the hunger site



大村神社・鋳銭司郷土資料館・秋穂


---HOME---BACK--
2006ー@Yoshiko





<大村神社>


 祭神は、大村益次郎。大村益次郎は文政8年、鋳銭司の生まれ。
 梅田幽斉に蘭学、広瀬淡窓に漢学、緒方洪庵に洋楽・医学を学び、長州藩に仕えた。
 四境戦争(長州征伐を山口県ではこう呼ぶ)や、戊辰の役で活躍し、明治政府の樹立にも尽くした。
 ↑ 靖国神社の前にある、大村益次郎の銅像。
 これが日本の銅像第1号らしい。
 後の徴兵制の基礎を築いたのもこの人だったのだそうだ。

 国産として初期(僅差で「初」とはならなかった)の
蒸気船を造ったり、英語やポルトガル語を翻訳したり・・その多
才ぶりには驚かされる。

大村益次郎墓はコチラ→「墓所17



<鋳銭司郷土資料館>

日本のお金の歴史がよく分かる資料館だった。
ロビーにある15分間のビデオ番組もオススメ。
   
 ↑こんなふうな、いでたちで、
  お金を鋳造したらしい。

併設の大村益次郎記念館
 こちらの銅像は、靖国神社前の銅像の2分の1サイズ。
 作者は、外国で彫刻を学び、4年がかりで仕上げたそうだ。




< 秋 穂 >
秋穂の田舎道の片隅に、ひっそりと建っていた鳥居。
鳥居の奥には、小さな祠があった。
<お上使道・一里塚跡>
 都や九州方面からの旅人が、秋穂の浦に上陸した折、
重ね岩に船をつなぎ、お上使道(おじょうしみち)に沿って
大内文化の花咲く山口市に入ったのだと言う。

---HOME---BACK--

inserted by FC2 system