宮崎 9  〓

宮崎神宮のフジ観賞
 
→フジの写真はこちら

→狛犬の写真はこちら

本殿では、「昭和祭」という行事が行われていた。

潮嶽神社

火闌降命(海幸彦)を祀る、全国にただひとつの神社。
創建は神武時代と伝えられ、旧称は潮嶽大権現。

鵜戸大権現(鵜戸神宮)、榎原大権現(榎原神社)と共に、日向三権現とされている。


この付近には縫い針を貸し借りしない風習があるのだそうだ。

また、隼人の宮廷奉仕の古俗を偲ばせる習俗(=初宮詣で額に”犬”の字を書くこと)も伝えられている。

更に、潮嶽神楽(魚釣舞等)や、神武東征の折に別れを惜しみ里の乙女が舞ったことに由来する御神子舞等の神事芸能も現存。祭典時には大マグロや十数頭の猪頭が奉奠されるなど、漁業や狩猟の信仰が厚い。


椎八重(しいばえ)公園のツツジ観賞

いつもの年より冬が寒かったので、1週間程度開花が遅れたのだそうで、この時ちょうど見頃となっていた。ラッキーだった。

→ツツジの写真はこちら


猪八重(いのはえ)渓谷 散策&ジョギング

→渓谷の写真はこちら


夕暮れが近付いていたので、下山は走った。
ひたすら走った。足、こねなくてよかった。
往復で5.2kmあったので、少しは運動になったと思う。


北郷温泉(日南市)
 食事は、日南で一本釣りされたカツオの炙り重会席。(夫と次男は地鶏会席)
 源泉掛け流し露天風呂付き客室で温泉三昧。夜中もアイスを食べては入り、お茶を飲んでは入りで、ダラダラしまくった。ちょっぴり塩分のあるお湯で体がプカプカした。源泉温度は51℃。

 温泉の写真はこちら →「spa」の「宮崎の部」

イチゴ狩り(北郷町)


イチゴは灰をかぶっていた。
洗って食べたが、口の中がジョリジョリした。
「小さいイチゴだから50個くらい食べれるとい〜な〜。」
と思っていたのだが、
食べ終わってヘタを数えてみると、50個をオーバーしていた。

イチゴは元々大好きで、地元でもイチゴ狩りに行くと、
どうもとことん燃えてしまうの。

地元のイチゴ狩りの様子はこちらよ。→「イチゴ狩り

早水公園(都城市) 散策

→ 約2万8千株42万本のアヤメの写真はこちら

→ 沖水古墳の写真はこちら

 早水公園の湧水は、「霧島四十八池」の1つとされ、髪長姫(仁徳天皇妃)が産湯に使ったと伝えられている。

                  池の鯉

しゃくなげの森(三股町)・フラワーフェスティバル見学

→写真はこちら


広渡ダム見学


食事は、伊勢エビなどの海の幸を堪能した。
 「ホテルグランディアあおしま太陽閣」のバイキングは飲み物付だったので大喜び。


HOME ▼
BACK ▼
inserted by FC2 system