2015.7.25

福岡県中区 東野産婦人科 【戦後70年追悼展示会】
九大生体解剖事件の真相
『今振り返るいのち』
〜第一次資料を中心に時系列で公表〜

 当時医学生で事件に関わった東野利夫さん

90歳を超えてもなお頭も言葉もクリア


犠牲者への追悼碑


B29が墜落した地にも「殉空の碑」が建てられている。



 私にとって、昔読んだ遠藤周作の「海と毒薬」や、映画がとても印象深かったし、新聞にも載った事件なので、九大の人肉試食事件がでっちあげだったという説があることは今まで全く知らなかった。

 映画「海と毒薬」の中のおぞましいシーンは今でも覚えている。東野さんも奥様も、遠藤周作のために世間で間違った理解が広がったと言って憤っておられた。ほんとにそうなのだろうか?真相はどこにあるのだろう?

 ただ、生体実験は確かに行われたことなので、食べたか食べないかを大きく取り上げても、もはやどうしようもないのではないかと思った。ここを話せば話すほど、私には言い訳がましく聞こえてしまうのだ。


 東野さんの著作「汚名」を買い、サインをもらった。
東野さんの奥様から「若い世代に伝えていってください。」と言われた。








実験手術の様子


手術の失敗によって捕虜は死亡した。


肝臓試食関係の資料


inserted by FC2 system