← HOME

← BACK

< 釜 山 旅 行 準 備 編 >


 
 前回のインド旅行が航空券を手配した最早記録(一ヶ月前に手配)だったが、今回はその逆で私の歴史初、最遅のチケット手配となった。

 この冬休みに行くはずだった壱岐・対馬・釜山の旅を、事情で旅立つ前日にキャンセルした(=TェT=) ので、「行きた〜い気分」が、ぶすぶすと燻っていた。で、今からでも行けるところ(どこでもいいから!)を探したが、当たった旅行社はどこもお正月の便は既になく、唯一九州高速船株式会社だけ席を確保することができた。

 別に釜山にこだわったわけでもなかったが、一番近い外国で、簡単に行けるところはやっぱり釜山だった。釜山が私を呼んでいる!




チケットGET
(12/31)


  博多港からの船賃は、片道13000円。帰りの便は、wonで買った方が断然安い(95000won:約6792円)ので、釜山港で購入することにした。
 燃油サーチャージは1月から半額に値下げしたのでラッキーだった。博多港→釜山港が1000円で、釜山港→博多港が15000won(約1,065円)也。


運 賃

 ホテルは、ロッテ釜山を予約。正月三が日は料金が平常の2倍だが、それでも円高ウォン安の恩恵で、1人1万円以内で泊まることができる。市街地のど真ん中で、駅と直結、ショッピングモールもあるし、最高のロケーション。ロッテショーも観ることができるかしら?(@⌒ο⌒@)。

 5年前行って、あんまりゆっくりできず、ずっと気になっていた慶州も再訪予定。今まで知らなかったが古墳もたくさんあり、6世紀以前のものでも誰の陵墓かキッチリ判明しているあたり、歴史の奥深さを感じる。歴史の勉強、うんとしたい。

 慶州では、コモドホテルを予約した。(^^)V 





ホテル





 
 例によって、予定通りにはいかないと思うけど、一応めあては持っておきたいので、頭の中で渦巻く欲望をここに記す。


 釜山港→両替→シャトルバスで地下鉄1号線中央洞駅14番出口へ→外国人観光案内所で観光マップ入手→南浦洞・光復洞でショッピング→竜頭山公園→国際市場→チャガルチ市場→地下鉄1号線で西面へ→ホテルに荷物を置いて、釜山博物館・UN記念公園観光→時間があれば温泉、またはエステ、またはロッテショー


旅の予定
1日目

 西面から地下鉄1号線で老圃洞(ノポドン)へ→釜山総合バスターミナルから高速バスで慶州へ→(タクシーか徒歩)→古墳公園・天馬塚観光→校洞の町並み観光→三体石仏・磨崖観音菩薩像・石像如来像・三陵谷線刻六尊仏等々観光→(タクシーまたはシャトルバス)→ホテル


旅の予定
2日目

      

 ふむ、慶州からの釜山行きだと10:40発のセマウル号または9:47発のムグンファ号(電車)がある・・・。列車の旅は、時間はかかるが旅情が味わえるので、ちょっと乗ってみたい気もしていた。しかしバスなら便数も多く、所要時間もたったの1時間・・・できることなら東莱(トンネ)にも立ち寄りたい。

 東莱には1919年の3・1独立運動の記念碑もあるし、1592年の文禄・慶長の役で宋象賢(ソン・サンヒョン)のもと軍・官・民が一体となって激しい戦いを繰り広げた山城がある。

 やはり慶州を高速バスで朝イチ(7:00発)で発つのがベストかも。雪や霜でバスがスリップなんていうことも心配だが、限られた時間を極力有効に遣いたい。

 東莱からは地下鉄1号線で中央洞に行き、14番出口から国際ターミナルへ。そして博多港へ・・・・。

 ほんとは更にもう1泊したいけど・・・夫BBが寂しがるので帰ります・・・・。(TωT )「行ってきていいよ。」って優しく言ってもらったもんね・・・。少しは我慢もしないとね。←未練タラタラσ(^_^;) 


旅の予定
3日目


    以上、どうなることやら分かりませんが、yoshikoのワガママ緊急企画でした。
    冬の玄界灘は荒れるが、予報ではお天気は晴れらしい。
    出発は3日後よっ!


inserted by FC2 system