2泊3日の宿泊学習 〜大田原自然の家〜 (5年)

 「大田原自然の家」は、昔、小学校だったところで、体育館には演台もピアノもあるし、
宿泊棟には黒板も残っている。山と田んぼと畑に囲まれ、たくさんの動物も飼っていて、
何だかとっても懐かしい香りのするところだ。
 出される食事も、無農薬で育てた手作り食材を使っているのでとってもヘルシー。

 家族でも友達同士でも利用できるので、皆さんも是非どうぞ!
 
1日目
<沢登り、滝見学>
・ バスを降り、3qの道のりをせっせと歩いた。
・ 途中、「魚切りの滝」と言う名所がある。
・ 手つかずの自然と呼ぶにふさわしい、悠久の歴史を感じる絶好の
 ロケーションだ。

・ 冷たい川水に膝まで浸かり、じゃばじゃば歩いて滝まで行った。
・ 滝はマイナスイオンたっぷりで、気持ちよかった。
・ 例によって、全身ずぶぬれになってしまう子もいた。
・ みんな大騒ぎだった。

<崖登り>
・ みんなこれを楽しみにしていたのよね。
・ 崖の上からロープをたらしてもらい、それを伝って登って行った。

<「大田原自然の家」へ到着>

〜入所式〜

<ネイチャーゲーム>
・ 木立に囲まれた広場で自然を満喫。
・ 耳を澄まして自然の音を聴いたりした。

<テント設営>
・ なかなか難解。説明されても手順がうまく思い出せない・・・。

<風呂焚き>
・ 水を張り、焚き付けると、後は20分おきに様子を見に行かなけれ
 ばならない。子どもたちも大忙しだった。
・ 3つのお風呂(五右衛門、ひのき、釜風呂)のうち、1つは時間ま
 でに焚き上がらなかった。

〜夕べの集い〜

<星の観察>
・ 雲1つない夜空だった。星がたくさん見えた。
・ 月はピカピカに輝いていた。

<ナイトウォーク>
・ 街灯はなく、懐中電灯も持たず、月明かりだけを頼りに歩いた。
・ 林の中は真っ暗で、サルの啼き声が聞こえた。
・ 所々で、動物の目のような、動く光が・・・!
・ 途中、お墓もあり、随分怖がっている子もいた。
・ 目的地に着くと、帰りの方法は各自で選択。一人で帰ることを選択
 した子が少なかったので意外だった。 (約20%といったところか。)
2日目
〜朝の集い〜

<掃除>
<野外炊事>
・ これがもう、とっても大変だった。(^^ゞ
・ メニューは、定番のカレー、シチュー、ハヤシライスなどの他、
 焼き肉や牛丼、肉じゃがなど、班によって様々だった。

<テント撤収>
<風呂焚き>
・ 前日よりはうまく焚けた。
・ 入浴の仕方もうまくなったが、忘れ物は相変わらず大量だった!

〜夕べの集い〜

<キャンドルの集い>
・ みんなで笑い転げた。
・ 応援に来てくれた教師チームが出し物を披露したので、
 クールな(?)私も遂に・・・!
 しかも、アンコールに応え、何度も芸を・・・。ホヨヨ・・。
3日目
〜朝の集い〜

<稲刈り>
・ 雨が降ったけど、強行した。
・ 自然の家のみなさんには、とても迷惑がかかったが、
 素晴らしい体験ができて幸いだった。

<掃除>

〜退所式〜

<3q歩いてバス停へ>
・ 行きと違って下り坂なので、随分楽だった。
<子どもの感想>

つらいことや帰りたいこともあったけど、先生や友達が励ましてくれたから頑張れた。

給食の先生が、おいしい給食を毎日作って下さったから、毎日元気モリモリで活動できた。

時間が過ぎたりしても楳田先生はみんなが集まるまで待っていてくれて、しかも優しく分かりやすく教えてくれたので素早くできた。

雨が降ったけど、あの時稲刈りをして本当によかった。

ナイトウォークは1人で歩いたけど恐くなかった。

怒られてばっかりだったけど楽しかった。また行きたい。

帰った時は少し疲れていたけど今は元気。だって鍛えられて、心も体も強くなったから。


「yoshikoの部屋」Topへ 「yoshikoの仕事部屋」へ


   A Moveable Feast
 
inserted by FC2 system