DIARTY No.19

      

7/31Sun2011

 海外との交易を示す蜻蛉玉が出土したという銭亀塚へ。しかし、これまた保存状態が良くなくて、詳細分からず。地元の人に声をかけてみると、「調査なんですか?」「いつ頃のものなんですか?」などと逆に聞かれる始末だった。市内には福島古墳群として約30基の古墳が残されているそうだが、他もあまり期待できそうにないなと思った。その後、金谷神社に寄った後、城址を探しに行ったが、すぐ側の金谷小学校で聞いても分からず、またもや空振り。せっかく行ったのに虚しかった・・・
 
 「鹿谷石像阿弥陀三尊座像」は無事に見学。→「鹿谷石造阿弥陀如来三尊座像
 ←日本最南端のセブンイレブンも見た。(観光地でも史跡でもないが) え?ここがもう最南端?って不思議な気がした。
 それから次男と別れ、500km彼方の我が家に向かって走り出した。遠い・・・。私は、助手席でむしゃむしゃ食べて、しゃべり、寝て・・・の繰り返しだったが。「疲れたねぇ。」って夫に言うと、「は?よしりんが?」と笑われた。

7/30Sat2011

 先々週行った串間温泉があまりに感動的だったので、今度は夫も一緒に、次男と3人で泊まりに行った。感動変わらず、お肌すべすべ。5歳くらい若返った気がする。
 大好きな伊勢エビも堪能。宮崎に行ったら、やはり伊勢エビを食べなくっちゃね。
 
 夕方は、現在の串間市役所の場所にあったという高鍋藩代官所跡を目指して出掛けたが、市役所の敷地内には残念ながらこれと分かる物は何も残っていなかった。代わりにすぐ側の、秋月種長の家来だった吉松氏の旧宅を見学。材木業で財を成し、昭和60年頃まで使用されていたという豪邸。手作りガラスや12mの梁、厚さ4.5cmの廊下の床板、絵画の額縁のようなドアや窓枠など、目を奪われるものが多かった。特に仏壇は、今の価値にして2億円もする材質と細工なのだそうだ。
 
 移動中読んだ本は、田中克己の「結婚の遺伝学」とNHK取材班の「飢えるアフリカ」、石飛幸三の「「『平穏死』のすすめ  口から食べられなくなったらどうしますか」

7/29fri2011

 無料クーポン券を使って、市の乳ガン検診に行った。「無料」なので、まさかコレがあるとは思わなかった。悪夢のマンモグラフィー。もう二度とやるまいと思っていたのに。触診だけだろうと予想していたのに。男性技師は、「すみませーん。」「ちょっと痛いですよ。」「引っ張りますよ~。」「失礼しま~す。」「我慢してくださいね~。」などと優しく声をかけてくれたのだが、涙が出そうに痛かった。「うぐぅ。」などと声が出た。この検査法は、脂肪の少ない日本人には向かないと、どこかの医師が言ってたっけ。私もそう信じ、やがて日本からなくなると思っていた。でもまだ健在だった。痛かった。(T-T)
 乳ガン検診のオプションで甲状腺触診もあった。→「現状
 
 検診帰りにジムに行こうと思っていたけど、あんまり痛かったので、車検の予約に変更。

 「メッセージ・イン・ア・ボトル」鑑賞。若い頃は、こういう映画が最も苦手だった。感想はこちら→「Movies3

7/28Thu2011

 校内研修で外国語活動のお世話をした。去年導入された電子黒板(スターボード)の説明をして、外国語活動のデジタル教材を実際に使ってみてもらった。研修後、「楽しかった。」と言ってもらえたのでちょっと安心。
 
 帰りにジムに寄った。30分の筋トレで、体重はたった50g減。
 それから歯医者と美容院へ。前回、あまりに短く切ってしまったので、長さは変えず、すくだけにした。ジムもだけど、美容院は気分転換したい時にバッチリな効き目だ。スッキリした。

7/27Wed2011

 特別支援教育の校内研修。応用行動分析について学び演習した。

7/26Tue2011

 職場の定期健康診断。血液検査と心電図、腹囲測定をした。私は大丈夫だったけど、血液検査では同僚数人に、出血や腫れ、しびれなどのトラブルが表れビックリ。
 今日は昨日に引き続き日直もした。固めて取ったので、これで夏休み後半まで日直はない。
 帰りにF医院に行き、胃カメラの予約をした。→「除菌物語

7/25Mon2011

 日直。愛校当番の子ども達と掃除をしたり、電話番をしたりした。ゲリラ豪雨のため、水やりはしなくて良かったので仕事が少しだけ少なかった。

7/24Sun2011

 夫とジムに行き、筋トレした。筋トレだけで1時間も励んだのに、体重は変わらなかった。しかし、体脂肪率がちょっぴりダウン。やれやれ・・・。

7/23Sat2011

 山口県「教育相談・臨床教育」研究会の定例会、「マインドフルネス ストレス低減法」の読書会に行った。「心の安定をもたらす複式呼吸」の実習もした。気持ち良くて、実習中、眠ってしまったが、たぶん誰にもバレなかったと思う・・・。7月8日に三丘小で授業した日野原重明さんのエピソードや、授業や講演会開催に当たっての苦労話なども聞いた。
 その後、今夏、私のワガママ旅行に付き合って下さるF様とレストランで相談&会食。出発日がだいぶ近付いてきたので、研究をもっと進めなければ。
 今朝、着物情報誌「七緒」を読んで初めて知ったのだが、帯揚げ・帯留め・おはしょり・太い帯etcが発生し、着物がこんなにも美しくかつ難しい着方になったのは、ほんの近年のことなのだそうだ。なんと、歴史ある着方と思っていたら違っていた。我々は、着物の最も美しく難しい時代を生きているのねっ。感動した。

 鵜戸神宮の盃状穴かもしれない石の写真をUP。違うかも??→「鵜戸神宮 盃状穴?
 夜、「セブン・イヤーズ・オブ・チベット」を鑑賞。感想はこちら→「Movies1」 

7/22Fri2011

 夏休み第2日目。今日も大掃除。何十年も前に購入した図書室の本やプリント室の棚などを整理した。それから、何十年も置きっぱなしだったのではないかと思える木切れとか建材などを捨てまくった。子ども達も学校にたくさん来るし、まだ全然夏休み気分ではない。
 夕方、あまりにお腹が空いたのでお弁当を買い食いし、ジムで走って、お華に行った。→「Muscles」→「お華

7/21Thu2011

 昨夜は芋焼酎と日本酒だけにしたから、寝覚めスッキリの夏休み第1日目。ちょっとはゆっくりしたいけど、当然出勤、ずーっと出勤。今日は教材室の大掃除をした。

7/20Wed2011

 あっという間に1学期終業式。今回も、と言うか、年々早くなる気がする。もう終わってしまうとは。
 夜、ホテルグラマシーで宴会。楽しくおしゃべり。

7/19Tue2011

 個人懇談第3日目。終わってジムに行った。→「Muscles
 鵜戸神社の狛犬の写真と串間市の仁王像の写真を追加。→「狛犬47」「仁王像2

7/16Sat2011

 次男Hりんと、宮崎市の「トリックアート展」に行った。面白くって大はしゃぎした!

ジュゴンに首を掴まれているイメージで。

お姫様気分

イデデデ。頭噛まれた。

こっちは別バージョン。これらは全部、絵です。


このドラム缶も、床に描かれただけの絵

鏡を使って。これ、面白い。ジョーズを避けて飛び上がっているの。

半身だけ出すのが結構難しかった。

錯覚の部屋。斜めになっている。

うぎ~、飲み込まれちゃうよぉ。

頭つままれた。

首が長くなった!

闘牛士
  この後、鵜戸神宮・串間温泉などを巡って、青島温泉で泊まった。移動中は、「アバター」と「インセプション」を鑑賞。「綾小路きみまろライブ」では大笑いした。感想はこちら。→「Movies1
 読んだ本は「ボロブドゥール遺跡・ジャワ島 海のシルクロードで栄えたインドネシア王国」 

7/15Fri2011

 個人懇談第2日目。帰りにジムでトレーニングした。。→「Muscles」  同世代の女性と知り合って、ちょっと嬉しかった。

7/14thu2011

 個人懇談第1日目。

7/13Wed2011

 水泳記録会だった。

7/12Tue2011

 久し振りにジムに行った。→「Muscles

7/11Mon2011

 今夏初、ホテルサンルートのビヤガーデンに行った。コンビナートのすぐ側だ。夕暮れのコンビナートもかっこいい。「周南市コンビナート」のページに写真を追加。

7/9Sat2011

 夏休みの旅行の計画を立てた。楽しみだ!ワクワクする。→「計画

7/8Fri2011

 日野原重明さんの百歳記念の講演会へ。ユーモアたっぷりでスマートで、土日祝日なしで世界を飛び回っておられる。こんな百歳、なかなかいない。
 その後、お華に行った。→「作品

7/7Thu2011

 山口県交響楽団の演奏会。ベートーヴェンやグリーグ、ビゼーなどのお馴染みの曲を楽しく聴いた。
 今読んでいる本は「闇の子供達」。性的搾取・臓器売買など、世の中の闇から闇に葬られる年端もいかぬ子ども達があまりに哀れで切なくて、全身の力が抜けていく。

7/6Wed2011

 夏休み、棚田見学を計画中。そこで身近な棚田をおさらいしておきたい。棚田って、脈々と受け継がれた人々の笑顔と祈りが聞こえる気がする。→「棚田

7/3Sun2011

 湯田温泉からの帰り、山の神フリーマーケットに行った。23区のパンツが格安で買えて超ラッキー。家に帰ってから、ミシンで裾挙げをした。「ホテル松政」の露天風呂の写真をUP→「spa

7/2Sat2011

 ニンニク臭はまだ残っている・・・。
 午後から、湯田温泉へ。「ホテル松政」に泊まった。外観は昔のままだったが、中はリニューアルして間もないようだった。源泉かけ流しの露天風呂でまったりし、おいしい料理を食べ、元気復活。

6/30Thu2011

 歯医者に行った。水泳でヘロヘロに疲れたせいとは思うが、またもや椅子が倒されると同時に眠ってしまった・・・。結構恥ずかしいぜっ!
 
 帰宅後、この疲れを何とかしたい一心で、ニンニクを食べた。ウィークディに食べると翌日職場で臭うので、普段は週末だけしか食べないのだが、もう週末まで待っていられない。超激疲なんだもん・・・。私も遂に禁断の園へ。最初は遠慮がちに1片だけ、でもすぐに我慢できなくなって、結局1個丸かじりした。相当なニオイだ。
 
 歯医者で一眠りしたせいか、それともニンニクパワーのお陰かは分からないが、ちょっと元気になったので浴衣を着た。小物合わせが楽しい。

6/27Mon2011

 英会話教室に行った。

6/26Sun2011

 汗をかきかき、帯結びの練習をした。熟女ですもの、ちょっとでも粋に見えるよう、自分なりに工夫しながら。帯がかっこよく締められると、着物もぐーんと映えますものね。今日、初めて気が付いたのだが、1枚の決まった形を折ったり畳んだりして立体にしていく点で、帯って折り紙と似てるな。

6/25Sat2011

 ネットで今年の浴衣を注文した。ネットだと顔映りを想像するしかないので不安もあるのだが、似合うと信じて・・・。
 夜は、旧英会話教室の同窓会へ。久し振りに気の置けない面々と会い、とてもリラックスした。

6/24Fri2011

  「一日自由参観日」。6時間目はヨガクラブ。夕方、お華に行った。

6/23Thu2011

  水泳でぐったり。

6/22Wed2011

  「 9・11テロ捏造―日本と世界を騙し続ける独裁国家アメリカ」を読んだ。こういう書きぶり、なんか独善的かも?って思いながらも、今まで疑問に思っていたことの答えが見つかり、ちょっとスッキリした。

6/21Tue2011

  「世界を見る目が変わる50の事実」の読み聞かせ。ちょっと言葉が難しかったな。道徳などで、もっと噛み砕いて話した方が効果的だったと反省。

6/20Mon2011

  土日に萱野茂さんの「アイヌの昔話」を読み、その哲学、世界観、幸福観にじ~んときたので、その中のひとつをクラスの子ども達に読み聞かせた。萱野茂さんについても簡単に紹介したのだが、彼の功績とか生き方などと結びつけて、やたら感激している私の気持ちが、ちょっとでも伝わったかどうかは、いささか疑問。(;~〓~)

6/18Sat2011

 山口県「教育相談・臨床教育」研究会6月定例会へ。前回に引き続き、J.カバットジン著(春木豊 訳:北大路書房)「マインドフルネスストレス低減法」の読書会。実習も少しした。食事のコントロールの難しさは日頃から感じているところだが、必要な物だけを必要な量だけ、自分自身に問いかけながら食べられるようになるといいなと思った。

 午後は庭のビワを収穫した。息子達がまだ小さかった頃、おやつで食べたビワの種を植えたものだが、今年は随分豊作だった。
 宿泊学習で撮れたオーブ写真を「不思議写真」のページに追加。たぶん埃で、不思議でも何でもないとは思うのだが。(^∇^) 狭野神社の狛犬写真を「狛犬80」のページに追加。

 夜、「イーグル・アイ」鑑賞。感想はこちら→「Movies1

6/17Fri2011

 菊池恵楓園(熊本県)の太田国男さんに久し振りに電話した。太田さんは、前任校と前々任校の人権教育の授業でゲストに来て下さった方で、ハンセン病回復者だ。(授業の様子はこちら→「太田さんといっしょに」・「ふるさとに帰れない」) 今80歳で、年賀状には体調が優れないようなことが書いてあったので心配していたのだが、声はお元気そうで少し安心した。道徳の時間に子ども達に見せたビデオの感想文を送った。
 
 数日前から「切除されて」(キャディ 著 松本 百合子 訳 )を読んでいる。7歳で女性性器切除され、13歳で20歳年上の男と強制的に結婚させられ、3人の娘にも親戚に女性性器切除を行われてしまった女性の実話。アフリカだけでも未だに毎年数百万人の少女達が麻酔もない中で大切な体の一部を切除され続けている。彼女は今、ベルギーでこの風習を根絶するために闘っている。講演のために来日したこともあるらしい。気持ちが重苦しく、何日も読み進められないことがある。(女性器切除についての本は、こちらのページの「FGM」の項で紹介しています。)

6/15Wed2011

 えびの市の「めがね橋」の写真をup。「田の神さぁ1」のページに、霧島市と小林市の田の神さぁの写真を追加。(「田の神さぁ2」と「田の神さぁ3」もあるよ。)「三ノ宮峡&陰陽石」のページにも陰陽石の写真を追加。

6/14Tue2011

 1時間目から3時間目まで5年生の子ども達と田植えをした。
 
 パワー溢れる霧島東神社の写真と、霧島東神社の別当寺、錫杖院の住職の墓「錫杖院墓地」をUP。「spa」のページの「鹿児島県の部」にホテル霧島キャッスルの露天風呂と、感動的だった関平温泉の写真をUP。。

6/13Mon2011

 先週の血液検査の結果を聞きに行った。→「現状
 それから、英会話教室へ。

6/12Sun2011

 ホテルをチェックアウトすると、前日の2人(夫と次男)の不思議体験を検証(?)すべく、再び「△泉館」へ。2人とも、まぁそれなりに納得したようではあった。
 
 幸いにも雨が上がったので、性空上人が開いた六所権現のうちの、霧島東神社と狭野神社へ。霧島東神社は日本有数の霊場というだけあって、もわもわとしたエネルギーが満ち満ちていた。また、参道の狭野杉の並木が1kmにも及ぶという狭野神社も、とっても清々しい場所だった。

 その後、夫BBはまた運転、私は爆睡。家に戻った。

6/11Sat2011

  朝8時頃、小林市で次男と合流。本当は六所権現(霧島岑神社の5ヶ所の分社)巡りをしたかったのだが、大雨なので断念。パワースポットとして知られている小林市の「陰陽石」を見学してからホテルに行くことにした。
 陰陽石は、キノコのような、コブラのカマ首のような・・・、いやいや、やっぱりリアルなリンガそのものだった。怒っている人でも、すぐににこやかにしてしまうくらいのパワーはあるなと思った。(それでパワースポットなのかも~?)
 以前行った時には気付かなかったのだが、川沿いの「鬼子母神堂」には「田の神さぁ」がたくさん飾られて、それが陰陽石とどれもそっくりで、ほほえましかった。陰陽石の立つ”浜の瀬川”は、水かさが何倍にも増し、濁流渦巻き、ド迫力だった。
 
 それから「小林城跡」を見ながら西に走り、「めがね橋(月の木川橋)」(高さ17.2m:昭和3年築)へ。ローマの水道橋をモデルにしているのだそうで、威厳ある姿だった。
 新燃岳の噴火は少しは落ち着いたみたいだった。山頂付近のミヤマキリシマ群生地は全滅と聞いたが、えびの高原ではチラチラ咲いていたので少し安心した。雨で流れたのかもしれないが、降灰も見受けられなかった。

 霧島温泉郷はひどい霧だった。ほんの数メートルしか視界がない。しかし元気の余っている我々は、「ホテル霧島キャッスル」にチェックインすると、すぐに外出し、祝橋温泉旅館の貸切風呂&前々から気になっていた関平温泉の貸切風呂へ。関平温泉の貸切風呂は、泉質もさることながら、広々とした設備がもう感動ものだった。(写真は後日「spa」のページにUP予定)

 そして、図らずも今回の旅行のメインイベントとなったのだが、霧島神宮そばの「△泉館」へ。70余年の歴史をもつ観光旅館なのだそうだが、その不思議感・鄙び感が尋常ではなく・・・、数々の張り紙によるお小言にも恐れをなし、今回はパス。私は体験しなかったが、夫BBと次男Hりんはちょっと不思議な体験も。
 その後、ライトアップされた「丸尾滝」を観賞してホテルに帰った。

 ホテル霧島キャッスルの露天風呂「木立の湯」には何回も入ったが、雨が降っていたせいか、ほぼ1人で入れた。雨のために温泉が薄まったとは思うが、それにしても濃い成分で、とても気に入った。

6/10Fri2011

 夜、霧島温泉に向けて出発。大雨だったが、我々には「行かない」という選択肢は無い。・・・にしても・・・高速道路がいつ閉鎖になってもおかしくない程の豪雨。立ち往生しやいないかとヒヤヒヤした。宮崎行きと言えば、山口県を抜ける前にダウンし県内のSAで爆睡してしまうのが我々のいつものパターンなのだが、何が何でも霧島にたどり着きたいので、夫がかなり頑張った。私はやっぱり爆睡してしまったが・・・。 

6/6Mon2011

 三ヶ月ぶりに病院へ行った。→「現状

6/5Sun2011

 山の神フリーマーケットに行った。ペイトンプレイスのニットなど、かわいいアイテムを格安でたくさん買うことができ、超ラッキー。
 今日はものすごく勉強した。国立情報学研究所(論文情報ナビゲーターCiNii)の某論文を4~5時間かけて訳してみた。学生時代以来だ。まだこんなことができたことに我ながら驚いている。疲れた・・・。

6/4Sat2011

 宿泊学習の写真をほんの少しだけUP→「宿泊学習2
 夜、涙ボロボロで「海を飛ぶ夢」鑑賞。2度目だったが新鮮な気持ちで鑑賞できた。感想はこちら→「Movies1

6/3Fri2011

 宿泊学習第3日目。もう最終日。今日の行事はオリエンテーリング。私は監督なので・・・寂しい山の中で長時間ひとりぼっち。蚊や蜂がわんさか来て、なかなかエキサイティングだった。
 夕方は、食肉業者への差別の問題を扱った、人権教育啓発ビデオを観に福祉館へ。食肉は生きるために必要だという前提の基での話には、自称ベジタリアンとしては、ちょっと不満ではあった。

6/2Thu2011

 宿泊学習第2日目。私もがっつりカヌーを楽しんだ(もちろんしっかり監督しながらよ)。2人乗りも初体験。終わると全身筋肉痛・・・グロッキーだ。←楽しみ過ぎ("▽"*)

6/1Wed2011

 宿泊学習第1日目。午後からは野外炊事をした。マッチは各班に3本ずつ。うまく火を起こせた班と、なかなか点火できなかった班とで、相当な時間の違いが生まれた。誰も怪我をしなかったのは、本当に幸運だった。1日目の主な行事は野外炊事くらいだったので、子ども達もそんなに疲れることもなく、夜中にたくさん起き出した・・・まぁ引率者としては当然だが、ほとんど眠れなかった・・・。 

5/29Sun2011

 「小野小町の墓」「植松古墳」「川棚のクスの森(国天然記念物)」「青龍湖」などを巡った。写真はこちらよ。→「古墳31」 「石垣31」 「小野小町の墓」「川棚温泉

5/28Sat2011

 川棚温泉の元湯「小天狗」に泊まった。源泉は43℃。日帰り客もたくさん訪れていた。
 夕食前に温泉街を散歩した。1431年に大内持盛が建立したという妙青寺には、雪舟庭や山頭火句碑もあり楽しめた。また、銭湯「ぴーすふる青竜泉」やコンサートホール「川棚の杜」には地元の人も多く集まってきていて、活気があった。「川辺の小径」や「龍の通り道」などの遊歩道も整備されていた。「薬師院」は、元禄6年に毛利綱元の病がこの温泉で回復したために建立された社だそうで、狭いエリアだが見所がたくさんあった。

5/27Fri2011

 お華に行った。

5/25Wed2011

 宿泊学習まであと1週間。連日、練習や準備に忙しい。というわけで(?)、近々、川棚温泉でまったりすることにした。宿は、日経の新日本百名湯にも選ばれた「小天狗」。ここの源泉が川棚温泉の他の施設に配分されているらしい。何だか期待できそう。楽しみだ。
 こうもり塚古墳・作山古墳・造山古墳の写真をUP→「古墳30

5/24Tue2011

 あまりにも短くなった私の髪の毛を見て、悲鳴を上げる子ども達がいた!そう言えば、ここまで短くしたのは小学生時代以来かもしれない。

5/23Mon2011

 日曜参観日の代休だったのだが、出張が入っていたので今日もお仕事(T-T) 。
 夕方は、美容院に行き、髪をバッサリ切った。もうすぐ宿泊学習だしね。それから英会話教室へ。クラスメイトを見習って、もっと励まねば。うろ覚え(=忘れかけ)の単語が多過ぎる・・・。
 夜、夫が、「何でそんなに切ったの?変じゃん!」と言ったのでショックだった。

5/22Sun2011

  日曜参観日だった。慌ただしい1週間だった。放課後、夫とジムに行った。→「muscles

5/15San2011

  夫とジムに行った。→「muscles

5/14Sat2011

 山口県「教育相談・臨床教育」研究会・5月定例会に行った。今日は、J.カバットジン著(春木豊 訳)「マインドフルネス ストレス低減法」北大路書房~の読書会で、理論を知ったり実習したりした。何だか、健康&幸せになったような気がした。
 久々の映画、「シンプルプラン」鑑賞。

5/13Fri2011

  お華に行った。

5/12Thu2011

  家庭訪問も遂に最終日。これで全部の家庭を回った。ふ~。

5/11Wed2011

 大雨警報の中、家庭訪問へ。新しい住宅地で、足がぬかるみにズボッとはまったりして散々だった。靴もソックスもドロドロになった!

5/9Mon2011

  家庭訪問第2日目。
  夜、英会話教室へ。

5/7Sat2011

  大村神社、鋳銭司郷土館、周防鋳銭司遺跡、大村益次郎墓などを巡った。写真はこちら→「大村益次郎墓

5/6Fri2011

 家庭訪問第1日目。「あれ?こんな所に道があったのか。」とか、「あの道と、こんなふうに繋がっていたのか!」とか、新しい発見もいっぱいだった。
 夜、湯田温泉に向け出発。夫と町でお酒を飲んだ。今日の泊まりは経済的な「プラザホテル寿」。掛け流しだが、お湯の温度も低かったので、どうやら源泉ではなさそうだった。

5/4Wed2011

 GW前半の宮崎旅行の概要をUP→「宮崎9」 「滝24」のページに写真を追加。
 それから、なぜか気になって、去年行った東京の写真もUP→「石垣37」「石仏19」「仁王像6」  千葉県流山市のマンホール写真を追加→「manhole3

5/3Tue2011

 「沖水古墳」「みやざきフラワーフェスタ」UP。←写真だけ

5/2Mon2011

 GWの折り返し、3日ぶりの学校。子ども達もちょっとフワフワした感じだった。
 午後は市小研総会。久し振りにかつての同僚達と話ができて嬉しかった。
 宮崎神宮の藤と狛犬、仁王像、椎八重公園のツツジ、早水公園のアヤメ、飫肥杉の並んだ山々の写真をUP。→「藤2」「仁王像2」「山4」「狛犬80」「ツツジ」「アヤメ」  温泉の写真は、「spa」の「宮崎県の部」にて公開中。

5/1Sun2011

 食べ過ぎを後悔しつつ、おいしかった思い出を噛み締め噛み締め、そして眠り・・・、結局全部夫が運転し、帰宅した。

4/30Sat2011

 都城市早水公園のアヤメや古墳、しゃくなげ園、青島こどもの国のフラワーフェスティバルなどを見学。花って、何てきれいなんだろう。愛する人に花を贈る気持ち、よく分かる。(贈ったことはないけど・・。) 移動中は、ここのところのお気に入り、寺井尚子のバイオリン。「アヴェ・マリア」最高。食事は、伊勢エビなどの海の幸を堪能。北郷町のイチゴ狩りや、広渡ダム見学にも行った。イチゴやアヤメ、シャクナゲも、悲しいかな、新燃岳の灰をかぶっていた。
 泊まりは、青島温泉の「ホテルグランディアあおしま太陽閣」。飲み放題・食べ放題・源泉掛け流し。前から気になっていたホテルだ。広々とした部屋で、日頃の疲れが吹っ飛んだ。

4/29Fri2011

 「県内のSA」ではなかったものの、北九州だったのであまり変わりはないのだが、予想通り2人ともSAで爆睡。そのため、家から宮崎まで、何と12時間もかかってしまった。朝9時になって、や~っと到着。すぐに次男Hりんと合流し、まずは宮崎神宮のオオフジ、それから椎八重公園のツツジなどを観賞し、往復で5,2kmの猪八重渓谷を散策した。
 泊まりは日南市の北郷温泉。食事は、日南で一本釣りされたカツオの炙り重会席。(夫とHりんは地鶏会席) 源泉掛け流し露天風呂付き客室で、温泉三昧。夜中もアイスを食べては入り、お茶を飲んでは入りで、ダラダラしまくった。ちょっぴり塩分のあるお湯で体がプカプカした。源泉の温度は51℃で加温も加水もなし。満足した。

4/28Thu2011

 夜9時、夫と共に宮崎に向け出発した。「県内のSAで爆睡」だけは避けたい。

4/24Mon2011

 英会話教室に行った。イギリス人の先生は、GWは宮城県にボランティアに行くのだそうだ。荷物が多いので山口県から車で行くらしい。その感性と行動力に頭が下がる。

4/22Fri2011

 かつての保護者に会った。彼女の息子さんは、今でも私の作った資料(授業で使ったもの)を大切に持っていてくれているのだそうだ。それを聞いてとっても嬉しかった。
 夜、宴会。喋りまくった。

4/21Thu2011

 宿泊学習の打ち合わせに行った。

4/20Wed2011

 こんなに熱い校内研修は久しぶりだ。子ども達の幸せを願い、意見を述べ合う有意義な会議だった。

4/19Tue2011

  家でトレーニングするのは好きではないが、ジムに行けなかったので(仕方なく)、家でエアロバイクを漕いだ。

4/17Sun2011

  山の神フリーマーケットに行き、春のワンピースを買った。少し肌寒かったが、桜はもうすっかり終わり、季節の移ろいを感じた。
  ピーアス・ブロスナンの「トーマス・クラウン・アフェア」鑑賞。

4/16Sat2011

  既に散ってしまったが、先週はまだきれいだった桜の写真、それから瑠璃光の石垣の写真をUPした。→「石垣36」「花見inYamaguchi2
 午後、夫と一緒にジムで鍛えた。→「Muscles」 日野原重明さんが湯田小学校で授業した時のビデオを 、昨日見たばかりだったので、1秒1秒過ぎていくマシンの表示を見ながら、自分が使える時間(=命)も、1秒1秒短くなっていくんだなと思いながら走った。

4/13Wed2011

  歯がうずくので歯医者に行った。疲れが溜まっていると言われた。

4/12Tue2011

  子ども達の日記に癒された。まずまずの手応え。帰りにジムに行った。→「Muscles

4/11Mon2011

 新しい英会話教室へ。2~3名を除き、ほとんどが年上のみなさんだが、みんな元気バリバリで感心する。彼らを見習い、今後、心を入れ替えて励みたい。
 夜、初心者着物人のバイブル(?)「七緒」を読んだ。これよ、これなのよ、私が求めていたものは。粋で渋い、お洒落で心に余裕のある生き方。

4/10Sun2011

 今回、西村屋では、4つのお風呂と、部屋のお風呂(温泉)に入った。全身ピッカピカ。朝ご飯も2回お代わりをした。もう走るしかない! 走って走って振り落とす!! ←と誓ってチェックアウト。
 帰りは、まず、昨年12月に、ポンプで汲み上げられる源泉を見学できるスポットとして誕生した温泉舎(ゆのや) を見学。それから桜の名所、木戸神社へ。可憐な花びらの集合体。とてもとても美しかった。葛藤はあったが山口市帰りの恒例行事だから仕方ない、リョーユーパンでアウトレットのパンも購入。
 帰ってからは、夫と一緒にすぐにジムへ。不動のモチベーション。気合い十分。トレーニングの様子はこちらよ。→「Muscles

4/9Sat2011

 午前中は、山口県教育相談・臨床教育研究会の4月定例会へ。今日は「マインドフルネス ストレス低減法」の勉強をした。寝っ転がって実習してると、気持ちよくて眠ってしまいそうだった。禅思想と座禅が基になっているそうで、ヨガ好きな私にぴったり。来年には、日本で最初にこのメソッドを紹介した春木氏が、創始者のカバットジン氏を招聘し、講演会を開くのだそうだ。

 午後からは、日本三名塔、国宝の瑠璃光寺五重塔(山口市)に行った。正直言って、他のどの五重塔よりも美しいと思う。唐風も取り入れられているそうで、やはり他の塔よりモダンな感じ。桜も満開だった。それから、夫のお気に入り、湯田温泉の西村屋へ。中原中也も祝言を挙げた宿。ここの自家源泉は、とてもしっとり感があり、お湯から上がってもずっと肌がサラサラすべすべしている。おいしいものもしっかり食べ、のんびりした。体重が気になる・・・。

4/8Fri2011

 朝、昨年度担任した子ども達と言葉を交わした。これで本当のお別れ。かわいくて愛しくて、涙が出そうだった。その後、始業式。今年度担任する子どもと初顔合わせ。
 今日は、別居第一日目。夫は単身赴任になって以降も、春休みの間はずっと自宅から通っていたが、遂に今日は赴任先に泊まる。明日帰って来るけどね。夕方は、ショッピング→お華→ジムへ行き、淋しさを紛らわせた。お華の作品と、筋トレの模様はこちら →「My art」 「Muscles

4/6Wed2011

 第3回職員会議&研修&始業準備。1日中くるくる動き回って体は結構疲れたけれど、気持ちがリラックスしているから今日もジムに行くことができた。9.0km/hでわずか2kmだが、気持ちよく走り、筋トレした。
 昨日、Twitterを登録した。まだ何もつぶやいてはいないのだが、今日見てみると、なんと私にもフォロワーが!ビックリした。

4/5Tus2011

 第2回職員会議。午後、学級事務。教室をきれいに整理し、子ども達を迎える準備をした。

4/4Mon2011

 第1回職員会議。同学年で初顔合わせ。テストやノートの注文、名簿作成、指導要録・健康診断表等の仕分け、教室移動等であっという間に1日が終わった。
 帰りに久し振りにジムに行った。9,0km/hで3km走り、筋トレ。うっすら汗をかいた程度だったが気持ちよかった。250gの体重減少。しかし、例によって帰ってから猛獣のように食事したので、結局太ったのかもね?食後は怖くて体重計に乗っていない・・・。

4/3Sun2011

 山の神フリーマーケットに行った。
 午後からは、キリンビバレッジ周南総合スポーツセンターで開かれた「花とワインフェスティバル」へ。昨年度担任した子がヒップホップを披露するので声援&会いに行ったのだが、ものすごい混雑で、結局会えず残念だった。
 東日本大震災の被災者への義援金を呼びかける大集団が、体育館玄関や公園入口など、いたるところにずらりと並んでいた。 

4/2Sat2011

 夫の新しい赴任先に行った。遠方だが、学校へは自宅からたったの1時間ちょっとで行けた。官舎は、そこから20分くらいのところ。広いけど、とんでもなく古いアパートだった。布団など、少しだけ荷物を運び入れた。部屋の中には前の住人の置き土産があった・・・・・。
 それから、私達夫婦のお気に入り、萩市へ。萩のナフコには、なんと、身近なお店から消えて久しいケース売りのミネラルウォーターがあった。これで東京の長男の要請があれば、すぐに送れる。よかったよかった。
 萩では、街路樹の椿が咲き乱れていた。桜は二分~五分咲きといったところ。
 夜は、夫のお気に入り、萩観光ホテルでおいしい海の幸に舌鼓を打った。夜、ホテルのロビーで「萩ものしり博士のおもしろ講座」というイベントがあった。思わぬ所で歴史の勉強ができラッキーだった。長州藩や萩に関するクイズがあり、景品を狙って真剣に答えた。
 ところで今日は、久し振りに体重を量った。びっくりした。これではイカン、食べ過ぎだと思った。
 その後、温泉に浸かり、宿泊。今回の発見=萩の港では、深夜3時、チャイムが鳴る。

4/1Fri2011

  転入者も交えての企画会議。新年度の校務分掌・学年等々の発表があった。

3/31Thu2011

 ホットヨガに行った。ヨガの前、シアターで「ターミネーター4」を鑑賞。ヨガの後は温泉に入った。

3/30Wed2011

 離任式。同い年の職員が2人も転出し、寂しい気分。
 夜、送別会。久し振りに午前様。

3/29Tue2011

 年度末休業第2日目。離任式で挨拶をする代表児童への作文・作法指導。

3/28Mon2011

 年度末休業第1日目。指導要録の点検や学級編制の検討など、あれやこれやであっという間の1日。

3/27Sun2011

 別居は、中央研修と前回の単身赴任の時とで3回目なのだが、夫が、この土日、残った仕事を片付けている姿を見て、何だかじわじわと実感が湧いてきた。「陸続きだから、いっぱい帰って来れるよ。」と言っていたが、別居は別居だもんね・・。

  「畜産市長の『口蹄疫』130日の闘い」を読んだ。

3/26Sat2011

 本日、新聞発表。夫は転勤になった。再び、独り暮らしが始まる。5年前、夫の初めての単身赴任では、泣きながら眠り、目覚めては泣き・・・そんな日々がしばらく続いたが、今回は不思議と涙は一滴も(!)出ない。寂しいけど悲しくないし、独り暮らしへの不安もない。ただ夫にエールを送りたいと思う。
 
 木曜日に「抽選に当たった」とメールの来たエルメスのバッグが本当に来た。びっくりした。こんなことがあるのね!

3/25Fri2011

 修了式だった。授業日は198日なので、昔に比べれば随分減ったが、疲労度がまるっきり違う・・・。
 今日もミネラルウォーターを求めて市内のスーパーをさまよったが、やっぱりどこも売り切れだった。そこで、家にあるミネラルウォーターやトイレットペーパー、下着などを詰め込んで荷造り。クロネコに持ち込んだ。今、配達が混乱しているので時間がかかると言われた。時間指定もできないのだそうだ。
 夜、お華に行った。

3/24Thu2011

 年度末保護者会だった。遂に終わった。つらいこともあったけど、我ながらよく頑張った。達成感はある。子ども達からの手紙や、保護者からの感謝の言葉が嬉しかった。終わり良ければ全て良し。いい1年だった。終わった~~~~っ!

  ところで、赤ちゃんがいるわけではないのに買うのは自己中か・・・と遠慮しながらも、やっぱり心配なので、東京の長男にミネラルウォーターを送ることにした。しかし、ネットにも近所のスーパー3軒にもない。全部売り切れ。水だけでなく灯油もなかった。去年、新型インフルエンザがはやり始めた時もマスクがお店からなくなったっけ。私も狂乱に加担している一員・・・。

 水がなかったので、結局最後は自分の物を衝動買い・・・。春のスカートを2枚買い、ちょっと嬉しくなった。「嬉しい」と言えば、今日は超bigなニュースがある。私の懸賞歴、始まって以来の大型当選。エルメスのトートバッグが当たった!!! 私にとっては初エルメス。さっき定価を調べたら、239,400円(税込)だった。ひょえ~。そんなバッグ、気楽に使えるのだろうか?それをタダでもらえるなんてちょっと信じられない。届くのが楽しみだ。

3/23Wed2011

  朝、長男も東京に帰って行った。また老夫婦2人の生活が始まった。

3/23Wed2011

 元KRYアナウンサー 岡本修二さんをゲストティーチャーに、発音の仕方、発信者の心構えなどを聴いた。
 今日はALTの授業も最終日。来年度の勤務先はまだ決まっていないのだそうで、タラさんも少し寂しげだった。
 午後はお別れ会をした。ケーキやパフェなどを作り、楽しく食べた。

3/21Mon2011

 指導要録も無事に仕上げ、久し振りに私の実家に行った。
 最近のお気に入りはコレ。頭のマッサージグッズ。髪をかき上げるようにして使い、ツボを刺激する。とても気持ちがよい。

3/20Sun2011

  萩の帰りに夫の実家に行って、少し話をして帰った。家族4人で行くのは久し振り。
 その後、長男・次男と3人で、気合いを入れてケーキバイキングへ。結果は各自7つずつだった。

3/19Sat2011

  たまたま同じ日に帰ってきた長男・次男と一緒の家族4人で、萩市の椿を見に行った。その後、「萩本陣」で会席料理を食べ、大吟醸の利き酒をし、温泉に入って宿泊。4人一緒の泊まりは久し振りだ。どっぷりと幸せを噛み締めた。
利き酒セット

3/18Fri2011

  卒業式。やっと、この大行事(ちょっと大袈裟?)を乗り切った。結構疲れた。
 夜、「あんど水産」で慰労会。最近できた魚料理中心のオシャレなお店。家から5kmくらいだったので、宴会後ジョギングで帰ることにしたのだが、途中、暗くて人通りが少なく事故の多いトンネルを通らなければならないことにハタと気付いた。怖いので、更に5kmくらい遠回りをすることにしたのだが、さすがに宴会後の10kmランはキツイ・・・と思っていたら、夫から電話。歩いて迎えに来たけど会えないというものだった。トンネルの前で「劇的な出会い」をする予定だったんだって。(ちょっとノロケ)

3/17Thu2011

  「6年生を送る会」。1~4年生は卒業式に出席しないので、6年生と一緒に過ごすのはこれで最後となった。

3/16Wed2011

  卒業式の予行練習だった。放課後、反省会。

3/14Mon2011

  10年前の次男から手紙が来た!小学校卒業の年だ。こんな素敵な企画をして下さった担任の先生方や、10年間も保存しておいただけでなく、10年後にきちんと配達して下さった郵便局の皆さんにも、感謝の気持ちでいっぱいだ。

3/13Sun2011

  「7、5ウイグル虐殺の真実」を読んだ。気持ちがずーんと重くなった。併せて、中国青海省の大地震後に中国政府の取った非人道的な対応をYoutubeで知り、これはちゃんと調べてみなければと思った。

3/11Fri2011

 地震速報を見るにつけ、大過なく暮らせていることをありがたく思う。東京の長男も、無事だった。ほっとした。被災地の学校はどうなったのだろうか?たくさんの子ども達が勉強していたに違いない。助かった子ども達も、心に大きな傷を負っただろう。彼らの生活と心の傷が、これからどんなふうにケアされるのか、一刻も早く手を打たなければならないと思う。
 ところで、私の勤める学校はオンボロで、もし巨大地震に襲われたらひとたまりもない。巨大でなくても真っ先に崩れ落ちるだろう。何せ山口県の市町立小中学校の耐震化率は全国47位なんだから・・・。

3/6Sun2011

 テレビで「東京ガールズコレクション2011」を観た。最近買ったが派手過ぎて使いづらかったパテントレザーのバッグ、やっぱりヘビロテしようと決意した。いくらおばさんだってフューシャピンクだって、好きなんだもん、自信持たなくっちゃね。

3/5Sat2011

 日がな一日、パソコンの前で普段着にする着物を探した。で、赤梅の切り張めの、仕立て上がりの小紋を購入。ガンガン着るんだもんね。
 岡田准一の「SP野望篇」鑑賞。

3/4Fri2011

 お別れ球技大会。子ども達からは、「大人気ない。」と非難(?)を浴びたが、全力で戦って全勝した。

3/1Tue2011

 「ふだん着物のたのしみ方」を読んだ。着物とは、何と奥深い文化なのだろう。選び方、着こなし方、しまい方etcは、着る人の生き方そのものだと言えば大袈裟だろうか?同じ型の直線裁ちであるからこそ生まれるその人らしさ、個性の輝き。着物で学校に行きたいっ!

2/28Mon2011

 近所の公民館で開かれている英会話教室に行ってみた。予想通り、生徒のみなさんは熱心な方ばかりで、自分の不勉強を恥ずかしく思った。結局どこの教室に所属しても、意欲があれば上達するし、なければ堂々巡りをしなくてはならないのだなと思った。

2/25Fri2011

 幼稚園との交流会。一緒に給食を食べたり、リコーダー演奏を聞かせたりした。5年生の子ども達、みんな大人の顔つきだった。
 帰りにお華に行った。→「Myart

2/24Thu2011

 △△記念日。ポリフェノールたっぷりのワインで乾杯した。

2/20Sun2011

 笠山の火口を見に行った。
 家に帰ってからは、山鹿温泉のインド料理店で買った香立で香をくゆらせながら、「四大文明【エジプト】」を読み終えた。時々、萩で買った「ツボきーく」で、セルフ指圧。背中って意外にこっているのね。
笠山 火口 火口に降りる道 スケルトンの香立 「ツボきーく」

2/19Sat2011

 
 萩 椿祭に行った。人は多かったが、椿はまだたくさんは咲いてなくて、ちょっと寂しい感じだった。今年は、冬の寒さが厳しかったので、蕾は多いが咲くのが遅いのだそうだ。
 今日の泊まりは日本一小さな活火山、笠山の中腹の「萩観光ホテル」。ホテル予約サイトの口コミ情報に「古い」とか「アメニティが今イチ」とか書いてあったのであまり期待はしていなかったのだが、部屋はリニューアルされていてきれいだったし、広い角部屋で眺めも良かった。ふぐの鍋や刺身もおいしかったし、従業員も皆さん感じ良く、萩の地酒の利き酒をしたりして存分に楽しめた。
 温泉は、塩味の無色透明。ちょうどいいあんばいに加温されていて気持ち良かった。団体客が食事に行った頃を見計らって入ったので、ゆっくりできた。温泉の写真はこちら→「Hot spring
 ↓ ロビーから萩湾を臨む。

部屋からの眺め ↑

 ↓ 地酒の利き酒。やはりどぶろくは旨い!



今回は「奥様」と呼ばれた。
夫とはどうやら夫婦に見えたようだ。

2/17Thu2011

 今年度最後の参観日だった。1年間の集大成として、我ながら満足できる授業だった。子ども達、よく頑張った。
 夜、英会話教室へ。

2/16Wed2011

 放課後、長い長い企画委員会で、ぐったり疲れた。

2/15Tue2011

 「スタンドアップ」二度目の鑑賞。感想はこちら→「Movies1

2/13Sun2011

 平岩弓枝 編「伴侶の死」を読んだ。→「books
 鍋田横穴群と古城横穴墓群、山鹿市の写真をUP→「古墳28」「山鹿市

2/12Sat2011

 深夜より、嵐の様相。朝、外を見ると雪も降っていた。日本人って何て勤勉なのだろう。こんな嵐の朝でもジョギングし、犬を散歩させ、人々は普段と同じ生活をしている。
 今日は親孝行するために湯本温泉の「枕水」を予約していたのだが、温暖な瀬戸内がこんな状態なので山陰まで辿り着くのは無理だろうと夫と話し、やむなくキャンセル。せっかくの親孝行だったが、次回にしようということになった。

 そこで、先日の血液検査の結果を聞きに病院へ。全て正常値でひとまず安心。→「現状
 その後、雪はますます大粒に。で、病院からの帰宅中、ワイパー破損。いつものサービスステーションで点検&交換。「スタットレス付けましょうか?」と言われたが、「雪の日は運転しないから。」と大雪のもと、(←!)笑顔で答え、そろりそろりと運転して帰宅。後ろのタイヤはツルツル滑るし、もう怖くて怖くてたまらなかった。ガレージの入口で遂に車が動かなくなったが、夫にも応援してもらい、やっとの思いでねじ込んだ。今日はどこにも出掛けたくないゾ。

 山鹿市で見かけた仁王像、丸い石、石垣、マンホール、面白い写真、狛犬、石橋、「チブサン古墳・オブサン古墳」の写真をUP→「仁王像5」 「丸い石」 「石垣35」 「マンホール4」 「おもしろ写真集」 「狛犬78」「橋10」 「古墳27

2/11Fri2011

 早朝6時前、まだ暗かったがチェックアウトし、荷物を預けて観光開始。まずは歩いて周辺散策。山鹿灯籠で有名な大宮神社や、熊本浄土真宗普及の拠点 光専寺、豊前街道のノスタルジックな通りの景色等を楽しんだ。
 
 次に、バスの1日乗車券を買い、以前からずっと気になっていた山鹿市立博物館へ。そこで、チブサン古墳とオブサン古墳のガイドをお願いした。申込料はたったの100円。公用車での移動付き。日本っていいわ~。ちゃんと知識のある人が丁寧に説明してくれて、後でバクシーシもねだらない。大好きな装飾古墳について詳しく分かったし、鍵を開けて1500年前の本物の装飾も見せてもらった。王塚古墳など1年に1、2度とかしか公開されないんだから、これはとてもありがたいことだと思う。
 
 その後、ちょうどいいバスの便がなかったためタクシーで鍋田横穴群を見学し、方保田東原遺跡に移動した。「山鹿市周辺観光マップ」にも楽しそうな縄文人と環濠集落の絵が載っていたので観光地として整備されているのかと思いきや、ほんとにな~んにもない、ただの野原だった。発掘調査はされたようだったので遺構など少しは形跡を見つけることができるかも?と思ってウロウロしたが、ほんとにな~んにも見つけることができなかった。食事もしたかったし、バス便も今度はあるだろうと思ってタクシーも帰してしまっていた。しかし、付近にコンビニも食事できるところもなく、バスの便もなく・・・昼食も食べずに散々歩き回った。む、虚しい・・・。

 と言うわけで、バス便まで無駄に時間を潰し、ションボリ気分を無理に高揚させ、次なる目的地、県立装飾古墳館に向かった。が、ここでもガッビ~ン!と哀しい目に。ここは以前一度行ったことがあったので、辺鄙な所と知ってはいたが、「県立装飾博物館入口」というバス停名があることに安心し、何の疑問も持たずに行ったのだ。が・・・。バスを降りると「え?どこここ?何で何にもないの?古墳館は?あ、看板あった!え?あと1.2km?うっそ~!上り坂じゃん。」と、まぁこんな感じだった。時刻表を見ると、50分後の1便を逃せば次は2時間余りも帰り便無し。元気なら山道を走って古墳館まで行ったかもしれないのだが・・・。

 幸いすぐそばに城跡や廃墟があったので見学し、「ここでこのまま帰り便を待ち、市街地に出たらタクシーを拾って日輪寺に行こう。」と決意を固めていると、そこに夫からの「帰れコール」が・・・。仕方ない・・。もっと居たいが帰ることにしよう。待っている人がいるんだから・・・。これでやっと諦めがついたよ・・・。(とか言って実は未練タラタラ)
 それからバスで玉名駅まで出て、玉名にもたくさん古墳はあるようだったが全て諦め、特急有明に乗り、新幹線へ。猛烈にお腹が空いていたので駅弁をガツガツ食べた。あっと言う間に終わった一人旅だった。

2/10Thu2011

 熊本の子ども達は皆、生き生きとしていた。どんな町でもすれ違うと明るく挨拶された。大人もそうだ。何て温かい人々なのだろう。教育が行き届いている。大江義塾や合志義塾、それにルソーの「民約論」を教育の核とし多くの民権運動家を生み出した植木中学校など、熊本には特色ある教育機関も数多く、偉人も少なくない。素晴らしい教育県だと思った。

 熊大附小の実践も感動的だった。先進的で実践的、個人と世の中のためになる取組だった。教育とはかくありたいと思った。

 研究会後、JR玉名駅で途中下車し、山鹿温泉へ。玉名駅では山鹿温泉行きのバスまで約1時間の待ち合わせができたので、駅前の美容院に行った。ヘッドスパとトリートメント、前髪カット。研修で疲れた頭がスカーっと気持ち良くなった。やはり1ヶ月に1回くらいは毛穴の大掃除をした方がいいと思った。頭も冴えるし。普段はなかなかできないけどね。

 山鹿温泉に着くと、荷物を預け、すぐに観光。これについては後日、新ページで報告します。乞うご期待!

2/9Wed2011

 熊本大学附属小学校の研究会に参加するため、午後、出発した。徳山駅では同じ研究会に参加するかつての同僚にバッタリ会い、楽しくおしゃべりした。
 この日は熊本駅前のホテルオータニに宿泊。気持ちの良いホテルだった。
 チェックイン後、少しまだ明るかったので、周辺観光。路面電車で移動し、「あんたがたどこさ」に出てくるエビとタヌキのオブジェのある船場橋や、隈本城(古城)、古城横穴群、桜橋等を見学。県立第一高校内部も教頭先生の案内で見学した。北里柴三郎や徳富蘇峰、海老名弾正も前身校の卒業生なんだとか。

2/7Mon2011

 吉村作治の「四大文明エジプト」を読み始めた。まだまだエジプト熱は冷めそうにない。「カイロ」と「ダフシュール」のページにピラミッドの写真を追加した。本日の血圧、92と50で久し振りに100を切った。

2/6Sun2011

 起きるとまずお風呂。さすが源泉かけ流し。なんて贅沢なのだろう。上の方が熱いので、よく混ぜて入った。昨日みたいに「超熱→ぬるめ」にならずにすんだ。湯上がり後も、ローションなんていらないツルツル感。温泉っていーなー。地球の贈り物だ。昨日ニュースで地球と同じ環境の星が何十何個(←ここは忘れた。)あることが分かったなどとやっていたが、それらの星でも温泉は噴出し、人々は入湯や湯治を楽しんでいるのだろうか?

 チェックアウト後は、山の神フリーマーケットへ。毎度のことながら、古き良き日本を感じる。

2/5Sat2011

 湯田温泉に行った。先週末は、夫好みの大型ホテルだったので、今回は私の好きな、わび・さびを感じる温泉旅館。源泉かけ流しの小さな宿へ。PH9.2、無色透明ちょっぴりの硫黄臭、飛び上がりそうに熱い源泉に入り、その後それを水で思いっきり薄めて湯船に浸かった。ちょっとぬるくなり過ぎたが、湯上がりはいつまでもぽかぽかで、肌はさらさら。良いお湯だった。部屋は随分古かったが、ゆっくりのんびりできた。
 私の勘違いかもしれないが・・・もしや夫と親子に間違えられたのではないかと思えるシーンがいくつかあった。「お嬢ちゃん」なんて言われたしね。夫の髪の毛があまりに寂しくなったせいかもしれない。にゃはは
 来週の熊本出張に備え、ただいま「熊本県の歴史散歩」読書中。

<ここからは夢の話なので飛ばして下さい。私のただの覚え書き。>
 就寝後、久し振りに変な夢を見た。広縁側から玄関側に(頭上から足下へ)布団に沿ってスルスルと畳上を人の歩く音。あれ?と思って起きようとするが目が開けられず体も動かない。すると、蹴散らしていた布団がぱらりと足の上へ。「こんなサービスする旅館なの?いや、さすがにそれはないか。鍵もかけたし。合い鍵で夜中に客室に入る?でもなんで玄関側からじゃなく広縁側から来るの?2階なのに。」などと動けないまま思った。目が開かなかったので見てないはずだが、足音がする前、部屋の中に直径2mくらいの、ホコリの塊のような半透明の白い物体(所々に核のような濃い部分あり。オーブの巨大版?)が現れたのと、濃い色の着物の裾からはみ出した白の長襦袢が見えた。(ような気がした。)
<夢の話ここまで>

 朝、夫に話すと、「布団をかけてくれるなんていい人だね。」と言われた。

2/4Fri2011

 今年度最後のヨガクラブ。来年度からクラブ活動を開始する3年生が見学に来た。CDに合わせてやっていたのだが、3年生のあるクラスが見学に来た時、ちょうどシャバーサナ(屍のポーズ)にさしかかり、見学している間、ずっと仰向けのまま動き無し。ちょっと申し訳なかった。後で引率の先生から「ずっと寝てたね。」と言われ大笑いされた。
 もうひとつ面白かったのは、別のクラスなのだが、やんちゃ坊主で有名なS君、「見るのが恥ずかしい。」と言って見ようとしなかったそうで、担任に「女の人ばかりだった。」「ポーズがなまめかしい。」などの理由を言ったそうだ。爆笑した。

2/3Thu2011

 寒くて眠くて元気出ず、英会話教室欠席。

2/2Wed2011

 生徒指導委員会。校内の生徒指導上のいろいろな問題について話し合った。つくづく思う。教師とは何と精神を磨り減らし、心配し、苦しまねばならない仕事なのだろう。

1/31Mon2011

 プールに氷が張っていたのでビックリした。

1/30Sun2011

 朝から雪。お風呂には、昨日の夕食前後と今日の朝食前後で計4回入った。食事は朝も夜も部屋食だったのでのんびりできた。明日からまた頑張って働くか・・・。お風呂の写真はここよ。→「spa

 つい3週間前、私はエジプト、カイロのタハリール広場にいた。そこが今、エジプトの反政府運動の中心地となり、死者も日々増えている。昨日はエジプシャンミュージアムも襲撃されミイラや展示品が破壊されたようだ。あのホテルのオーナーは?両替してくれたおじいさんは?笑顔だったコシャリ屋のマスター、スークの人々・・・、吹っかけてきたガイドやドライバーも、盗賊みたいな馬車ワーラーも・・・大丈夫なんだろうか?

1/29Sat2011

  「白木屋グランドホテル」へ。夫の希望だから仕方ない。お湯は掛け流しではないものの、ローションみたいなぬるぬる感があったのでまぁ良かった。お料理は、ふぐ中心の郷土料理。一週間、死にもの狂いで働いて(それはちょっと大袈裟か?)、土日にこうしてのんびりして、心がやっと均衡を取り戻す、そんな気がする。

1/28Fri2011

 今年度初、お華に行った。
 夜、音信川畔の老舗ホテル、「白木屋グランドホテル」の宿泊を予約。予約は前日21時までとなっており、あと数分で21時だったので、ちょっと焦った。

1/27Thu2011

  「人類愛善会」という団体から「ノン・ドナーカード」を送ってもらった。私も以前はドナーカードを財布に入れて持っていたが、いろいろ読んでいるうちに、脳死を人の死とするには無理があるんだなと考えるようになったためだ。近々息子達にも話し、考えを聞いてみたい。

1/23Sun2011

 「エジプトの思い出3」と「岩窟墳墓群」をUPした。こちらよ。見てね。→「エジプトの思い出3」 「遺跡7

1/22Sat2011

 奈良県藤ノ木古墳をUP。→「古墳26」 奈良市のマンホールと薬師寺中門の仁王像の写真を追加。→「マンホール3」「仁王像3」 
 午後からはホットヨガに行った。気持ちよかった。シアターで「ハリーポッター」を観て、温泉に入って帰った。I先生は相変わらずきれいだった。→「Muscles

1/21Fri2011

  何だか長い1週間だった。やっと終末。今日も寒かった。

1/20Thu2011

  参観日。国語科のディベートの授業をした。子ども達、とてもよく頑張った。あと45日で今年度も終わる。

1/19Wed2011

 今日も、寒くて寒くてブルブルの一日。
 奈良法隆寺中門の金剛力士像の写真をUP。かっこいい・・・。→「仁王像3

1/17Mon2011

 朝、目覚めると、道路は雪で覆われていた。私の車は冬用タイヤでも四駆でもないので、車で出勤するのはやめ、夫に連れて行ってもらった。学校では1時間、ミッチリ雪合戦。子どもって素手でも平気で雪玉を作る・・・すごい・・・。みんな大喜びだった。帰りはN先輩に家まで送ってもらった。冷蔵庫みたいに寒い1日だった。

1/16Sun2011

 湯田温泉から家に帰っても結構降っていたのでびっくり。私のロードスターが雪だるまになっていた。興奮した。

1/15Sta2011

 児童養護施設 共楽園の餅つきに行った。子ども達と一緒に、杵で餅つきを体験した。相手との息の合わせ方が重要なんだと分かった。
 その後、久し振りに、山口県「教育相談・臨床教育」研究会の定例会へ。リラクセーション法などを学んだ。自分の心身の様子をしっかり捉え、大切にし、無理のないように働いていかねばならないと思った。
 
 午後になって雪がチラチラ舞ってきたが、夫がどうしてもリラックスしたいと言うので湯田温泉へ。自家源泉を持つ「くつろぎの宿 栄屋」に泊まった。ここは維新の志士たちゆかりの宿、瓦屋があったところで、幕末から明治時代を思わせる庭園が遺されていた。料理もとてもおいしかった。ぷっくりほかほかの天ぷらは絶品。デザートの果物に至るまで、厳選素材の感がありあり。量も十分で、お腹いっぱいになった。

1/12Wed2011

 カイロの夜景と、奈良・京都の写真はこちら→「夜景」「奈良・京都

1/11Tue2011

 3学期始業式。今年はいよいよ最高学年。みんな心構えを新たにし、やる気いっぱいで登校してきた。背の伸びている子もいた。
 オールドカイロとイスラミックカイロの写真をUPした。まだ完成ではありません。→「Islamic Cairo & Old Cairo

1/10Mon2011

 「遺跡3(アスワン」「狛犬76(エジプト)」「遺跡4(アブシンベル)」「遺跡5(サッカーラ)」「遺跡6(カイロ)」「遺跡7(ダフシュール)」のページを作った。

1/9Sun2011

 アスワンのスークで買った黒のイスラム服、Sサイズだが体型に合わないのでリメイクした。
 エジプトで食べた物と、ルクソール・アスワンの夕日、アブシンベルの朝日、ルクソールとエドフ&コムオンボの遺跡の写真をUPした。→「ベジタリアンへの道」「夕日」「朝日」「遺跡1(ルクソール)」「遺跡2(エドフ&コムオンボ)
 「エジプトの思い出2」も追加

1/8Sat2011

 奈良・斑鳩・西の京の観光をした。まだ写真を取り込んでいないのだが、エジプトの思い出をコチラにUPした。→「エジプトの思い出」 

1/6Thu2011

  いよいよエジプトともお別れ。たったの1週間だけだったが数え切れない思い出ができた。手足はいつも砂まみれ、爪の間も鼻の中もススだらけ、観光地にはどこもド迫力の客引きがいて、こちらが叫ぶか走り出すかするまで離そうとしなかった。 しかし、一歩路地に入れば、笑顔の優しい人々がいて、いつも親切にしてくれた。
 
 遺跡はどこも丁寧な細工が施されていて感動的だった。ファラオ達は、人民の血と汗を踏み台に自分の欲望を満たしたのかもしれないし、死者をこの上なく畏れ敬ったのかもしれない。ついつい人間の本性を考えてしまう旅だった。 。

12/31Fri2010

  外は冷凍庫かっていうくらい寒く、ホテルから出たくなくてぶるぶるぶる。本当は京都観光をし尽くして出国する予定だったのだが。そういえば昨日の昼間も氷が張っていた。子どもの頃は、こんな光景珍しくもなかったが、最近、氷は見なかった・・・。寒い・・・。
 夜、京都駅から関空へ。そしてエジプトに向け出発。

12/30Thu2010

  朝、徳山駅から新幹線のぞみに乗り、2時間6分で京都駅に到着。 ホテルに荷物を預けて、すぐに観光。 大徳寺、龍安寺、金閣寺などのお寺や庭園を巡った。苔もきれい、岩もきれい。石庭は禅問答の世界。静寂の空間だった。付近には「参拝謝絶」の石田光成、織田信長、近衛家の墓などがあった。
 以前から乗りたいと思っていた 嵐電北野線のかわい~い電車に乗れたので、ちょっと嬉しい。他にも市バス、京都バス、嵐電嵐山本線、地下鉄烏丸線など、公共交通機関をしっかり利用し、あっちこっちを観光した 。

12/29Wed2010

 Hりんと徳山駅前のツリーを見に行った。

12/28Tue2010

 次男Hりんと「右田ヶ岳に登ろう。」と話がまとまり、登山口まで行ったのだが、雨が降り出したので断念。右田毛利氏の菩提寺、天徳寺で毛利氏墓所等見学して帰った。帰宅途中、またまた暴飲暴食・・・。猛省。→「右田毛利氏墓所

12/27Mon2010

 午前中、郵便局でUS$購入。FXだと手数料が200円そこそこらしいが口座も持っていないし、小口(旅行に必要なぶんだけ)だし、表示は手数料込で84円と出ていたので、まぁいいかと思って買ったのだが、レシートは1$85.99円だったのでちょっとムッとした・・・。リコンファームも済ませ、あとは出発を待つのみとなった。
 午後は、次男Hりんと、オーガニックレストランでランチして美容院&ショッピング。夕方は、今年最後のお華に行った。

12/26Sun2010

 朝6時、ミュージックチャイムが鳴った。何の曲か知らないが、心落ち着く懐かしい調べだった。ミュージックチャイムは私が育った町でも鳴っていた。脳の奥底に眠っていた記憶が蘇った。
 それから朝食&朝風呂。その後、町歩き。帰宅。

 家に帰るとHりんは、またまたケーキ作り。生き生きとやっていた。更に上手になったみたい。
 Hりんが貸してくれた岡本太郎の「日本の伝統」を楽しく読書中。

12/25Sat2010

 午前中はまたケーキ。昨日の手作りケーキとの違いを極め、次の作品に生かすためだから仕方ない。(←大食いの言い訳) <3割引+カード会員のみ5%引き>になったチョコレートケーキを買い、食後に次男とパクパク。(^^) やっぱり手製ケーキに勝るものはないと再確認。
 
 午後になって急遽思い立ち、3人で俵山温泉へ。外湯形式の俵山にあって、唯一、自家源泉を持つ旅館「冨士屋旅館」に泊まった。急な予約だったが二食付きにしてもらうことができ、ラッキーだった。旅館の目の前は木屋川の支流。そのせせらぎを聞きながら乾杯し、誕生日を祝ってもらった。
 
 お湯は、「白猿の湯」「町の湯」(俵山温泉全体で守られている外湯)に勝るとも劣らないトロトロ感。かすかな硫黄臭。低温だが、ゆったりじっくり入ることができ、体の芯から温まった。浴場は玄関から出て数メートルの敷地内にあり、脱衣所から数段の階段を下りた所に洗い場と小さい浴槽があるだけだが、日帰り入浴もやっていないので、いつでも貸切状態。泊まった人だけが味わえる贅沢だ。
 
 夜、夫は散歩しようと誘ってきたが、私とHりん(次男)は寒いので部屋から一歩も出なかった。何せ、この冬一番の寒波到来中で、山陽自動車道の電光掲示板も「0℃」となっていた。今期初の低温だ。
 そう言えば、往路の山道では鹿も見た。餌が足りず人里まで下りてきたのだろうか?夫の勤務校の裏山にも、猪が出るようになったということだった。

12/24Fri2010

 次男が帰省したので、フラフワのラブラブ気分。2人であっちこっちドライブし、民家のクリスマスイルミネーションを観賞した。
 その後、一緒にケーキを作った。イチゴにキューイ、チョコレート、マンゴーetc・・思いっきり2人好みの、とんでもなくおいしいケーキになった!

見物客が30人以上いた。

庭まできれいにデコレートされていた。

12/22Wed2010

 2学期末保護者会。夜は忘年会。クリスマスプレゼント交換では、自分では絶対に買わない物が当たり、最初戸惑ったが、帰って机の上に置いてみると、まぁかわいいか・・・。首を振る風水人形(ソーラーパネル付)。運気を誘う等の効き目を標榜し宣伝することへの嫌悪感は拭えないのだが・・。
 忘年会の帰りに徳山駅前のツリー鑑賞。ほろ酔いの幸せ気分で観たからかしら?例年以上にきれいだった。

12/20Mon2010

 シャーリーズ・セロンの「スタンドアップ」鑑賞。心に残る作品だった。シャーリーズ・セロンが素晴らしかった。感想は→「Movies1

12/19Sun2010

 旅行用に、年甲斐もなく、mimoのかわい~いバッグを購入した。
 年賀状の文面を作成した。

12/18Sat2010

 劇団はぐるま座の公演「峠三吉 原爆展物語」を観に行った。今まで疑問に思っていたことがかなりの部分氷解し、スッキリした気分だ。何のための戦争だったのか、なぜ若者達が犠牲になり続けたのか、「祈りの長崎」という言葉の本当の意味、沖縄戦の誤解、孤高の勇になりきれない人間の弱さetc・・・。ただ、日本人の加害面の扱いについてはまだ疑問が残る。2、3日前の新聞にも戦争を主導した政府への抵抗として軍人恩給の受給を拒否し続けた元軍人の話が載っていたが、加害行為をした人は責任を感じて当然だと思うし、感じるべきだとも思う。戦争の全体像を捉える上で避けて通れないことだし、狂気の本質を知るためにも不可欠だと思う。追究・糾弾できないにしても真摯な反省は必要だ。以前、勤務校に来て下さった、はぐるま座のOさんから感想文を頼まれたので、このことについては是非触れてみたいと思う。

12/15Wed2010

 ほこりみたいな雪がチラチラ舞っていて感動した。

12/10Fri2010

 お華に行った。

12/9Thu2010

 英会話教室の新しい学期が始まった。仲間が少し減っていた・・・・。

12/8Wed2010

 校内持久走大会。特別寒い日になってしまったが、雨が降って延期にならず、良かった良かった。

12/7Tue2010

 地元の敬老会の方に教えていただきながら「しめなわ作り」をした。なかなかうまくいかなかったが、数十分やっていると、やっと少しだけコツがつかめてきた。1時間ちょっとやって、私はたったの2本しかできなかったが、子どもによっては、何本も完成させている子がいたので感心した。

12/5Sun2010

  今年最後の「山の神フリーマーケット」に行った。すごい人出だった。遠目から気になる商品があったので、そのお店に近付くと、いきなりオーナーが振り向き、「これ、いかがですか?」と勧めてきたので驚いた。

12/4Sat2010

 NHKの「永遠のヒロイン・その愛と素顔★スカーレットという自分 ~ビビアン・リー~」を見た。孫と遊ぶくだりでは泣けてきた。自分で育てなかった娘に、「子どもってこんなに散らかすものなの?」と尋ねるのだ。胸が掻きむしられる。人を惹き付けてやまない人とは、人を傷つけ、どこまでも孤独で、自分を持て余すのだと思った。

12/3Fri2010

  春に植え、秋に収穫した学校田のモチ米を試食した。写真はこちらよ。→「お米を育てよう

12/2Wed2010

  劇団はぐるま座を迎え、各地で開催してきた「原爆展」の10年間の様子をプレゼンテーションしていただいた。涙と鼻水で、司会中もジュルジュルになってしまった私・・・。言葉では語り尽くせない体験者達の思いを、子ども達も感じ取ってくれたようだった。命懸けで、思いを込めて発信することの尊さを、そして、醜く独り善がりな覇権争い(戦争)への怒りを感じた。

11/28Sun2010

 門司に住む画家、トーナス・カボチャラダムス(川原田徹)氏の「空想観光 カボチャドキヤ」をワクワクしながら読んだ。この宇宙観、自然観、人間観、人生観・・・繊細で感傷的で、はかなくも力強くて、ばかばかしくも哀しくて、全ての相反するものが混沌と溶け込んでいる、画家(筆者)の魂が詰め込まれている、そんな本だった。 

11/27Sat2010

  今では着なくなったアイテムを計10点、リサイクルショップに持って行った。全然着ないんだから構わないが・・・コムデギャルソンやMKなど一応ブランド商品に、ノンブランドとは言えラビットファーのコートまで10点も入れたのに、たったの180円とは!!虚し~い気持ちで帰ってきた。夫に話すと大笑いされた。

11/26Fri2010

 事業仕分けで補助打ち切りになった後も、自力で研究を続けてきたT小学校の研究会に行った。先生方の熱意の感じられる研究会で、刺激になった。
 今読んでいる本は、「古代エジプト入門」 と「図説 古代エジプト」の1巻と2巻、「エジプト遺跡walkingガイド」、それからワハワハ笑いながら繰り返し読んでいる「エジプトが好きだから」。これで私もすっかりエジプト通(?)

11/24Wed2010

 体育の時間、子ども達とリレーをした。「先生、意外に速い!」と言われた。

11/23Tue2010

 門司レトロに行った。→「門司レトロ2

11/22Mon2010

 学習発表会の代休。次男Hりんと二人で一日中ベタベタと過ごした。
 勉強・・・英語の問題を一緒にやった。私だってなかなかイケてると、自信が出てきた。面白かった。
 ショッピング・・・三軒お店を渡り歩き、Hりんのコーデュロイのスキニーパンツや下着などを買った。
 ケーキバイキング・・・前回の過食で、「もう二度とケーキバイキングには行かない。」と誓ったはずだったが、またもや全品制覇を目指し、やる気満々で行った。二人ともそこそこ頑張った。が、全く比べ物にならないすごい人=フードファイターかと思える人が来ていて、もうビックリだった。テーブル上のお皿は常にいっぱい。しかも同じケーキが多数並べられていた。一人は運ぶ専門の人で、頻繁にショーケースと席とを往復、お皿への取り方にも躊躇がなかった。大きいケーキをガンガン取っていた。ファイターはギャル曽根並みの食べっぷりだった。こんな人が世の中に本当にいるとは!テレビにも出てるのかな?有名人だったのかも? 

11/21Sun2010

 早朝は、例によって一人で周辺散策。チェックアウトすると、大内義隆父子終焉の地、大寧寺へ。それから青海島の観光船に乗り、萩市にある毛利氏墓所の大照院と東光寺や、金谷神社を見学し帰宅した。金谷神社では、本殿や境内、拝殿にあるお宝や、金谷神社の歴史について、いろいろ説明していただき、とても面白かった。

  霧島温泉郷の源泉噴出口と、湯本温泉、湯本温泉駅、紅葉、青海島の写真をUP。→「温泉噴出口」「Hot spring」の山口県の部No.5、「駅2」「紅葉」「青海島3

11/20Sat2010

 学習発表会だった。子ども達、よく頑張った。見た人からは「5年生の発表、良かったですね。」「じーんと来たよ。」「気持ちが入っていましたね。」「ビシッとしていましたね。」などと言われ、誇らしかった。よくぞここまで成長してくれた。またひとつ行事を乗り切った。
 
 帰宅すると、夫と帰省中の次男と三人で湯本温泉に向かった。先週末も温泉旅行したばっかりだったが、夫が行きたがるので仕方ない・・・(実は自分も行きたいのだが(^^)
 湯本温泉最古の宿、「枕水」に泊まった。うむ、さすが老舗旅館だ。あっちこっちに経営者の心が表現されていた。人々が、また来たくなる宿だと思う。あっちこっちに幼児用の備品もあり、ほのぼのしたし、絵やちょっとした張り紙のディスプレイにも愛情があったし、到着直後の抹茶と金平糖のウエルカムドリンクにも好感が持てた。霊験あらたからしい丸い石が岩風呂に鎮座していて、温泉に威厳を与えているようだった。
 湯本温泉では恋文を音信川に流す風習があるようで、恒例か単発か分からないが恋文コンテストも開かれたようだ。面白い温泉地だった。

11/19Fri2010

 つい先週末、会ったばかりだったが、大学5連休のため次男が昨日深夜帰省したので、今日は一緒にイタリアンのディナー&ショッピング。地元の公民館祭に出品するため、生込みにも行った。→「My art

11/18Thu2010

 持久走大会の練習で子ども達と一緒に走った。

11/17Wed2010

 「金山蔵」の写真をUP→「金山蔵

11/16Tue2010

 「フルーツパフェを作ろう」の第4時の授業をした。先日行った第3時と併せ、こちらにUPした。見てね~~~。→「フルーツパフェを作ろう
 霧島市の「犬飼滝」と「高千穂峰」はこちら→「滝27」「山3

11/14Sun2010

  早朝、一人で散歩。源泉吹き出し口を見て回った。
 チェックアウトするとまず、その絶景に坂本龍馬も驚いたという「犬飼滝」へ。それから、「塩浸温泉龍馬公園」。今年5月にできたばかりの公園だ。ここでは誕生日と命日を記念して、物産展のような行事が行われていた。周辺の紅葉がきれいだった。
 その後、霧島温泉郷の廃墟巡り。道沿いに、元ホテルだったらしい所とか従業員寮だったらしい所とか、数軒の廃墟があり、前から気になっていた所だ。立入禁止になっていたので道路から眺めただけだったが、哀愁が何とも言えず。
 生駒高原のコスモスは、遂に枯れ果て、マリーゴールドだけが辛うじて大地に色を添えていた。次はどんな花がお目見えするのかな。
 食事してHりんとはまたしばしの別れ。眠ったり食べたり(←この繰り返し!)しながら気楽に助手席で過ごし、帰宅した。

11/13Sat2010

 金曜深夜、夫と車で出発。
 早朝、次男Hりんと合流し、高千穂峰(1573m)へ。暑くも寒くもない絶好のコンディションで、気持ちよく登山できた。山も下界もとてもきれいだった。霊山高千穂峰には、登るのにも下りるのにも困難な場所があり、1回は尻餅をついたし、ズズズと股が裂けそうになるまで滑ったりもしたのだが、とても楽しいルートだった。
 下山後は、100km先の南九州自動車道の終点、串木野ICの近くの金山蔵へ。トロッコ列車に乗った。向かう先は金山の坑道跡を利用して造った酒蔵で、黄金麹という麹を使って作る焼酎はここだけの味なのだそうだ。あれこれ味見したが、味の違いは、まぁあんまり分からなかった。んぐっ。
 それからお気に入りの霧島温泉郷へ。霧島温泉のお湯は、しっとりスベスベ、全身がツルツルになる。風呂場だけでなく、町全体に立ちこめる硫黄の匂いも好きだ。あっちこっちに源泉が噴出して雰囲気バッチリ。ホテルでは、食べて食べて食べまくった。夫は一晩で2kg太ったと言っていたが、私は怖くて体重計に乗れない。

11/11Thu2010

 体育で子ども達と一緒に持久走大会の練習&鬼遊びで走り回った。若い先生は早速筋肉痛になっていた・・・・。私、どこも痛くない。明日なるのだろうか・・?明後日なったら哀しい。
 夜、英会話教室へ。

11/10Wed2010

 英語ノート1 Lesson6「What do you want?」の授業をした。子ども達も、結構楽しみにしていた単元。それはそれは生き生きとした活動ぶりだった。参観して下さった先生からは、「準備が素晴らしかった。」「クオリティの高い授業だった。」「子ども達は幸せ。」「私も習いに来たい。」等、お誉めの言葉をいただき、身に余る幸せ。
 午後は校内研修で3年生の算数を参観。

11/7Sun2010

 山の神フリーマーケットに行った。ここには昔ながらの明るく堅実で、もったいない精神の染み込んだ日本人の姿がある。そんな彼女達を見るのが好きだ。子どもの頃を思い出す。あの頃の大人達は、ごく日常のどうってことない話を伝え合い、大声で笑っていた。このフリマでも、出品者やお客達が、天気のこと、家族のこと、日常生活の些細な出来事を言い合って笑っている。私にはできないけど、なんだかほのぼのとした気持ちになる。
 ここでは夫とは別行動だったのだが、車に帰ってみると、またもや同じ物を買っていた。よくあるのよね・・・。ぶはっ

11/6Sat2010

 庭にできた、ミカンとゆずの収穫をした。

11/3Wed2010

 先日の公開授業「マザー・テレサ」の記録をUPした。→「マザー・テレサ

10/29Fri2010

 地元のお年寄り「寿会」のみなさん約30名と、5年生全員とで、グランドゴルフをした。PTAの役員さんも、スコアをつけるなどして手伝って下さった。

10/27Wed2010

 「マザー・テレサ」(5年:国語)の公開授業をした。たくさんのお客さんがあり、子ども達、張り切っていた。私のインド体験も役に立った。今、とっても爽快!記録をまとめたらUPします、。乞うご期待。

10/25Mon2010

 校内音楽鑑賞会。バイオリン、ビオラ、オーボエ、コントラバス、チェロなど、初めて見る子どももたくさんいたし、音色を同じフロアで味わえるなんて、ほんとにいい経験だった。これぞまさしく「音」「楽」だ。

10/24Sun2010

 湯野温泉若竹旅館のお風呂に入った。源泉掛け流しのピチピチのお湯。のんびり入って満足満足

10/23Sat2010

 稲刈りの時の子ども達の感想を、UPした→「お米を育てよう

10/22Fri2010

 前任校に出張した。懐かしかった。たったの2年しか経っていないのに、ハード面で随分様子が変わっていた。
 その後、歯医者に行った。今日は、「すみません、また寝ちゃうかも・・・。」と最初に謝っておいた。治療中、意識を保とうと必死に頑張ったが・・・やっぱり2回ほどピクッとなった・・。
 それから、お華に行った。

10/21Thu2010

  調理実習をした。
←子ども達の作品

10/19Tue2010

  学校田の稲刈りをした。生まれて初めて稲刈り機も押し、感動した。稲刈りの様子と、私のビックリ顔の写真はこちらよ→「お米を育てよう

10/17Sun2010

  高千穂町の岩とマンホールの写真をそれぞれのページに追加した。→「岩26」 「Manhole3

10/16Sat2010

 呼鶴温泉に行った。どうも塩素臭が苦手だ。飲泉も飲んだが、以前のような感動がない・・・。
 夜、「デトロイト・コップ・シティ」鑑賞→「Movies2

10/15Fri2010

 夜、「山の音楽会」へ。毎年、山奥の元分校(今は休校になっている)を会場にして、特別支援学級の子ども達や、音楽の得意な教師達が奏でる音楽会が開かれている。地元の人々もたくさん集まって下さって、交流の場にもなっている。音楽って癒される。子ども達も、みんな生き生きしていた。コントラバスの重厚な音色やフルートの響き、琴の音が今も耳に残っている。
 TVでやっていた藤原竜也の「カイジ 人生逆転ゲーム」鑑賞。感想はこちら→「Movies1

10/14Thu2010

 人権教育参観日。人権教育となると参観者が少ないのが残念だ。教室に入らずに廊下で喋っている保護者もいた。授業の後は、児童&保護者対象の講演会。こちらも保護者の聴講はとても少なかった。
 学校帰りに歯医者へ。椅子を倒された途端に爆睡・・・ねぼけたまま英会話教室へ。

10/11Mon2010

 ダンスを習っている教え子達に誘われ、永源山公園の「風車まつり」に行った。ステージではみんなかっこよく踊っていた。帽子とサングラスで行ったら、「先生、なんで変装してきたの?」「誰か分からなかった。」とも。
 家に帰ってからは、またファーで小物作り。本日の作品はコサージュよ。写真はこちら→「My art

10/10Sun2010

 恋路スポーツ公園にコスモスを見に行った。生駒高原のコスモスより随分背丈は低かったが、まだまだきれいだった。ケータイしかなかったので鮮やかに撮れなかったのだが、写真はこちらよ。→「秋桜」  帝都大戦」の感想UP→「Movies2」 

10/9Sat2010

 先週行った、生駒高原のコスモスの写真を「秋桜」のページに追加。→「秋桜」 とっても愛嬌のある面白い仏様、「高鍋大師」もUP→「高鍋大師」  

10/8Fri2010

 やっと週末。学校帰りにお華に行った
 家ではもう、ファー小物作りに夢中。見てね~~~っ。→「My art

10/7Thu2010

  ヒロシマ社会見学へ。訪問先は、平和記念公園・平和記念資料館・マツダミュージアム。

10/6Wed2010

  ミンクの端切れで、ファーポンポンを2個作った。ケータイとお財布に装着。ナイスな色とサイズで満足。

10/4Tue2010

  5・6年生対象の交通安全教室だった。交通安全教室は、今まで4年生でしかやったことはなかったので、私がずっと前に担任した子どもたちより今年の子ども達の方が年長だったのだが、まぁ体力やバランス感覚など、昔とは比べ物にならないほどの低下っぷりだった。事故が起こらないのが奇跡とも思える。
 警官の運転によるダミー人形の衝突実験もあった。時速40kmの車にはねられた人形は、靴が脱げ、ぽーんと15m以上先まで飛ばされた。鈍い音がした。ものすごくリアルで涙が出そうだった。

10/3Sun2010

 神武天皇誕生の地とされる宮崎県の皇子原公園に300万本の彼岸花を見に行った。・・・が、ほとんどがもう枯れてしまっていて残念だった。真っ赤な絨毯、さぞかし綺麗だったことだろう。
 それから帰宅の途に。高速道路では、事故直後だったらしく、バーストして粉々になったタイヤが何十mにも渡って落ちていて、ちょっと怖かった。ずっと先に傾いたバスがハザードを点けて停まっていた。
 
 霧島旅行から帰ると、「新老人の会」山口県支部長の林三雄さんを囲んでの夕食会。藩政改革を繰り返し、幕末の存亡の危機を乗り切った長州藩のリスク管理についての本、「長州藩の経営管理」の著者でもある。(サインももらった。)
 ところで、 「新老人の会」の3つのモットーは、「愛し愛されること」「創めること」「耐えること」。何と魅力的なモットーであることか!ちなみに60歳未満は「新老人」に認められず(?)、身分は「サポート会員」なのよ。かっこいい!
  
    宴会のメンバー             林さん(超元気な88歳)

10/2Sat2010

 朝、生駒高原に到着。
 次男Hりんとも合流し、一緒にコスモスを見た。
 満開だった。
 生駒高原すぐそばの「あすなろ温泉」
 それから高鍋町へ。牛のいなくなったガラガラの牛舎を見ると、哀しかった。日本の畜産は、
これからどこへ向かうのだろう。
 高鍋町では、持田古墳群や高鍋大師を見たり、舞鶴城や歴史総合資料館、家老の黒水家住宅、
藩主の墓所の秋月墓地などを観光。西南戦争に反対した高鍋藩の賢者9人が幽閉された籾倉なども見た。
 「高鍋大師」。700数十体の仏像を、40年がかりで一人の人がこつこつ彫った。
古墳の霊を慰めるためらしい。大きい物で、高さ6m。どれも愛嬌のある顔をしていた。

 夜は、福山雅治が「龍馬伝」のロケで泊まったホテル、霧島国際ホテルに宿泊。泥パックもして大満足。→「Hot spring」の第14位「霧島温泉郷」に写真を追加。
 ホテルで読んだ本は、船瀬俊介著「早く肉をやめないか?」。感想はこちら→「books
 霧島温泉郷。霧島国際ホテルの7Fの部屋からの眺め。
あと1万円プラスすると、福山雅治も泊まった8Fのスイー
トルームにグレードアップできるらしい。ここでオーブの写
真も撮れたので「不思議写真特集」に追加した。
 霧島国際ホテルの露天風呂。大浴場は4つあり、
朝2回と夜2回、全部のお風呂を楽しんだ。

10/1Fri2010

 夜、鹿児島県霧島温泉に向け、夫と車で出発した。

9/30Thu2010

 鹿児島県霧島温泉の予約をした。行くぞ~っ!

9/28Tue2010

 ジムで走る代わりに自転車で近所の金融機関へ。ものすごく頑張って漕いだ。

9/26Sun2010

 運動会。卒業生もたくさん来ていて、声をかけてきた。
 夜、打ち上げ。

9/25San2010

 運動会準備のため出勤。

9/24Fri2010

 お華に行った。→「My art

9/23Thu2010

 「ジャンポール」のモーニングはトーストのお代わりが自由なので、気合いが入る。←気合いを入れる必要は全然ないのだが・・・。
 その後、久し振りに山口県「教育相談・臨床教育」研究会へ。

9/22Wed2010

 スリランカに行く飛行機の中で観た「ホットファズ」と「アイアンマン2」の感想をUPした。たったの一言ずつだけど・・。

9/21Tue2010

 刈り取ったバケツ稲の脱穀をした。→「お米を育てよう

9/20Mon2010

 スポーツ公園の秋桜を見に行った。
 昨晩はTVで「バイオハザードⅡ」があるので、かなり楽しみにしていたのだが、見てみると、ものすごくつまらなくてガックリ。お子様向けなのよね、きっと。私もおばさんになったものよのぅ・・・。→「Movies2
 今日はケータイの機種変更にソフトバンクショップへ。料金がものすごく高くてびっくり。デジカメあるから1210万画素もいらないし、他の便利っぽい機能もどこまで使うか疑問だ。ファイル形式もJPEGだけで十分だし、顔認証機能とか、連続撮影とか、ワンセグ視聴と音声通話を同時に利用とか、そんなのなくても全然困らないんだけどね・・・となるとお年寄り向けのケータイがオススメ・・・ってことになるのだろうか?むはっ

9/19Sun2010

 須金フルーツランドでまったりした。梨を試食して、夫と2人では食べきれないくらいの梨を買い、毎年訪れている親水公園や、子ども達が巣立ってからは久しく行っていない中須ロイヤルホテルなどに寄って帰った。「寄った」と言っても、ホテルは何と閉鎖され、廃墟となっていた! 「よく食事してはお風呂に入ってたよねぇ。」「梨狩り、毎年行ってたよねぇ。食べ過ぎて具合悪くなったことあったよねぇ。」「子ども達がいたら、このくらいの量、すぐに食べちゃうよねぇ。」「私達、思い出話ばっかりしてるね、今日・・。」などと話しながら帰った。若い頃は命に限りがあるなんて、少しも意識していなかったが、今は”死”を考えない日などない。大事に生きていこうと2人で話した。
 今日のメインは、実は「中原温泉」だったのだが、何回電話しても繋がらないのでダメ元で行ってみたら、やはり無人で休業状態だった。数日前に仕入れた情報だが、茶色の濁り湯で加水ゼロの源泉掛け流し、プチプチの泡がまとわりつく良泉らしい。これまで何度もその前を通ってはいたが、あまりに小さく地味なので、そんな極上の温泉とは想像すらしていなかった。最近テレビや新聞でも取り上げられ、にわかに注目を集めるようになったらしい。近いうちに是非入りたい。

 木曜日の授業、「戦争体験者に学ぶ~森脇さんのお話」UP。子ども達の手紙や感想を、まだ一部しか入れていないので不十分なのだが・・・。→「平和学習9

 夕方、夫とジムでトレーニングした。→「muscles

9/18Sat2010

 スポーツウェアを体にピタピタにリメイクした。
 「その男ヴァン・ダム」鑑賞。→「Movies1

9/17Fri2010

 やっと週末。中間休みも昼休みもない、過酷な1週間だった。暑い暑い1週間だった・・・。ふぅ
 学校帰りにジムに行った。

9/16thu2010

  「岩国空襲を語り継ぐ会」の森脇政保さんを迎え、5年生の子ども達に戦争体験を話してもらった。涙が落ちそうだった。誰もいなかったら、間違いなく号泣しただろう。
 夜、気合いを入れまくり、英会話教室に行った。

9/15Wed2010

  近所の歯科医院に行った。治療中は爆睡の一歩前。

9/12Sun2010

 温度計を見たら、そんなに高くはなかったのだが、もう息をするのも苦しい感じ・・・。出掛けるのも疲れるので、家で筋トレし、ニコール・キッドマンとトム・クルーズの「アイズ・ワイド・シャット」を鑑賞。ただし途中まで見て挫折・・・意味分からん・・・。→「Movies1

9/11Sat2010

 空襲写真等のパネルを借りに、“岩国空襲を語り継ぐ会” “岩国原爆展を成功させる会”の森脇政保さんの家に行った。来週、学校にも来ていただく。
 「バンテージ・ポイント」と「ダーク・エントランス」、 「ディ・アフター・トゥモロウ」鑑賞→「Movies2

9/10Fri2010

 超久々にお華に行った。→「My art」 

9/9Thu2010

 今日座ったのは、ケンカした子どもに中間休みに事情を聞いた時と、昼休みに応援旗の修繕をしながら科学発表会の練習をした時・・・だけだった気がする。着圧ソックス(最近気に入っている)のお陰で足はパンパンにならなかったが、帰宅するともうグロッキーで・・・、行く気満々だったのだが、どうにも出発できず、英会話教室、またも欠席。

9/8Wed2010

 学校帰りにジムに行った。運動会シーズンによく行くねぇ・・・と夫に呆れられた。→「Muscles

9/6Mon2010

 組体操の練習が始まった。応援合戦の計画・練習も始動した。スローガンも決まり、遂に恐怖の運動会シーズンが始まった・・・。

9/5Sun2010

 山の神フリーマーケットに行った。朝だったのに、もう暑くて暑くて倒れそうだった。

9/4Sat2010

 ジムに行った。→「Muscles

9/3Fri2010

 クルネーガラ(スリランカの都市名)とスリランカの狛犬UP。→「クルネーガラ」「狛犬75

9/2Thu2010

 1ヶ月振りの英会話教室。スリランカの思い出をいろいろ話した。心がほのぼのとした。知ってよかった。見てよかったと心から思った。
 コロンボと、かっこいい周南コンビナート、美しい因島大橋の写真をUP。→「コロンボ」「周南市コンビナート」「因島大橋

9/1Wed2010

 2学期第一日目。まずまずの滑り出しだ。長丁場だが、実りある学期にしたい。
 大聖院(宮島)のかっこいい仁王像の写真を「仁王像1」のページに追加。

8/31Tue2010

 「あれ?何だか今日は涼しいかも~?やっと秋が来たのかしら?」と思って夕方温度計を見ると32.8℃。30℃を超えてるのに涼しく感じるとは、いかに猛暑に慣らされた夏休みだったことか・・・。
 今日は今夏3度目の日直。いよいよ明日から2学期が始まる。
 歯が浮く感じがしたので学校帰りに歯科医院へ。「疲れでしょう。」と言われた。夫も「あれだけあっちこっち出歩けばねぇ・・。」とあきれ顔だった。

8/30Mon2010

 次男Hりんと、船に乗って大津島の回天記念館へ。戦争について、若者の死について、Hりんと話し合えてとてもよかった。心はとっても充足したが、体はもう・・・暑くてまたまたヘロヘロになった。
 まだまだ不完全なのだが・・・スリランカの古都ポロンナルワとリティガラの写真をUP→「リティガラ・ポロンナルワ


8/29Sun2010

  尾道の古寺巡り。・・・暑くてヘロヘロになった。→「尾道

8/28Sat2010

 夫BB&次男Hりんと小旅行。まずは朝イチの連絡船で宮島に渡り、神の島を散策。→「宮島2
 その後、新尾道大橋・因島大橋・生口橋を渡って生口島へ。耕三寺は初めて行ったのだが、ある意味、日本を代表する建築群なのかもしれないと思った。林立するどの建物も、各時代の有名建築そっくりで、お金持ちのすることは分からんと言おうか、お金があればこんなこともできるんだと感心した。例えば、「孝養の門」は日光東照宮の陽明門、「宝物殿」は大阪四天王寺の金堂、鐘楼は新薬師寺、五重の塔は奈良室生寺、多宝塔は近江石山寺、「銀竜閣」は銀閣寺・・・といった具合。
 「宝物館」にもお宝満載。「百鬼夜行絵巻」や快慶作の仏像など、楽しく鑑賞した。
 夜は100年続く老舗旅館、尾道の養老温泉本館へ。ラドン量豊富な温泉で、食事もおいしく、建物は昭和の香りがした。






8/27Fri2010

 同和地区の方との研修会。
 夕方、次男Hりんとジムに筋トレに行った。
 スリランカの写真UP→「ナーランダ・アルヴィハーラ

8/26Thu2010

 校内就学指導委員会。2学期からの生活指導、学習指導について話し合うことができ、少し安心した。
 帰宅後は次男Hりんと俵山温泉の町の湯へ。お肌がツルピカになった。それから紅葉の名所、西念寺へ。
 スリランカの写真UP→「シギリアロック・ダンブッラ」 「キャンディのペラヘラ祭」

8/25Wed2010

 午前中は職員会議と研修。午後は、2学期から業者委託ALTが配置されるので、その説明会へ。教室での融通の効かない(TTすらできない)業者委託って、教師の負担減と捉えれば気も楽になるのかもしれないが、担任としては微妙なところだ。法整備さえ進めば利用価値は間違いなく高いのだが。
 家に帰ると、またまた次男Hりんとショッピング。家に子どものいる日々、なんて幸せなのだろう。

8/24Tue2010

 今夏2回目の日直。
 夜、次男Hりんとディナー&ショッピング。

8/23Mon2010

 湯田温泉から萩へ。萩博物館の「UMA展」を観て、城下町を散策。指月城や防府市の大日古墳を見て帰った。
 スリランカの初日と、ポロンナルワ近郊、ヤーパフワの写真をUP→「アヌラダプラ・ミヒンタレ」 「ポロンナルワ近郊」 「ヤーパフワ

8/22Sun2010

 午前中は、全校奉仕作業。日陰もなく、暑い暑い中、草むしりをした。午後は2学期の準備。
 家に帰ると、夫BB&次男Hりんと一緒に山口市湯田温泉へ。老舗の「湯別当野原」に泊まった。おいしいものを食べ、3人でまったりした。

8/21Sat2010

 次男Hりんと「万倉の大岩郷」、「別府弁天池」、大内義隆終焉の地「大寧寺」&大内義隆主従墓所、俵山温泉、安徳天皇陵、麻羅観音にドライブ。

8/20Fri2010

 出張で学校教育研究大会へ。 スリランカ旅行で会った人々の写真UP→「スリランカの思い出

8/19Thu2010

 スリランカ旅行中に食べたものの写真をUP →「ヴェジタリアンへの道

8/18Wed2010

 8/11~8/18 スリランカ旅行

8/10Tue2010

 今日は日本丸と海王丸が徳山港から出港する日。次男Hりんと2隻の船を見送りに行った。 実習生がマストに登り、「ごきげんようーっ」と帽子を三回振る「『登しょう礼」は、生まれて初めて見た。何だか健気で感動した。若い若い子達が、命懸けで一生懸命働いていた。島津周南市長の音頭により、我々も万歳をして見送った。
 その後、錦町へ。5年ぶりに「とことこトレイン」乗車。トンネルの中にはコウモリがたくさんいた。→「とことこトレイン

8/9Mon2010


 招魂社までの長い石段
 朝、次男Hりんと湯野温泉へ。弘中又一(夏目漱石「坊ちゃん」のモデル)記念公園や、円悟山常照院を見学。明治維新や四境戦争の犠牲者を祀ってある招魂社まで208段の石段を登りハイキングもした。公園に湧いている温泉水、おいしくてゴクゴク飲んだ。

 お昼は「食べ過ぎない」ことをめあてに「成昇」のバイキング。めあては・・・・やや(?)達成した。・・・が、かなり食べた・・・。

 その後、出張で人権教育講演会に行き、帰りに「須金フルーツランド」でブドウやワイン、ざくろジュース、こんにゃく餅など購入。ワイン「SUGANE(スガーネ)」は、今まで飲んだ中で、一番気に入った。素晴らしい味と香り、色も清々しく、甘ったるくも極端な渋みもない。

 食い気一色の1日・・・お昼も「やや」食べ過ぎたので、反省し、ジムでHりんとトレーニング&3kmのラン。

8/8Sun2010

 朝6時、夫BB・次男Hりんと一緒に、北長門海岸国定公園 角島に向けて出発した。角島の空は真っ青、白いハマユウが潮風に涼しそうに、なびいていた。キャンプ場や海水浴場は大盛況。駐車場もすごい混雑だった。
 その後、土井ヶ浜弥生パーク&土井ヶ浜遺跡人類学ミュージアムへ。古代の勉強に勤しんだ。とりわけ再葬墓については興味深かった。古代人が死や死後の世界をどう捉えていたのか、もっと知りたいと思った。→「土井ヶ浜遺跡
 それから、下関市立水族館 海響館へ。赤間神宮&平家一門の墓にも行った。→「平家一門の墓」 そして、長府の城下町散策。

 夜、徳山港晴海埠頭に、今ちょうど寄港している日本丸(2570t)と海王丸(2556t)を見に行った。その後、コンビナートの夜景観賞。猛暑日にもかかわらず、早朝から深夜まで歩き回ってクタクタになった1日。(^^ゞ

8/7Sat2010

 花岡八幡宮へ行き、朝日を待った。夜明け前の多宝塔は厳かでとても綺麗だった。朝の参拝者に何人も出会った。こうやって静かに1日を始める人々って偉いなぁと思った。
 それから8月13日に金魚ちょうちん祭を控えた柳井の「白壁の町」へ。金魚達、軒下にずらりと並んで風に吹かれていた。
 そして錦帯橋へ。今日は花火大会なので、河原は準備の真っ最中だった。場所取りしている人もたくさんいた。米兵も、たくさん繰り出していた。
 その後、気合いを入れて、菓子乃季のケーキバイキング。また食べ過ぎてしまった。・・・もう当分ケーキは見たくない・・・。(・・・と、毎回言っている私。どうして全種類制覇を目指してしまうのだろう?学習能力なし・・。)
 夕方から、虹ヶ浜へ。沈む太陽を見て、ライトアップされた砂浜と、ナイター海水浴を見学。

8/6Fri2010

 市小研実技研修で外国語部会に参加した。ALTによる実習と指導案作成をした。 
 夕方、帰省した次男Hりんと笠戸島の夕日を見に行った。絶景ポイントを探して、汗ダラダラで爆走した。(→「夕日」に本日の夕日を追加。) その後、笠戸名物ひらめ料理のディナー。Hりんは、「こっちで暮らしている時は、ひらめもコンビナートも当たり前と思ってたけど、向こうにはないんだよね。」なんて言っていた。離れてみて初めて分かる、郷土の郷土らしさに気付いたみたい。朝食用に、帰りにスーパーでふぐを買ったのだが、スーパーでふぐを売っているのも山口県らしいところかもね。
 
 一昨日、山口県の歴史の勉強をしたので、陶氏のことが気になって・・・・、陶氏墓所UP→「陶氏墓所

8/5Thu2010

  抱腹絶倒のインド旅行記、さくら剛の「インドなんて二度と行くか!ボケ!!」を読んだ。自分のインド旅行を思い出し、泣き笑いした。感想はこちら→「Books」のTravelの項

8/4Wed2010

 午前中は市小研外国語活動部会。講演を聴いたり、研究協議をしたりした。
 午後は市小研社会科部会の研修で、市内史跡巡り。廠長官舎の写真は、こちら→「旧 徳山海軍燃料廠 廠長官舎」 。それから、4年前にUPした「児玉神社」のページに加筆

8/3Tue2010

 今日の出張は教育課程説明会。2年前とか5年前とか10年前とか20年前とか・・・かつて一緒の学校で働いていた人と何人も再会することができ、嬉しかった。
 帰りにジムへ。→「Muscles」 

8/2Mon2010

 学校田の草取りをした。写真はこちら→「お米を育てよう

8/1Sun2010

 山の神フリーマーケットに行った。ランチョンマット、ブラウス、スポーツウェアなどを楽しく購入。
 それからジムへ。同じ人間とはとても思えない、すごい迫力&身体能力の人が来ていて圧倒された。→「Muscles
 ドイツ映画「U-900」鑑賞。→「Movies3

7/31Sat2010

 脇役だが、トム・サヴィーニの出演した「シューティング・アップ」鑑賞。→「Movies1.」
 夜、NET親戚の「片田舎のマダム様」から贈っていただいた「血管ほぐし健康法」を読んだ。いつ消えるか分からない限られた命だもの、脳を使い、血管を刺激して、健康で長生きしたいと思った。片田舎のマダム様のサイトを3つ、リンクのページに追加。→「links

7/30Fri2010

 T医師会病院へ定期検診に行った。血液検査と腹囲測定の後、心電図を取った。
 その後、ジムへ。今日はのんびりゆったり取り組めた。久し振りに4km走ったので気分がいい。→「Muscles
 スリランカへの期待を綴った「スリランカ準備編」UP。→「スリランカ準備編

7/29Thu2010

 NHKの「新漢詩紀行」で、王維の「望郷」をやっていた。王維若かりし日の家族への思いにじーんとした。
 今日は特別支援教育の研修会。事例検討会では、日頃苦労していることなどを話せたのでスッキリした。
 帰宅後、「ミュシャ アール・ヌーヴォーの美神たち」を読んだ。(感想は→「Books」artの項) それから単純明快でかっこいい「ストリート・レーサー ミッドナイト・バトル」鑑賞。→「Movies1」 夜、英会話教室へ。

7/28Wed2010

 文部科学省調査官 直山木綿子さんの講演と示範授業を見に行った。さすがだ。テンションはずっと高いし、前見た時よりきれいになっておられた。教育は内容知・方法知もさることながら、人間を育てることなのだと納得できる1日だった。
 帰ってからはソーイング。今日はワンピースの補正。だぶついていた脇を縮めたので、これでスッキリ着ることができそう。
 深夜、「太陽に灼かれて」を鑑賞。権力に圧殺されていく素朴な人々の群像・・・。心に残る名作だ。感想はこちら→「Movies2

7/27Tue2010

 午前中は、人権教育の研修会。誉め合うワークショップでは、いろんな人から誉められて、何だか相当嬉しくなった。
 午後は、キャリア教育の研修会。子ども達一人一人と日本の将来を考えたなら、もっと危機感を持って真剣にキャリア教育に励まなければならないと思う。
 夜、インドで買ったタックたっぷりのマキシスカートのリペア。ミシン音を響かせ縫いまくった。

7/26Mon2010

 午前中は、情報教育の研修会。 お昼は、今度一緒にスリランカに行くYさんとランチ。旅行に関して迷っていたことなどを相談し、意見を聞くことができたので安心した。その後、意欲満々で夏物のクリアランスセールへ。平日に買い物に行くなんて滅多にないもんね。ワンピースやスカート、サマーセーターなど計10着、大人買い("▽"*)にゃはっ 。それからジムへ行って筋トレ&ラン。→「Muscles
 帰ってからは、いつもの暴飲暴食&いつものスメタナ「わが祖国」。亡命後、42年ぶりに帰国してスメタナホールでタクトを振った名指揮者クーベリックのストーリーにも感動する・・・。クーベリックにとって決して最高の演奏や録音というわけではないと思うのだが、スメタナやミュシャのみならず、彼の祖国への熱い思いも想像できる一作。音に合わせて指揮の真似をしてたら夫に笑われた。

7/25Sun2010

 今日はソーイングディ。少しサイズの大きかったワンピースの身幅を詰めたり、繕い物をしたり、帯揚を縫ったりした。特に帯揚は、買うと何千円もする割にはイメージ通りの素材や色がなかなか見つからないので、気に入った布地で手作りすることができて満足だ。帯枕を包むだけの幅が取れず半幅帯専用だけど、少しでもきれいに着用できるよう袋縫いにしてみた。それから、かんざし用に買った鉄の棒に、かわいいチャームを付けたりもした。こちらも、買うと何千円もするけど手作りだからたったの150円。世界に一つだけだしね。夏休みってい~な~。心がほかほかしますわ。
 金賢姫元死刑囚への厚遇があまりに奇異だったので、太田昌国さんの「『拉致』異論 あふれ出る『日本人の物語』から離れて」再読。

7/24Sat2010

 今日も朝からせっせと浴衣を着込んだ。紺地に白いアヤメの染め抜き模様、何だか地味な気がして最近ずっと着ていなかった着物だが、着てみると、意外や意外、白いアヤメが大柄だし、白紺はっきりしていてそれほど地味でもない。帯はオレンジ色の博多織。(博多織はここのところのマイブーム。)小物使いで更に派手目になるかも?
 今日の帯結びは小春太鼓の崩しバージョン。(yoshikoの勝手なアレンジね)。これ、大のお気に入り。(この結び方をするとかなりセクシーに見える気がするのだが気のせいか?ぬはっ!)それにしても、帯のポテンシャルの高さにはいつも感心する。理にかなった長さや幅もさることながら、人間の創造力によって、ありとあらゆる帯結びが生み出され、受け継がれ、自分なりのアレンジさえもできちゃうし。日本っていいな。着物っていいなぁ。
 午後は、クリント・イーストウッド監督&主演「ホワイトハンターブラックハート」を鑑賞。感想はこちら→「Movies2

7/23Fri2010

 日直だった。午前中は愛校当番の子ども達と草むしりをしたり、花壇や鉢植えやバケツ稲に水をやったり、ウサギのエサを近所のスーパーにもらいに行ったりした。後はのんびり電話番。
 夜、1学期の打ち上げ。家に帰ってシャワーを浴びると、残された時間は10分くらいしかなかったが、どうしても着たいんだから仕方ない。またまた浴衣を大急ぎで着て、ダッシュで会場へ。今回は帯飾りも目立つようにど真ん中に付けてみた。伊達締めは、今夏買った茶色の博多織の献上柄。帯の下の見えない部分にするオシャレ、粋でございますわっ。Wikipediaによると、力士は幕下以上にならなければ博多織を身に付けることを許されないのだそうだ。ほんとなのかな。
 髪は、最近かんざしのうまい使い方を覚えたので、バッチリ夜会巻きにして行った。我ながら上出来。いろんな人に「素敵ね~。」「着物は今年の新作なの?」「女優みたい。」などと言われた。
 宴会から帰ると、夫から「そんな格好で行ったの?好きだねぇ。」などと言われ、笑われた。

7/22Thu2010

 午前中は、昨日とは別の教材室の整理。上の階に行くほど湿度も気温も不快で、熱中症になりそうだった。それが済んだら図工室。大きな板や棒、箱などがたくさん取ってあったが、何十年も利用した形跡がなかったので全部捨てた。棚の中も整頓してスッキリ。
 午後は、外国語活動の校内研修。Tosh講師の工夫と、参加者の積極的な発言のお陰で、実りある研修会になった。
 夜、英会話教室へ。Shellyと呼ばれても一瞬誰のことか分からなかったが、そうだ、私のことだった。先週、新講師のLeiaに付けられた新しいニックネームなのだった。ぐふ
 ここのところ家ではずっと、スメタナの「我が祖国」をかけている。ミュシャの民族画を見るまでは特別な感情もなく聴いていた曲だったが、ミュシャ自身、この曲を聴いてからスラヴ諸国の文化の伝道に尽力することを決意したというのだから、世の中に絶対に必要な交響詩だったんだ。芸術ってすごいな。芸術家になった夢とか見てみたい。

7/21Wed2010

 普段通りに出勤。せっせと教材室の整理をした。
 学校帰りにジムに寄った。たったの2kmのランと筋トレだが、バテバテになった。→「muscles

7/20Tue2010

 1学期最終日。遂に終わった!子ども達が下校した直後、不思議なことに、まるで見計らったかのように4階の壁の中の水道管が破裂。2階まで水浸しとなった。職員全員でバケツやちりとりで水を汲み出し、大騒動の学期末だった。
 夜、遠藤周作の「沈黙」を読み始めた。津和野や萩、長崎などで見た殉教の地や、礼拝堂の光景が瞼の裏でまざまざと甦る。→「津和野・乙女峠」「萩キリシタン殉教者記念公園

7/19Mon2010

 夫の知り合いのお見舞いに、宇部市にある病院に行った。途中、土砂崩れのために岩肌が見える山が何ヶ所もあった。ほんとにすごい雨だったんだと、空恐ろしくなった。
 帰ってから、「ザ・ムーン」鑑賞。→「Movies1

7/18Sun2010

 「セントアンナの奇跡」鑑賞。戦争の無意味さと人類の無知さを思い知る、悲しい話だった。感想はこちら→「Movies1
 夜、ホラー映画「バリア」鑑賞。→「Movies2

7/17Sat2010

 北九州市立美術館で今日から開催の「アルフォンス・ミュシャ展」に行った。
 祖国チェコとスラヴ民族のために人生の後期を生きたミュシャを見て、人間、やっぱり年を取らなくっちゃねと思った。自分に残された時間がそろそろ見えてきて、この世で果たすべき使命を自覚し覚悟を決めた時、遂にその人の魂が何かを動かし始めるのだと思った。


 高速道路は、埴生ー小野田間と、都市高速の一部が災害のため通行止だった。他にも通行止多し。→「道路見えるナビ」 1日も早い復旧を祈ります。
 
 三田尻浜(防府市)の「枡築らんかん橋」UP
 家に帰って早速図録を注文した。女性を描いたリトグラフのポスターもゾクゾクするけど、本の挿絵や宗教画などのリアルな描写も好きだ。スラブ叙事詩や後期の作品はそんなに技巧的でなくギラギラしていないが、内面を映し出そうとする静かなるパワーを感じる。神々しくさえある。もともとミュシャは好きな画家の一人だったが、もう完全に虜になった!かっこ良過ぎる。スメタナの連作交響詩「我が祖国」も併せて注文。音声ガイドのBGMに流れていた。2人の愛したボヘミアと祖国への思いに浸りたい。

 ←
展覧会のポスターは、やはり大出世作「ジスモンダ」。ミュシャ34歳の時の作品。オリジナルを見ることができて幸せ。セピア色で、意外に大きかった。写真だけでは分からなかった背景の緻密さや繊細な色遣いなど、目前で確認でき興奮した。他にも、堺市やプラハ市立美術館、プラハ国立美術館、西ボヘミア美術館などが所蔵している絵や彫刻、缶や箱、本、ジュエリーなど、300点余りが展示されていた。
 一人で行ったので、時間を気にせず、じっくりどっぷり味わった。見終わってもまた気になって、何度も何度もウロウロした。やはり美術館は一人で行くに限りますわっ。

   ↑ 自分用のお土産、クリアファイルなど

7/16Fri2010

 学期末保護者会最終日。授業も全て終わったし、これで安心して3連休に突入できる。
 夜、ゆったりとした気持ちでジムへ。ジムには誰もいなかった。筋トレをしっかりやった後、9.1km/hで2kmのラン、そしてまた筋トレ。

7/15Thu2010

 学期末保護者会第2日目。夏休みまであと2日。
 初めて買った「lonely planet」。「地球の歩き方」の1.5倍ほどの厚さで、写真はなく、その分、小さな文字で埋め尽くされている。しかも英語でノーカラー。読みにくいかと思いきや、意外にも簡潔な文でまとめられていて利用価値大だということが分かった。「歩き方」には出ていない町への行き方や特徴など、とても詳しいので感動した。
 夜、英会話教室へ。新しい先生は、若くて美しい女性で、クラスメイトのおじさん達のテンションを上げまくった。私はシェリーっていうニックネームを頂戴した!きゃん 

7/14Wed2010

 学期末保護者会第1日目。夏休みまであと3日。
 日曜日に注文した「江戸散歩 東京散歩」、今日帰ってみるともう届いていて、夢中で読んだ。超面白い。古地図と現代の地図が見開きになっていて、コラムも充実。これを持ってまた東京に行きたい。

7/12Mon2010

  「スリランカから見たニッポンの貧困」をちょっと読み、それからレオナルド・ディカプリオとマット・デイモン、ジャック・ニコルソンの「ディパーテッド」鑑賞。感想はコチラよ→「Movies」「books

7/11Sun2010

 太田昌国さんの「『拉致』異論 あふれ出る『日本人の物語』から離れて」を読んだ。自分の不誠実さを思い知らされる気がした。煽られてはならない、絡め取られたくもない、自分の考えで、ひとつひとつの出来事にケリを付けながら、誰にも恥ずかしくない生き方がしたいと思った。

7/10Sat2010

 通知表のラストスパート・・・を一休みして、レオナルド・ディカプリオとロバート・デ・ニーロの「ボーイズ・ライフ」鑑賞。感想はこちらよ→「Movies2

7/9Fri2010

 今日の満点大笑い=昼休み、子ども達と一緒に「助け鬼」をして、運動場中を爆走(?)した。汗がダラダラ出て・・・ヌーブラが剥がれ落ちそうになった!
 夕方お華に行った。今日の作品はコレ→「My art

7/8Thu2010

 

 今日でBenちゃんの授業もおしまい。来週の今日、日本を離れる。Benはとっても寂しそうだった。ヤンキーからサムライに変わった4年間だった。日本の良さを日本人以上に知り、取り入れようとしていた。我々を敬愛し尊重し、我々に合った授業を毎回組み立てて来てくれていた。
 Benは今まで4年間も同じ場所で暮らしたことなどなかったんだって。今後しばらくは、南アメリカを放浪するらしい。マヤやインカの遺跡を見たいと前から言っていたもんね。さすらい人が、また世界へと旅立っていくのね。
 私のことを会うたびに「きれい」って言ってくれる人、これでいなくなるよ。寂しいな。さよなら、Benちゃん。
 今日はBenのために、黒地に金の雲と白い小花模様の浴衣で行った。Benはとても喜んでくれた。見えにくいけど、帯飾り付きよ。帯は定番の結び方で行ったけど、変わり結びにしてもよかったなと後から思った。

7/7Wed2010

 高校生の時に着たっきりで、ずっと袖を通していなかった浴衣を着た。白地に赤と黒の大きな花模様。もう何十年も経っているのに、経年感がないというか、ものすごく新鮮。帯をシックにすると、全然派手じゃないし。綿の肌触りもたまらん。日本ってい~な~。着物ってい~な~。ちょうど顔見知りの宅配便のドライバーが来たのだが、何にも言われなかったのがちょっと不満・・・。

7/4Sun2010

 子宮体癌検診では、「ブラシ」のような器具で子宮口内1cmの部分の粘膜をこさぎ取るのだそうだ。ブ、ブラシ!ガリガリと?ゴリゴリと?1週間くらい出血する人もいるのだそうだ・・・。昨日、あの体勢で「中の方も調べときましょうか?」と言われ、よく分からないままに、うっかり「はい。お願いします。」と言ってしまったのが悔やまれる・・・。
 今日は恒例、山の神フリーマーケットに行った。大正ロマンっぽい、とってもかっこいい小紋があった。これに真っ赤な半幅帯と刺繍の半襟で・・・と想像したが、身丈がどう見ても足りないので残念だった。夫はまたメダカ!!メダカ買い過ぎ。「死なせてかわいそうじゃん!」っていつも言うのだが、「寿命は元々短いんだよ。」などと言って楽しそうにエサをやっている。
 夜、練習がてら、汗をかきかき浴衣を着た。今春買った既製品の浴衣は、着るとおはしょりがやや長いのでミシンで裾上げした。少し解くと身幅も簡単に縮められそう。時間のある時にチャレンジしたい。

7/3Sat2010

 意を決してYウィメンズクリニックに癌検診に行った。婦人科に行くには気合いが必要だ。ほんとは夏休みにしようと思っていたのだが、今日突然、嫌なことはさっさと済ませようという気になった。待合室は当然ながら女性ばかりで、何だかドキドキした。
 問診票は、いつ妊娠したかとか、出産したかとか、初経がいつで前回の生理が何日あったかとか、プライバシー全開・オンナの歴史を晒す項目ばかりだった。(当たり前だが。)そして最後に「性交経験の有無」という項目もあった。(これは妊娠したことのある人には聞かなくていいんじゃないかとも思ったが、体外受精だってあるだろうし、経験によって配慮の仕方とか、使う器具に違いでもあるのかもね?)
 子宮癌検診は、今まで何度も受けてきたのだが、子宮頸癌の検診しか受けていなかったのかもしれない。だって、今まで痛みを感じた記憶は全くないのに今回は・・・・もう痛くて痛くて泣きそうだった。検査中はカーテンで仕切られているので遠慮無く変な顔をしまくった。「検査後は出血するかもしれませんからね。」などと言われたが、こんなことを言われたのも初めてだ。帰り道も、痛くて痛くて、「痛いよぉ、お腹痛いよぅ・・・。」と叫びながら運転した。
 帰ってネットで調べると、やはり子宮体癌の検診と子宮頸癌の検診とは随分違うようで、私の認識がなかったのがいけなかったのだが、もう2度と子宮体癌の検診は受けたくないなと思った。

7/2Fri2010

 学校帰りにジムに行った。「毎日あんなにヨロヨロになって帰って来るのに、よくトレーニングに行く気になるねぇ。」と夫が呆れかえっていたが、モチベーションよ、モチベーション。これがなければ何事も続けられませんわ。→「muscles

7/1Thu2010

 水泳記録会。これで今シーズンの水泳指導が終了した。ふ~・・・・。
 夜、英会話教室へ。先週末のさよならパーティーでBenからもらったTシャツ&CDのお礼に、とってもジャパニーズな柄の風呂敷をプレゼントした。レッスンの間、早速使ってくれていた。Benなりの気遣いね・・・。ここのところ emotionally exhaustedなんだそうで、日一日と帰国が迫り、ちょっと悲しげだった。

6/29Tue2010

 S総合支援学校とT総合支援学校の13人のお友達との交流会。Fさんとも再会できて、みんな喜んでいた。以前プレゼントしたバケツ稲を、Fさんは随分気に入ってくれたみたいだったので、わずか数本だが追加でプレゼント。
 夜、今夏の旅行の航空券を購入した!北海道より小さいけど、7つもの世界遺産のある国に行ってきますっ。

6/28Mon2010

 交流会に来てくれたお礼の手紙を持って、学校帰りにS総合支援学校へ。Nさんは、不自由な手でスタンプを押し、みんなに栞を作ってくれていた。明日、子ども達に見せたら感動するだろうな。楽しみだ。

6/27Sun2010

  徒歩で金分銅酒蔵に蔵見学&利き酒に行った。利き酒は、一定時間、大吟醸とか純米酒とか、しぼり酒などの好きなお酒を好きなだけ飲んでおいて、後で名前を伏せて出されたお酒の名前を当てるというもの。問題は5問出て、私はわずかに2問だけ正解(夫は1問)。自信あったのになぁ・・・。やっぱ、鼻と舌で利いた後、飲み込んでしまったのが敗因だろうなぁ。次に利くお酒の味が曖昧になってしまうもんね・・。飲み過ぎてちょっと酔っぱらってしまったしね。まだまだ日本酒の味が分かってないということなんだから、そこは素直に認めたい。全問正解した人は20数人中、4人だった。
 今日初めて知ったのは、「閼伽井坊(あかいぼう」の「あか」は、インドの言葉で「よい水」という意味なんだそうだ。それで金分銅は閼伽井坊のすぐ側にあるのね。なるほど。
 今更言うのもナンだが、やはりお酒は量より質&味わい。おいしいお酒をいっぱい飲も~なんて思って利き酒に行くのは間違いだ、反省。「来年は全問正解を目指そうね。」と夫と誓い合った! 

6/26Sat2010

 ベンちゃんの「さよならパーティー」。知らない人もたくさん来ていた。ベンはクイズやゲームを考えたり、景品(チリやベルギーのワイン・アメリカ製のTシャツやCD、「ウコンの力」など)を用意してくれていたりしたし、パーティーの間中、我々を気遣ってくれていた。ほんとに細やかな心配りだった。ベンから学んだことは数多い。
 ベンは、2年前、私がベジタリアンになると言った時も、「それはとてもいいことだよ。」って喜んでくれたっけ。あの時、私の気持ちを誰よりも理解してくれていたのは、紛れもなくベンだったと思う。墓所や古墳の話はいつもぽかーんと聞いていた。「宦官」や「麻羅観音」、性器の形をした石仏の話をした時などは、大笑いしながら聞いてたっけ。
  写真は、ゲームで当たった(ベンがくれた)TシャツとCDよ。Tシャツはベンの弟さんのデザインでサイン入り。私のために作ったんじゃないか(?)と思えるほど、好みの色と素材、デザインでサイズもピッタリだった! ユニクロみたいに貧しい国の人々の低賃金労働で生み出された製品ではないんだと言っていた。そこはとても重要なポイントだ。安心して着ることができる。
 ベン手作りのクイズは「 Find someone who would rather play golf than eat his wife's special?」などの問いが26問。お陰でシャイな私も知らない人にバンバン話しかけることができた。ベンは私達にコミュニケーションの種を蒔いて去っていくのねと思った。別れが寂しい、名残惜しい。
 

6/25Fri2010

 
 ヨガクラブでパワーヨガ。美しくポーズを決めようとして、ちょっと無理してしまったが、汗も出て気持ちよかった。学校帰りに、お華に行った。
この頃のマイブーム、インドのお香。日替わりでいろんな香りを楽しんでいる。心が安らぐ。パッケージもきれいだ。
 今日初めて使ってみて面白かったのは、「樹液シート」。足裏から出る汗を吸い取ってくれるらしい。ふくらはぎとか肩とかに貼っても汗を吸着するのかな?

6/24Thu2010

  S総合支援学校の5年生の、今度はNさんと交流会。こちらは早くから予定されていたことなので、子ども達も招待状を書いたり、ゲームやクイズを考えたり、プレゼントを用意したりと周到な準備をして臨んだ。Nさんの障害が重いことで、子ども達も細心の注意を払って接していた。Nさんも喜んでくれたみたいだった。
 水泳指導が始まってからというものの、体がきつくてきつくて、たまりませぬ。夜の英会話、今日も休んじゃおうかなと思ったが、ベンジャミンの帰国が近いので、疲れた体に鞭打ち、閉じそうになる瞼を無理矢理こじ開け、勉強に行った。ローマは1日にして成らずだもんね・・・。

6/22Tue2010

  S総合支援学校の5年生Fさんと、一緒に給食を食べ、昼休みに遊んだ。子ども達は初対面だったが、すぐに打ち解け、友達になっていた。
  先週の早乙女写真があまりにふくよかだったので、久し振りにジムに行った。いつもは1~2セットの筋トレマシン、今日は3セット。しかしランは、どうにもだるくて、1kmで終了。

6/21Mon2010

  唇が腫れて切れたので、皮膚科に行った。何と「口唇ヘルペス」だった。ストレスや過労で免疫力が鈍った時に現れる病気なのだそうだ。ここのところ、ずっときつかったもんなぁ。弱ってきたのね、私・・・。

6/19Sat2010

 「地球の歩き方」熟読。それから「私の牛がハンバーガーになるまで」再読。口蹄疫の次は日本にもヨーネ病がはびこるのだろうか・・・。ヨーネ病でなくても別の試練が与えられるに違いないと思った。「もうひとつの島国スリランカ」も読み始めた。ほんとは、脳科学者の講演会もあったし、別の研究会もあったので参加したかったのだが、1週間の過激な勤務で体がもうぐったりで、気力もなく、ただただインド香をくゆらせながら読書三昧の1日だった。

6/17Thu2010

 「一日自由参観日」だった。

6/16Wed2010

 
 田植えをした。ぬるぬるつるつるの泥パックしたので、手足がきれいになったかも~。あはっ。

 ・・・にしても、私こんなに体格よかったかしら? 近年、むくむく増量し、体型がどんどん変わって来ている・・・。これこそまさに中年太りと言うのだろう。いかんいかん!引力に負けない筋力を作りたい。(←努力の伴わない願望だが・・・)

6/11Fri2010

 ノロウィルスによる食中毒の後、宴会の支払いは全額返却、見舞金と食事券をもらっていたのだが、その食事券を使おうということになり、職場の仲間6人で地元の料理屋に行った。苦しい目に遭ったから、ちょっと見る目が厳しくなったのかもしれないが、お食事を提供する場所としてはやはり衛生に対する心構えが不足しているんだろうなと思える点があった。

6/10Thu2010

 水泳が始まった。子ども達は大喜びだが、教師はぐったり・・・。

6/6Sun2010

 山の神フリーマーケットに行った。カーディガンやチュニック、ブラウスなどを買った。夫はまたまたメダカ購入。

6/4Fri2010

 宿泊学習第3日目(最終日)。オリエンテーリングの一番難しいコースに挑んだ。川に落ちたりケンカしたり散々だったが、みんな飛び切りの笑顔で帰ってきた。

 夕方、帰校。

6/3Thu2010

 
 宿泊学習第2日目。今日のメインはカヌー訓練。骨折した子どもの代わりに私も参加。楽しくて楽しくてガンガン漕いだ。

 夜はキャンドルの集い。みんな神妙な面持ちで臨んでいた。

6/2Wed2010

 朝、宿泊学習に出発。第1日目のメインは野外炊事。片づけまで全部終わったのは夜10時。疲れた・・・。

5/30Sun2010

 高野悦子の「二十歳の原点」を読んだ。うんと若かりし頃、愛読していた。胸がきゅんきゅんした。
 昨日に引き続き、医療系サスペンス「ドローン・ヴァイルス」鑑賞。→「Movies2」 

5/29Sat2010

 のんびりとした休日。自転車でスーパーに行って、帰宅後はインドのお香をモクモク焚きながらヒュー・グラントの「ボディ・バンク」鑑賞。→「Movies2」 それからジムで筋トレ&ラン→「muscles」 夜中にサイコサスペンス「esエス」鑑賞→「Movies1

5/28Fri2010

 コンタクトレンズの処方箋をもらいに、いつもの眼科へ。あ~、も~、老眼なのだ~っ!近くも遠くも見えにくい。しかし、試しに遠近両用コンタクトを初体験したのだが、それでもやっぱり見えにくい。どうなっとるんじゃ~。・・・と言うわけで、今回も去年と同じ度数の近眼用のコンタクトレンズで我慢することにした。

5/26Wed2010

 いくつもの偶然が重なり合い、巡り会ったと思えるのだが、今日、私は捨てられた子犬に会った。山の中にぽつんと一匹で佇んでいた。私を見るとワンと吠え威嚇してきた。すぐ側には同じ毛色の子犬の死体があった。涙がぼろぼろ出た。飼えるか飼えないか、死体をどうすればいいのか・・・。家に帰って夫に話すと、「すぐに迎えに行こう。」と言ってくれたが、結局迎えに行かなかった。あの子は寒さに震えて眠るのだろうか。今夜中に命を落とすかもしれない。お腹が空いて、兄弟の肉を食べるのだろうか。あとからあとから涙は出るが、どうしていいのか思考が働かない。飼うにしても、1日中鎖に繋がれ、自由を奪われ家人を待つだけの毎日。それはあんまりかわいそうだ。「死ぬよりいいだろう。」と夫は言ったが、ほんとにそれがいいことなのだろうか。巡り会った者の責任が私にはあると思いつつ、何もせずに夜を迎えた。

5/25Tue2010

 学校帰りにジムへ。今日は筋トレ中心で鍛え、最後に仕上げで2km(9.5km/h)走った。久し振りにバイクも試したのだが、少しペースが落ちると画面に「しっかりペダルをこいで下さい!」とか「回転が遅いです!」などの文字が出るので楽しめた。体重減少僅かに150g。ジムの帰りにもう我慢ができず、チョコレートなどのおやつをドッサリ買ってバクバク食べた・・・・。

 尾鈴瀑布群UP→「滝26」 元寇防塁はコチラに追加→「元寇史料館・元寇防塁

5/23Sun2010

 もう宮崎最終日。朝食後は城ヶ崎俳人墓を観光し、バス停へ。Hりんと、またしばしの別れ。

 格安バスの中は、お友達同士で天神に買い物に行くに違いない熟女でいっぱいだった。熟女って何であんなに大きな声で笑うのだろう?何であんなにへしゃげた声でしゃべるのだろう?・・・え?私?私はまだまだ熟女ではありません。

 博多駅に着くと、荷物をコインロッカーに預け、福岡博物館で開催中の「シカン展」へ。シカンとはインカ帝国滅亡の500年前に存在した黄金文化で、名付けたのは、かの地を1978年から発掘してきた考古学者の島田泉さん。30年間打ち込み続けてきたなんて、何てかっこいいのだろう!今日はその本人と吉村作冶さんのトークショーがあるので心躍ったが、整理券はあっという間になくなって入場することはできなかった。もっと速攻でもらいに行くべきだった・・・。展示の素晴らしさは圧巻で、広大な大地を潤す灌漑や彫金技術、埋葬・追葬の方法だとか、とても興味深く勉強することができた。行ってよかった~。
 その後、すぐ近くの元寇防塁へ。夕方、くたくたに疲れて帰宅。

5/22Sat2010

 口蹄疫の発生した新富町や川南町では、道路各所に「消毒ポイント」が設けられ、一般の車両もタイヤを消毒するようになっていた。防疫服にマスク姿の人々もたくさんいた。「自主消毒ポイント」もあちこちで見かけた。そこで自主的に働いているのは家畜を失った酪農家の人達なんだろうか?家畜を飼っていると思われる農家の庭先にも、そこから続く道路にもたくさんの白い消毒が撒かれていた。消毒薬は輸入でも不足しているのだそうだ。鳥インフルエンザや豚インフルエンザの時のことを思い出した。あの時も大量の家畜が殺された。何度も繰り返している、こんなに短い間に・・・。

 「宮崎日日新聞」には、昨日生まれたばかりだという子豚~無心に母乳に吸い付いている~写真が載っていた。明日か明後日には死ぬとのキャプチャ付。口蹄疫の発生した豚舎で生まれた子豚は、感染していてもしていなくても殺される。悲惨だ。しかし例え口蹄疫と無縁でも、家畜はおいしい食料として育てられ、やっぱりごく若いうちに殺される。改めて「命を食す」とはどういうことなのか、「家畜」とは何なのか、考えさせられる。

 宮崎県農業科学公園(ルピナスパーク)は閉鎖されていた。いつも開放的な宮崎大学も正門以外は閉鎖。GSも農機具販売所も入り口は消毒薬で真っ白だった。ヒノヒカリを生んだ農業試験場にも寄ったが、こちらは休館。山開きや朝市なども軒並み中止されていた。
 
 平穏な日常が、この地に早く戻りますように。

 川南町や隣の都農町では酪農の他、ブドウの生産が盛んでワインも有名。「都農ワイナリー」では、人気ナンバー1だというキャンベル・ベリーの甘口を試飲し購入した。ブドウの他、マンゴーも売られていたので完熟を2個購入。桃をもっとおいしくしたような味と匂いだった。

 それから尾鈴瀑布群へ。一番の見所と言われる「矢研の滝」は駐車場から近いらしかったので迷わず行ったのだが、これがなかなかの急坂。そして、「矢研の滝」以外にも30余りの滝があるとなると、まあいくつかは見ときたいと思ったので、奥へ奥へと進んで行った。が、行っても行っても先がある・・・。途中、山が崩れて道が塞がれているところや、足元が崖崩れになっていたり、木橋が朽ちていたりするところもあった。

下山すると手打ちそばを食べ、勝手に名湯秘湯と呼んでいる清武温泉に入った。ぬるぬるのとろんとろん。やや塩味で、ナメクジみたいにスリムになった気がした。

 帰るとまだ夕方だったが・・・思いがけない登山で体ぐったり。ご飯も食べず眠りまくった。

5/21Fri2010

 学校が終わるとそそくさと帰宅し駅に向かった。平日の新幹線はいつもビジネスマンだらけだ。みんな移動しながら働いているのね。クールな顔をして。想像するに、忙しいとか辛いとか弱音を吐いている人はきっと少数に違いない。
 それから、20:05発の飛行機に乗り、わずか30分で宮崎へ到着。次男Hりんが迎えにきてくれていた。
 Hりんの手料理は感動ものだった。自分なりの工夫を加えた家庭料理。その後、お風呂に入り就寝。

5/19Wed2010

 研修でS総合支援学校に行った。

5/17Mon2010

 日曜参観日の振り替え休日。朝、自転車で銀行へ行き、クタクタになった。毎日自転車に乗っている人の体力は相当なものだと思った。
 かっこいいリチャード・ギアと美しいキム・ベイシンガーのサスペンス「愛という名の疑惑」・・・最後はウゲッ・・・だったけど鑑賞。→「Movies1

5/16Sun2010

 日曜参観日だった。2時間目は外国語活動の授業をし、3時間目は綱引き大会。帰りにジムでトレーニングした。→「muscles」 夜、「ファンタスティック・フォー」を鑑賞。映画を観るの、ものすごく久し振りだ。主人公に好奇心が湧かなかったが、軽く観るのにはピッタリの娯楽作品だった。

5/14Fri2010

 学校帰りにジムでトレーニング。→「muscles」 それからお華に行った。→「My art

5/13Thu2010

 バケツの土に水を加え、稲の種を植えた。→「お米を育てよう

5/12Wed2010

 バケツ稲を育てるために土を分けてもらえないか地域の方に相談すると、それはそれは手厚くお世話いただいた。ほっくりサクサクの素晴らしい土を大量に手配していただき、子ども達も大喜びだった。写真はコチラ→「お米を育てよう
 午後は、家庭訪問最終日。今日も迷った。
 帰りに、超久し振りにジムに行った。たったの2km(9.0km/h)だが走って筋トレをし、気持ちよかった。体が軽くなった気がする。
 山川出版社の「宮崎県の歴史散歩」を読んだ。このシリーズ、大好き。

5/11Tue2010

 家庭訪問第4日目。保護者に前もって地図を描いてもらっているのだが・・・今日は結構迷った。
 磯部潮著「ひきこもりがなおるとき」を読んだ。

5/8Sun2010

 秋吉台と秋芳洞に行った。自然ってすごい。→「秋吉台・秋芳洞
 杉浦さやか著「東京ホリデイ」を楽しく読んだ。東京、また行きたいよ。

5/7Thu2010

 家庭訪問第2日目。その後、光青年の家で、来月行く宿泊学習の打ち合わせ。
 四十七士や夏目漱石、竹久夢二、青木昆陽、ジョン万次郎etc・・・・、いろんな人が眠る墓所をUP→「泉岳寺・雑司ヶ谷霊園

5/6Wed2010

 家庭訪問第1日目。雨・・・。帰りに美容院へ。仁王の写真、狛犬の写真を追加→「仁王2」「狛犬74

5/5Tue2010

 東京の狛犬と、大まかな観光先UP→「東京5」 「東京6」 「狛犬74

5/4Tue2010

 早朝、東急目黒線にて不動前駅に行き、そこからテクテク歩いて目黒不動尊(龍泉寺:関東最古の不動霊場)、五百羅漢寺、青木昆陽墓所、不動公園、林試の森公園へ。歩きに歩いた。もう足が棒。しかし、これだけ歩いたのに、おいしいものを食べ過ぎたせいか、お腹の肉が膨張した気がする・・。帰って体重量らなくっちゃ。

 お昼前、東京モノレールで羽田空港南ウイングへ。

5/3Mon2010

 プレゼントをたっぷり抱え、長男YYの元へ。少し掃除したり洗濯したりして、近所の喫茶店でモーニング。それから都心へ。

 目白駅で降りて、学習院を見ながら鬼子母神へ。それから雑司ヶ谷霊園で永井荷風や小泉八雲、島村抱月、泉鏡花、ジョン万次郎、竹久夢二、夏目漱石など著名人の墓を巡った。広い墓所だった。近くの本納寺や護国寺を見学し、また新宿へ。
 
 新宿中央公園散策の後、六本木に移動し、毛利庭園へ。そこで毛利藩預かりとなった10人の赤穂浪士が切腹した場所や「宇宙メダカ」などを見学。
 六本木ヒルズでは、森美術館に行きたかったのだが、「40分待ち」と書いてあったため、それは断念。アリーナで行われていたフリーライブを見学した。団塊世代に人気に違いないヒュージョンだった。
 それから、けやき坂通りや芋洗坂を通って六本木駅へ。(東京は坂が面白い。芋洗坂の由来には定説がないらいい。)

 前日行った旧芝恩賜公園の藤が満開でとてもきれいだったので、大門駅で降り再訪。その後、増上寺を見学。ここには古墳もあったのに、見そびれてしまった。残念。これも次回に持ち越し。それから銀座へ。

 銀座では、ソニーや日産、東京電力のショールームを渡り歩いた。ジャパニーズテクノロジーの底力が見える気がした。世界に先駆けて様々なものを生み出す日本のパワー。YYは、優秀な人はどんどん海外に出て行っているといつも嘆いているが、今の日本を支えているのはやっぱり堅実に働く一人ひとりの若者の総力なんだと感じる。

 夜、韓国料理を2人でお腹いっぱい食べ、銀座駅でさよならした。YYともたくさんお喋りできたし、いい1日だった。別れた時、6年前の春、一人暮らしを始めるYYと初めて別れた時の悲しさを思い出した。

5/2Sun2010

 
 早朝から歩きに歩いた。旅行中はとことん頑張り屋さんになれる。限られた滞在時間を有効に使わなくっちゃね。

 まずは下町の原風景を求めて白金高輪へ。ここで蛇行した川と、そこに架かる数々の橋を発見。意味ありげな坂道やカーブした道も、思わず古地図を連想するいい雰囲気だった。埋めたり整地したりしながらぐんぐん近代化した江戸の町。人々の努力と苦労が感じられる。後で行った六本木にも、ここは船着場だったんじゃないかとか、堤防だったに違いないと思える所がいくつもあった。

 白金高輪では、他に龍源寺や松秀寺、氷川神社などを見学。朝参の人々にも出会った。
 所々に、明治20年製作の実測図が展示してあった。この辺りにも田んぼがたくさんあったようだ。↓
 次に、赤穂四十七士の眠る泉岳寺へ移動。浅野長矩より遥泉院の墓の方が笠付だし石も大きく豪華に見えた。弔った人々は、幕府や将軍をどのように思っていたのだろう。墓所は、足跡をつけるのも憚られるほどに、きれいに掃除されていた。花も手向けられていた。

 その後、老中大久保家の庭園、浜松町の旧芝離宮恩賜庭園へ。開門する9時になるまで門前で少し待って、開門と同時に入園、散策。藤がとてもきれいだった。

 それから徳川家の浜離宮へ。鴨を獲る工夫は面白かったのだが、ここで獲れた鴨を誰が食べたのか、そこが気になった。

 築地市場へ。台湾や香港の下町で経験したようなエネルギッシュなオーラがそこにはあった。お客も町の人もみんな元気だった。すごい賑わいだった。

 そして築地本願寺へ。ちょうどhideの十三回忌法要があり、境内や道は黒装束にショッキングピンクのヘアの若者で溢れ返っていた。勝どき橋や隅田川テラスもロックでパンクな若者だらけだった。
 歩いていたら、「軍艦操練所跡」などがあった。文化・政治の中心地東京には、ほんとに歴史がいっぱいだ。

 お昼ごはんは築地市場にて。豪華な海鮮丼がたったの1600円。その安さに感動。味もよかったし、気さくな会話で築地への親しみがぐんとUPした。

 それから新宿へ移動。都庁45階の展望室(地上202m)でのんびりと都内を一望。なんで人間はここまで建物を高層化したいのか不思議だ。

 寄り道ばかりしたが、いよいよ本来の目的地、新宿住友ビルの「平和記念展示資料館」へ。運よくGW企画でシベリア抑留者の体験談を聞くことができた。今年は5年生担任なので、平和学習には特に力を入れたいと思っている。タイミングよく体験談が聞けてラッキーだった。授業に生かしたい。

 それから、六本木の国立新美術館とサントリー美術館へ。サントリー美術館には様々な色や形の和ガラスのコレクションが展示されていたのだが、やっぱり心が奪われたのは浮世絵。繊細であでやかで、とても素敵だった。 

5/1Sat2010

 東京に住む長男YYの元へ!3泊4日の滞在中、1日しか会えないけど・・・。YY、元気だといいな。 
 ホテルに着くとすぐに、「武蔵小山温泉」へ。「黄金の湯」は、ほんとに黄金色で、ちょっとしょっぱくて、有馬温泉の金泉みたいだった。源泉かけ流し、加水なし。加温あり。「黒湯」は蒲田で入ったのとおんなじ真っ黒の湯で、「電気の湯」ではビリッときた。
 温泉の帰り、少し散歩。

 スーパーではイチゴを購入。「あまおう」はあったけど「からついちご」も「さがほのか」もなく、「とちおとめ」が売り場のほとんどを占めていた。「とちおとめ」は「さがほのか」より小粒で甘いイチゴだった。
 ← 「朝日地蔵尊」
 安産・厄除・子育ての仏様。

 → 寛政元年(1789年)に建てられた道標。「右 目黒不動尊 左 碑文谷仁王尊」と刻まれている。

4/29Thu2010

 永源山古墳に行った。ツツジがあとちょっとで満開みたい。→「永源山古墳
 先日行った玄海町原子力発電所の写真をUP→「原子力発電所

4/28Wed2010

 卒業生が遊びに来た(^^)V
 九州初の銅鐸の鋳型が発見された安永田遺跡と、見学叶わなかった田代太田古墳の外観、呼子港愛宕神社の狛犬をUP→「古墳24」 「狛犬73

4/27Tue2010

  本年度第1回目の参観日と学級懇談会。学校帰りに病院に行った。→「現状」  呼子で食べたものと、古湯温泉のマンホール、唐津城と名護屋城の石垣を追加→「気になる石垣8」「ベジタリアンへの道」「manhole3

4/25Sun2010

  早朝、Hりんと散歩。温泉神が祀られているという公園などを見学した。その後、朝風呂を浴び、朝ご飯は例によって3杯食べた。チェックアウト後は、泊まった宿とは別の宿で、また入浴。
 そして、鳥栖駅まで送ってもらいHりんと別れ帰宅した。

4/24Sat2010

 チェックアウトするとすぐに、玄室を3つも持つ珍しい形の装飾古墳、田代太田古墳に行った。しかし現場には、事前に教育委員会に連絡しないと見られないという看板が・・・。すぐ近くの安永田遺跡は無事に見学。ここは昭和54年に発掘された弥生時代中期の遺跡で、発掘された銅鐸鋳型片は国の重要文化財なのだそうだ。地元の人と少し話したが、佐賀弁はとても分かりにくかった。たぶん20%くらいは聞き逃したと思う。

 それから長崎自動車道に乗り、日本三大朝市と呼ばれる呼子の朝市へ。朝市は、たくさんの元気なお年寄りによって切り盛りされていた。ほんとにみんな元気だった。寒い日も暑い日も、雨でも雪でもやっているのね。すごいことだ。次男Hりんは、彼女達に後継者のいないことをしきりに心配していた。ここでは生きている魚介類がたくさん売られていた。殻をその場で割り開いて食べたウニは、もうほっぺたが落ちそうだった。「からつイチゴ」はたったの198円で、「これぞ昔ながらのイチゴ」という味と食感だった。サクッとする大きなイチゴと違って、小粒ながら完熟感いっぱいの甘さだった。昼食は海鮮定食(私)とイカの活造り(Hりん)。イカは切られてもお皿の上で当分の間生きていた。透明な肌の下の血管は脈打ち、足は動いていた。目玉は一度も動かなかったが、「もし動いたらどうしよう。」と思いながら見ていた。

 次はいよいよ藤を見に唐津城へ。八分咲きといったところだろうか。2年前に見た満開の藤の印象があまりに強烈だったので、満足度も八分くらい。来週くらいがちょうどよかったみたい。

 それから、エネルギーの勉強をしに玄海町の原子力発電所へ。同時多発テロ以降、発電所内は見学禁止にしたのだそうで、隣のエネルギーパークや訓練センター、発電時に発生する熱を利用した熱帯植物園などを見学した。

 その後、名護屋城跡&博物館へ。

 そして、今夜の宿を求めて古湯温泉へ向かった。どの宿も宿泊客や宴会の客でごった返していたが、運良くすぐに泊まれる宿は見つかった。予約も入れずいきなり行ったので当然夕食は外で済ますつもりだったが、「できる」と言われたので「なるべく早めに。」とお願いしたところ、ほんとにすぐに出てきて感動。特筆すべき(?)は、次男Hりんとカップルに見られたことだ!仲居さんに息子だと言うと、「え~?ものすごく若いお母さんですね。」って言われてちょっとHappy。別の人にも「親子なんですってね。ほんとビックリしましたよ。」などと言われた。まぁ誰にでも言ってるのかもしれないのだが・・・。それか、母親と2人旅する息子なんて世間にあまりいないって話は本当だったのかも?←職場で誰かが言っていた。  

4/23Fri2010

 
 仕事が終わると18:16の新幹線に飛び乗り、鳥栖に向かった。鳥栖駅には次男Hりんが迎えに来てくれていて、一緒にホテルにチェックイン。イタリアンを食べたり、夜の散歩をしたりして楽しく語らい、就寝。


← 鳥栖駅前にあった「千人塚」。大正3年、片倉製糸鳥栖工場を建設する際、戦国期から続く墓の無縁仏を集めて祀ったそうだ。古墳のような、少し高い場所にあった。大きな木もあった。一目見て、ここだけ空気が違うのが分かった。
 

4/22Thu2010

  Youtubeで、ラップで機内アナウンスしてるサウスウエスト航空のキャビンアテンダントの動画を見た。初めはちょっと信じられなかったが、テロに緊張するアメリカにあって、しかも航空会社の競合する国で、乗客も巻き込んだこの演出は「さすが!」と思った。乗客はみんな笑顔だった。サウスウエスト航空では入社試験でもユーモアのセンスを最重視するのだそうだ。私も今年度、「これで行こう!」と思った。

4/21Wed2010

 昼休みに「助け鬼」をして鬼になり、’全力’で走ったが誰一人当てることができなかった・・・・。ショックだった。(号泣)

4/18Sun2010

 自治会の清掃作業(公園の草むしり)に行った。それから、その勢いで庭をきれいにし、障子を張り替えた。今更ながら、障子って優れたグッズだと思った。吸湿性もあるし、ほこりよけにもなる。張り替えるだけで簡単に新品になるし、木の温もり・太陽の温もりも感じる。カーテンみたいにふにゃふにゃしないので、キッチリ感もあるし。
 その後、いい気分でガーシュウィンの「ラプソディ・イン・ブルー」を聴きまくった。今日の気分にピッタリ。
 森貞次郎著「装飾古墳」再読。

4/17Sat2010

 どうも気になるので、先週行った向原古墳に再び。この地形、そして1号墳と2号墳のこの配置、どんな意味があるのだろう。特に2号墳は荒廃が進んでいて天井石もズレてるし、湿気も雨も入り放題だが、1000年の歴史を感じさせる威厳に満ちてかっこよかった。写真もしっかり撮り足した。その後、旧新南陽市、福川南小学校そばの羽島古墳へ。写真はこちらよ。→「羽島古墳」「向原古墳

4/15Thu2010

 保険会社の人が我々の様子を聞きに来た。お店から、お食事券をもらった・・・・。←ちょっと複雑な気分。
 あの日、無事にウン○が出て検体を提出できたのは、たったの8人だったのだそうだ。で、新聞によると、7人からノロウィルスが検出されたらしい。検出されなかった1名は、ウィルスをやっつけたってことなんだろうか?
 未だ復帰できない同僚が1名いる。

4/14Wed2010

 保健所や役所から続々お客さんが。昨日の検便によってノロウィルスが検出されたのだそうだ。なんと我々とは別の集団も感染・発症していたらしい。本日15:00、プレス発表。明日の新聞に載るのかも?  

4/13Tue2010

 おっきなプリンカップかヨーグルト容器ほどもある検便容器に「たっぷり入れてきて。」と保健所の人に言われたので、真面目な私は、「こんなに入れていいのかなぁ?」とドキドキしながらも、しっかり入れて提出した。体調が快復していない人や、まだ普段通りに食事を摂れないでいる人は検体を提出することができなかったみたいだった。病気になると、普通に暮らすことのできるありがたさを噛み締めることができる。健康の嬉しさ・ありがたさをしみじみ思う。

4/12Mon2010

 我が生涯2度目の集団食中毒。昨日午後から悪寒、発熱(と言ってもたった37.0℃だけど)、手の痺れ、生汗そして嘔吐・・・。オレンジ5個とアイスクリームを食べた直後の症状だったので、てっきり食べ過ぎかと思ったが、今朝学校に行くと、症状の出た人は何と31人中23人。一緒に食事したPTA会長も。どうやら金曜日の歓迎会が原因らしい。みんな日曜日に発症。朝になっても症状が重く、学校に来られない人も3人いた。
 保健所から大きな透明の検便採取用の容器を渡された・・・。たっぷり入れて来て下さいって・・・。 

4/10Sat2010

 「向原古墳」に行った。→「向原古墳

 それから3ヶ月振りにホットヨガへ。体も心もリラックスできた。昨年度は3学期の間、1度も行くことができなかった。いかに余裕のない日々だったかと今更ながらに思う。ホットヨガが終わると、シアターで「ROOKIES 卒業」と「ターミネーター4」を鑑賞。「ROOKIES 卒業」は、もう無理だ~と思って途中退席。ああいうのはどうも苦手だ。「ターミネーター4」の感想はこちら→「Movies2
 館内のケーキバイキングにも行きたかったが、ぐっとこらえた。我ながらよく我慢したと誉めたい気分だったが、夫からは、「そりゃーそーでしょー。朝あれだけ食べたんだから、これで食べちゃーダメでしょー。」などと言われた・・・。

4/9Fri2010

 新年度第2日目。初めての授業。
 夜は転入者歓迎会。宴会の後だと言うのに、帰宅後、またまた着付けの練習。やっと納得のいく完璧(?)な着付けができた!!!夫も「よく頑張ったね~。」と言ってくれたよ。(^^)V

4/8Thu2010

 始業式だった。新しい気持ちで新しい自分を築こうとしてる、そんな印象の子ども達だった。教科書やノート・たくさんのプリントを配り、係や掃除場所を決め、初めての掃除をし・・・、最後は一斉下校で2km先の子どもの家まで送って行き・・・あっという間に1日が終わった。

4/7Wed2010

 今日も帯を巻いたりほどいたりして着付けの練習。きれいに着たい一心で。・・・しかしこれは力仕事。疲れた疲れた。

4/6Tue2010

 今年度第3回目の職員会議。。日直だったので、ゴミ出しや電話番、ウサギの世話も。ウサギを見るたびに、自分の持っているラビットファーを思い出す・・・。かわいがられて生きていてもいいはずだったのに、ファーのために殺されたのね。

 「東京4」UP 

4/5Mon2010

 今年度第2回目の職員会議。その後、胃検診。バリウムを飲んだ後、学級事務・・・お腹がギュルギュル鳴った・・・。 

4/4Sun2010

 宮原古墳に行った。あんなに分かりやすい場所にあったとは、今まで全然知らなかった。10年くらい前、まだ小学生だった次男Hりんが「この辺に古墳があるんだよ。」と言うので一緒に行ってみたことがあったのだが、その時は草ぼうぼうの原っぱで、どこにあるか見当も付かなかった。それ以来、一度も行ったことがなかったの。今度、Hりんとも来たいと思った。→「宮原古墳

4/3Sat2010

 今日は大好きな着物が着られる日。朝7時、勇んで美容院へ。卒業式と違って、髪は”やや盛り”でお願いした。最近買った、べっ甲にパール(イミテーションだが・・・)を巻き付けたかんざしも初めて使うので ワクワク o((=゜ェ^=))o''♪  
 着物は先月買った黒留袖。長襦袢には刺繍の半襟と、そのまた上に重ねてレースの半襟をしっかりと縫い付けておいた。で、予定通り、比翼少なめ・半襟多めで着付けたが、まぁ着てみるとそんなに普段と変わりない感じに仕上がった。う~む、まだまだ大胆さが足りないな。

 甥の結婚式は、仲人のいない「人前結婚」だった。その後の披露宴も温かく、ほのぼのとしていた。昔の「祝言」のスタイルなんだそうだ。

 終わると、山口県立博物館前の古墳を見学。→「山口の古墳
 そして桜が満開の一の坂川へ。なんてきれいなんだ。美し過ぎる。川の蛇行と、川縁の菜の花も良い感じ。花見客もいっぱいだった。写真はこちらよ。→「一の坂川の桜

 それからいつもの「旬菜 菜月」(創作料理の店)で純米大吟醸「獺祭」を飲みながら食事して、ちょうど開催中の「白狐祭」を見学。野外コンサートや御神輿も見ることができたし、食べ歩きもでき、なかなか面白かった。赤い鼻と黒いヒゲを描いた狐メイクの人もたくさん歩いていた。「今日は幸せな1日だったねぇ。」と夫と言い合った。
 そして大内氏創建の「熊野神社」を参拝してホテルへ。熊野神社の狛犬写真はこちらよ。→「狛犬72

 本日の泊まりは、50度の自家源泉を持つ「山口KKRあさくら」(湯田温泉)。先週入ったトロントロンの清武温泉よりはやや成分が薄い気がしたが、成分表ではアルカリ度が極めて高かったので「おお!」と思った。それに、脱衣所に置いてあった温泉水&竹炭の化粧水は肌にススッと馴染み気持ちよかった。

 帯揚げは、もっと下げて(帯に隠して)締める方がかっこいいとは思うのだが、そうすると、帯揚げにペイントされたせっかくの金箔が見えないので、敢えて上げ目に・・。品がなかったかも・・・?
 お扇子は、変な向きにならないように、挿している間は留意した。
 比翼はもうちょっと出し気味でもよかったような・・・。
 垂れを長めに伸ばしたために、ちょっとバランス
が・・・。しかし、お太鼓部分の形は完璧。

 バッグと草履は黒のシャイニング加工で揃えた。これは正解。上品でございますわ。
 写真は上の方から撮ると短足に見えるので、やめてって夫にはいつも言っているのだが・・・。まぁ現実、短足なんだけどね・・・。

 ↓ 柄は、松・菊・牡丹・楓・扇など。古典柄だが、創作っぽい新しさもあり気に入っている。直線や曲線が組み合わされていて単調じゃないし、派手過ぎない赤や緑と、白とのバランスも好き。適度に金も入ってるし。
 ← やはり襟元に課題が残る・・・。着物の道は奥が深い。着方もそうだが、着物や帯は直線だけの作り方でどんな体型の人にも合うし、畳み方だってぺったんこにできるし、帯なんていろんな結び方ができるし、ほんとに無駄のない完璧な衣装だって夫に言ったら、「ほ~。」と納得してくれたみたいだった。
 ↑ それにしても、演歌歌手のような、美しい立ち方をしないとダメダメねっ。膝、曲がっているし、足の開き方も変だった。反省。

↑ 関係ないけど、ホテルのロビーに展示してあった大振袖。訪問着や留袖もそうだが、この柄の合わせ方に、大いなる感動を覚える。これぞ日本の匠の技。配色や刺繍のテクニックも、もううっとりする素晴らしさだ。

4/1Thu2010

 企画会議だった。遂に新年度が始動した。
 
 宮崎市天ヶ城歴史民俗資料館で手に入れた「『南北朝の内乱と宮崎平野』展示文書解説」は、超面白い。遡れば弥生時代だって中央政権と強い結び付きがあったくらいだから当然と言えば当然だが、南北朝時代にこれほど中央の動向が遠方の一地方にことごとく影響していたとは驚きだ。このミミズ(いや失礼!)のような字が、自分で解読できたらどんなに楽しいだろうなと思う。

 宮崎市赤江の「城ヶ崎俳人墓碑」、天ヶ城の「仁王像」、「田の神さぁ3」「東麓石窟仏」「法華嶽薬師寺石塔群」UP

3/31Wed2010

  離任式だった。卒業生と久し振りに会った。顔が変わっている子がいた・・・。
  旅行中に見た花の写真と、「内場仏飯講・殉教の地」、珍しい地下式横穴墓の「大萩古墳」をUPした。→「花見」 「内場仏飯講・殉教の地」 「大萩古墳

3/30Tue2010

  早朝、Hりんと宮崎市赤江の「城ヶ崎俳人墓地」や「赤江1号墳」を散策。俳人墓地は、浄土真宗本願寺派の宝泉寺のそばにあった。詳しいことは、またいずれ・・・。
 
  高速バスと新幹線で帰路についた。3日間の移動距離1500km也。

3/29Mon2010

 朝食前にも泥パック。「きれいにな~れ。」と呪文をかけながら、冷たい泥を塗りたくった。(やり過ぎか?)

  チェックアウトすると、ガスが発生していて立入禁止になっている硫黄谷を遠巻きに見学。泥パック用に、足元の泥をすくいビニールへ。

 それからコバルトブルーの不動池などを見学しながら、えびの高原散策。ミヤマキリシマが蕾を付けていて、山の斜面が白く浮き上がったように見えていた。いっせいに開花する日が待ち遠しい。

 そして、生駒高原へ。菜の花が満開だった。韓国岳や高千穂峰をバックに菜の花の写真をたくさん撮った。

 野尻村(大萩)という所には、約1500年前の珍しい地下式横穴墓があった。玄室が墳丘内部の地上部分ではなく地下部分にあり、掘り進め方も難しそう。ここでは5体の人骨と多くの副葬品が発見されたそうだ。
「東麓磨崖仏」は、アーチ型の洞窟の壁面に薬師観音を中心にした仏達がずらりと並んで彫られていた。

 そして、浄土真宗殉教者の碑、「仏飯講」へ。そこから、「殉教の地」にも行ってみた。 地元の人に聞くと、どうやら山頂らしい。言われた通り道はない・・。行けども行けども到着しない。所々に立っている案内表示も、どっち向いているのか分からず曖昧・・・。が、登りましたとも。山のほぼてっぺんで祠を見つけた時は、「あ~、あった~。よかった~。」と安心した。そこには、「右田与七切腹之地」と書かれた岩があった。大変見晴らしのよい場所だった。この険しい山の上で、愛する故郷を眺めながら自刃したのかと思うと物悲しかった。

  山を降りると、再び、前日に行ったばかりの天ヶ城公園へ。昨日と今日が、1年で1番美しい日だったに違いない。公園では日曜日のイベント会場の後始末をしていた。花見客は相変わらず多かった。
 
  天ヶ城下の「龍福寺仁王像」や「安藤家武家門と石垣」なども見学した。「龍福寺仁王像」には、廃仏毀釈によって首や手足が折られたという跡が残されていた。

 宮崎市内に帰ってからは、疲れを癒すために清武温泉へ。で、ここでもビックリ。清武温泉がここまでの名湯とは予想外だった。ぬめりがすごい。体にまとわり付くしなやかさ、軟らかさ。加水なしのバリバリの原湯。施設は古く、利用客もそんなに多くない感じなので、これはまさしく秘湯と呼んでよいと思う。  

3/28Sun2010

 早朝、新幹線と高速バスで都城に向かった。
 
 車内で読んだのは「世界屠畜紀行」。数日前に日本最大の、芝浦と場の情報館で屠畜や屠畜業について学んだばかりだったので、日本の屠畜に関する章は特に興味深く読んだ。それからインドや韓国の章も。

  都城には次男Hりんが迎えに来ていて、Hりんお薦めのスポットの桜巡り。
 
 天ヶ城公園ではちょうど桜祭りが開催されており、出店やフリーマーケット、演芸会など盛りだくさんだった。旅行中なんだから荷物増やしたくないなと思いつつ、やっぱり買い過ぎてしまった・・・。公園は、赤いミヤマキリシマとピンクの桜、白い漆喰の城のコントラストが絶妙で、いつまで見ていても飽きない美しさだった。資料館では、天ヶ城や島津氏・伊東氏の歴史、古代遺跡等、楽しく学ぶことができた。

  それから「大坪の一本桜」へ。これは1673年建立の庚申塚そばに植えられた、幹周り4m、高さ15mの大きな桜だ。コミュニティの結晶、庚申講。地元のみんなで一緒に夜明かすなんて、さぞかし興奮する行事だっただろう。その記念塚に植えられた桜の木だから、地元の結束を再確認する、とっても素敵なモニュメントだったんじゃないかと思う。

 そして、菜の花と桜の美しい「西都原古墳群」へ。花だけでなく、古墳の配置についてとか、「鬼の窟古墳」などのように内部を公開している古墳の石の大きさ・積み方・色など、ここにも心を奪われるものがたくさんあった。

 で、 道沿いにある「新田原古墳群」を見ながら国富町へ。 まずは、和泉式部が身投げしたという「身投嶽」へ。悪病の平癒を願い、日本三大薬師である法華嶽薬師寺(あとの2つは越後の米山薬師、三河の鳳来薬師)でひたすら読経したものの、叶わないので絶望し、辞世の句を残して自殺を図った場所なのだという。中世から地形が変わったのかもしれないが、谷は断崖絶壁には見えなかった。和泉式部は気を失っただけで怪我もなく、そこに薬師如来が現れて病気が快癒。彼女は喜んで京に帰って行ったのだとか。

  718年創建の法華嶽薬師寺は、かつては本堂伽藍の他12の僧坊があったというが、今では意外にも「え?ここ?」と言ってしまうぐらい小さな寺になっていた。しかし、その裏手の日本庭園や法華嶽薬師寺石塔群は、風格ある立派なものだった。薬師寺歴代僧侶の墓塔とされる無縫塔31基の他、宝塔3基、五輪塔1基、板碑型墓塔1基、角柱石塔1基、自然石墓1基等があった。桜もきれいだった。時代を超え長い間、様々な人々の手で大切にされてきた様子がよく見て取れた。そのまた裏手には弘法大師ゆかりの釈迦ヶ岳という山もそびえていた。今度来る時は登山靴持って、寒くない格好で来ようねと、次男Hりんと話し合った。

  宿泊地は霧島温泉。 九州でここだけという泥パックのある「さくらさくら温泉」に泊まった。大浴場露天風呂の一角の泥つぼに、源泉と共に噴出したという泥が入っていて、それを素肌に塗って待つこと10分、洗い流す。すると確かに玉のように輝く(?)素肌に!角質がすっかり削ぎ落とされた感覚だ。触るとほんとにスベスベ。 2回パックしたが2回とも人は多かった。みんな冷たい泥をせっせと顔や体に塗っていた。  

3/27Sat2010

 朝、YYを送って行った。別れた後、涙が出そうだったヨ。
 
 離任者が正式に決まり、夜は送別会だった。 臨採の人の中には転勤が予想外だった人も多かったみたいだった。みなさん素晴らしい働きぶりで、やっていることは本採の人と何ら変わりはないのに、身分保障に制限があり経済的不利益もこうむっていることに不条理を感じる。

 「世界屠畜紀行」を読み始めた。

3/26Fri2010

 6年生のいない修了式。ちょっと寂しいな。みんな立派な中学生になってほしい。数名が早速遊びに来ていた。

 学校から帰ると、長男YYと「洋服の○○やま」へ。社会人としてのスタートがすんなり切れるよう、衣類をあれこれ準備した。前からプレゼントしたかったビジネスバッグとコードバンの財布も、YYの好みを聞いて無事に決定。これで安心。

3/25Thu2010

  東急池上線の始発で池上大門寺へ。まだ真っ暗だったし、雨も降っていたが、気にせずどんどん歩いて行った。ちょっと道に迷った(方角が違っていた!)ので、コンビニで聞いたり、警察署で聞いたりした。コンビニには地図が用意されているのね。郵便局や銀行の仕事、宅配便などもするし、ほんと、町の中の頼れる存在だな。ちょっと前、「タクシーの番号教えて下さい。」って言った時も、ススッと番号を教えてくれたし。警察の人も、いつでもどこでも優しい。迷った時は心強い。

 大門寺は、桜の名所だが、残念ながらまだちょっぴり時期が早かったみたい。東京で一番古い五重塔や、加藤清正の五輪塔、清正が築いたというちょっと変わった石段、力道山墓所などを見学した。写真はいずれUPします。

 その後、ホテルに戻り、朝食と黒湯入浴。色も肌触りもほんとに素敵。東京の温泉も捨てたもんじゃない。火山もないのによく見つけたなと思う。

 その後、今度はJR線で大森駅へ。大森貝塚を見学した。大森貝塚がホテルから近いと知った時、教科書に載っていたというだけで、行ったこともないのに「あ~、あの大森貝塚かぁ。」と懐かしさを感じたし、実際行ってみると、ますます親近感が湧いてきた。大森には他にもいろいろな神社仏閣や文豪達の足跡がたどれるスポットがあった。1000年の歴史を持つ鹿嶋神社は何だかひんやりした空気で、昔の人もこの厳かな空気に癒されたんだろうなと思った。

 遂に私の東京の旅も終わりに近付いた。チェックアウトすると、ホテルの車で京急蒲田駅まで行き、京急線で羽田空港へ。そして山口宇部空港へ。宇部からは自宅まで約1時間。睡魔と戦いながら運転した。

 夜、英会話教室へ。その後、新幹線で帰って来る長男YYを迎えに徳山駅へ。今日もフル回転の1日。

3/24Wed2010

 チェックアウトすると急いで安田講堂へ。長男YYは、私から遅れること数分で式場に到着したらしい。
 
 卒業式では、保護者と卒業生は会場が別だった。む、虚しい・・・。我々は、式場とは別の会場で大画面のスクリーンで実況を見ただけ。
 しかも、卒業生でありながら遅目に到着した者は、式場に椅子もなく、何と立ち見! スクリーンには、着飾った娘さんやリクルートスーツの男子達が大勢映し出されていた。後で聞くと、YYも式の間中、立っていたそうだ。

 式後、私は一人で湯島天神へ。東大をバックにYYの記念写真を撮ればよかったなぁ・・。会えなかったもんなぁ。今日、会えるんだろうか・・・。などと心配しながら、YYからの連絡を待った。

 その後、やっと落ち合って食事をし、上野大仏を見たり、上野公園界隈の神社を巡ったりして、国立美術館へ。芸術の好きなYYと、短い間だったがいろんな話をした。そして、予定のつまっているYYと美術館内でさよならした。その間、僅かに2時間・・・。引き続き美術鑑賞した後、ホテルへ。

 荷物を置くと、猛ダッシュで品川へ。以前から行きたいと思っていた食肉市場センタービルの食肉情報館へ行った。殺される動物達が、毎日毎日、1日の休みもなく、この大都会の真ん中の市場・と場に運び込まれて来ている。彼らの命を奪うために、人間は彼らを慈しみ、育てている。我々は、もっと謙虚に、目を背けずに、彼らの一生を見つめなければならないと思う。「動物の命」をいただくための具体的な手順を知るだけでも、現実世界に一歩近付くのだと思う。情報館には食の安全、労働者の権利、食肉の歴史等々についての展示もあり、大変勉強になった。貴重な時間だった。
 ただ一つ、どうも納得できなかったのは、「発展する食肉市場 芝浦と場」というリーフレットに書かれていた言葉。「動物の命を絶つことを残酷、非情なこととして扱ったり忌み嫌うのではなく、私たちが生きていくためには、ごく自然なこととして受け止めることが大切です。」との記述だ。忌み嫌うつもりはもとよりないが、感性を鈍化させることが果たして大切なことなのか、ここまで大量に肉として消費することが本当に自然なことなのか、もうちょっとゆっくり考えてみたい。生に対する感性を持つことと肉食が、両立しないとも思わない。

  ホテルに帰り、黒湯温泉を堪能。お湯は本当に真っ黒だった。透明度はわずかに1cmくらいだ。戦後すぐの頃から、地下から汲み上げているそうだ。ナトリウム炭酸水素塩塩化物冷鉱泉で、沸かし湯を掛け流しにしていた。コーヒー色。微塩味無臭。浴槽は41℃に保たれていて、体の芯まで温まった。湯上りも、体はツルツルのぽっかぽか。

3/23Tue2010

 午後からの小中連絡協議会が予想外に早く終わったので、心に余裕が生まれた。会議後、学校に戻って仕事を片付け、車で山口宇部空港へ。やっと長男のそばに行けると思うとワクワクドキドキ。

 今回の旅の目的は長男の卒業式。私達の元から離れて暮らすようになって、あっという間の6年間だった。これからも、あれよあれよという間に歳月は積み重なっていくのだろう。いつの日か、一緒に暮らした18年間を上回る日も来るのだろう。

 空港は、ダークなスーツのビジネスマンだらけだった。疲れた体で、夜間移動するのね。家族のため、日本のため、身を粉にして働いているのね(たぶん)。長男の就職祝いにスーツとビジネスバッグをプレゼントすることにしているので、すれ違うビジネスマンの姿を空港でも駅でもさりげなくチェックした。

 深夜、上野に到着。すぐに眠ればいいものを、興奮してなかなか眠れず。外は雨。。。

3/22Mon2010

 長年使ってきたNTTのフレッツ光とtikiを解約し、中国電力のMEGAEGGに乗り換えた。速度は全く遜色ない。むしろ速い。お値段は、電話料・プロバイダ料込みなので、EGGがちょっとだけ安い。追加メールアドレスもほんのちょっとお得。HPが有料だが、無料サイトに何とか引っ越したので大丈夫。yoshikoも進化せねばならないのでこれで行きます!今後とも「yoshikoの部屋」をよろしくお願いします。

3/21Sun2010

 地元の氏神様 松尾八幡宮の、12年に1度のご開帳。「寅開帳」だった。→「寅開帳

3/19Fri2010

 
 卒業式だった。昨日までは、どうなることかヒヤヒヤしたが、無事にみんな巣立って行った。感動し、泣いている子もたくさんいた。予定より大幅に長い式だったが、みんなよく頑張った。素晴らしい式だった。
← 今年の衣装は、ワインレッドの付下げと、緑色の刺繍袴、そしてレースアップの茶色のブーツよ。半幅帯は黄色の博多織で、白地に刺繍の半襟と、緑色の重ね襟をコーディネイト。子ども達、喜んでくれたみたいだった。「先生、何それ~?」「派手~!」「きれ~い!」「着物にはやっぱり草履でしょう!」などと言っていた。












↑ 付下げは、25年前、実家の両親に買ってもらったものだ。持っている中で一番気に入っている。お正月や七五三、お茶会などで結構着てきたが、卒業式ではまだこの着物を着たことがなかった。それで、どうしてもこれが着たくて、今回、緑の袴を新調した。去年の卒業式で着た「灰色の訪問着&紺・赤のぼかしの袴」より、ハッキリしたイメージになったと思う。次回着る時は、最近買ったレースの半襟をガバッと強調する(半襟を多めに出す)着方で小粋に着てみたいと思う。

→ リメイクし、出番を待っていたケープも遂にデビュー。寒くもなく、暑苦しくもなく、羽織るだけなので着物が着崩れることもないし、個性的だし、タンスの中でずっと眠らせておくより活用できてよかった。(注:目が腫れぼったいのは、直前に泣いちゃってたからで、元からむくんでいるのではありません。念のため。)

 夜は打ち上げ。学校でもたくさん労ってもらったのに、宴会の席でも労われ、何だかヒロインみたいな気分になったりもしたが、私が受け持ったのは6年間のうちの最後の1年だけで、たったの6分の1。しかも転勤したてで何も分からず、十分できなかったことも多い。自分にできた精一杯ではあったのだけどね。しかし、全てを帳消しにする卒業式の魔力のお陰で、今はとても晴れ晴れとしている。

 みんな!さようなら!いつまでも元気でね。

3/18Thu2010

 卒業式前日準備。もうこれ以上、何にもできない。教えることは全て教えた。
 帰宅後、来週の東京行きのチケットを買った。価格は早割の2倍。がっび~ん・・・・。長男の卒業式に行くの。とっても楽しみだ。

3/16Tue2010

 卒業式の予行練習。

3/14Sun2010

 HPの引っ越しをした。 こちらです。 → http://wing2.jp/~yoshilin/ 容量無制限なのはいいのだが、頻繁にサーバー落ちするので、当分fc2のサイトも残しておこうと思う。→ http://yoshiko2.web.fc2.com/

3/13Sat2010

 高速道路の壁画の除幕式だった。「3! 2! 1! 0!」のかけ声の中、ジャジャ~ンと登場した自分達の絵に、みんな大興奮だった。10年間、ここに飾ってもらえるのだそうだ。その後、みんなで記念撮影。地元テレビも来ていて、たくさんの子達が取材を受けた。夕方のニュースで流されたようだ。(見てないけど・・・グスン) 卒業式のちょうど1週間前だ。またまたいい思い出ができた。

 もう1つの感動は・・・・。

 20年以上前のミンクのコート。10数年前くらいまでは、結構着ていたのだが、デザインが古く(バリバリに肩パットが入っている)、重苦しい(丈が長い)。だから最近ではなかなか出番がなかった。

 そこで2010年、思い切って和洋両装のケープにリメイク。リメイクは東京のアトリエ コンフォートに依頼した。で、この度めでたく完成し、送られてきたのを見てビックリ。暖かいけどサラッと軽い。物々しくないので気軽に羽織れそう。体のラインも崩れないし。こんなに思い通りになるなんて感動した。仕事師K様、本当にありがとうございました!デビューの日が待ち遠しい。
← BEFORE


      ↓AFTER
inserted by FC2 system