+ + diary + +





新しい日記はこちら


Mon/11/Feb/2013 
 「第47回学問・思想・信教の自由を守る下松市民集会」に行った。今日の話は、下松市出身の柳井市在住、92歳の報道カメラマン福島菊次郎さんの「レンズを通してみた日本の嘘」。同名の映画が吉川英治賞にノミネートされたんだそうだ。それに、知らなかったのだが、下関市に「福島菊次郎写真資料館」も開設されているそうで、見に行きたいものだと思った。

Sun/10/Feb/2013 
 周南市文化会館にて、倉本聰さん作・演出の演劇「明日、悲別で」を鑑賞した。原発労働者の被曝問題とか、在日の方の悲劇とか、炭鉱町の復興のこととか、様々な悲劇の描写に、打ちのめされた。みんなこんなに善良で健全で一生懸命なのに、なぜ人間は欲に目を眩ませるのだろう。帰ってから平井憲夫さんの「原発がどんなものか知ってほしい」を再読。→「http://www.iam-t.jp/HIRAI/pageall.html」  贅沢をせず、体を使って、心で感じて、自分の頭で考え生きていたい。仲間を見つけ、少しでも多くの子ども達の笑顔のために、真面目に誠実に生きていたいと思った。
 夜、カナダ映画「シャドウズ・ゲート」鑑賞。切ない映画だった。→「Movies1

Sat/9/Feb/2013 
 国語科の授業の様子をUPした。→「この命の輝きを」
 トータルで4〜5キロと思うけど、散歩した。気持ち良かったけど、思いは複雑だった。喉がイガイガするのは、中国から飛来するPM2.5を吸ったのかもしれないし、目には見えないけど、放射能瓦礫を燃やす北九州からの風にも当たったかもしれない。伊方原発だって、近いと言えば近いんだから、日本中、屋外で安全なところってそんなにないんじゃないかと思った。
 「隠される原子力 核の真実」を読んだ。感想はこちら。→「books
 夜、アイルランド映画「マッド・ホステル」鑑賞。感想はこちら→「Movies3

Fri/8/Feb/2013 
 お華に行った。→「」  ニューカマーあり。メンズのクラスメイトが初めてできた。

Thu/7/Feb/2013 
 教育相談担当者会議のみなさんに、国語の授業を参観してもらった。

Wed/6/Feb/2013 
 市教委訪問。外国語活動の授業を見てもらった。

Mon/4/Feb/2013 
 英会話教室。

Sun/3/Feb/2013 
 チェックアウトの時、壁の看板に「女将劇場 お笑いショー」と書いてあったのを見て、あぁ、やっぱりお笑いだったんだと得心がいった。
 夜、フランス映画「危険なふたり」鑑賞。フランス語の響きとか、破滅的なふたりの世界観だとか面白かったけど、そんな終わり方なん?って思える唐突な幕切れで、すっきりしなかった。たぶん、しばらくは気になりそうだ。



Sat/2/Feb/2013 
 湯田温泉の「西の雅 常磐」に、かの有名な「女将劇場」を観に行った。すごかった・・・。唖然とした。何の脈絡もないのだ。ひょっとこにおたふく、水芸、獅子舞、蛇胴、スリラー、幽霊、和太鼓にタップダンス、よさこい、三度笠、マジックetc・・・出すだけ出すという展開。ひとつひとつの出し物が異様に短いが、数限りなく現れる。
琴と和太鼓の共演なんて、もうむちゃくちゃだった。最後には柱(じ)をぶっ飛ばし、甲をバチで叩くの。あり得ん。琴がかわいそうだ。初めは笑っていたけど、エスカレートするに従って笑えなくなり、だんだん不快になり・・・でも結局もう笑うしかなくなり・・・。
 意外だったのは、古株の従業員や若手の舞姫・太鼓奏者など、たくさんの人が女将を支えていて、本番中でも女将から檄を飛ばされ、奮戦していた。
 女将がお客も巻き込もうとするのだが、お客はみんな戸惑っていた。あのテンションについていける人は、そうはいまい。無理矢理かぶり物をつけられステージに立たされても、戸惑うばかりだ。最前列に座っていたので、私も夫も各場面でステージに引っ張り出されたが、初めの一回は機嫌良く女将と一緒に踊りはしたものの、以後はどんなふうに応じて良いものか分からず、呆然と立ちつくすばかりだった。
 会場の外には女将のキャラクターが入ったハンドタオルやストラップなど、女将グッズがたくさん売られていた。
 お風呂は、風情があってステキだった。(→「spa」) 客室も清潔感があってよかった。お料理もゴージャスってほどではないが基本ラインは難なくクリアしている。ただ、あのショーは、女将のワンマン経営の証と捉えるべきなのか、他との差別化を図るための必死の攻防なのか、疑問がいっぱいの時間だった。(夫は、老舗旅館「常磐」を守るため頑張っている姿に感動したと言っていた。)
 
 小出裕章さんの「騙されたあなたにも責任がある」を読み始めた。

露天風呂→




脱衣所とお風呂場の間の窓〜風情たっぷり →


私どすぇ〜 ↓
またスッピンっす。
だから小さい画像。


Fri/1/Feb/2013 
 夜、「インシテミル」鑑賞。
 総合「私のライフプラン〜いのちの使いかた〜」・・途中までだがUPした。
見てね。

Tue/29/Jan/2013 
 総合「私のライフプラン〜いのちの使いかた〜」の授業をした。授業の様子はそのうちUPします。

Mon/28/Jan/2013 
 とっても楽しみにしていた英会話教室だったが、急な用事で行けず。とっても残念。

Sun/27/Jan/2013 
 日野原重明さんの「いのちの使いかた」を読んだ。講演の後、ダッシュで会場を出て一番乗りで本を買い、サインをもらった本だ。「生きることは問い。死は答え」「ペイ・フォワード」、私もいつもその言葉を胸に生きていたい。
 リンク集に、続々気になるサイトを掲載中。

Sat/26/Jan/2013 
 念願叶って、いつも満席の「プティ・スリール」で遂にランチ。右の画像はランチ後のデザート。もともとケーキ屋さんなのでデザートに力が入っているんだとか。確かにお腹いっぱいになった。
 左は、先週の「給食ミュージアム」にて。昔の給食メニューとか、大釜まぜ体験とか、栄養教諭が知恵を絞って楽しませてくれた展示会。


Fri/25/Jan/2013 
 やっと金曜日。帰りにジムに行って、気持ち良く走った。
 公開授業の画像やプレゼン資料の一部、授業の反省、参観者の感想を「男子の二次性徴」のページに追加した。
見てね〜

Thu/24/Jan/2013 
 性教育の公開授業をした。

Wed/23/Jan/2013 
 「マシーンプラッキング」と「ライブハンドピッキング」について初めて知った。ダウンジャケットや羽毛布団に使われている羽毛は、こんなふうに鳥たちの体から奪われていたのか・・。

Tue/22/Jan/2013 
 地震・津波避難訓練。勤務校は海岸から1km足らずで、海抜もわずかに2M。油断せず、最悪の事態を想定し備えたいものだと思った。

Mon/21/Jan/2013 
 英会話教室に行った。帰りに、原発のこと、放射能のこと、恋愛談義etc・・・。クラスメイトとたくさんおしゃべりをして、とてもすっきりした。

Sun/20/Jan/2013 
 「プリズン・エスケープ」と「186感染大陸」鑑賞。事前に期待してしまっていたのでがっかり感が増大した。
 「ヴェジタリアンへの道」更新

Sat/19/Jan/2013 
 先週の、隣のクラスでやった授業について、簡単にまとめた。→「男子の二次性徴
 マット・デイモンの「レイン・メーカー」鑑賞。感想はこちら→「Movies3

Fri/18/Jan/2013 
 隣のクラスで性教育の授業をした。

Thu/17/Jan/2013 
 最後から2番目の参観日。寒い日だったのに意外にも参観者が多かった。
 昨日の授業に対するお礼の手紙をもらった。

Wed/16/Jan/2013 
 隣のクラス(5年1組)で性教育の授業をした。あさっては5年3組で授業する。みんなとても素直で純粋で、自分を大切にして生きていきたいという気持ちを表してくれたので、とても嬉しい。子ども達の感想は、後日まとめてUPしたい。
 今日、涙涙で見た動画はこれ→http://vimeo.com/52808567
 「あなたたちは本当の報道陣(人)ですか?恥ずかしくないんですか。」胸に突き刺さる言葉だ。「福島の子ども達は被曝し続けている。」「道は長いかもしれないが一人ひとりが変わっていかなければならない。」「こんなひどい国をこのままにしておけない。」一言一言に魂を感じる。

Mon/14/Jan/2013 
 年末にサボってしまったので”今更・・”なんだけど、障子の張り替えをした。アイロンを使うタイプの障子紙を初めて使ってみた。糊で張るよりよっぽど楽だった!

Sun/13/Jan/2013 
 昨晩のNHKスペシャル、ヨウ素131の被曝についてやっていた。半減期が8日のヨウ素だけの特集なのかと耳を疑った。ストロンチウムにもプルトニウムにも触れられていない。こんな呑気でいいわけがない。日本はいったいどうなっていくんだろう?

 東電が海外にのみ発表した記事↓
 http://www.examiner.com/article/fukushima-cesium-equals-4-023-hiroshima-bombs
←こちらは、昨日読んだ本。以下、感想。
 森住氏は、身を挺して働く、本物のジャーナリストなんだと思った。彼らがいなければ我々はより少ない情報を基にして物事を考えなければならないし、語り継ぐ情報もより少ない。住民の「見捨てられ感」は察するに余りある。住民に寄り添ってこそ感じる悔しさ、怒りの滲み出た文章にも心が震えた。後手後手にまわる放射能との闘い。人間と原発は共存できない。とっくに原子力行政の破綻が証明されたのに、推進派はまだ将来を支えるために必要なものだと本気で信じているのだろうか?放射線飛散をSPEEDIやモニタリング調査等で事故直後から把握していたにも拘わらず、被害を過小評価し、責任を曖昧にし、人々を被曝させ続けた、これを自国民への大量殺人と言わずして何と言うのだろう?素人目にも除染への道のりは果てしなく遠い。森住氏が言うように、避難と補償、健康被害対策が一日も早く実現することを心から願いたい。

↓とっても分かりやすい小出裕章さんの話と、ヘレン・カルディコット博士の話


Sat/12/Jan/2013 
 夫の学校のどんど焼きへ。こうした行事でメリハリをつけて1年を始めるってところが、日本らしいというか、キッチリしているなと改めて思った。(思い出したのはインドネシアのチャナン・サリ。お供えものが、時間とともにぐちゃ〜っとなり、猫に食べられたり散らかされたりしていた。まぁ、あれは毎日のことだから、比べられないとは思うが。→「インドネシア3」)
 神事の後は、いつもの食い気・・・今日も、ついうっかり、2杯食べてしまった、お接待のぜんざい。さらに、帰りにはリョーユーパンでメロンパンやクリームパン、チョコレートパン購入・・・。は〜、食欲を抑える方法があるなら知りたい。
 山口市ではサビエル記念聖堂と資料館へ。礼拝堂にはパイプオルガンの音が響き渡り、とてもステキだった。

Tue/8/Jan/2013 
 始業式.。転入生も交え、元気に滑り出した。昼休みは長縄跳びの記録に挑戦。
 放課後、鏡開き。ぜんざいを2杯も食べてしまったので反省し、ジムに寄って帰った。→[Muscles.」

Mon/7/Jan/2013 
 始業式前日の校内研修&新学期準備。遂に始動した!やるしかない。

Sun/6/Jan/2013 
 101歳、現役バリバリの日野原重明さんの講演会へ。かくしゃくとした姿に、目標を与えられた気分だ。日野原さんのほぼ半分なんだもん。「まだまだ人生これから。もっといっぱい生きられるじゃん」と思った。本を買ってサインをもらった。握手もしたかったけど、スタッフに「ハイ、行って!」と追い立てられた。アトラクションは石見神楽(美穂神楽団)。画像はこちらのページに追加→「石見神楽

とてもじゃないけど、101歳には見えない。


Sat/5/Jan/2013 
 夫とジムでトレーニング。読み始めたのは「封印された放射能の恐怖」。著者は、アウトサイダーを自認するクリス・バズビー。科学者だろうと物理学者だろうと、一介の市井の人だろうと、人間にとって一番大切なのは良心だとつくづく感じさせられる本だ。

Fri/4/Jan/2013 
 
 「レイナ・イサベル」で暴飲暴食。その後、「安野光雅展」へ。安野光雅の優しさが、ほのぼのと伝わってくるようだった。
 
 60インチの液晶テレビ購入。


Wed/2/Jan/2013 
 初夢は、なんと学校の夢だった・・・。しかも大事な行事を危うくドタキャンしそうになった夢・・・。やれやれ。
 長男、東京へ。おせち料理は、早くも完食。3が日をのんびり過ごすには、お重をまだまだ増やさないとだめだな。

Tue/1/Jan/2013 
 家族4人で迎えたお正月。午前0時、夫と2人の息子たちは花岡八幡宮へ初詣。(私は熟睡。)
 朝、目を覚ますと雪が降っていて、びっくり。おせち料理を食べると、午前中は4人で夫の実家へ、午後は私の実家へ。これまでもらう一方だった息子たちも、いとこ達にお年玉を配り、嬉しそうだった。
 夜、長男とウォーキング。今年の目標は長男の説得。私の願いは、「被曝都市東京から1日でも早く西日本に移住してほしい」ということなのだが、長男の心を動かすには、もっともっと理論武装する必要がありそうだ。アリストテレスは、説得の要素を信頼・感情・論理だと言ったが、私にはそのうちのひとつが欠けている。

Mon/31/Dec/2012 
 朝、買い出し。そして次男と一緒に1日中、せっせとおせち料理を作った。(長男は戦力外。夫はサツマイモの裏ごしをやってくれた。) 詰めると六段(三段の重箱×2)とタッパー3つ分になった。
 夜、今日で最後の、徳山駅前のイルミネーション観賞。


 カニを入れ、年越しそばを食べた。 

Sun/30/Dec/2012 
 夫と次男との3人で、食べ歩き&ショッピング三昧。美容院にも行った。
 長男、帰省。 

Sat/29/Dec/2012 
 久し振りに、「山口県教育相談・臨床心理研究会」へ。これで今年も勉強納め。
 次男、帰省。 

Fri/28/Dec/2012 
 出勤3日目。よく働いた。帰りに岩盤浴に行った。温泉にも、だらっと浸かった。

Thu/27/Dec/2012 
 日直で出勤。寒い寒い1日だった。
 帰りにまたジムに寄った。→[Muscles.」

Wed/26/Dec/2012 
 出勤。1日があっという間に終わった。
 帰りにジムに寄って鍛えた。

Tue/25/Dec/2012 
 
 樋口次郎一座の千秋楽を観に行った。芝居は悲しい人情もの。最後の座長の挨拶では、当地で公演した経緯とか、劇団の歴史とかを聞き、何だかじーんとした。いろんな苦労を乗り越えながら、たった6人でやってたんだ。もっともっと大きな拍手を送りたくなった。
 その後、岩盤浴。さらっさらの汗が出て気持ち良かった。シアターでは「猿の惑星 創世記(ジェネシス)」鑑賞。
 夜、ケーキを食べた。ありがたいことです。今年も元気で誕生日を迎えることができました。


Mon/24/Dec/2012 
 ウンじゅうウン歳最後の日。考えてみれば毎日が、何かの最後の日なんだろうなと思う。二度と返って来ない日々の積み重ねが、その人の人生になるのね。
 今日は年賀状をせっせと書いた。合間にiPadの無料ゲームをしまくり、Youtubeのお笑いを見まくった。目がチカチカする・・・。読んだ本は「ドイツは脱原発を選んだ」。ドイツ在住のアメリカ人の著者が、冷静な目で日本の現実を分析している。良くも悪くも私は日本人、日本人は向かう所に向かうしかない。今の状況は開戦時のやけくそ感に酷似していると思う。

Sat/22/Dec/2012 
 今日は私のスポーツディ。初めにジムでランと筋トレ。→「Muscles
 程よく汗をかき、その後、ホットヨガへ。ヨガが終わると、樋口次郎一座の歌謡ショーを観て、映画「ステキな金縛り」を鑑賞(感想は→「Movies1」)、そして温泉入浴。浴槽には「世界最大級の柑橘、晩白柚(ばんぺいゆ)」が浮かべてあり、いい香りだった。重さ約2kg、ザボンの仲間。湯船でぼーっとしていると時々、後ろからポンと当たってきて、それが人みたいな感触がして、「え?誰?」と何度も振り返った(^^;)
 歌謡ショーでは、日本の大衆文化の底力を見る思いがした。海外遠征するフラメンコ団にも引けは取らない。女形はとても美しく、着物の着方も、どこをどうやったらあんなにきれいに着られるのか習いに行きたいくらいだった。

Fri/21/Dec/2012 
 2学期終業式。
 夜は忘年会。踊って歌って楽しんだ。反省はこちら→「ヴェジタリアンへの道
 
Thu/20/Dec/2012 
 2学期末保護者会。夕方、久しぶりにジムに行き、トレーニングとラン。すっきりした。

Mon/17/Dec/2012 
 自作
 老人クラブのみなさんに御指導いただき、正月用のしめなわ飾りを作った。↑左は私の渾身の一作。↑右は、老人クラブの先輩が作ったしめな わに、私が麻縄で飾り(昆布・ゆずりは・裏白・御幣)を付けたもの。
 お陰様で、子ども達もみんな素敵な自作のしめなわが出来上がった。

こんな様子だった

Sun/16/Dec/2012 
 土日に読んだ本は、「怖くて飲めない! 薬を売るために病気はつくられる」(レイモン・モイニハン他著)と「1分脚とじダイエット」(有 吉与志恵著)

Fri/15/Dec/2012 
 夜、待望のWindows8が届いた。早速セットアップ。シンプルじゃないけど、いろいろあって面白い。

Fri/14/Dec/2012 
 美容院に行った。美容院では当然のようにケミカルシャンプー・・・「あ〜、それ使わないで!」って言えなかったのだが、硫酸系界面活性剤 は入ってるのだ ろうから、やっぱこれは絶対体に悪いと思った。
 その後、お華へ。もうお正月が近い。
 夜、「忠臣蔵 四十七人の刺客」鑑賞。最近、山本耕史主演の「薄桜記」も見ていたので、あの時代を生きた人々への理解が一段と深まった気がする。


Thu/13/Dec/2012 
 
 和歌山の観音山フルーツガーデン様より、しめ飾り用のツヤッツヤのみかんが届いた。ここの6代目 の社長さんは、「ほこ×たて」にもスタジオ出演した有名人で、「葉付きが欲しい。」という私の希望に快く応じて下さったばかりか、全て無料でokと言って 下さった太っ腹。これを使って月曜日に老人クラブの皆様のご指導を受け、しめ縄飾りの製作にチャレンジする。

Wed/12/Dec/2012 
 2012年12月12日だったので、出席番号12番のSちゃんを中心に、12:12にクラスのみんなで記念写真を撮った。

Mon/10/Dec/2012 
 寒さのためか(?)、腰がグキッと・・。せっかく年内最後の英会話教室だったのに痛みのため行けず。お風呂に入ると、あっという間に回 復。

Sun/9/Dec/2012 
 初雪。寒い・・・。
 サブ機はあるが、やっぱりハイスペックが欲しい・・・。というわけでBTOパソコンをネットで注文した。Win8にするか7にするか迷ったが、現在開発 中のWin9も8をベースに改良しているみたいだし、7はあとたったの3年でサービスを終了してしまうので、不便覚悟で8に決定!外付けHDDも今より大 きな容量に買い換えた。よっしゃっ!寒さも吹き飛んだぞっ。(それはないか。)


Sat/8/Dec/2012 
 メインのPCクラッシュ。やたらと大きかったので、片付けると部屋がすっきりした。大事なデータを外付けHDDに保存しておいて良かっ た・・。HDDも そろそろ買い換えないとね。
 「そっと後押し きょうの説法」を読んだ。


Sun/2/Dec/2012 
 大久野島の画像はこちら⇒「大久野島

Sat/1/Dec/2012 
 しまなみ海道の因島→生口島を通って大三島(おおみしま)へ。そこで次男と落ち合い、フェリーで13分の大久野島へ。この島には、 1929年に設置され た毒ガス工場の跡が残っていて、その資料館へは前々から行きたいと思っていた。島には、予想を遙かに上回る数の遺跡があり、貪欲に歩き回った。(画像は後 日UPの予定)
 その後、再びフェリーで大三島まで帰ると、大山祇神社に参拝。多々羅温泉に入り、おいしい海鮮料理を大量に食べ、次男と別れて帰途についた。

Fri/30/Nov/2012 
 山代神楽共演大会の画像をUP⇒「山代神楽共演大会

Thu/29/Nov/2012 
 校内持久走大会。ほとんどの子が自己新記録でゴールした。体調の悪い子もいたが、走り抜いたので感動した。
 午後は、「ドコモ・ケータイ安全教室」

 先日のKYTの授業の様子をUP⇒「KYT


Tue/27/Nov/2012 
 「釜石の奇跡」を題材にして、KYTの授業をした。子ども達がたくさん感想も言ってくれたし、私の伝えたかったことをよく汲み取ってくれたので満足だ。 もともと授業公開しようと思っていたわけでもなかったが、教諭のみなさんだけでなく、思いがけず、管理職や事務主事、栄養教諭にも見に来てもらえたので嬉 しかった。授業の様子は、まとめ次第UPしようと思う。

 夜、周東パストラルホールにアリシア&ネストルフラメンコ舞踊団(スペイン)の公演、「情熱のフラメンコ!」を見に行った。みんな太目だったけど、ス テップも眉間のしわも、かっこ良かった。歌とギターも、とても素敵だった。


Sun/25/Nov/2012 
 山代神楽共演大会に行った。向峠神楽保存会の人と話すことができたので、今まで疑問に思っていたこととか、ここぞとばかり聞きまくった。謎が解けてスッ キリした。

Fri/23/Nov/2012 
 紅葉を見に山口市の瑠璃光寺と龍福寺へ。紅葉のトンネル、今年も健在。きれいな紅葉に、心がほっとするひとときだった。団体客もたくさん来ていて、賑 わっていた。画像はこちら⇒「紅葉
 今日の泊まりは湯田温泉のビジネスホテル「三愛」。ここの自家源泉、芯から温まって好きだったのだが、11月末日をもって閉館するそうで、我々にとって は今回が最後の泊まりとなる。残念だ。
 片田敏孝さんの「人が死なない防災」を読み始めた。涙ボロボロ。


Thu/22/Nov/2012 
 「日本人が畏怖した”死後・罪苦”の世界 地獄ものがたり〜刮目せよ!」を読んだ。昔の人の(仏教の?)死生観・宇宙観が何となく分かった。

Wed/21/Nov/2012 
 校内持久走大会が近いので、体育と業間時間はもっぱらランニング。今日も子ども達と一緒に楽しく(実は必死で)走った。

Tue/20/Nov/2012 
 「竹内昌彦さん講演」をUP

Mon/19/Nov/2012 
 ヨガクラブで汗を流した。できない技が多過ぎる・・・。
 夜、英会話教室に行った。

Sun/18/Nov/2012 
 日本の棚田百選の「井仁の棚田」(広島県戸河内)に行った。ほんとにどこまで続くのかと思うくらいの上り坂をどんどん行って、狭いトンネルを抜けると、 そこにどーんと広がっていた。石垣がとてもきれいだった。⇒「井仁 の棚田
 その後、三段峡へ。紅葉がきれいな、ぎりぎりの時期だった。
 それから「戸河内連合神楽共演大会」へ。ほんとはこれがメインだったのだが、あっという間に夕方になり、残念ながらM・Mミュージッククラブの「子ども ダンス」と、本郷こども神楽団の「入鹿退治」を観ただけで帰宅。あぁ、残念!これが土曜日だったらどんなに遅くなっても観たのだけどね。私の好きな「土蜘 蛛」も「葛城山」も「大江山」もあったのに、返す返すも残念!

Sat/17/Nov/2012 
 入荷待ちだったiPad miniを本日めでたく入手。7.9inchモニター搭載のボディは134.7×200×7.2mm(薄っ)。重量、驚きの 308g(軽っ)。片手で持って、全然疲れない。
 モニターはRetinaでないけど、全然OK。132ppiのiPad 2の上を行く163ppiとの事で、iPad 2を持っていないから比較もできないが、見たところ綺麗だし、解像度も1024×768って、十分じゃん、と思った。
 osはiOS 6で、CPUは、こんなに小さいのにデュアルコア。=^-^=うふっ♪
 カメラは、背面にレンズがあるので油断(?)してたら、前面の”FaceTime HDカメラ”から起動するみたいで、心の準備もないままに写ってしまって、軽いショックを受けた。今度から上手に自分撮りしたり、FaceTimeしたり するんだもんね。
 一番感動的だったのは、声にいちいち反応してくれて、楽チンだということだ。忠実なしもべができた感じさえする。今までのネットブックは旅行の時ぐらい しか活用できていなかったが、iPad miniは普段の外出でもしっかり持ち歩き、活用したい。

Tue/13/Nov/2012 
 就学時健診。コラーゲンたっぷりの、小さなプニプニの手を握って、あっちこっちの会場を移動した。
 つつが神楽祭の画像をUP⇒「つつが神楽祭

Mon/12/Nov/2012 
 広島からの帰り、鹿野の漢陽寺に紅葉を見に行った。画像はこちら⇒「紅葉
 午後からは出張。本当は、土曜参観日の代休だったのだが、仕方ない・・・。

Sun/11/Nov/2012 
 「つつがふるさと祭り」で神楽鑑賞。舞われたのは、「四方祓い」から始まって、「四神」などの古い舞や、派手な鬼退治の「八岐大蛇」「土蜘蛛」「紅葉狩 り」など9演目。14時から20時30分くらいまであった。
 今日初舞台という若い女性もいた。その人、手打鉦(ちょうちがね)だったのだが、演目後、足が痺れて立ち上がれなくなっていた。神楽をやりたくて、自ら 望んで門を叩いたというのだがら、アッパレと応援していかなくっちゃね。

 今日の一番のお目当ては「土蜘蛛」だったのだが、本当に、もう、とってもかっこ良かった。舞ったのは友情出演した北広島町豊平の神楽団、琴庄神楽団。気 持ちの込め方、声の張り、目線、振り上げた足の高さと振り下ろした足の踏みしめ方etc・・・どこを取ってもかっこいい。口語訳されていたので難解な部分 もなく、ストーリーも楽しめた。神楽面や衣装の早変わりも、見逃すまいと、瞬きもせずに観た。残念だったのは、胡蝶(登場人物)のソロの舞が短かったこ と。情念たっぷりな、自己愛に満ちた舞が観たかった・・・。
 
 泊まりは、久し振りの湯来温泉。加温だが、PH8.9のしっとりした良泉。

Sat/10/Nov/2012 
 土曜参観日。2時間の授業の後、バザーも開催されたので、随分お客さんの多い参観授業だった。長い1週間が終わったので、今日はやっとニンニクの日!お いしいおいしいニンニク。明日はさぞかし臭うことだろう。

Fri/9/Nov/2012 
 この手つき・腰つき・首の動き・足運び、そして、キレとスピード感。舞手のスキルと色気もさることながら、奏楽&口上にも感動している。・・・更に、舞 と奏楽の見事な一体化。神楽面の早変わりも。たまらんっ!


 夕方、歯医者に行き、その後、お華に行った。「インプラントへの道」 更新。

Thu/8/Nov/2012 
 涙ボロボロ、鼻水ジュルジュルで竹内昌彦さんの講演を聴いた。気を許すと大声で泣き喚いてしまいそうになる、そんなお話だった。「先生、めっちゃ泣いて ましたね。」と、子ども達にも言われた。講演が終わって、本を買い、サインをもらいに行ったら、点字の名刺を下さった。「女は弱し、されど母は強しです ね。」とか言いながら。
 帰ってYou Tubeで「拝啓 竹内昌彦先生」の映画予告編を見て、まだ、涙ボロボロ。私も死ぬまでには、何がしらかの社会貢献をしたいものだと思っ た。

Wed/7/Nov/2012 
 周南被爆者の会の硯谷文昭さんをお迎えし、被爆時と、その後のお話を聴かせていただいた。生の声に勝るものはない。子ども達も随分心に響くものがあった ようだった。質問や感想もバンバン出て、硯谷さんも喜んで下さったのが何よりだった。
 夕方、来月の「しめ縄作り」の打ち合わせ。老人クラブの20数名のみなさんに、冬休み前、しめ縄飾りの作り方を教えていただく手はずが整った。
 「がれきの中で本当にあったこと わが子と語る東日本大震災」を読んだ。

Tue/6/Nov/2012 
 調理実習・・と言っても、ダシのうまみを感じる味覚が育っているかのチェック実習。利き酒ならぬ利きダシをした。結果は子ども達の予想通り、約半数が、 ダシがカツオぶしか煮干しか干し椎茸か、昆布か、判別できなかった。

Mon/5/Nov/2012 
 ヨガクラブで汗を流した。心地よい筋肉痛。
 夕方、英会話教室へ。カナダ人の先生が、また!来なかった・・・。(無断欠席)

Sat/3/Nov/2012 
 旧佐伯町に神楽を観に行った。23:00まで5団体9演目の神楽を見て、目はギンギン。しかし、その帰り道、眠くて眠くて。パーキングで休憩をとったけ ど、高速道路で眠気MAX。トンネルに入る度に、「うぎゃ〜、もうダメぇ。」・・・。生きて帰れて(誰も傷つけずに帰れて)ほんとに良かった。神楽の画像 はこちら⇒「佐伯の神楽

Fri/2/Nov/2012 
 陸上記録会。ものすごく寒くなることを予想して、ヒートテックで行ったのだが、暑くて暑くて汗が出た。
 ところで本日はiPad miniの発売日。Retinaでなくてもいいんだもんね。ずっとNexus 7と比較して迷っていたが、やっぱAndroidよりiOSでしょうっ。近所の量販店には現物がまだなかったので、結局Apple storeで注文した。来るまでドキドキしそう。

Thu/1/Nov/2012 
 運動場で体育をやっていて、オスプレイ(らしき飛行物体)2機が低空で飛んで行くのが見えた。

Wed/31/Oct/2012 
 同学年教諭の研究授業。理科の「水溶液の性質」で、予想を言語やモデル図で表すというもの。理解してこその表現だし、表現してこその理解なんだなと改め て思った。夜は、5・6年部会のみんなと、新しくOPENした「レイナ・イサベル」にてディナー。メニューが豊富で、デザートも盛りだくさんだった。

Tue/30/Oct/2012 
 「インプラントへの道」更新

Mon/29/Oct/2012 
 上沼田の奇岩巡りと石垣の画像をUP。⇒「神話の里ロックガーデン巡り」 「上沼田石垣

Sun/28/Oct/2012 
 「神々の里 沼田ふれあいまつり」に行った。会場は錦町の奥の、高い高い山の上。その高さに驚いた。この天空の町で、文化を守りながら粛々と生きる人々 を見た。何て勤勉なのだろう。今、16軒26名が住んでいるのだそうだ。神楽もたっぷり観た。画像はこちら。⇒「神々の里

Sat/27/Oct/2012 
 先日行った人権教育の授業の様子、それから初めて行った平和公園のレストハウス(旧燃料会館)の様子をUPした。⇒「いじめを考える」「レストハウス地下見学記

Fri/26/Oct/2012 
 お華に行った。
 温泉津温泉の画像をUP⇒「温泉津温泉

Wed/24/Oct/2012 
 大森銀山伝統的建造物群保存地区と、観世音寺の仁王像の画像をUP⇒「大森」 「仁王像10

Tue/23/Oct/2012 
 陸上記録会に向け、放課後練習が始まった。
 夕方、以前行っていた英会話教室のクラスメイトと再会し、楽しくおしゃべり。
 「やきものの里」の画像をUP

Mon/22/Oct/2012 
 先週刈り取った稲の脱穀をした。6校時には、久し振りにヨガクラブでパワーヨガをした。
 
 一昨日泊まった温泉津温泉(ゆのつおんせん)の「なかのや」のお風呂をUP。ぬるめの温度で、まったり過ごせるいいお湯だった。私にとっては、島根県の 中では美又温泉、玉造温泉に次ぐ泉質だった。⇒「spa」 忍原神楽団と 久佐西組神楽社中の神楽公演の画像も追加した。⇒「石見神楽

Sun/21/Oct/2012 
 「やきものの里」の「秋のやきもの祭」に行った。石州瓦で覆われた15段の登り窯、かっこよかった。幸いにも窯出し現場に遭遇。生まれて初めて窯出しを 見た。職人さん、粘土で固められた窯の入口を、平気な顔をして金槌で破壊していた。もっとワクワクした、または緊張した顔を想像していたのだが。
 その後、久し振りに石見銀山へ。昔と随分変わっていて、センターに車を置いて路線バスで大森地区に移動。世界遺産の街並みを散策。何だかえらくきれいに なっちゃって。
 世界遺産になって5周年のイベントをやっていた。公園では、大田市忍原神楽団の「恵比寿」と「鍾馗(しょうき)」を鑑賞。何とどちらも小学生が演じた。 達者なお子達だ。

 家に帰り着いたのは夕方。また(と言うか、”もう”)休日が終わってしまった。

Sat/20/Oct/2012 
 以前からずっと気になっていた温泉津(ゆのつ)温泉へ。念願叶って神社で夜神楽を観ることができた。しかし、お祭はちょっと前に終わってしまっていたの で奉納神楽でないのが残念。本来は天蓋を張って外で舞うらしいが、今回は拝殿内の畳張りスペース。結構狭く、それが返って迫力を誘い楽しめたんだけどね。
 公演後、大蛇を演じた若い役者さんと話ができたのも良かった。何でもその方は小学生の頃から舞っているそうで、大蛇だけでなく、どの役もこなせるが、大 蛇は大変なので、今は大蛇しかやっていないとのこと。普段、仕事をしていてその合間の公演なので、時々来れない人もいて、今回も少ない人数での公演だった そうだ。確かに「大蛇」ではストーリーが端折られていて予定より15分早く終わった・・・。が、須佐之男命の舞は、今まで観た中ではかなり技巧的でかっこ よかった。京都の祇園祭でも長年活躍しているのだそうだ。
 「恵比寿」では、恵比寿さんは飴を、これでもかというくらいたくさん蒔いたが、我々がいた、ど真ん中の席にはただのひとつも飛んで来なかった。恵比寿さ んの舞は、かわいらしく癒される舞だった。

 その後、夜の温泉街散策。外湯は3軒で、俵山温泉の雰囲気によく似ていた。深夜まで開いている喫茶店もあり、賑わっていた。

Thu/18/Oct/2012 
 社会見学。まずは江波山気象館、そしてマツダミュージアム、平和公園へ。平和公園では、初めてレストハウス(旧燃料廠)の地下に行った。

Tue/16/Oct/2012 
 人権教育参観日。いじめに関する授業を行った。

Mon/15/Oct/2012 
 半年間、大切に育ててきたミニ田んぼの稲の稲刈り。田んぼがミニサイズなので、1人数束ずつしか作業できなかったが、とても楽しそうに、且つ真剣に、子 ども達は励んでいた。
 夜、英会話教室へ。クラスメイト手作りのゲームで楽しんだ。

Sun/14/Oct/2012 
 「うえの」をチェックアウトすると、夫の単身赴任先(・・・と言っても毎日帰って来るので住んでいないが)のアパートへ。夫は地区の運動会に行き、私は 掃除したり写真を撮ったりして一人でのんびり。
 午後、義父のお見舞いに行って帰宅。

Sat/13/Oct/2012 
 我々夫婦のお気に入り、「華のうつわ」でモーニング。その後、恋路のコスモス畑へ。少しずつ時期をずらして栽培されているので、場所によってはまだまだ きれい。
 夜は山口市の「創作料理 旬彩まさらっぷ」でディナー。それから自家源泉の湧く「ビジネスホテルうえの」に行ったのだが、翌日市内で大会か何かがあるら しく、スポーツウーマンの集団がいっぱい。が、心配したにもかかわらず、お風呂ではゆっくりできたので満足。

Fri/12/Oct/2012 
 私にとっては馴染みの森脇さんに来ていただき、5年生のみんな で戦争中の話を聴いた。
 夜、お華に行った。⇒「作品

Thu/11/Oct/2012 
 地域のお年寄りと、来週行う稲刈りの打ち合わせ。

Wed/10/Oct/2012 
 出張。6年生の学級会を見て、その後、協議会。

Mon/8/Oct/2012 
 チェックアウト後はまず吉賀町の「亀田の水穴(みずあな)」と「三之瀬城跡」訪問。三之瀬城跡周辺には、空堀や素晴らしい石垣が遺されていて感動的だっ た。
 それから「抜月石積古墳」と「大谷原古墳」へ。いずれも墳丘はなく、玄室の石積だけの古墳だが、この地が早くから開けた要地だったことが分かる大切な遺 跡。石の文化って、ほんと素敵だ。
 この辺りは水郷地帯で、家々の庭や軒先には山からの湧き水を引いた水場があり、こんな土地柄ゆえに文化が早くから発展したんだろうなと思った。

 米川のコスモス畑と、六日市市吉賀町のマンホール、旭温泉・柿木温泉・木部谷温泉の画像を追加⇒「秋桜」「マンホール2」 「Hot Spring」 
 「大井谷の棚田」「抜月古墳・大谷原古墳」「棚田〜三之瀬城跡付近〜」をUP

Sun/7/Oct/2012 
 午前中、楽しくトートバッグやスヌードを作った。トートバッグには大きめの内ポケットを2つ作ったので便利に使えそう。

 午後からは、米川のコスモス畑でコスモスを観賞した後、一路、島根県吉賀町へ。「大井谷の棚田まつり」に行き、「米すくい」や「餅まき」を楽しんだ。 「米すくい」では、それなりにすくえたが、「餅まき」では私の歴史初、何と1個しか拾えなかった!ぐっは〜っ!ここでは棚田米や味噌、お餅 も購入。棚田まつりの会場では石見神楽(白谷神楽社中)もやっていたみたいで、もっと早くから出掛けていたら見ることができたのに〜と残念だった。帰りに 白谷神楽社中の倉庫(?)をたまたま見つけたので寄ってみたが、もぬけの殻だった。
 その後、前から狙っていた赤褐色の鉱泉「柿木温泉はとの湯荘」で入浴(日帰り入浴1人500円)。温泉の注ぎ口も床も、湯の華がこびりついた秘湯っぷ り。
 泊まりは、木部谷温泉の「松乃湯」。冷泉を蒸気で温める方法の温泉で、夜は7時半までしか入浴できず、焦って入った。食事は全て地元素材の田舎料理。天 然の鮎やボタン鍋もあった。25分に1回、5分間だけ吹き出すという間歇泉が近くにあり、4回訪問。
 
 昨日行った恋路のコスモスの画像を追加⇒「秋桜

Sat/6/Oct/2012 
 夫と「華のうつわ」で初モーニング。オープンが9時なのでいつも待ちきれず、行く機会を失っていたのだが、今日やっと行くことができた。オレンジジュー ス⇒メイン⇒ブレッド⇒フルーツ⇒紅茶がタイミングよく出てきて、彩りもきれい、味もバッチリ。
 その後、「こすもす祭」へ。コスモスは遂に満開。きれいだった。そしてフリーマーケットが楽しかったの何のって。出品者のみなさんが、「こんなにきれい な方に買ってもらって幸せ」とか、「センスがいいですね〜。」とか気持ちよくなる言葉を連発してくれたので、知らず知らずに大量購入。もう当分服はいりま せん。σ(^_^;)
 
 夜、室積の花火大会へ。ラッシュもほとんどなくて楽に行き帰りでき、最初から最後までゆっくり見ることができた。昔と大違いだ。人口が減ったのかな?そ れとも高齢化して出歩く人が少なくなったのかな?花火は、ハートやニコちゃん、ヒマワリ、チョウチョなど、現代的なものもいっぱいあった。花火師は相当な 苦労と努力の積み重ねなんだろうなと思った。一発一発はすぐに終わってしまうし、「今のは大したことなかったね。」とか、勝手なことを言う観客もいるだろ うが、一発一発に魂がこもっている、そう思うと瞬きもできない気がした。


Fri/5/Oct/2012 
 芸術鑑賞教室で、ソプラノ歌手の満長さんの歌声と、ピアニスト森田さんの演奏を聴いた。
 
 夜、研究授業の慰労会。家の近くだが、まだ1度も食事したことのなかったお店。お料理はどれもおいしく、デザートなんてほっぺたが落ちそうだった。飲み 放題プランにワインがなかったのが極めて残念。

Thu/4/Oct/2012 
 同学年(新採2年目)の研究授業。自分のことのようにワクワクした。

Tue/3/Oct/2012 
 バケツ稲の稲刈りをした。


Mon/1/Oct/2012 
 夜、英会話教室に行った。
 「石見神楽」のページに、昨日と一昨日観た神楽の画像を追加。⇒「石見神楽」 周布古墳の画像UP⇒「古墳39

Sun/30/Sep/2012 
 チェックアウトの時、お土産に大きな梨が4つももらえて感激。
 
 まずは周布古墳を見に行った。一応案内表示はあったが、すごく分かりにくいところにあった。それから、「石州和紙の郷」へ。伝統の技が脈々と受け継がれ ていて、工房は近代化もしており、感心した。

 その後、津和野町の日原山村開発センターに石見神楽を観に行った。演ずるは左鐙(さぶみ)社中の皆さん。かっこ良かった。衣装もきれいで踊りにもキレと 迫力があった。メンバーも随分若かった。花火やスモークを使った派手な演出。後日、画像をUPしますっ。福引きで、また神楽グッズの景品が当たった。何だ かここのところ、ついている。明日、学校に持って行って子ども達に見せたい。指示棒にするかも。
 二日続きで神楽が見られて、とっても幸せな土日だった。次回こそは、神社の神楽を観に行きたい。

Sat/29/Sep/2012 
 また石見神楽を観に島根県へ。本当は神社に奉じられる夜神楽を観たかったのだが、台風17号が近づいていて雨になりそうだったので、神社で観るのは止め にして、温泉めぐりも兼ねて旭温泉へ。

 夜神楽の会場は、ホテルから歩いて30秒の「あさひ荘別館」というところ。ステージは、二間続きの和室の一部にカーペットが敷かれただけのもので、いか にも地元演芸といった風情。役者と一体感が味わえそうだ。始まる前からとワクワクした。

 出演は「今市神楽社中」のみなさんで、演目は先々週観たのと同じ「天神」と「大蛇」。
「伊木社中」の雰囲気とは、これまた全然違っていた。舞と台詞は似ていたのだが、衣装とか、お囃子、楽器や歌が全く違う。今市は小ぶりな打楽器と笛がメイ ンとなっており、若い人も楽器を奏でていた。大蛇の数は、伊木社中が3匹で今市社中は4匹。目が電飾だった。ドライアイスをふんだんに使い、前方の客席は 煙に巻かれていた。音楽や演出は、伊木神楽社中の方が私は好み。衣装も豪華だったかも。他の社中も観てみたいな。

 幕間に神楽衣装の試着(希望者)や、神楽グッズのプレゼント(5本限定:希望者)があり、試着はしなかったけど、グッズはちゃっかりいただいた。これ 持って家で踊るんだもんね。

 今日の泊まりは「ホテル川隅」。温泉は、すぐ近くの美又温泉と同じ強アルカリ性なのだが、美又温泉とは随分違う印象のお湯だった。泉温が低くて加熱して いるから、そのせいね、きっと。鮮度が違う。温泉って生き物なのよね。。

Fri/28/Sep/2012 
 お華に行った。

Thu/27/Sep/2012 
 パソコン解体。綿棒と歯ブラシで掃除しまくった。
 一昨日の授業の振り返りカードの内容等、追加⇒「何が好きかインタビューし よう

Wed/25/Sep/2012 
 外国語活動の公開授業をした。若い人達が「とても勉強になった。」とか、「自分を反省した。」とか、「いつかはあんな授業をしたい。」とか言ってくれた ので、年を取った甲斐があったと思った。取り敢えず写真だけUPした。振り返りカードの内容等は、まとめ次第UPします。⇒「何が好きかインタビューしよう

Mon/24/Sep/2012 
 英会話教室に行った。明日、授業公開をすると言うと、クラスメイトのみなさんが「模擬授業をしてみて。」と言ってくれたので、ちょっとやってみた。帰り には「頑張って。」と言ってもらえたので、とっても温かい気持ちになった。

Sun/23/Sep/2012 
 恋路のコスモス園に行った。まだ早いかと思ったが、きれいにたくさん咲いていた。
 「アジアの棚田 日本の棚田」を読んだ。きれいできれいでうっとりした。
 幕末から西南戦争までを描いた映画「狼よ落日を斬れ」を鑑賞。159分という長さだが、時代考証が面白く、最初から最後まで飽きることなく楽しめた。

Sat/22/Sep/2012 
 洗面所をプチ・リフォーム。床も棚も洗面台も生まれ変わった。

Fri/21/Sep/2012 
 New Page「インプラントへの道」UP。

Thu/20/Sep/2012 
 30年近くも前から、私が絶大な信頼を寄せる歯科医が近所にある。そこで、遂にこの日を迎えた。抜歯したのだ。
 抜歯後、痛くてフラフラだったが、運動会前に是非・・・と思ったので、前任校に差し入れに行った。血まみれのガーゼを噛み締めて。

Tue/18/Sep/2012 
 起床後すぐと朝食後にも、トロトロの温泉を味わいチェックアウト。またまたお土産に温泉水の入ったペットボトルがもらえたので嬉しかった。(実はちょっ と期待していた。)
 帰りに「室谷の棚田」と津和野と、須磨の観光農園に寄った。

 ↑室谷の棚田/マリア峠の受話器が2つある公衆電話↓

Mon/17/Sep/2012 
 夫BBと次男Hりんとの3人で、石見神楽を観に「島根県立しまね海洋館アクアス」へ。しかし!強風のため、本日の公演(波子神楽社中)は中止になってい た。(が〜ん)・・・が、こんなこともあろうかと、夜神楽もちゃんとチェックしておいたもんね。20:30からの公演だが30分前には入場し、最前列の中 央の席を確保。伊木神楽社中の「天神」と「大蛇」を、湯屋温泉の「みどりかいかん」で観ることができた。踊りもお囃子も迫力があり、衣装もきれいで、とて も素敵だった。高千穂神楽とはまた趣の違う、雄々しい 舞だった。


 ↓公演後、「記念写真をどうぞ。」と言ってもらえた。ノーメイクで一瞬躊躇したが、こんなチャンスを逃すわけにもいくまいっ。・・・と言うわけで、ジャ ジャジャーンと公開、私のスッピン。

 幸運にも、くじ引きも1等賞で、「島根限定石見神楽キューピー」(大蛇のキーホルダー)がもらえた。
 今日の泊まりは、3週間前にも泊まった源泉かけ流しの「とらや旅館」(美又温泉)。このトロトロ感、たまりませんわ。

Sun/16/Sep/2012 
 運動会。快晴ではなかったし、時々雨もぱらついたが、無事に全ての競技を終えることができた。夜、打ち上げで暴飲暴食・・。帰宅すると、次男Hりんが帰 省していた。

Sat/15/Sep/2012 
 午前中は運動会の最後の練習。午後は「前日準備」。よくぞここまで成長してくれた子ども達。そして、よくぞここまで持ちこたえた私の体・・・。台風が接 近中で、全部できないかもしれないので、放課後、企画会でプログラムの変更について話し合った。

Fri/14/Sep/2012 
 お華に行った。⇒「作品
 今日は体育(運動会の練習)を4時間もやってしまい、もう疲れて体ボロボロなので、帰りに明朝用の栄養ドリンクを買いに薬局へ。あれこれ迷っていると店 員が「試供品です。どうぞ。」と強力なのを飲ませてくれて、お陰で夜、目パッチリ、元気満々に。深夜、アンジェリーナ・ジョリーの「ソルト」鑑賞。

Thu/13/Sep/2012 
 綺麗なハル・ベリー(これで40代とは!)と、ブルース・ウィリスの「パーフェクト・ストレンジャー」鑑賞。

Mon/10/Sep/2012 
 夜、久し振りに英会話教室に行った。今日からカナダ人の新しい先生。外国は初めてなんだそうだ。今週は土日も出勤のため、7連続勤務。体がもつか自信な し。

Sun/9/Sep/2012 
 「最後の恋のはじめ方」鑑賞。⇒「Movies1」 30℃超 えでまだまだ暑いので、YouTubeで「恐怖映像50連発」も見始めたのだが、あまりに恐くて2本見てギブアップ。
 北九州市小倉区大興善寺仁王像のレプリカUP⇒「仁王像7

Sat/8/Sep/2012 
 池間哲郎著「最も大切なボランティアは、自分自身が一生懸命に生きること」を読んだ。あの厳つい顔の池間さんが、妻子を次々に失うという、あまりにも大 きな悲しみを乗り越えた人だったことは初めて知った。インドやネパール、フィリピン、モンゴル等々、各地でミッションを果たしてきたし、日本の子どもたち へも彼でなければできない教育を授けてきて、本当に頭が下がる。付録のDVD「ゴミ捨て場に生きる人々」にも心がキリキリと痛んだが、それはまだ何もして いない私自身への焦りでもある。

Fri/7/Sep/2012 
 やっと週末。毎日運動会の練習で、もうフラフラ。夜、1週間我慢していたニンニクを食べまくった。

Wed/5/Sep/2012 
 夜、涙ボロボロで「東日本大震災 自衛隊もう1つの最前線」を読んだ。

Tue/4/Sep/2012 
 応援団の朝練、昼練、放課後練習が始まり、早くもグロッキー。夜は体がポッポと熱く、ちょっとした熱中症状態。夜、ゴロゴロしながら、「死体と戦争」を 読んだ。

Mon/3/Sep/2012 
 始業式、大掃除の後、運動会の練習が2時間。1時間授業をして、運動会の係打ち合わせ。初日が月曜日で、6時間授業で、体育関係が3時間って、週末はヘ ロヘロになるパターン。

Sun/2/Sep/2012 
 夏休み最後の1日。庭の掃除をしたり、山の神フリーマーケットに行ったり、読書をしたりして過ごした。読んだのは、池間哲郎著「あなたの夢はなんです か?私の夢は大人になるまで生きることです。」と、瀬戸内寂聴著「孤独を生ききる」。⇒「books
 美又温泉と玉造温泉、岡山城の石垣の画像をUP⇒「美又温泉」「玉造温泉」「岡山城

Sat/1/Sep/2012 
 
 美又温泉では、今日から毎土曜日、神楽が開催される。う〜〜ん、残念!もう1泊できれば。「今度 また絶対来ようね。」と夫と誓い合った。この界隈で石見神楽はとても盛んで、高校の推薦入学にも神楽推薦というのまであるのだそうだ。若い人も神楽に進ん で参加し、後継者には事欠かないとの事。素晴らしい伝承っぷり。若手は自分達で今風にアレンジしたりするんだって。人気のある社中には追っかけまでいるら しい。
 美又温泉からの帰り、安楽寺庭園に行った。が、残念ながら予約が必要らしく、見ること叶わず。それから日本の棚田百選に選ばれている「都川の棚田」を見 学。これまた素晴らしい日本の美に感動。⇒「都川の棚田
 今日は「おおあさ鳴滝露天温泉神楽共演大会」が開催されるので、神楽がものすごく見たくなった私は行ってみたのだが、なかなかの人気で入場を待つ人達が 順番待ちしていたので、また今度にしようと帰路についた。

 ↑帰り際、「とらや旅 館」の女将さんにもらった温泉水。こんなにたっぷりもらえて幸せ。これでお米を炊いてみたい。
 この辺りは島村抱月の出身地で、縁の場所も多い。まだまだたくさん観光 できそうなので次に来るのが楽しみ。
 昨晩の月と、都川で見た狛犬を、こちらにUP⇒「」「狛犬23

31/Aug/2012 
 夏休み最後の週末は、島根県美又温泉へ。もう、もんのすごく美人になった気がする。
 我々が泊まったのは源泉かけ流しの「とらや旅館」で、45℃のトロトロの源泉は飲んで良し、浸かって良しの絶品。泊り客は我々だけの貸切状態。夏だか ら、お湯はちょっと熱かったけど、なるべく成分を薄めないよう(水を多く入れないよう)留意して入った。
 この温泉には、夫も私も虜になった。何度入ってもまた入りたくなった。着いてすぐと、夕食後、散歩後、寝る前、夜中、起きてすぐ、朝食後の7回入った。 私の最多記録だ。体をふわんと包み込む、鹿児島の山川温泉や、宮崎の串間温泉に似た感触で、硫黄臭はなく、甘みたっぷり。私の中では、島根県の温泉の中で は、今のところダントツ1位。⇒「Hot Spring
 部屋は8畳2間の二間続きで広々としていた。温泉水で作ったという食事やコーヒーもとてもおいしかった。

30/Aug/2012 
 気楽に楽しく、子ども向けのSFファンタジー「ザスーラ」鑑賞。

29/Aug/2012 
 「それでも生きる子どもたちへ」鑑賞。ユニセフ発案の7人の監督による7編のオムニバスストーリーなのだが、最初の作品「タンザ」を観ただけで、しばら く落ち込んだ。内戦の続くアフリカの少年兵の話。毎日が死と隣り合わせ。一人忍び込んだ敵地の学校で時限爆弾を抱え、涙に暮れるタンザが、あまりにもかわ いそうだった。
 午後からは「コーチ・カーター」鑑賞。人生に大切なものを教える人こそ大人なんだと思った。

28/Aug/2012 
 2学期に向けての職員会議&研修。お昼は隣学年で「猫背のタヌキ」へ。

27/Aug/2012 
 善通寺の仁王像の画像、栗林公園と屋島の画像、マニラのサン・オウガスチン教会の狛犬(?)の画像をUP⇒「仁王像9」「高松市」 「狛犬87

26/Aug/2012 
 高松市の栗林公園と、源平合戦の古戦場、屋島を観光。どちらもとてもきれいな景色だった。それから丸亀市へ移動。「まるがめ婆娑羅まつり」をチラ見しな がらショッピング。本当は丸亀市猪熊弦一郎現代美術館に行く予定だったのだが、帰る時間も迫ってきたので、善通寺のお砂踏み道場だけ見学して帰途につい た。帰宅後、知ったのだが、この日は丸亀市猪熊弦一郎現代美術館は入館無料だったらしい。残念っ。
 気温が高く、太陽はギンギラ、3泊4日の疲れも出てきて、夜はグロッキーだった。

25/Aug/2012 
 倉敷美観地区へ。大原美術館や児島虎二郎記念館の絵画や工芸品、遺跡出土品などを観賞した。⇒「倉敷美観地区
 その後、次男Hりんと合流し、台湾料理をたらふく食べた後、香川県の塩江温泉へ。「塩江温泉まつり」の花火大会に行った。ラッシュになることを覚悟して いたのだが、意外にスムーズに行けて、最初から最後まで花火を見ることができ、ラッキーだった。

24/Aug/2012 
 岡山城で、生まれて初めて”姫”になった。史上最年長かも?長生きして良かった。

 岡山城の後は、後楽園、吉備津神社、吉備津彦の御陵、岡山県古代吉備文化財センターなどに行った。→「岡山城

23/Aug/2012 
 夫の出張に同行し、岡山へ。苫田温泉の「癒しの宿 泉水」に泊まった。選択のポイントは「源泉かけ流し」。加温されていない浴槽もあればよかったのだ が、加温されていても源泉100%はやはり気持ち良かった。→「Hot Spring
 夜、家から持って行ったDVD「神の子たち」(四ノ宮浩監督)を観た。四ノ宮監督の処女作「忘れられた子どもたち」以上のインパクトだ。感想はこちら→ 「Movies1

22/Aug/2012 
 在日朝鮮人、梁石日(ヤン・ソギル)著「闇の子供たち」再読。その後、四ノ宮浩監督の「忘れられた子供たち〜スカベンジャー」を観た。⇒「Movies3
 「忘れられた子供たち」は、「闇の子供たち」に描かれている幼児売春や臓器売買のための殺人が現実のことであり、今日も淡々と行われているのだと思い知 らされる作品だった。(そのことを描いた作品ではないのだけれど。)彼らがなぜ貧しいのか、それは先進国の人間が物質的に豊かだからに他ならない。「闇の 子供たち」巻末の解説でフリーライターの永江朗が書いた「豊かさにつきまとう後ろめたさや、発展途上国の人々との連帯意識を日本人がとっくに失ってしまっ た。」という指摘にも心が痛む。
 以前、最後まで読み切れなかった「ナイロビの蜂」も、夏休みのうちに読んでおきたいと思う。

21/Aug/2012 
 午前中、出張。
 パングラオ島の観光の様子と、空から見たフィリピン、マニラの市場の光景等UP⇒「フィリピン6」「空撮」 「ヴェジタリアンへの道」「メトロマニラ」「メトロ マニラ2

20/Aug/2012 
 湯田温泉のマンホールの画像を追加⇒「マンホール(山口県)
 フィリピンの乗り物の画像と、セブ島・マクタン島のページをUP⇒「乗 り物」「セブ島・マクタン島」

↑こちらは昨日の湯田温泉一泊旅行の画像。

19/Aug/2012 
 お盆の間、夫を放ったらかしで遊び歩いていたので、今日は夫孝行の日。
 「親子除草作業」と職員会議の後は急いで帰宅し、湯田温泉へのお泊りの旅。
 温泉・・・癒される・・・。ご飯も美味しい。畳の部屋もふかふかの布団も快適。日本ってい〜な〜っ!夫孝行と自分癒しの一石二鳥。

↑さて、下の2枚はいつも使っている一眼レフ PanasonicのLumix GF2。お盆のフィリピン旅行にも持っていったのだが、ここぞと思う ショットを撮ろうとすると、レンズの付け替えだとかピント合わせで手間取ってしまい、それでいて大した腕もないので、残念なショットのオンパレード。私の 心に「侮ることなかれコンデジ!」という思いがふつふつと湧いた。富士フィルムのfinepix(コンデジ)も持って行ったけど、ひと昔前の製品なのでス ペックが物足りない。
 ・・・というわけで、いささか衝動的ではあったが、NikonのコンデジCoolpix P510を買った。光学42倍ズーム(望遠1000mm相 当)!電子ズームは84倍(2000mm相当)なんて感動的。マクロも1cmまで寄れるので、ひょっとすると「下手なデジイチよりいいかも?」と思ったの だが、まぁ、使ってみると、やはり「デジイチはデジイチ。コンデジはコンデジ。」
 夜は計1kg以上になるこの2機を首からぶら下げ、湯田温泉の町をあっちこっち撮り歩いた。

18/Aug/2012 
 フィリピンの子ども達の画像をUP。学校も訪問した。忘れられない思い出。⇒「フィリピンの子ども達」 マニラでは、台風は突然生まれ、あっという間に去っていく。今回運悪く、突 然生まれた台風に観光を阻止されてしまった。残念な思い出もこちらにUP⇒「洪水
 たまたま遭遇した結婚式と葬儀の画像はこちら⇒「結婚式と葬儀
 ボホール島の観光の様子はこちら⇒「フィリピン5


17/Aug/2012 
 フィリピンから、昨夜遅く帰って来た。夫から、「あれ?なんか色が黒くなったね。特に顔!」と言われた。(;>_<;)
 今日は人権教育の講演会へ。カウンセラーの先生の面白いお話だったが、瞼が重く、起きているのに必死だった。フィリピンホテル編UP⇒「フィリピンホテル
 

10/Aug/2012 
 旅行前の最後のお仕事、市小研社会科部会でほしらんど下松の郷土史料展示コーナーと山下工業所(新幹線の頭を造っている。)、朝日屋(高 級ハムを作って いる。)に社会見学に行った。職人の世界の楽しさや苦労に触れ、その心意気やド根性を感じることもでき、とても充実したひとときだった。日本のものづくり 万歳!かっこいいゾ、世界を相手に戦うニッポン!


 
9/Aug/2012 
 早朝、鼻から 胃カメラを飲んだ。口からやっていた時より随分楽だと思っていたが、喉元を通過する時とか、胃の中を動き回る時とか、これはこれで気持ち悪い。→「除菌物語
 午後からは名古屋大学名誉教授の安彦忠彦氏の講演を聴いた。
 夜、帯結びの練習。


 
8/Aug/2012 
 日直で電話番、花の水やり、プールの水質検査、校内巡視等をした。
 夜、長男と「華のうつわ」でディナー。初めて行ったのだが、萩焼のギャラリーにもなっていて、とても雰囲気のよいレストランだった。
 

7/Aug/2012 
 婦人健診に行った。いつもながら感心する、あの椅子。ほんとよくできている。上がるだけでも回るだけでもなく、一分の無駄もない動き。羞 恥心を最小限に 抑えてくれる動きだ。乳ガンの触診は、若いドクターだったが、こんなんで分かるのだろうかと思えるソフトさだった。

 江津高野山風力発電所
と、日御碕のマンホールの画像 をUP

 
6/Aug/2012 
 今日は食べまくりの1日。もうこれ以上、体重を増やしたくないのに、家族4人揃ったのが嬉しくて、時間を置かず、食べに食べた。家族4人 でケーキバイキ ングにも行った。今までなかったのだが、ホワイトチョコのザッハトルテがあって、興奮した。
 
 夕方、息子達は私の実家へ。祖父母に顔を見せに行った。
 「出雲大社・日御碕・安来節」の画像をUP
 

5/Aug/2012 
 チェックアウトすると、鳥取県境港市へ。水木しげるロードを歩いた。地元のみなさんが一致団結して商店街を盛り立てている様子がよく分か り、とても感心 した。「水木しげる記念館」や「ゲゲゲのパワースポット鬼太郎妖怪倉庫」も楽しく訪問。しかし、外の最高温度は38℃。立っているだけで、体はぐったり だった。ねずみ男の着ぐるみを着ていた人、汗だくだったんじゃないのかな?→「水木しげるロード

 帰りに、松江城の石垣(→「石垣43」)と、日御碕の絶 景を堪能した。

 夜、帰宅。我々の帰宅とほぼ同時に、長男も帰省した。


4/Aug/2012 
 次男が帰省した。先週会ったばかりではあったが、何だかまた逞しくなった感じ。=^-^=  夫が仕事から帰ると、3人で島根県出雲市の出雲大社に向 かった。行く途中、平成21年に開業したばかりの江津高野山風力発電所を見たり、宍道湖の景色を楽しんだりした。
 
 出雲大社は屋根の補修工事中で、本殿が見られなくてちょっと残念。境内を散策したり、宝物殿でお宝を見たりした。その後、「島根ワイナリー」でおいしい ワインをたくさん試飲。
 
 泊まりは、玉造温泉の源泉掛け流しの宿「〜曲水の庭〜ホテル玉泉」。夜、夜市に行ったり、「安来節」の踊りを見たりした。温泉の画像はこちら→「spa

3/Aug/2012 
 午前中は小教研特別活動部会の研修で、秋の授業の指導案検討。午後からは外国語活動の進め方に関する講演を聴いた。帰りにジムでトレーニ ング。→「Muscles
 久し振りに着付けの練習。新しい博多帯もだいぶしなってきて、いい感じに巻き付くようになってきた。


 読み始めた本(再読だが)は、米沢慧の「自然死への道」。自然に死にたい、枯れ果てて死にたい。「病(やまい)る」とは、病気を無条件に 受け止めて生き るという意思なのだそうだ。いろんな人の死に様も参考になる。死に関するいろいろな本も紹介されているので、夏休みの間に読んでみたい。
 深夜、夫と月見散歩。


2/Aug/2012 
 
 スリランカに一緒に行ってくれたY子さんとランチした。私が覚えていない出来事など、よく覚えて いて感心した。私の記憶力もダメダメね。┐(-。ー;)┌
 その後、美容院に行きサッパリ。前髪を短めにパッツンした。

 夜、月があまりにもピッカピカで見惚れた。

1/Aug/2012 
 午前中は登校日。毎日会っていた子もいるので、久し振りという感じは無し。午後は備品整理。理科実験用のスタンドを組み立てたり、不要に なった集気瓶を 捨てたりした

<これまでの日記はこちら




inserted by FC2 system