→ HOME
→ BACK



マレーシア・ブルネイ & 博多のホテル

- 2013 -



 KLIA
【コンコルド・イン・クアラルンプール・インターナショナル・エアポート・ホテル】
KLIAから30分おきに無料シャトルバスが出ている、とっても便利なホテル。

ホテル内にはジムもプールもあるが、ホテル周辺には何にもない。225MR(約7,425円)

夜、29℃だったが、エアコンなしで眠れた。
日本だと、暑くて夜中に目が覚めるが、湿度も温度も快適だった。

夜は9時までしかOPENしていなかったので、残念ながら利用できなかった。

翌朝は、4:50起床。 おしゃべり & メイク & 洗濯
5:30  ホテルのレストランへ。
7:00 無料シャトルバスで空港へ。
8:30 マレーシア航空、ミリ行きに搭乗
朝食後3時間でまた食事。(機内食)
ベジタリアンミールをオーダーしていて、
豆腐が出たのだが、砂糖入りだった!
 
MIRI
【THE ROOM】
 このホテルは、地元の人が、「新しくてリーズナブルなホテルがあるよ。」と
教えてくれただけでなく、小雨の中、わざわざその玄関口まで連れて行って
くれたホテルだ。

 もともと狙っていたホテルに辿り着けず(クーポンタクシーに別の場所で
降ろされた!)、付近にもいい感じのホテルがなく、途方に暮れていた時だ
っただけに、とてもありがたかった。

 その親切な商店街のみなさんはこちら↑
 ほんと、ありがとうございました。

チャイニーズのみなさんだった。トンキン(東京)とツナミの話をした。

この後、スーツケースから雨具を出した際、ぽろっと
下着を落としてしまったというオマケ付き!


↑こちらの店には爆竹がたくさんあった。


ミリでは、この後、たっぷり買い物をした。
ホテルはシングル2部屋で2泊。
1部屋1泊78MR(約2,574円)
 

BSB
長距離バスを降りると、まず両替。
そして目星をつけていた「ジュビリーホテル」に向かったのだが、ツインが満室で、
しかもシングルは、ロンリープラネットの情報より25B$も値上がりしていた。(70→95B$)

レセプションのお兄さんは、親切にも別のホテルを紹介してくれたのだが、
更に市街地から遠いし、そちらも何だか高くなっていそうなので、
中心部の安宿「KH Soon Resthouse」に向かって、来た道を戻った。

途中、国際バスで一緒だった人と出会ったが、挨拶しただけ。
孤独が好きなんだろうな。「話しかけられたくないオーラ」がギンギンに出てたから。

「KH Soon Resthouse」は市街地のど真ん中で、どこに行くにも便利だった。

こちらも予想より10B$高く、45B$(約2,925円)だったが、まぁ仕方ない。
広かったが、かなりのオンボロで、リフトがないので4階までヒーヒー言ってスーツケースを持ち上げた。
オーナーのおじさんが、見かねてミネラルウォータ−を冷蔵庫から出してきてくれた。

トイレとシャワーは、この一角で。シャワールームの天井はベニヤ板だった。

オーナーは、エアコンもちゃんとあると言っていたが、
部屋に入ると、「は?これ?」っていうくらい地味なマシンだった。
でもちゃんと冷えたので問題なし。

ドアの下のこの出っ張りに、何度つまずいたことか・・・。


レセプション
スルタンの写真がいっぱいだった。みんなのアイドルなのね、きっと。


ペマンチャ通りを挟んだ所に、有名な「ブルネイホテル」

1泊1万円くらいらしい。
両替を100US$(115B$)しかしなかったので、今回はパス。

ブルネイでは、宿代を含む1泊2日で50B$余った。
世界一のお金持ちの国で、我ながらケチな旅をしたものだ。
翌日、空港で日本円に両替した。
MELAKA
【BABA HOUSE HOTEL】 139.2MR(約4,594円) × 2泊

朝食の種類は少なかったが、とてもおいしかった。2泊目はメニューが違った。

 KL
【LE BackPacker Hostel】 90MR(約2,700円)

安くてびっくりしたが、ネットで見ると、2割増しの108MRで売り出していた。
広告料って2割もあるのね。


チェックアウトすると、行きは10MRで来た道を、KLセントラル駅まで40MLで戻った。(タクシー)
そして、前日のうちに買っておいたチケットでKLIAエクスプレスに乗った。
電車だからラッシュも一切ないし、速いのでとても便利な乗り物だ。

KLIAまでたったの28分どんぴしゃで到着。
博多駅前
【グリーンホテルアネックス】

22時にチェックイン。8,500円。
ロストバゲージのため帰国日に帰宅できなくなったので泊まった。

ピッカピッカの清掃に感動。(蛇口の裏までピッカピカ!)
シャワートイレに感動。(自分でノズルを持たなくても、ちゃんと狙いをつけて洗える!)

アメニティに感動。(歯ブラシもコームもクレンジングだってある!冷蔵庫には冷え冷えの水も!))
設備にも感動。(鏡もコンセントも、必要な場所に棚もある!部屋は静かで落ち着ける。)

当たり前だけど、テレビは日本語もやってるし。

日本っていいな〜と思った。
   
   

 

inserted by FC2 system