...佐伯神楽(広島県廿日市市)...

 



第50回
佐伯神楽共演大会
サブタイトルは、「十二神祇神楽の里での新・旧文化の祭典」
どうやら、広島県の神楽は、
1 芸北神楽
2 比婆荒神神楽
3 安芸12神祇神楽
4 備後神楽
5 芸予諸島の神楽
の5つに分類されるのだそうで、佐伯は中心地のひとつということらしい。


 本日の演目と出演社中は次の通り
1.四方祓い(しほうはらい) 栗栖神楽団
2.灑水(しゃすい) 河津原神楽団
3.三本薙刀(さんぼんなぎなた) 浅原神楽団
4.大江山 栗栖神楽団
5.虎菊姫(とらぎくひめ) 玖島神楽団
6.葛城山(かつらぎざん) 浅原神楽団
7.悪狐伝(あっこでん) 河津原神楽団
8.源頼政 大森神楽団(友情出演)
9.八岐大蛇 栗栖神楽団


栗栖神楽団

四方祓い  奉納の前に踊るゆっくりとした舞。これから始まる神楽への期待感がふつふつと湧いた。熟年世代の舞手で、貫禄があった。
大江山  「大江山」は、私の大好きな演目のひとつ。
 お酒に酔わせて討ち取るところが「八岐大蛇」に似ているけどね。

 指先までみなぎる緊張感、目の動き。・・・しびれる。

 源頼光・坂田金時達に、「人便鬼毒」を授ける神↓

 ↑紅葉姫(もみぢひめ)の動きがきびきびしていて、かっこ良かった。
 特に、酒呑童子に酌をする場面なんぞ、ヒラヒラ舞う蝶のようだった。


 酒呑童子に本当の山伏か疑われ、問答中の源頼光達。こんな時、堂々とできる人ってただ者ではない。


 「人便鬼毒」をかっくらう酒呑童子達の、豪快かつ繊細な演技もなかなかいいぞ。



 その後、酒呑童子と源頼光の大立ち回り。低く構えたこの姿勢。強そう。

 切っ先下りで接近戦。


八岐大蛇
 3〜5匹は、いろいろ見てきたけど、8匹出てくる「八岐大蛇」は、初めて見た。火も噴かなかったが十分迫力があった。運命に翻弄されるだけの奇稲田姫は、いつもいいとこなしだが、須佐之男命のプロポーズ(というか略奪結婚)をちょっと拒んだ感じの演技が入っていたのが、ちょっと目新しい感じで良かった。


 冒頭のこのシーン↑も、大蛇に抵抗している姉の様子が描かれていて、今まで見た別の社中の演出と、ひと味違っていた。



河津原神楽団
灑水  「神事舞」。あまり華やかではないし、舞手も無表情だったので、面白みは正直言って感じなかったのだが、ショー化する一方の神楽にあって、古い部分を継承するために必要な演目なんだろうなと思った。
悪狐伝  こちらは、若い役者揃いで、もうド派手だった。毛むくじゃらの着ぐるみの金毛九尾の狐は、幕の後ろからスコーンと飛び出してきて、所狭しと暴れまくった。途中、会場の子どもをさらったりもした。

 ↓子どもがさらわれた場面。ブレブレ画像だけど。

 演出なのかハプニングなのか分からないが(ハプニングなわけないか・・)、舞台に乱入した他の役者やスタッフに、狐が面を取られたり、同じ場面をやり直しさせられたりするシーンがあった。どこがどう良くなかったせいなのか分からないが、お陰で狐が討たれるところを3度観ることができた。


 ↓素顔とお面の早変わりにびっくりした。一瞬で、お面をつけたり外したり・・。マジックみたいだった。ちゃんと固定されているし・・。舞にも静と動のメリハリがあり、すごい存在感の役者だと思った。


 足の角度が絶妙。乱闘の後、これで一周し、惚れ惚れ。巻き舌の口上にも惚れ惚れ。



浅原神楽団
三本薙刀  浅原神楽団の初代が考案した舞なのだそうで、形式的だがコミカルな動きも盛り込まれていて楽しめた。
葛城山  やはり神楽に鬼は欠かせない。目が紫色に光っていて、いきなり現れるところなんか、期待通りの登場の仕方だ。


 この大きなお面、よく落ちないな。振り上げた足の高さ、お見事!

 この鬼は土蜘蛛なので、様々な色のペーパーストリーマーを投げつけてきて、源頼光達を悩ませる。実際、足に絡まってコケそうな場面が何回かあった。



 股関節の柔らかさ!





玖島神楽団
虎菊姫
 ↑このメイク!キリッとした表情!

 ↑この足上げ、何と名付けられていのか知らないが、かっこよかった。


 虎菊姫と、腹違いの兄弟との土地争いのお話。家に火をつけ、殺し合いまでしたのに、「女だから許してやってくれ。」「いいだろう。」って、そんな結末アリなのだろうか?ちょっと腑に落ちないが、どうやら史実に基づくオリジナル脚本らしい。

大森神楽団
源頼政
 ↑近衛天皇を悩ませる、頭が猿、体が狸、手足が虎、尾が蛇の怪物。











 ゴージャスな衣装!! これにも魅了されている。よくこれだけのものを着て、あれほど激しい動きができるものだ。汗かいても洗濯できないだろうし・・。
 今日1日で、何千万か、ことによると、何億円分かの衣装を観たことになる。神楽団のみなさん、火災と盗難には呉々も注意してね。















 最近、毎日見ている動画。この手つき・腰つき・スピード感。舞手のスキルと色気もさることながら、奏楽&口上にも感動している。・・・たまらんっ!
inserted by FC2 system