私の場合シーフードは違うんだよね。今、一番好きなのは伊勢エビ。あのコクが、たまりませぬ。

2011年6月6日
 夏休みに乗る予定のシンガポール航空の飛行機では、往路は「ウエスタン・ベジタリアン」、 帰路は「ベジタリアン・オリエンタルミール」をリクエストした。どんな内容かな?楽しみだ。

2011年1月9日
 <エジプトエアーのヴェジタリアンミール>
 キャセイパシフィックの時と違って、お腹いっぱいになった。


<次男が食べたノン・ヴェジタリアンミール>
 Hりんは、「ヴェジタリアン食の方がおいしそうだね。」と言っていた。



<ホテルや町のレストランで食べた物>
↑これをマゼマゼすると ↑こうなる。
マカロニやライスもたっぷり
 別のお店のコシャリ。
 ゲッソリ疲れた顔(しかもノーメイク)の私・・・。この後食事をして元気を取り戻しました。
 この大きなパンは、8枚で5ポンド(約70円)だった。  パスタは18ポンド(約250円)、次男の食べたチキンステーキは約500円だった。
果物屋さんで60ポンド(約840円)分のフルーツを買った。

2010年12月5日
 給食以外で肉を食べないことについては完全に定着した私だが、身に付ける物についてはどうも乗り越えられない・・・。

2010年12月4日
 今思えば・・・ヴェトナムにも、フルーツはいっぱいあった。
シェラトンのウェルカムフルーツ
ココナッツからキャラメルを作っていた。
←生野菜たっぷりの生春巻


2010年8月19日
<スリランカ旅行中の食事>
スリランカはもともと野菜やスパイスたっぷりの国なので、
ノーミートのヴェジタリアンメニューで通すことに
少しも困難はなかった。


↓ キャセイパシフィックのスペシャルミール ↓
腹八分だったけど、安心して食べることができた。
 「東洋式」などはあっさりしていたが、「インディアンベジ」はとても辛かった.
↓ キャセイパシフィックのベジ軽食はこちら。他の人は、ハム入りのサンドウィッチだった。 ↓
↓ ホテルではほとんどビュフェだったのだが、なにせ辛いので食べるものが制限され、またまた腹八分・・・・ ↓
↓ お腹が空くので、帰国時は飛行機に乗る前にしっかり食べておいた。  ↓ スーパーで夜食に果物を買って食べた。バナナ5本で15Rs。
 ← 小麦粉・ココナッツ・タマネギなどが原料の「ロティ」。スリランカンの朝ご飯&軽食。
↓目の前で搾られる、こんなフレッシュなジュースがたったの60Rs(約48円)  ↓ マーケットは様々な野菜で溢れかえっていた。

2010年7月19日
 来月の旅行で使う航空会社はキャセイパシフィック。ベジタリアンメニューが充実しているので安心だ。スペシャルミールは次の通り。今回は1、17、18、20をオーダーした。食事時間が楽しみだ。
1 ヒンズー式菜食/ インド式菜食
2 ベビーミール
3 低刺激のお食事
4 チャイルドミール
5 糖尿病の方用のお食事
6 フルーツプレート
7 グルテンなしのお食事
8 ヒンズー教徒食
9 ユダヤ教徒食
10 低カロリーのお食事
11 低脂肪/低コレステロールのお食事
12 塩分を控えたお食事
13 イスラム教徒食
14 低ラクトース食
15 生菜食
16 牛肉なしのお食事
17 純粋菜食
18 ジャイナ式菜食/厳格なインド式菜食
19 乳卵菜食
20 東洋式菜食
 各航空会社のスペシャルミールを調べる中で、たまたま知ったのだが、「マクロビオテック」という食事療法があるらしい。一つの食品を丸ごと食べること、ミネラルやカリウムの摂取を重視し、陰陽のバランスを取ることなど、今後留意したいなと思った。

2010年4月27日
 
   〜呼子の朝市にて〜 

 食卓でもイカは、ずっとずっと動いていた。目がギョロッと動かないか恐かった。恨まれているような気がした。

2010年4月18日
 チーズが、授乳中の子牛の4番目の胃から抽出される「レンネット酵素」で作られていることを知った。子牛を殺さずにすむ微生物由来のレンネット酵素もあるようだが、森永乳業も雪印乳業も、小岩井乳業、北海道日高乳業、明治乳業も、子牛由来のレンネットを使用しているらしい・・・。

 「私の牛がハンバーガーになるまで」を読み始めた。ハンバーガー用の肉の50%〜70%は、元酪農牛。つまり乳製品を消費することも、たくさんの牛の屠畜に加担していることだったのだと知った。
 

2010年1月6日
 昨年5月、ベルギーのゲント市では、毎週木曜日を「ヴェジタリアン・サーズディ」に制定。学校他、公共施設で肉食を禁止した。
 ポール・マッカートニーが提唱したロンドンの「ミート・フリー・マンデー(MFM)」も広がりを見せ、Vマークの付いたメニューのあるレストランが増えたそうだ。中国やタイ、オランダ、ドイツetcでもMFMを支持する人が増えているらしい。ちゅ、中国でも?・・と私は少し驚いた。だが菜食に限らず、志さえあれば、どこで暮らしていたって、できないことはないはずだなと感じた。私もできないことを周囲や環境のせいにせず、自分の責任と選択で生きていこうと思った。

2010年1月3日
 昨日、台湾旅行から帰ってきた。台湾は肉食の国だった。何にでも肉が入っていたし、市場では必ず大量の肉が売られていた。これらの肉はどこでさばかれているのだろうと気にしていたら、店舗裏でケージに入れられた大量の鶏を見た。それらの鶏がケージから出される所も見たし、丸ごとお湯に入れられている所も見た。作業は淡々と行われていた。一羽一羽には、個性も生への執着もあるだろうに。

 航空会社には、前もってベジタリアンメニューを頼んでおいた。だから飛行機の中では安心して食べることができた。街角では、たくさんの屋台やレストランで食事したが、いちいち肉抜きをお願いした。十分おいしかった。(ただし、魚はたくさん食べた。)


 花蓮は港町。海の幸が豊富で、ショーケースに並んでいる魚を注文すると、その場でさばいて料理してくれた。
野菜は山岳地帯から来るとお店の人が言っていた。
これで一人分 花蓮のホテルの朝食

深抗特産の臭豆腐も、
no meetでお願いした。

台北の芝山にて。
この定食、120元(約360円)
 ほんとはこれに豚の血で煮た野菜をかけるらしい。  これはかなりおいしかった。三角おむすびに混ざっている黒いのは豆
コース料理では鹿の肉と猪の肉も出てきたが、遠慮した。
熟すまで収穫しなかったというバナナ

2009年11月7日
 この頃のマイブーム。みかんと大根の葉を中心に、ドライ大豆やトマトやバナナなど、その時あるものを追加してジュースにして飲むこと。気のせいかもしれないが、腸がスッキリして快適。

2009年10月25日
 バスと新幹線で宮崎から帰ってきた。延々6時間・・・遠い・・・。お腹が空いたので博多駅で駅弁を探したのだが、私の見た全ての駅弁に動物性の食品が入っていた。買って食べ残すのも嫌なので、結局食べずじまい・・・。お腹が空いて倒れそうだった・・・。

2009年3月17日
 最近、食生活が豊かになった。肉は料理も簡単だが、味覚も落ちると感じる。いろんな種類の野菜を食べるようになり、豆類の甘さだとか、それぞれの野菜の食感とかがよく分かるようになった。「肉を食べない方がよっぽどグルメじゃん。」って思う。

2009年2月21日
 飲み会だった。肉食しないですむか心配だったが、しなかった。できるんだ!と、ちょっと嬉しかった。
 
 「狂食の時代」と「経皮毒」を読んだ。



「yoshikoの部屋」へ

inserted by FC2 system