気になる石垣 25
石垣の村 戸川




「石垣の村」は、全7戸の小さな集落。


平成11年に日本の棚田百選にも認定された。

なんて美しい棚田だろう。

今回初めて知ったのだが、棚田とは、傾斜1/20以上の
傾斜地に作られた水田のことを言うのだそうだ。
1/20以下だと棚になっていても棚田ではないということになる。

最古の石垣は、嘉永年間から安政年間にかけて築かれた。

蔵もきれいな石積みでできていた。



高さ11mの石垣
血と汗と涙が染み込んだ石垣を見ると、たまらなくなる。

標識のそばに、こんな水路もあった。


水路の内部。
水もなかなか手に入らない高地の寒村で、人々は必死に生きてきたのだ。
用水路ができて、人々の暮らしはぐんとよくなったようだ。

水車のモニュメント


水車小屋内部

こんな村を見ると、先人達へのリスペクトが、ますます深まる。


inserted by FC2 system