+ + 2014/10/8 月食 + +
 出張から帰ると急いで食事。もう月は欠け始めていて、「キャ〜!待って〜!」などと叫びながら運転し、
小高い場所にある周南記念病院の職員駐車場へ行った。

 そして、三脚を立て撮影。
 駐車場には他にカメラ小僧はいなくて、勤務が終わって帰宅する病院職員のみなさんに、
「月食ですか。」「病院の方ですか?」などと声をかけられた。せっかく声をかけていただいたのだが、
撮影に忙しく、そっけない返事しかできなかったのが心残り。

 本当は、恋路スポーツ公園や笠戸大橋でも撮りたかったのだが、月が刻々と姿を変えるので目が離せず、
移動できなかった。
 どんどん高度と明るさが変わっていき、カメラ調節に四苦八苦した。





   

月蝕(2014年10月8日) 満月が左下から欠けていった。
左下っていうと私の一番好きな部分なので、「うぐ・・・そこからか・・・。」と思った。

月食の始まり(18:15)から20分くらい経ったところ ↑

 
上の方までどんどん欠けていった。

最後はうっすらとした線になり、19:25暗闇が来た。

暗闇が来ると、何だかとってももの悲しくなった。
狼男が満月に向かって吠える気持ちが分かると言うか・・・
ムーンパワーって・・・あるなと思った。

そう言えば私が出産する時、父は満潮時刻を調べていた。




最大食は19:55






そして皆既食の終わりは1時間後の20:25
今度は左の方からうっすらと光ってきた。

墨汁が水中で広がるような、ぼんやりとした影

あれよあれよという間に、月はどんどん太っていった。

月の光に照らされて、付近もどんどん明るくなっていった。

満月に戻ったのは21:35
約3時間、集中しまくっていたので、
満月が蘇ると、ど〜っと疲れを感じた。

  
 

 
「HOME」へ 「TRAVEL」へ
inserted by FC2 system