...千代田まつり(広島県北広島町有田)...

 

 千代田ICのすぐ近く、千代田開発センターにて行われた神楽大会。

 【演目】
1.神降ろし 上川戸神楽団
2.葛城山 川西神楽団
3.滝夜叉姫 東山神楽団
4 日本武尊 上川戸神楽団
5.土蜘蛛 八重西神楽団
6.大蛇 有田神楽団


「神降ろし」上川戸神楽団
 
 途中でたすき掛けすると、動きはますます激しくなった。体の軸が少しもぶれない、貫禄の舞だった。


「葛城山」川西神楽団
 あっという間に終わった・・・公演時間が短かったわけでは決してない。あまりに素敵で、時の経つのを忘れて見入っていたのだ。40分間が、ものすごく短く感じられた。もっともっと見たかった。

凜としたかっこ良さ。↑


「滝夜叉姫」東山神楽団
 衣装もきれいで、役者にもオーラがあり、こちらも見入っていて時を忘れた。


↑手打鉦の奏者が、ここまで目立つ公演は初めてだった。
↓五月姫が美しくて、初め、本当の女性かと思った。

「日本武尊」上川戸神楽団
 奇をてらわない、これが伝統というものなのだろう。舞は長かった。よくこれだけ覚えていられると感心した。

今回も、この衣装にうっとりだ。美し過ぎる!


「土蜘蛛」八重西神楽団

 この衣装も素敵!

 侍女胡蝶が、土蜘蛛に変わっていく時、元結(髪を束ねた紙)を取るシーンがあるのだが、あの取り方に、私には勝手なこだわりがある。姿形はまだ胡蝶なので、そこはもうちょっと女らしく、首を傾けながら取ってほしいと、いつも思うのだ。まぁ、だいたいの胡蝶は、なんか男らしく取る。そこだけちょっと不満だ。(今回も)

 



「大蛇」有田神楽団
 プログラムには「有田中井手の戦い」と出ていたので楽しみにしていたのだが、「大蛇」に変更になっていた。残念だったが、大蛇は大蛇で楽しめた。久し振りに、口から火花を吐くのが見れたし、姫が食べられる演出も興味深かった。










inserted by FC2 system