消防署見学
消防車・救急車
 3人の署員が迎えて下さった。グレーの制服は救急隊で、ブルーは消防隊、オレンジは救助隊なんだそうだ。かつては勤務中に亡くなった人もいたそうだ。  消防車も救急車もピカピカだった。毎日キッチリお手入れしているそうだ。右は「こうきかく救急車」。
ホースもいっぱい
 大型化学車。近くにコンビナートもあるからね。
 
 防火服も着せてもらった。ずっしりと重かった。
 これは救助工作車。何かにはさまれたりしている人を助けるための車だそうだ。

 周南市の消防職員は196人で消防車は69台。ここには15台あるそうだ。
 
8:30から翌8:30までの24時間勤務。女性は1名。(県内だと19名)
酸素タンク サーチライトのつく車
署内見学
管制室
 コンピュータは最新。

 正面には、映画で見るような大きいパネルが。
  管制室の向かい側は仮眠室だった。
 ここで、レスキュー隊のお兄さん登場。体格は結構普通だったけど、きっと鍛えておられるのだと思う。  はしご車のてっぺんに乗せてもらった。
 ← はしごは、ぐんぐん
   上がっていった。
 この箱、足元丸見えだったよ。  てっぺんでは結構ゆらゆら。ここで作業するのって恐いかも?

Copyright © 2006 Yoshiko all right reserved.

inserted by FC2 system