玉名市


「高瀬眼鏡橋」 

 菊池川(旧名高瀬川)そばの裏川にかかる石橋で、弘化5年(1848年)、高瀬町奉行、高瀬寿平らによって築造された。

 全長15m、幅4m、アーチ径6.7mの二重橋。水面から路面までの高さは7.5m。素材は、阿蘇溶結凝灰岩。

真下から見たアーチ↑
 

「秋丸眼鏡橋」
 
 天保3年(1832年)築造。もとは上流の秋丸にあったが移築した。



「高瀬船着場跡(俵ころがし)」
 すぐそばに、西郷隆盛の末弟、西郷小兵衛が西南の役で胸を撃ち抜かれ、戦死した場所もある。
「高瀬川鉄橋」
菊池川に大正5年に架かった橋。
「六里木跡」
 

    

Copyright © 2012- Yoshiko. all right reserved.

inserted by FC2 system