→ HOME
→ BACK


カトマンドゥ



ネパール最終日の朝。
目覚めるとすぐに散歩をした。
ドアボーイに鍵を開けてもらって外に出ると、
まだ4時前だと言うのに、通りには人影があった。

タクシーが停まっていたので、行き先を告げて乗車。
今朝は何時に起きたのか聞くと、「Just now.」と言ったので、
起きたばっかりで安全運転ができるのか、
ちょっと心配になった。

ダルバール広場へは、ニューロードから入って行った。
newと言う割にはちっとも新しそうではなかったので
いつ頃できたのかと聞くと、ドライバーは「知らない。」と答えた。
ダルバール広場
夜が明けていなかったので明るく撮れていないけど、
まぁ雰囲気は伝わるんじゃないかと思う。

建築はどれもとても素敵だった。
震災のために倒壊した建物が多かったのは残念だが、
また建て直し、歴史を伝えてほしい。
【クマリの館】
【カーラ・バイラブ周辺】
【旧王宮】↑

【シヴァ・パールヴァティー寺院】
二階中央の窓からシヴァと妻のパール
ヴァティーの像が広場を見下ろしている。
あっちこっち、つっかえ棒をしていた。

【カーラ・バイラブ】
【タレジュ寺院】
破壊された建物も多かった。→「震災の爪痕」
ナラヤンヒティ王宮博物館
2001年6月1日のナラヤンヒティ王宮事件は衝撃だった。
9人もの王族が殺害され、銃を発砲した皇太子も自殺したとされる事件だが、
事件の真相は闇の中だ。この事件でいったい誰が一番得をしたのだろう?
ダルハールスクエア入口
(ニューロードの端)に建つ
【ジュダ・シャムシェール・ラナ像】
2008年5月28日に王制が廃止されるまで、ここは
「ナラヤンヒティ・ダルバール」として王族が住む王宮だった。
   

 

inserted by FC2 system