→ HOME
→ BACK

MACAU -Coroane Village-

タイパからタクシーでコロアネ村の「恩尼斯桑總統前地」へ。
料金は失念したが、30か40MOPくらいだったと思う。

そこから南に延びる「十月初五馬路」を歩いて
聖フランシスコ・ザビエル教会や天后廟、地元のマーケットなどを見学した。

帰りは26Aのバスでタイパの孫逸仙博士大馬路まで。(5HKD←バスはMOPでもHKDでもOK)
タクシーと違って、連貫公路ではなく開発中の海沿いの道を通ったので、違う景色が楽しめた。
建設中の集合住宅がたくさんあり、岩盤をどんどん削って住宅にしている様子がよく分かった。
十月初五馬路
聖フランシスコ・ザビエル教会

1928年の建築。かつてはここにフランシスコ・ザビエルの遺骨や、
江戸時代のキリスト教弾圧で殉死した人の遺骨、
マカオに逃れてきたキリシタンの遺骨も納められていたが、
今は他に移されているそうだ。


教会手前の塔は、1910年、地元民が海賊を撃退した記念碑。
天后古廟

19世紀の建築。海の守り神 媽祖を祀っている。

譚公廟
路還中葡学校・図書館




ポルトガル風の建築の図書館。
マーケット



 

inserted by FC2 system