→ HOME
→ BACK


ネパール旅行まとめ


こう言うのは中韓のみなさんに失礼かとは思うのだが、
「チャイニーズ?」「コリア?」と聞かれるのが私はとても嫌だった。
良くも悪くも私は日本人のアイデンティティしか持ち合わせていない。
同じアジア人だという意識よりも、それはうんと強い。

「No! I'm JAPANESE!」といつもはっきり答えた。
間違いが度重なると、ちょっと怖い顔もして見せた。

「日本から来たの?」とか「日本人?」とか聞かれた時は、
「なぜ分かったの?」と笑顔で返した。

ゲストハウスをチェックアウトする時は
備品を真っ直ぐ置き直し、毛布の角までキッチリしっかり揃え、
日本人なんだという無言のアピールをした。

今、ネパールに行く日本人は極端に少ない。
観光地のお店やドライバーのみなさんもとても嘆いていた。
1日も早く戻ってきてほしいと言っていた。

中韓のみなさんも少ないが、
それでも日本人よりは多かった。
集団でガヤガヤと我が物顔で歩いていた。

ネパールの収入源の多くは観光業が占めている。
早くたくさんの観光客が戻るといいなと心から思う。

ところで、日本の紙幣の原料は多くをネパールに頼っている。
今回の震災で原料調達が難しくなったのだそうだ。
じきに日本にもネパールの大震災が大きな影響を及ぼすかもしれない。

ITINERARY
7月27日(月) 退勤後、大阪へ。 新今宮泊
7月28日(火) 21:50 MH53便にてKLへ向かって出発。
(予定は11:00だったので10時間50分の遅れ)
KLIAにて夜明かし
7月29日(水) 正午前、KTM到着。
ボダナート・パシュパティナート・ティミ観光。
バクタプル泊
7月30日(木) バクタプル観光。
パタンへ移動。パタン観光。
パタン泊
7月31日(金) パタン観光。カトマンドゥ郊外へ移動。
空港周辺散策。
カトマンドゥ泊
8月1日(土) 早朝、カトマンドゥのダルバール広場観光。
ホテル周辺の小売店でお土産購入。
機中泊
8月2日(日) 朝、KIX到着。正午前、帰宅

大自然の雄々しさと、人々の勤勉さ
・・・ネパールで感動したことを挙げるとすれば、この2つだなと思う。

一人で行かせてくれた夫に感謝している。
「お正月は海外はダメだよ。」と言われちゃったけどね。
WOOD CARVING
   

 

inserted by FC2 system