峠三吉 原爆詩集より(5年:国語科)

ちちをかえせ
ははをかえせ
としよりをかえせ
こどもをかえせ

わたしをかえせ
わたしにつながる
にんげんをかえせ

にんげんの にんげんのよのあるかぎり
くずれぬへいわを
へいわをかえせ

1 繰り返されている部分を見つけ、なぜ繰り返されているか考えよう。
 「かえせ」が7回も繰り返されていることや、「にんげんの にんげんのよの・・」などには、すぐに着目することができた。失ったものがいかに大きいか、原爆への怒り・憤りを、話者がどれほど感じているか等に共感している子も多数だった。

2 「わたしにつながるにんげん」とは誰のことか?
 私の家族・親戚・知り合い・友達・原爆で死んだ人全員、などという意見の他に、私の赤ちゃん・自分の子ども・私が生む子・・・などを挙げた子も多かった。横だけでなく命の縦のつながりにも気付けたのは、理科で「つながる命」の単元を学習している成果かなと思った。
 ここでは、1人の人の命を奪うことは、その後の何世代にも渡る人々(子孫たち)の命や、何世代も前の人々の命をも奪うことになるのではないだろうか等、補足した。

3 「わたしをかえせ」とは?
 「町が破壊されたから。」「健康や人生、未来が全て奪われたから。」「生きる希望や優しさも失われた。」「一人になってしまったから。」「わたしは死んだと言えるのかもしれない。」「平和が大事だから。」「わたしの心はズタズタに傷付き、思い出までも失ってしまったから。」などの意見が出た。
 わたしらしいわたし、あるべき姿としてのわたし、わたしとして当然のわたしが原爆によって消えたことを、子どもたちは十分読み取っていたが、他国にも、そうした「わたし」が今も数多く生産され続けていることや、日本人自身がこの国内においてさえ、そうした「わたし」を生み出し続けてきていることに、いつか必ず触れなくっちゃと、そう思った。

4 なぜひらがなで書かれているのか?
 「どんな人でも見れるように。」「小さい子にも気持ちが通じるように。」などという意見が多かった中で、「ひらがなは、日本(独自)の文字だから。」「本当の心を映しだしているから。」などの発言があった。「平和のことをもっとよく考えてもらうため。」という発言もあった。

5 誰に「かえせ」と言っているのか?
 「みんなを取った人」「戦争をやった人」「原爆を作った人」「原爆を使った人」「落とした人」「アメリカ人」「日本人にも。」「人間みんなに言っている。」「同じ人間同士なのに、傷付け合った全ての人」など、様々な意見が出た。峠三吉の怒りが、直接的加害者に限定して向けられた怒りだけでなく、この戦争の一翼を担い、責任の一端を担った(今も担っている)人々全員に向けられているんじゃないかという視点が持てた子が、せっかくいたのに、そこを取り上げ語り合うことをしなかったので、反省している。そこのところは、今後是非。

6 平和って何だろう?
 「町や人間が普通にあること」「いろいろな人が暮らすこと」などの意見が出た。ここももう少し掘り下げてみたかったが、時間がなくなってきていたので、ちょっと焦ってしまった。(そもそもこの素材を1時間で扱おうとした点が間違いのもとなんだよね!) もちろんこの発問(「平和って何だろう?」)については、平和学習全体を通して考えるべき内容だし、今後の平和学習の中心課題のひとつとして一緒にしっかり学び合っていきたいと思ているが、本単元はせめて2時間ものとして仕組んで、このへんからを次時で扱えばよかったなと思う。

7 この詩の感想を発表しよう。
一人一言ずつ発表した。言い淀んだり、口ごもったりすることなく、全員が自分なりの言葉で発言できたので、よかったと思う。
 
 最後に、峠三吉の生涯について話し、他作品(「死」「八月六日」)も紹介した。難解な語句も多かったのだが、子どもたちの表情から、峠三吉が命をかけて訴えてきたことが、子どもたちの胸にもしっかりと伝わったと感じることができた。(涙を浮かべている子さえいた。後で聞いたら、とても怖かったと言っていた。) これらの詩には、過去の過ちへの悔悛のみならず、平和な未来を志向する強い情熱がある。そのことを私なりに補足しておいたのだが、終了時刻を意識しながらの駆け足の説明になってしまったし、子どもの側からの気付きを引き出す発問を考えておらず、強引な説明に終わってしまった。またまた反省している。(後半、反省だらけだ!)

 次時以降は、原民喜の「コレガ人間ナノデス」や、嵯峨信之の「ヒロシマ神話」などを扱っていく予定。
<子どもの感想>
・ 峠さんは、とても悔しい思いで書いていると思う。
・ 死んだ人が訴えるようだ。
・ 原爆は一発でこんなことになった。すごい威力だ。
・ 家族がいなくなってすごくさびしかったと思う。
・ 何もかも、返してほしい。
・ 何もかも奪われるのは怖い。
・ 人間だけでなく、虫や木や鳥や花も、全てが奪われた。
・ 日本人が中国などで悪いことをしたのも悪い。
・ 同じ人間同士、なかよくしたい。
・ 原爆の開発はもうやめてほしい。
・ 戦争はなくなってほしい。
・ すごく意味の分かる詩だと思う。
・ 悲しい詩
・ 私だったら、落とした人を一生許せない。
・ 世界中の誰でも、くずれぬ平和を望んでいると思う。
・ 今、少し平和でないと思うので、ぼくたちが世界を平和にしていきたい。






temp: A Moveable Feast
inserted by FC2 system