DIARY  No,18

      
2010/3/12(Fri)
 卒業記念に共同制作した絵が徳山東インターチェンジの壁画になり、今日除幕式だった。夕方のニュースにも出たが見損ねたので、録画していた人がいれば見せて下さい!
2010/3/11(Thu)
 「6年生を送る会」だった。行事の写真がスライドショーで出てきて・・・・ウルウルした。
2010/3/8(Tue)
 3クラス合同でサンドウィッチを作り、感謝の気持ちを込めて先生方に配った。卒業式まであと9日だ。
2010/3/7(Sun)
 午前中は、山の神フリーマーケットに行った。53才でその半生を自費出版した店主の女性がいて、ちょっとだけだがお話をした。人間っていろんな生き方があるんだなぁと改めて思った。
 午後は帯結びの特訓。何回も何回も巻いたりほどいたりを繰り返した。その甲斐あって、ものすごく腕が上がった!半幅帯の変わり結びもマスターしたゾ。タンスで眠っていた浴衣も3枚引っ張り出し、黒地に金彩のかっこいい浴衣も1枚購入。今夏は浴衣を着まくろうと思う。
2010/3/6(Sat)
 「六面石幢?」UP
 午後から、校長の勇退を祝う会だった。去年退職されたKS小のH校長といい、1年だけお仕えした本校M校長といい、人格者のもとで働くことができ幸せだった。上手に年を取ると言うことは、身近な人に「この人みたいになりたい」って思わせることなんだと思う。私もお二人のように、真面目にきちんと生きていきたい。
2010/3/5(Fri)
 卒業を前にして、身の回りが随分慌ただしくなってきた。午前中は2時間卒業式の練習で、午後は「お別れ球技大会」。先生方と対戦し、全戦全敗だったが、子ども達はみんなとても楽しそうだった。いい思い出になったと思う。
 夜、着物屋さんに付下げと袴を持って行き、卒業式で使う小物(博多織の半幅帯と緑色の重ね襟)を購入。全部着て確認できたので、これで安心。
2010/3/3(Wed)
 着付け(黒留袖)の練習をした。着物はバッチリ着ることができた。が、帯が・・・・。
2010/3/2(Tue)
 黒留袖用の帯揚と帯締を購入。これで足りないものはもうないわん(@⌒ο⌒@)b !
 温泉水の流れる霧島の「丸尾滝」UP
2010/2/27(Sat)
 五つ紋の黒留袖を購入した!
 「動物の権利〜犬猫編〜」をUPした。
2010/2/26(Fri)
 退庁後、歯医者に行って、美容院に行って、銀行に行ってお華に行った。目が回りそうだった。→「Myart
 映画「男たちの大和」視聴後の感想文UP。→「長く続いた戦争と人々の暮らし〜男たちの大和〜
2010/2/25(Thu)
 気象予報士(環境ナビゲーター)の井手迫義和さんと、地元の仕事人 株式会社トクヤマの小田開行さんを招いて「子ども低炭素社会づくりサミットin山口」開催。授業の様子は3月2日(火)夕方の「熱血テレビ」で放送の予定。
2010/2/24(Wed)
 綾城の「石垣34」UP
2010/2/23(Tue)
 「学校4」と、今日やった授業「いのちの授業5」UP。
2010/2/21(Sun)
 帰宅。
2010/2/20(Sat)
  今回の宮崎観光は、梅の観賞からスタート。まずは加江田渓谷の自然村近くの「好隣梅」、4品種約1100本から見に行った。もう枯れた木も多かったが咲いている梅はどれもきれいで、青い空と白やピンクの花弁のコントラストがきれいだった。付近の川では、苔生す川石や「鬼の寝床」などと名づけられた奇岩も見た。
 それから、宮崎市北部の「月知梅」へ。ここには江戸時代以前に植えられた1本の臥龍梅から生まれた子どもの梅が約70株あり、きれいな梅園になっている。島津光久の「月ならで 誰かかは知らん 咲き匂う 老木の梅の 春の昔は」の歌による命名らしい。ちょうど梅祭が行われていて、接待の梅茶をいただき、地元に伝わる味噌餡を購入。Hりんが食べなかったので、またもや一人で食す。

 それから数キロ先の、「去川関所御定番 二見家住宅」へ。10数年前まで子孫が住んでいたが、2年前、1億8000万円くらいかけて修復したのだそうだ。藩主など、薩摩街道を通る上級身分者を宿泊させる施設だったそうで、客間が3室残されていた。島津斉彬も泊まったことがあるらしい。

 次に、国指定天然記念物&宮崎県の巨樹百選にも選ばれている「去川の大イチョウ」へ。途中、思いがけず、かっこいい神官型の「田の神さぁ」も見学できた。三枚目じゃないゾ。大イチョウそばの元民家(資料館)の裏手にも、岩の上に別の田の神さぁがあった。

 2009年閉校になった去川小学校見学。まだまだきれいなのに、子どもが入学して来なくなったようだ。運動場の真ん中に大木が生えていた。きっとたくさんの子ども達が触り、登り、木の生命を感じて成長を共にしたことだろう。遊具は既に撤去されていて一つもなかった。校舎も運動場もがら〜んとしていた。

 すぐそばの「二見家墓石群」ももの悲しかった。墓所ではなく墓石群ってことが何となく淋しい。

 「去川の関所跡」には門柱の基礎石のみが残されていた。船から降り川岸の石段を上がってくる一行を、ちょっと高い所から見下ろしていたのね。ここでは大変厳しい取り調べが行われていたそうだ。

 その後、綾町へ。「酒泉の杜」では、ワイン工場を見学したり、焼酎やワインの利き酒をしたりした。あれこれたくさん飲んで満足満足。ガラス製品の製作過程も見学した。

 そして「綾 雛山まつり」へ。商工会でお祭りをするようになって今年で10回目なのだそうだ。もともと雛山とは江戸時代に始まった風習で、長女が生まれると親戚や近隣の人々によって、山の神にふさわしいもの(=雛山)でお祝いをしたのだという。粘土や木の枝で作った人形や、奇岩、木、苔などで奥座敷を飾った。期間中は店先や民家などで展示公開されている。寒村の場合、女児の誕生は喜ばれなかっただろうから、ここが文化を嗜む豊かな村であったことが窺える。実際、伝統的な手工業は今でもきちんと引き継がれていて、工房も数多かった。脈々と独自の文化を伝えてきたことに感心する。

 世界一大きい花時計を見て、次は綾城(龍尾城)へ。綾城の建築はなかなかゴージャスだった。山地なので木はふんだんにあっただろうが、梁の密度も高く、75cm角の柱なども惜しみなく使われていて、堅固な造りだった。お家騒動による家臣一族の切腹など、悲話も今に伝えられていた。

 そして、夕方、霧島温泉郷へ。
 今回、霧島温泉の一番の感動は、野湯「目の湯」に浸かったこと。24時間年中無休、老若男女動物混浴、脱衣所なし、無料。自然が形成した、これぞ究極の露天風呂(川底から温泉が湧いている)!ファンタスティック!
 次男Hりんは、これを見るやいなやたちまち裸になり入水。戸惑いながら私も・・・(遊歩道のそばで誰が散歩してるか分からない)。
 川底は泥パックみたいなぬるぬる。湯温適温、湯量たっぷり、源泉掛け流し&この開放感。極楽極楽〜。難点は、あがってから、いくらタオルで拭いてもぬるぬるの泥が取れなかったこと。爪の間にまで浸み込んで、なかなかきれいにならなかった。地元の人に場所を聞きながら行ったのだが、「汚いですよ。あまりお薦めできませんよ。」と言われた。はぁ、このことだったのか。Hりんは川底のぬるぬるを気持ち悪いと言っていたが、私としては、にゅるっとした感触がなかなか気持ちよかった。(写真はこちら→「spa」)
 野湯「川の湯」にも入りたかったが、こちらはガスが発生して、今は閉鎖になったそうだ。霧島観光ホテルでは、3回入浴。もうお肌はツルツルピッカピカ。
2010/2/19(Fri)
  2年前の聖火リレーの時、「フリー・チベット」と叫びながら乱入してきた男性の姿が忘れられない。バンクーバーオリンピックも始まったことだし、オバマ大統領も中国の意に反しダライ・ラマと会談を果たしもした。チベットの現実は正しく理解したい。・・・と言う訳で、「レイプ・オブ・チベット」を読み始めた。辛くてなかなか読み進められないのだが・・・。

 学校を終えると大急ぎで駅へ。新幹線で博多まで行き、地下鉄で福岡空港に移動。そこから最終便で宮崎へ。航空運賃が随分安くなり大助かりだ。飛行機なら仕事が終わってからでも早めに移動が済むので土日が有効に使える。
 宮崎空港で次男Hりんと会うと、宮崎市のメインストリート橘通りで一緒に夜食。簡単に済ますつもりだったが、ついつい食べ過ぎてしまった。いつものパターン・・・郷土料理中心にたっぷり食べた。
2010/2/18(Thu)
  「ライフプラン発表会」に、写真と発表内容((相当おおざっぱだが・・・)を追加した。見てね〜。

 花粉の舞い散るこの季節、去年は「鼻マスク」を買い、それなりの成果も感じたのだが、今年はフマキラーの「花粉 鼻でブロック」を購入。鼻の中に綿棒でクリームを塗るだけなのだが、意外にもいい感じ。鼻の中に異物を挿入する鼻マスクと違って煩わしさもない。しばらく使ってみようと思う。
2010/2/16(Tue)
  小学校で最後の参観日&地元中学校の入学説明会だった。授業は、自分のライフプランを話す「ライフプラン発表会」。総合学習の締めくくりでもある。子ども達の感想だけ取り敢えずUPした。写真と内容は後日追加します。見てね〜。→「ライフプラン発表会
2010/2/14(Sun)
  「世界の中の日本」第2時、「徳山毛利家墓所」、「石垣33」,、「堅田家墓所」 をUP。「manhole2」に湯野温泉のマンホールを追加した。
2010/2/13(Sat)
 東京行きの航空券、ANAは完売に近かったが、JALならまだ選べたので迷わずGet。社会人1年目の長男に会いに、GWは東京に行くぞ〜〜〜〜っ。
 午前中は徳山毛利家墓所に行った。こんな近くに毛利家墓所があったとは、今まで全然知らなかった。住宅街の真ん中の静かな高台に、96基の墓碑が建ち並んでいた。初代就隆(なりたか)夫妻の墓碑等は4mもあり、とても立派だった。「童女」「童子」と刻まれた小さなお墓もたくさんあった。平成建立の墓もあった。
 午後は湯野温泉へ。何を隠そう我々夫婦は今年2月で銀婚式を迎えたの。去年金婚式を終えた実家の両親と4人で、記念に宿泊した。温泉はアルカリ度が高く、肌がツルツルになった。食事の前後で2回ずつ、4回入浴。温度もちょうど良く、身体の芯まで温まった。山田家本屋や神田神社、性梅院、招魂社等々周辺の観光地も観光した。ただ、樽山城があったという城山(452.6m)には登っていないので、機会があれば登ってみたい。登山道の8合目あたりに、役行者の磨崖仏など山岳信仰の遺跡があるらしい・・・。
2010/2/12(Fri)
  遅まきながら・・・遂に私もヒートテックデビュー。こんなに快適なものだとは今まで全然知らなかった。サラサラしっとりで気持ちイイ。あったかいし。なんで今まで関心を持たなかったのかしら。巷であんなに話題になってたのに。夫も数年前からやたらと感動してたっけ。ネットだと店頭より色も多めで海外向け商品も買えるのね。タートル7色、Uネック2色、チュニックも2色買った。もう冬なんてへっちゃら。(←単純σ(^_^;))
 本日のお華はこちら→「My art
 ヨガクラブで子ども達と約1時間、ヨガをした。
2010/2/9(Tue)
 社会科「世界の中の日本」の資料として、「世界がもし100人の村だったら」を配布し説明。子ども達の感想はこちら→「世界がもし・・・
2010/2/8(Mon)
 休み明けの校庭には、いつもゴミがたくさん落ちている。捨てる人は、持ち帰るのが面倒なのかもしれない。規範意識はもちろんないが、そのゴミで、どれだけの人が迷惑を被るかとか、誰が拾うのかとかを想像する力も、残念ながら欠落していると言えるだろう。普段から人を思いやることのできない自己中人間なのかもしれない。ゴミは毎朝、主に管理職が、重い溝蓋を外し、手や足を汚しながら拾っている。あと29日で卒業していく子ども達には、その苦労も分からせたいし、ボランティアの気持ちよさも体験させたい。・・・という訳で、今日は7:50に校庭に集合し、みんなでゴミ拾いをした。これが毎日続くといいのだが。ゴミ拾い後の感想文はこちら→「卒業前のクリーン作戦
2010/2/7(Sun)
 朝、山の神フリーマーケットに行った。ものすごい寒さだった。池が凍っていた。かわいいジャケットを1枚買った。
 知覧・鹿屋・赤江の写真を「特攻基地跡」にUPした。
 自己嫌悪が嫌なので、今日は頑張った・・。が、帰ってから大食いしてしまって、また反省・・・。→「Muscles
 走っている時は、もう食べ物の事しか考えていない私・・・。という訳で、これまで未体験だった物をUPしてみた・・・。→「未体験ゾーン
2010/2/6(Sat)
 弱い心に負け、運動をしなかった1日。自己嫌悪です・・・。
2010/2/5(Fri)
 「いのちの授業3」をUP。
 1998年にNHKが制作した「マンホールチルドレン〜混迷するモンゴルからの報告」と、その6年後の2004年に放送された「マンホールで大人になった〜再訪・厳寒のモンゴル〜」を見た。前に見たことのある番組だったが、改めてショックを受けた。社会のひずみで苦しむのは、いつも子ども達だ。そして更にその4年後に制作された「10年後のマンホールチルドレン」の内容も、あまりにショッキングだった。番組制作者は、どういう意図で撮ったのだろうと疑問になるシーンもあった。
2010/2/4(Thu)
 T小学校6年生の外国語活動の研究授業を見て、その後の協議会に参加。
2010/2/1(Mon)
 2010年も、早2ヶ月目。今日は中学校の数学と英語の先生の出前授業だった。
 「かくれ念仏洞」と「的野六面石幢」UP
2010/1/31(Sun)
 早朝、次男Hりんと別れて帰宅の途に着いた。甘い物を食べたり眠ったりして気が付くと自宅。運転は全部、夫BBで、楽チンだった。

 念願の900gのモバイルPCを遂に購入(まだ注文しただけだけど)。今回の宮崎行きでも例のごとく重たいノートPCを持ち歩いていたら、次男Hりんから「こんな重いの、よく持ち歩くねぇ。」とあきれられた。夫も、「買えばいいじゃん。使うんだから。よし、ボクが買ってあげよう!」と言ってくれたので、遂に決意が固まった。嬉しくて、ちょっとテンションが上がった。

 「掩体壕(えんたいごう)」UP
2010/1/30(Sat)
 台湾で、錦帯橋みたいな形の航空機の格納庫を見てからというもの、ずっと宮崎空港周辺の不思議な物体が気になっていた。台湾のものに比べて随分小さいけれど、同じコンクリート製のかまぼこ型だ。あれも格納庫なのではないだろうか?ネットで調べてみると、やはり「掩体壕(えんたいごう)」という戦争遺跡らしい。しかも宮崎空港はかつての特攻基地で、最近慰霊碑も建てられたようだ。終戦年の3月には、大空襲も受けている。・・・という訳で、勉強のため今年2回目の宮崎行き。早朝、マイナス2℃の気温の中、夫と車で宮崎に向かった。

 着くと南国宮崎は15℃で、コートを着ると汗ばむ陽気。次男Hりんも、元気にTシャツで過ごしていた。同じ日本か???
 で、早速、次男と一緒に掩体壕へ。地元の人にも話を聞けたし、なかなかの収穫だった。すぐ側の特攻慰霊碑も見学した。19歳や20歳で殉死した少年達の遺言には涙が出た。山口県出身者も何人かいた。
 その後、前回時間が遅くて入館できなかった山之口町の「弥五郎どんの館」へ。各地に伝わる弥五郎祭の主人公が、隼人の首長だったとは初めて知った。付近には、地元の人に大切に守られてきた山之口古墳やかくれ念仏洞もあり、見学した。
 それから、観音池運動公園で食事と買い物をして、高岡温泉で入浴。
2010/1/29(Fri)
  写真絵本「さよならエルマおばあさん」を教材に、死について考えた「いのちの授業 2」UP
2010/1/26(Tue)
 T税務署の職員を講師に招き、租税教室を行った。
 夕方、自宅から1kmくらい先のスーパーまで走って行き、買い物をして走って帰った。空に星がピカピカ瞬いていた。今まで知らなかった小径を通り、そこに踏切があったのも初めて知った。
2010/1/24(Sun)
 児童養護施設「共楽園」の餅つきに行った。
2010/1/23(Sat)
 夫と米泉湖を1周走った。ものすごく寒かった。耳の奥が痛かった。→「Muscles
2010/1/22(Fri)
 お華に行った。。→「My art
 「語りかける目」UP
2010/1/21(Thu)
 参観日だった。算数の思考問題の授業をした。みんな落ち着いて取り組んだ。参観日も、残すところあと1回となった。
 夜、英会話教室に行った。疲れていても眠たくても辛いことがあった時でも、こつこつと続けてきたって点だけは、我ながら上出来だ。QOLも高まったと思う。
2010/1/20(Wed)
 「動物の権利 フォアグラ編」UP
2010/1/17(Sun)
 今日は初めて家から恋路スポーツ公園まで走って行き、スポーツ公園で運動後、また走って帰った。いつもは車で通るだけなので気付かなかったが、恋路の山に、よく手入れされた神社があった。石がもうあっちこっち細くなっていたけど、寛政6年(1794年)築造の鳥居もあった。付近の昔っぽい道も初めて通った。「ブラタモリ」や「ちい散歩」みたいだなと思った。
2010/1/16(Sat)
 夫と米泉湖に行き、湖の周りを1.5周走った。ここは高校のマラソン大会のコースにもなっている所で、森や川などの自然がいっぱい。気持ちよく走ることができる。アップダウンも少ないし、1周5.7kmで初心者にもちょうどよい距離だ。走り始めた時、200mくらい前を走り慣れてる感じの年配の女性が走っていたので、「この人の後をついていこ〜。」って思ったが、次第に抜きたくなり、抜いてしまった。で、もう怠けることができなくなった。一回抜いた人に抜き返されたくないから・・・。きつくてきつくて歩きたくなる心と闘った。みみっちくも「あ〜、あのカーブを過ぎたら、ちょっと歩こ〜。あそこならあの人に見えないもん。」等と考えながら走ったが、そこまで行くと「いやいや、まだ走れる。」っていう具合。いつ止めてもいいマシンで走るのと違って、ロードは目標が立てやすくさぼりにくい。私にいいかも。
 夜、英会話教室の新年会。飲んで踊って食べてしゃべって、ストレスが気持ちよく解消した。いつものメンバーだが、とっても盛り上がる。10cmヒールのブーツで踊りまくったので足裏をまたまた負傷。・・・運動靴がいるわ。。
2010/1/14(Thu)
 子ども達と1800m走った。冬休みに一度も走らず、体がなまっていた子も多かった。
 昨日の感想を一覧にして配布し、読み合った。こちらを見てね。→「いのちの授業
2010/1/13(Wed)
 6年生の子ども達と、日野原重明さんの「いのちの授業」のDVD鑑賞。小学校最後の総合的な学習の時間の第一次。今日はDVDを見て感想を書いただけなのだが、子ども達の心にはズシッと来るものがあったみたいだった。
2010/1/12(Tue)
 「黒坂観音堂仁王像」「飫肥街道」UP
2010/1/11(Mon)
  「美々津」「狛犬70」「岩25」「山内石塔群」UP。「滝24」に猪八重渓谷の滝&遊歩道と、「気になる石垣32」に美々津の立磐神社の石垣の写真をUP。それから「丸い石」のページの下の方に、山内石塔群そばの五輪塔の丸い石と猪八重渓谷の川石の写真を追加。「海2」にクルスの海の写真(日没後で見えにくかったけど・・・)を追加。
2010/1/10(Sun)
 朝5時、先月行ってすっかり感動した「港あぶらつ朝市」へ。先月はぜんざいの振る舞いがあったが今回は回転焼き。ほかほかで皮の卵が引き立っておりおいしかった。次男Hりんお気に入りの魚うどんも食べた。350円也。これまたHりんお気に入りの天むすも食す。油とお米が絶妙に絡み合っていて、おいしかった。他にサンドウィッチやかつおなど購入。
 その後、日南市北郷町の猪八重(いのはえ)川沿いの遊歩道(片道2.6km)を散策。大きな木が至る所にあった。滝も素敵だったが、木のエネルギーをビンビンに感じるパワースポットだった。途中には水力発電所跡や炭焼き小屋の跡地など、人間の営みを感じる場所もあった。
 この辺りで夜がだんだん明けてきた。山を下りると猪八重温泉足湯で足の疲れを癒した。そこに小さなお店があったのでカブの漬け物を買うと、大きなポンカンをおまけに付けてくれた。やさし〜。
 地図によると、近くに飫肥街道の関所跡があるらしい。それでウロウロ探しながら行った。飫肥街道は一部当時のまま残されていて、車も入れない道もあった。そこをエッチラオッチラ歩いて行った。急坂だった。心臓がバクハツしそうだった。ボコボコの道だった。「ここを馬を牽いて歩いたのよね。偉い人は籠に揺られて通ったのよね。乗ってるだけでもキツイよね。すごいよねぇ。元気じゃなきゃ通れないよねぇ。」などとHりんと話しながら歩いた。
 関所跡には石垣と一里塚だけが残されていた。見晴らしのよい場所だった。近くに宮崎県最古のレンガ建てのトンネルもあるようだった。
 それから、洗車したり食事したりした後、清武町の「きよたけ歴史館」と「安井息軒生家」へ。清武は、江戸時代は飫肥藩清武郷の中心地で、歴史深い町だった。ちょうど「ふるさと清武」という特別展をやっていて、南九州の歴史がゆっくり勉強できた。岩偶とか集石遺構、鬼界カルデラ、縄文前期の鬼界アカホヤ噴火など、今まで知らなかったこともたくさん知った。
 しっかり勉強できた2日間だった。宮崎県最古にして今も現役の発電所、黒北発電所へは行けなかったので、次回は是非訪れたい。
2010/1/9(Sat)
 修論にかかりっきりだった長男はともかく、いきなり私が旅行に出掛けたので帰省しそびれた次男に会いに、宮崎に向かった。バスは満席で予約できなかったので、パソコンも使えてのんびり過ごせる列車の旅にした。小倉までは新幹線ですぐだが、小倉からの日豊本線は延々4時間半の長旅。冬休みにこなせなかった仕事もゆっくりたっぷりすることができた。
 お昼過ぎに宮崎到着。まずは次男Hりんとイタリアンのバイキングで腹ごしらえ。それから江戸時代に高鍋藩の商業港として栄え、今は国の重要伝統的建造物群保存地区にもなっている美々津(日向市)へ。港は参勤交代にも利用されたようだ。保存地区には江戸時代の平入・妻入建物や敷地割、石畳などが残されていた。歴史民族資料館では神武天皇東征や日本海軍の起こりなどに関する資料を興味深く観照した。
 それから恋人達のメッカ、日向岬のクルスの海へ。ここは、波の侵食で東西200メートル、南北220メートル、高さ10メートルにわたって裂けた柱状岩。展望台には、人間がいたわりあい、想いささえ合う姿を表現したという「クルスの鐘」が。母親と来てHりんもかわいそうだが、将来のデートの下見にはなったことだろう。
 もうとっぷり日は暮れたが、その後、日向のお伊勢さまと呼ばれる「大御神社」へ。残念ながら本殿に通じる門は固く閉ざされていた。後で知ったのだが、ここには神座と名付けられたさざれ石など、いろんなミステリースポットもあるらしい。
 そして、食事や買い物をして1日を終えた。
2010/1/8(Fri)
 始業式だった。寒い朝だったが、みんな元気に登校した。何だかみんな大きくなっていた。冬休みはとっても短かったと言う子が多かった。親戚の家に行ったり、久しぶりに会ったいとこと遊んだり、思い出に残る年末年始が送れたようでよかった。卒業まであとたったの49日だ。
2010/1/6(Wed)
 溜まった仕事を必死で片付けた。
2010/1/5(Tue)
 台湾旅行の3日目と4日目の様子をUPした。→「台湾(淡水・深抗・台北)」  それから、「百年歴史老街の石垣」、「台湾の獅子」、「狛犬69」、「マンホール2」,「銀帯瀑布」と、台湾に出発する前に寄った東広島市西条の写真をUP。「丸い石」に1枚写真を追加。
2010/1/4(Mon)
 仕事始め。日直だった。台湾旅行の1日目と2日目の様子をUPした。見てね。→「台湾(花蓮・タロコ)
2010/1/3(Sun)
 「ベジタリアンへの道」に台湾で食べた物の写真をUPした。
2010/1/2(Sat)
 あっという間にもう最終日。
 MRTが動き始めるとすぐに乗車し龍山寺へ。それから雑貨屋さんで買い物をして再びMRTでホテルに戻り食事して、台北駅そばの国父史蹟記念館を見学。その後MRTとバスで、臭豆腐と赤煉瓦の街 深抗へ。それから、タクシーとバスで道教の聖地、指南宮へ行き、バスとMRTで台北に戻り、バスで桃園国際空港へ。そこで散々ショッピング。
 夜、チャイナエアラインで広島に戻った。足裏にマメができた。もう歩けん・・・。
2010/1/1(Fri)
 早朝、タクシーで市内のお寺や庭園を観光。太極拳や日本式のラジオ体操をやっている人達がたくさんいた。
 朝食のバッグをもらってチェックアウトし、花蓮空港へ。出発の10分前になっても台北行きの飛行機の搭乗ゲートが開かず、集まってくる人もまばらだったので心配したが、小さなプロペラ機はほぼ満席だった。台北の松山機場に着くと、ツアーデスクでその日の宿を確保。トリプルの部屋だが負けてもらって安く泊まることができた。チェックインすると、すぐに淡水に向け出発。淡水は、静かな港町かと思いきや、すごい人出でびっくりした。
 淡水からの帰り、新北投の温泉に浸かり、地獄見学。そして芝山の恵済宮へ。裏山に「芝山岩遺跡」があるはずだったが、暗くてよく分からなかった。ほんとはこっちが目的だったんだけどね。台北中心部に帰ると、西門で買い物したり、マッサージ(肩・首・頭)したり、夜の総統府や中山堂、二二八公園等を見学したりした。
2009/12/31(Thu)
 早朝、レンタサイクルで市内観光。前日の夜遅くホテルの近くの印鑑屋さんで印鑑を注文しておいたのだが、早朝にはもう届いていて、ちょっと感激。働き者だなぁ。朝食後は、昼食&お茶付きで700元のツアーに参加し、太魯閣渓谷へ。夜は、レンタサイクルで食べ歩き&ナイトマーケット&足と背中・顔のマッサージ。
2009/12/30(Wed)
 ホテルの送迎バスで広島空港へ。そこから台北郊外の桃園国際空港に向け飛び立った。台湾入国後は、台北駅から花蓮市に列車で移動。台北:花蓮を2時間で結ぶ人気の「太魯閣号」は満席だったので、3時間以上かかる「復興號」に乗車。夜はアミ族の踊りを見に阿美文化村へ。その後レンタサイクルで市内観光&買い物&食べ歩き。
2009/12/29(Tue)
  広島県東広島市西条の酒蔵巡りに行った。たくさんの日本酒を利き酒した。夜、広島空港そばのウイングパークホテルに宿泊。
2009/12/27(Sun)
  学校に旅行届を出しに行った。大掃除をして、お年玉の準備もした。
2009/12/26(Sat)
  フラフラになるまでリサーチした。これだけの集中力、別の所で生かせたらいいのになって時々思う。何のことかと言うと、昨日キャンセルが出たため急遽ディスカウント(41%引き)して発売された航空券を、めでたくgetすることができたのだ。行ったことのある国だけど、前回行かなかった所を中心に回りたい。またまた夫をほったらかしにして、年末から出掛けて来ます。旅程がうまく決まるといいんだけど。
2009/12/25(Fri)
  子ども達がいた時みたいに、誕生ケーキにろうそくを立て、電気を消してハッピーバースデー・トゥーユー♪って夫が歌ってくれた。「これ全部よしこのだから。」って言ってくれたので、遠慮なく大きなケーキに挑んだ・・・。ちょっと高級なお寿司も買ってきてくれた。嬉しかった。
 夕方、お華に行って、お正月の花を生けた。→「My art」 その後、コアリズムへ。→「Muscles」 「もっと知りたいインドネシア」を読み始めた。インドネシアがこんなにも日本と繋がりの深い国だったとは。
2009/12/24(Thu)
  終業式だった。次男Hりんのくれた「なぜフェミニズムは没落したのか」を読んだ。・・・軽〜いノリのエッセイで、社会学的分析ってわけでもなく、大仰なタイトルにちょっとウェップだった。
2009/12/23(Wed)
  年賀状を出した。
2009/12/22(Tue)
  保護者会だった。夜は忘年会。ふぐをお腹いっぱい食べて幸せいっぱい。徳山駅前のイルミネーション、いつもながらとってもきれいだった。
2009/12/21(Mon)
  クリスマス会をした。ケーキも作ってみんなで食べた。みんな大喜びだった。インフルエンザで出席停止になっていた子も全員復活。よかった、よかった。
 「港あぶらつ朝市」UP。「manhole1」に日南市のマンホールを追加。
2009/12/20(Sun)
  早起きして日南市の「港あぶらつ朝市」へ。甘い物も熱い物も、たっぷり食べた。キラキラのイカも買った。ぜんざいの振る舞いもあった。「魚うどん」や「天むすび」も初めて食べた。ものすごく寒くて、海からは湯気が立っていたけど、とっても充実した気分。堀川運河を中心とした「油津」の古い町並みも散策。
 その後、宮崎県庁前の「楠並木朝市」へ。ここでも面白い食べ物をたっぷり買った。「どぶろくチーズケーキ」とか、「うなぎの骨」は、なかなかgoodだった。
2009/12/19(Sat)
  我ながら、いったい何回行けば気が済むんだろうって思いはしたが、2学期もほぼ終わり、ちょっと暇になったので、夫と宮崎に向かった。長男が神戸にいる時は、さんざん神戸に通ったが、今年は宮崎三昧。10回以上は行ったと思う。さすがにガイドブックに出ているところは行き尽くした感がある。今日行ったのは、山之口麓文弥節人形浄瑠璃の資料館 人形の館。こんな山奥の静かな村で、脈々と語り継がれ、守られ続けてきた郷土芸能に触れ、何だか人間の底力を見る思いがした。それからかつての武家屋敷を散策。寒天工場跡地も探したが、よく分からなかった。その後、日南市で伊勢エビづくしのディナーを食べ、田野町に回って長日川温泉に入った。車の中では、次男Hりんと遺伝子学の話で盛り上がった。
 「山之口」に、この日の写真をUP。「manhole1」に宮崎のマンホールを追加。
2009/12/17(Thu)
  英会話教室に行った。帰りに雪がチラチラ降ってきて、シャニクワは大喜びだった。
2009/12/16(Wed)
  通知表を提出した。〆切の3日前だから、いいペースで仕上がった。
  夜、ホットヨガに行った。
2009/12/13(Sun)
  昨日リニューアルopenした「菓子乃季」遠石店のケーキバイキングに行った。私ほど意気込んでいたお客は他にいないみたいだった。みんな2つか3つ食べたらお店を出て行っていた。お上品・・・。私はと言えば、20種類全部を食べる意気込みで行ったので、最初からエンジン全開でぶっ飛ばした。菓子乃季イチオシのおいしさ、ザッハトルテがバイキングメニューに登場していたのには感動した。で、食べに食べまくった。通知表やっていて頭使ってるから、脳に糖分送らなくっちゃね。・・・と夫BBに言いながら。BBは私の激励にもかかわらず、たったの4つだったけど、私はシュークリーム以外は制覇した。満足満足。とってもおいしかったヨ。
2009/12/11(Fri)
  お華に行った。→「My art
2009/12/7(Mon)
  北方領土について授業した。
2009/12/6(Sun)
  山の神フリーマーケットに行った。人が多くて会場の駐車場に入れず、山の下の臨時駐車場から坂道を走って上がった。その後、恋路スポーツ公園で走ったのだが、お腹が空いていたのでたったの1周(660m)だけ、夫と走った。ノンフィクション映画「ニュースの天才」鑑賞。嘘って恐ろしい。
2009/12/5(Sat)
  「自律訓練法」の学習会に行った。呼吸をコントロールするということは、精神をコントロールすることなんだと思った。
2009/12/4(Fri)
  ホットヨガに行った。湿度は65%くらいだったが、顔から汗がたっぷり出た。毒が溜まってたのかも?その後、シアターで、「グレムリン」鑑賞。私的には全然楽しめない映画だった・・・。
2009/12/3(Thu)
  薬剤師さんと一緒に、薬物乱用防止教育をした。シンナーで発砲スチロールがあっという間に溶ける実験は、子ども達にインパクトを与えたようだった。
2009/12/2(Tue)
  12月は、誕生月サービスのハガキやチケットで、いつも財布がパンパンになる。
2009/11/30(Mon)
  さし歯がグラグラするので歯医者に行った。歯槽膿漏かも・・・ってビクビクしたが、違ってたので安心した。
2009/11/29(Sun)
  夫BBと、恋路スポーツ公園を4周(2640m)走った。走った後のご飯のおいしいこと、おいしいこと。デザートもたっぷり食べたかったが、夫が止めるので踏みとどまった・・・。「ライセンス・トゥ・キル」鑑賞。→「Movies3
2009/11/28(Sat)
  登場人物はたったの数名。ただひたすらドライブしてるホラー映画、「_lessレス」鑑賞。。→「Movies3
2009/11/27(Fri)
  学級閉鎖第3日目。寂しい3日間だった。今後、追加の授業をして遅れた内容を取り戻すことになった。
  夜、お華に行った。→「My art
  帰ってから、ジョニー・デップの「シークレット・ウィンドゥ」鑑賞。→「Movies1
2009/11/26(Thu)
  学級閉鎖第2日目。40℃以上の熱が出た子もいた・・・。別のクラスの子達と、体育で運動場を走った。
2009/11/25(Wed)
  学級閉鎖第1日目。やる事が多くて、あっという間に1日が過ぎた。
 夜、ホットヨガに行った。→「Muscles
 「薩摩の旅」UP
2009/11/24(Tue)
  前回の宮崎行きでは冷汁を初体験したが、今回は饅頭シリーズ。まずは市内のあっちこっちで見かけた「チーズ饅頭」。チーズと饅頭とは、不思議な取り合わせだが、食べてみると意外にマッチしていて驚いた。朝、焼いたばかりだという抹茶チーズ饅頭とか、クリームチーズ饅頭とか、いろいろ食べて楽しんだ。おいしくて小ぶり。これはお勧め。
 迫力があったのは「餅どら」。どら焼きの中にお餅が入っていた。しかもすごい大きさ。お腹の空いている時でないと食べきれないだろう。まだ食べていないが「ちーどら」も買ってみた。パッケージに「宮崎名物」と書いてあった。自信があるのね、きっと。宮崎には牛がたくさんいるからこういうお菓子も現れるのかしら。

 家に帰ると、教頭から電話。連休中に感染が拡大し、我がクラス、明日から学級閉鎖するとのこと。全校一元気だったのに残念・・・。
2009/11/23(Mon)
  目覚めると、まずは朝風呂。大浴場で裸でトレーニングしている女性が数人いて、ちょっとびっくり。スクワットや水中歩行、脚あげ、力士がよくやる柱を押す練習など、根気よくやっていた。熟年だったが1人は筋肉ムキムキだった。かっこい〜。

 鹿屋海軍航空基地は、昭和11年、艦上戦闘機、陸上攻撃機の基地として建設され、戦争末期には第五航空艦隊司令部が置かれ、菊水作戦の基地となった。ここでもたくさんの若い命が散っていった。前庭には、現在自衛隊で使われている航空機もたくさん展示されていた。史料館の中では、近代日本が経験した全ての戦争が解説されていて、大変勉強になった。特攻隊に関するコーナーは、涙ぼろぼろで見学した。次男Hりんは、知覧の時よりずっと真剣に見学していた。今度こそ、心にしっかり感じることができたみたいだった。一緒に出版物を選んで買った。

 吾平山上陵(あいらのやまのうえのみささぎ、あいらさんりょう)は、ウガヤフキアエズとタマヨリビメの陵墓と言われている。美しく荘厳な山の奥にひっそりとあった。周辺は大規模に整備されていた。例によって宮内庁の管理下で立入禁止。

 「にじのつりばし大滝橋」は谷底からの高さ68mの歩道橋。延長130m・幅員2mで、歩道橋としては鹿児島県最大なのだそうだ。宮崎県綾町の照葉大吊橋や大分県の九重夢吊橋のように揺れたりしない、アスファルトの路面で歩きやすい橋だった。高さ25m・幅35mのダイナミックな大滝がよく見えた。

 それから錦江湾の絶景を眺めながら、指宿行きのフェリー乗り場へ。ものすごく小さなフェリーで、船室も数人しか座れない狭さだった。そのフェリーで大隅半島と薩摩半島の間を40分かけて移動した。
 で、指宿と言えば、もちろん砂蒸し。「砂むし会館 砂楽」で、まったり砂蒸しした。かわい〜次男の写真見てね〜。→「spa」の15位。
 
 その後、すぐ近くの山川地熱発電所へ。地熱発電所はここのところのマイブーム。山川は今まで見た中では最も小さい地熱発電所だった。しかし、見かけと違って、大霧発電所と同じ3万kwも発電しているというので感心した。さすがの蒸しパワー。開聞岳や長崎鼻が間近に見える素敵な場所に立地していた。
 
 この時点でもう夕方だったが、地図を見ていると、薩摩半島最南端のリアス式海岸 坊岬に密貿易資料館があるらしい事が分かったので、土地の雰囲気を味わうために行ってみた。坊岬のある坊津(ぼうのつ)は、遣唐使船の寄港地でもあり、鎖国以前は大陸への玄関口として海外貿易で繁栄し、鎖国以後も薩摩藩の密貿易の基地だった。享保年間には密貿易取締りが行われ、凋落したものの、異国と接しながらずっと栄えてきた町だ。・・・絶景の土地だった。すぐ近くに、鑑真上陸地もあった。また、583年に百済の僧日羅が仏教弘布のため建立した一乗院跡や、上人の墓、唐人町跡、旧密貿易屋敷など、遺跡の多い町だった。今回は、暗くて観光もままならなかったが、次回はゆっくり見て回りたいと思う。

 深夜、ホテルでアンジェリーナ・ジョリーの「ザ・チェンジリング」とメリル・ストリープの「マンマ・ミーア」鑑賞。感想はこちらよ。→「Movies3」「Movies1
2009/11/22(Sun)
 前夜、帰りが遅かったので少し寝不足だけど、そんなの全然関係ないわ。早朝、またまた宮崎市へ。次男と会うと、ほっとする。で、まずは腹ごしらえ。古宮庵で韓国料理を食べた。お代わりもしてお腹いっぱい。
 それから、鹿児島県鹿屋市へ。実は今回の宮崎行きの目的は、鹿屋航空史料館。先日、担任している6年生と一緒に大津島の回天基地に行き思いを深めたので、今度は特攻基地も見たいと思ったの。それと、もう1つの理由は、以前、次男と一緒に知覧の平和会館に行った時、次男はあまり実感が持てないでいると言おうか、現代に繋がる史実として受け止めきれていないようだったので、次こそ胸に刻ませたいとずっと思っていたの。
 夜は、翌日に備え鹿屋航空史料館のすぐ近くの「ホテル太平温泉」に泊まった。ぬるぬるの炭酸水素塩泉。鹿児島って本当に温泉天国だ。
2009/11/21(Sat)
 学習発表会の予定だったが、インフルエンザの流行で中止となった。だから登校したものの、普通の授業をした。土曜日の学校なんて久し振りだ。昔は毎土曜日、授業があった。平日より早く帰れるので、土曜日は大好きだった。
 夕方は、夫BBと一緒に、恋路スポーツ公園を4周した。1周660mなので2640mね。夫婦連れもたくさんいた。「今2人とも健康だから一緒に来れるけど、どっちか死んだら来れないね。」なんて話しながら走った。そして、1週間前に亡くなった「うさこってぃ」のうさこさんのことを思っていた。私より年下だったのに。私より頑張り屋さんだったのに。命の灯が消えてしまった。とっても悲しい。
 夜、月曜日の研究授業をねぎらって、同学年が宴会をしてくれた。
2009/11/20(Fri)
 ジムに行った。2km走り、筋トレした。
2009/11/19(Thu)
 出張でKi小学校の6年生の外国語活動の授業を見に行った。
2009/11/16(Tue)
 昨日の外国語活動の授業の様子をUPした。コチラを見てネ。→「行ってみたい国を紹介しよう
2009/11/15(Mon)
 外国語活動の授業公開をした。約50名と、お客さんが多かったのだが、子どもたちは緊張し過ぎることもなく、伸び伸びと活動していた。詳しい内容はいずれUPします。乞うご期待。
2009/11/14(Sat)
 今日は「トレビ」でモーニング。ここのモーニングは、たったの600円で食べ放題&飲み放題なのでとってもお得。
 その後、滝の口河川公園と米泉湖へ紅葉を見に行った。で、無性に走りたくなり、夫BBと一緒に米泉湖を周回。途中、雨が降ってきたが、30分間、気持ちよく運動した。
 午後は、自律訓練法のワークショップへ。体も心もリラックスできて気持ちよかった。
2009/11/13(Fri)
 血液検査に行った。その後、公民館祭りに出品するお華を生けた。
2009/11/12(Thu)
 英会話教室に行った。
2009/11/11(Wed)
 夏休みに行った外国語活動の研修会の復伝を、校内研修会で約1時間発表した。
2009/11/8(Sun)
 年に1度のお楽しみ、宮本のフリーマーケットに行った。地域の人が作った野菜とかいろいろ買えて面白かった。実は私も出品しようかとちょっと迷ったのだが、今回もただの「お客さん」として参加。もう少し地域に貢献しないとダメなんだけどね。
 その後、学校へ。再来週、外国語活動の公開授業をするので、これまで旅行先で集めてきた民族衣装などで会場を飾った。ただの趣味がこんなふうに役に立つとは思わなかったなぁ。(^^)
 夜、「トンネル」鑑賞。東西冷戦下で、「ベルリンの壁」の地下に、命を懸けてトンネルを掘った人々の物語。
2009/11/7(Sat)
 滝の口河川公園へ紅葉を見に行った。池田信夫の「電波利権」を読み始めた。
 「キングダム・ソルジャーズ 砂漠の敵」鑑賞。これが戦争というものだと思った。→「Movies1
2009/11/6(Fri)
 今日の欠席は5人で、そのうちインフルエンザは2人。3人になると学級閉鎖なので、リーチがかかってしまった・・・。ただいま3年と4年と5年が各1クラス、学級閉鎖中だ。
 帰りに、久し振りにジムに行った。
2009/11/3(Tue)
 「いつか眠りにつく前に」鑑賞→「Movies1
2009/11/1(Sun)
 久し振りに体内チェック。食べ過ぎで2146キロカロリーのオーバーだったが、活力年齢が34歳だったので、まぁ良しとしよう(^^)。
 夜、シルヴェスター・スタローンの「デモリションマン」鑑賞Movies2
2009/10/31(Sat)
 久し振りに遅くまで飲んだ。新しくできた激安のクラブと居酒屋で楽しんだ。ハロウィンだったのでクラブの店員はみんなコスプレ。仮装姿で踊りまくっていて、見てるだけでも面白かった。
2009/10/30(Fri)
 「隠砦の三悪人」鑑賞→「Movies1
2009/10/28(Wed)
 伯父の葬儀と初七日だった。仕事は1日忌引をもらったので、ゆっくりとお別れをすることができた。伯父は名実共に我一族の大黒柱だった。世の中にいて当然と思える人が亡くなったので、ガクッと力が抜けた。
2009/10/27(Tue)
 「ふるさと遠足」で大津島に行った。歩いた距離は約6km。そんなに長くはないのだが、何だか足がプルプルになった。
 夜、伯父の通夜に行った。私もこんなふうに死んでいければいいなと思った。社会に貢献し、人々を支え、愛された伯父だったからこそ迎えられた死の形なのかもしれない。死とは生の終末なのだから。お坊さんや親族と一緒にお経を唱えた。
2009/10/26(Mon)
 PCで、たっぷり溜まったポイントを消費すべく、Y電器へ。が、何にしようか悩みまくり、結局何も買わずに帰宅した。
2009/10/25(Sun)
 小雨の中、次男Hりんとフェニックス動物園に行った。動物園って何だか悲しい。動物たちは、何を考え毎日を過ごしているのだろうか。動物に傘の水しぶきをかけて喜んでるヒト(成体)もいた・・・。・ここでは動物のフンで作った肥料をもらった。フンもこんな風に利用できるのね。いい取組みだ。
 しんみりとしたイオン漂う市民の森にも行った。それからパフェを食べ、Hりんとさよならした。
2009/10/24(Sat)
 明日は夫BBがお仕事なので、今回は1人で宮崎市へ。早朝、駅でスーツケースの鍵が開き、中身が散乱する恥ずかしい出来事もあったが、それも乗り越え(?)、次男Hりんの元へ。新幹線とバスで6時間・・・遠い・・・。今回の目的は、韓国岳(宮崎県えびの市)の紅葉だ。さすが標高1700m。木々の葉は、赤や黄色に色付いていて美しいこと、この上なし。→「紅葉
 それから生駒高原のコスモス園へ。大自然の中で咲き誇る花々、きれいだった。→「秋桜
 その後、長日川温泉でまったり。鄙びた風情の虜になった。→「spa」の第26位
 夜は、ショップを4軒巡り、富士通のノートパソコン(Windows7)を購入。
2009/10/23(Fri)
 T小学校で5年生の家庭科の授業を見た。意欲を持続させながら、よりよく生きるために必要な知識や技術を習得させるという、学びの基本を再確認できるいい授業だった。
 久し振りに心に余裕が生まれたので、帰りにショッピング&美容院へ。半年ぶりくらいに髪を切った。10cmくらい短くなったが、家に帰ると夫が「何だか美容院の匂いがするね。」と言っただけで、長さの変化に気付かなかったので、ちょっとガッカリ。
 お華にも行った。今日の作品はこれ→「My art

 先日の道徳授業をUPした。→「エイズと生きる
2009/10/21(Wed)
 南アフリカの少年ンコシ君の、国際エイズ会議での発言を素材に、道徳で「エイズと生きる」の授業をした。
2009/10/20(Tue)
  6年生の子ども達に「地雷ではなく花をください」の読み聞かせをした。地雷の存在にも、1時間で何人もの人が傷付いたり死んだりしていることにも、みんな驚いていた。
2009/10/18(Sun)
 タイ映画「レイン」鑑賞。感想はこちら。→「Movies3
2009/10/17(Sat)
 「ヘルワールド〜地獄のスナイパー」を観た。感想はこちらMovies2
2009/10/15(Thu)
 夜、英会話教室に行った。今日は家に帰れないまま行ったので、お腹ぺこぺこ・・・。ベンジャミンがお腹の足しにと、アメリカのunsweetened dried fruit with no added sugarのお菓子をくれたので、ちょっと嬉しかったんだけど、噛み切れないし、味も輪ゴムみたいでびっくりした。←厚意には感謝しています。
2009/10/14(Wed)
 陸上記録会だった。
2009/10/11(Sun)
 早朝、次男Hりんと加江田渓谷を散歩。それから食事して農産物直売所巡り。Hりんと別れて田原坂で歴史の勉強。西南戦争がここまでの激戦だったとは、今まで全然知らなかった。不勉強を反省。写真はコチラよ。→「田原坂
 帰りの高速道路パーキングでは、夫が眠っていたので車をロックしトイレに行って戻ってみると(ほんの5分よ)、夫が汗まみれで(熱中症か?)ヘロヘロになっていた!ドアを開けようとしてもロックが解除できず、アラームまで鳴り響いて外に出られなかったんだって。チャイルドロックじゃないん?二人で爆笑した。
2009/10/10(Sat)
 夫が来賓で幼稚園の運動会に行っている間に、「アライバル・ファイナル・コンタクト」鑑賞→「Movies1 
 お昼過ぎに夫が帰ってきたので宮崎に向け出発。高速道路は1000円だし、インサイトは燃費がいいので、ものすごくお得感あり。夜になってやっと次男Hりんのアパートに到着。Hりんの手料理を食べて、ちょっとドライブ&買い物。アニマルアビューズの番組を見て肉食についてしばし語り合った。それから、お笑い番組を見て就寝。→「ベジタリアンへの道
2009/10/9(Fri)
 歯を抜いた・・・。根元が虫歯になっていて、膿袋が付いていたらしい。今まで痛くも痒くもなかったので全然気付かなかった。抜いた歯は、記念にもらって帰った。「麻酔が切れたら痛みますよ。」というドクターの言葉通り、約2時間後、ジンジン痛み始めたが、化膿止めを飲んだら落ち着いた。「歯磨きすると出血するので食後はうがいして下さいね。でも強いうがいだと出血するかもしれませんよ。」とも言われた。優しくうがいすればいいのね。。。びっくりだったのは、あるべき上の歯を抜いたので下の歯が伸びてくるんだそうだ。人間って不思議。
 その後、お華に行って帰った。→「Myart」   夜、「コントロール」鑑賞。→「Movies1
2009/10/8(Thu)
 英会話教室に行った。
2009/10/5(Mon)
 学校帰りにジムに行った。少ない距離でもいいから、コンスタントに運動したい・・・・と思う。
2009/10/4(Sun)
 夜明け前、満月鑑賞。空気は冷えて澄み切っており、新美南吉の「キンキンのお月様」って感じだった。
 午前中は、山の神フリーマーケットと恋路フリーマーケットを掛け持ちで巡った。どちらも何十円とか何百円とかの激安値で、ありとあらゆる物が売られているのだが、出品者はほんとに心豊かに暮らしてるんだなといつも思う。きっと彼女達は儲けなんて望んでなくて、自分が少しぐらい暑くてめんどくさい思いをしても、資源を大切にしたい一心なんだろうと思う。ベトナム製のバッグやインドのタペストリー、ヨーロッパブランドのジャケットなど、あれこれ買って楽しんだ。かんかん照りの日射しの中、コスモス畑にも行った。先週の方がもうちょっときれいだったかも。
 帰ってから、「レベル・フォース」鑑賞。同じことをやっても民間組織がやったらテロで、国家組織がやったらテロじゃないなんて、ダブルスタンダードの最たるものだ。→「Movies3
 先週聴いた、被爆者のSさんの話をUPした.→「Sさんの被爆体験
 午後、「レイジング・インフェルノ」鑑賞。→「Movies3
 今月行く遠足(大津島の回天基地跡へ平和学習)のしおりを作りながら、泣いて泣いて、いっぱい泣いた。
2009/10/3(Sat)
 何だか歯茎が腫れてる感じがしたので、痛くはなかったが歯医者に行くと、「この歯はない方がいいですね。根元が虫歯になってる。抜きましょう。」って・・・・。ショックだ。遂に私も自分の歯を失うのね。これからは、1本また1本と、坂道を転げ落ちるように歯を失っていくのね。
 その後、久し振りにジムに行き、走った。筋トレも、ちょっとだけした。
2009/10/2(Fri)
 学校帰りに、先週の血液検査の結果を聞きにH医院に行った。結果は良好。詳しくはコチラ→「現状
 夜は、休校中の譲羽分校を会場にして開かれた「支援学級”山の音楽会”」に行った。勤務校職員の、ピアノやチェロ、リコーダー、ギターなどの生演奏を最前列で鑑賞でき、とっても素敵だった。譲羽分校はものすごい山の中にあるので、夜になって街灯もない中訪れるのは、ちょっと怖かったが、支援学級のMくん(6年)が招待状をくれたので、行かないわけにはいかない。映画鑑賞会や料理などもあり、みんなとても楽しそうだった。
 レオナルド・ディカプリオの「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」鑑賞。感想はこちら→「「Movies1
2009/10/1(Thu)
 出張で、船に乗って”大津島ふれ愛スクール”に行った。海と山に囲まれ、空気もおいしい、素敵な学校だった。
 
 その後、同じ島内にあり、今月末に遠足で訪れる発射訓練基地跡や回天記念館を下見訪問し、職員の皆さんにもご挨拶。館内もこまごまと説明してもらった。ちょうど研修中の自衛隊入団直前の大学生の一団と遭遇し同行。90名くらいの大人数だったが挨拶もよくし、礼儀正しく秩序正しい、気持ちのよい集団だった。回天記念館では、涙をこらえきれずに館外に出て泣いている若者もいた。心優しいご両親に育てられたんだろうなと思った。自衛隊については常に複雑な気持ちを持ち続けている私だが、彼らを見て、ちょっと安心したような気分になった。
  帰りには、駅と船着き場で団体割引の申請。出張のついでに遠足絡みの仕事がすっかり終わってラッキーだった。
2009/9/30(Wed)
 昨日のSさんのお話に絡めて行った道徳の授業実践をUPした。→「差別とは
2009/9/29(Tue)
 周南市在住の被爆者、79歳のSさんに被爆体験を語っていただいた。Sさんは当時中2だったので、6年生の子ども達とほぼ変わらない年頃の出来事だ。子ども達はみんな真剣な表情だった。生の声に勝るものはない。Sさんの生への意欲、差別への洞察、社会を見つめる目の確かさ・・・etc、感動することだらけだった。
2009/9/27(Sun)
  森達也著「いのちの食べかた」を読み終えた。感想はこちら→「ベジタリアンへの道
 結末はガックリだけど、かわいいナッサ・クニアニチェが見れたからまぁいいかって感じの「ギャンブル・プレイ」鑑賞→「Movies1
2009/9/26(Sat)
 ルーシーダットン(タイ式ヨガ)初体験。ゆっくりした動きで、筋肉を大きく使うような動作もなく、のほほんとしている間に終了した。
 その後、猛ダッシュで「レッドクリフ PartU〜未来への最終決戦〜」を観にシアターへ。いろんな戦術(兵法)が出てきて、戦闘シーンも迫力があったのだが、所々に散りばめられたあり得ない話(都合の良すぎる話)で興醒め。前作同様前半がとっても長くて、ちょっと疲れた。→「Movies3
 2本目は、岡田准一と宮沢りえの「花よりもなほ」。Movies2」 その後、サウナと鶴ヶ浜温泉に浸かって帰宅。
 今日読んだのは、森達也著「いのちの食べかた」の前半。ややくどい記述も多かったが、子どもでも読める分かりやすい内容だった。
2009/9/25(Fri)
 学校帰りに、お華に行った。→「My art
2009/9/24(Thu)
 幕内秀夫著「体によい食事 ダメな食事」を半分読んだ。次男Hりんが、「これ読んでみて。」と言って貸してくれた本だ。私もずっと感じていた「食」に関する不思議がいっぱい確認できた。同じ物を食べても太る人と太らない人がいることとか、ものすごく食べるのに痩せてる人がいることとか、子どもがなぜ巨大なウン○をするのかとか・・・。イヌイットなど、いっさい菜食しない人達が元気な理由等々・・・。我々が信じ、教えてきた栄養学なんて、食の働きの、ほんの一部、一面でしかないこともよ〜っく分かった。いろんな情報に振り回されず、昔ながらの日本食をめざし、しっかり食べていこうと思った。
 夜、英会話教室へ。
2009/9/23(Wed)
  クリスチャン・ベールのサイコ映画「マシニスト」鑑賞。限りなくモノクロチックなセピア色&薄いブルーの映像が綺麗で、黒縁スクリーンもかっこよく、登場人物少なめ、主人公の心理描写が丁寧。内容にピッタリなタイトル。クールな作品だった。→「Movies3
 夕方、湯野温泉の1番湯、若竹旅館に行った。元湯小松より温泉成分は濃いと思った。浴室は硫黄臭ムンムンで、空気中にもモワモワと粒子が浮いていた。お湯はしっとりツルツル。ちょっと熱かったけど、気持ちよかった。→「Hot spring

 戸田市にあった不思議な岩写真をUP→「岩24
 夜、キャシー・ベイツの「黙秘」鑑賞。→「Movies3
2009/9/22(Tue)
 下松スポーツ公園のコスモスを見に行った。
 仕事部屋」に「こどもラジオ局」を追加。気になる石垣(岡城址)」と「竹田市/九重町」「震動の滝」UP
 天才デンゼル・ワシントンの「トレーニング・デイ」鑑賞。感想はこちらMovies2
2009/9/21(Mon)
 
 地面が裂けて蒸気が立ち上る小松地獄や、日本一大規模な地熱発電所・八丁原地熱発電所、七里田温泉(→「Hot spring」)、「荒城の月」の舞台の岡城址、竹田市の殿町武家屋敷、隠れキリシタンの洞窟礼拝堂などを巡った。久住高原の景色は素晴らしかった。
 別府で次男Hりんと別れ、夜、帰宅。TVで「おくりびと」鑑賞。→「Movies1」「ベジタリアンへの道
2009/9/20(Sun)
 シルバーウィーク2日目のとんでもない人出の中、次男Hりんと2人で山陽自動車道へ突入。高速道路に入ってすぐ大渋滞に巻き込まれたが、防府I.C.を過ぎると少し流れ始めたので気を取り直して運転継続。大分自動車道の九重I.C.から出て九重夢大吊橋へ向かった。以前行った時は、あまりの渋滞に辟易し、あと数キロの所で大吊橋を断念したが、今回は無事到着し、橋を渡ることができた。去年、宮崎県綾町の大吊橋(→「綾照葉大吊橋」)に行ったけど、それより長くて観光客も格段に多かった。橋の上はゆらゆら揺れて、ちょっと気持ち悪かった。→「九重夢大吊橋
 その後、筋湯温泉郷を散策。山口県の俵山温泉に似ていて、とっても風情があって、Hりんも感動していた。浴衣姿の観光客が街中に溢れていた。Hりんと一緒に家族湯に入ったが、たっぷりの湯量の掛け流しで、しっとりしたよいお湯だった。yoshikoの独断ランキングでは17位にランクイン。
 そして長湯温泉へ。身体中にまとわりつく小さな気泡。熱いサウナと32℃の源泉に交互に入り、極楽極楽。こちらは高得点第3位。真っ白になる気泡に相当感動した。→「Hot spring
 その後、素泊まりできるホテルを探すも、行く所行く所、全て満室(当然よねぇ)で諦めムードぷんぷんだったが、10時半頃、遂に古い民宿を発見。・・・段ボールなどの荷物が置かれていて、物置部屋みたいな部屋ではあったが、布団に寝ることができて幸せ。Hりんの歴史の中では最もオンボロなホテルだったと後でHりんが言っていた。
2009/9/19(Sat)
 6年生にとっては最後の運動会。持てる力を発揮し、立派に務め上げてくれたので満足だ。
 夜、反省会。1次会の後、前任校の仲間にバッタリ遭遇し、カラオケ(歌ってないけど)。その後、英会話教室のみなさんと合流。たくさんの人達と喋れて面白かった。
2009/9/17(Thu)
 2時間かけて、クラスの全員の子と教育相談。その後、転出する子のためにサプライズパーティーをした。みんなで内緒にしてたのに、どうやらバレてたみたいだったけどね。
 午後は、いつものように組体操の練習。土台の子が休んだので、今日は土台役。またまた手も足も泥だらけ、口も鼻も耳も砂まみれ。
 帰宅後は、次男Hりんと町歩き&ディナーに行った。
2009/9/16(Wed)
 免許証の更新のため、次男Hりん帰省。料理に力が入った。子どもって、こんなにも自分にエネルギーを与えてくれるものなのかと思った。
2009/9/13(Sun)
 「人質奪還 アラブテロVSアメリカ特殊部隊」と「0:34レイジ34フン」鑑賞。感想はMovies2」「Movies3
2009/9/12(Sat)
 地元ラジオの生放送に教え子5人が出演。14:00から1時間の生放送だったが、12:00から打ち合わせやリハーサルがあったので、結構長時間スタジオで過ごした。ちょこちょこダメ出しして、ステージママみたいだった私。終わると女子3人とプリクラ遊び。プリクラって絶対かわいく写るから好き。
 その後、猛ダッシュでホットヨガへ。年を取ると体は弱る一方なので、意識的に続けていきたいと思う。→「Muscles」 ヨガの後は、映画を観て、鶴ヶ浜温泉に入った。今日の映画は原田知世の「愛情物語」。→「Movies1
 夜、「ゴッホ最後の70日〜ひまわりの画家はあの日、殺されたのか?」を鑑賞。衝撃的だった。感想はこちら。→「Movies1
2009/9/11(Fri)
 夏休みに行った人間ドックの結果が郵送されてきた。パーフェクト! 判定欄には「A」がズラリと並んでいた。私、長生きするのかもしれないと思った。
 夕方、お華に行った。→「Myart
2009/9/10(Thu)
 今日も組体操。暑くて暑くて倒れそう。口の中も髪の毛の中も、砂でザラザラ。
2009/9/9(Wed)
 前任校に差し入れに行った。温かく迎えられ、穏やかで幸せな気分だった。
2009/9/7(Mon)
 欠席した子どもの代役で、張り切って組体操をした。上に乗っかるだけでも意外に腹筋を使うことが分かった。
 夜、メル・ギブソンの「ハート・オブ・ウーマン」鑑賞。→「Movies2
2009/9/6(Sun)
 久し振りに山の神フリーマーケットに行った。ニンニクやワンピース、スプーン、キーホルダーetcを買った。夫は、またメダカ。
 「朝田墳墓群」UP。「Manhole」に2枚と「Hot spring」に1枚(菊泉のお風呂)写真を追加。
2009/9/5(Sat)
 史跡 朝田墳墓群に行った。いろいろな時代の、いろいろなタイプの墓があり、おもしろかった。
 その後「セントコア山口」の温泉に入り、居酒屋でいつもの獺祭(だっさい)を飲み(フルーティーでメロメロ)、「菊泉」の源泉かけ流しでまったりした。「菊泉」の温泉は穴場!アメニティとか設備や景色を重視する人には不向きだが、泉質は湯田温泉の中でも上位に食い込むんじゃないだろうか。ちょっと緑がかっていて、かすかな硫黄臭。泊まりは、またまた夫お気に入りの湯田温泉。
2009/9/4
 2学期最初の週が終わった。学校帰りにジムに行き、8km走って幸せ気分。→「Muscles
2009/9/3
 学校の中でも4階の隅は一番暑い。運動会の練習も始まりヘロヘロ。
 夜、英会話教室へ。
2009/9/1
 始業式
2009/8/31
 夏休み最後の日。「ボーン ドライ」鑑賞。感想はコチラ→Movies2
2009/8/30
 学校の除草作業日。ほんとは児童や保護者も一緒に作業する予定だったが、新型インフルエンザ対策で、職員だけの作業となった。快晴でなくてよかった・・・。午後は、特別支援教育の研修会。夕方、夏の終わりのバーゲンセールへ。
 湯田温泉のマンホールを2枚追加した。→「Manhole」 
2009/8/29
 夏休み最後の週末は、湯田温泉に宿泊。「小てる」のお湯は、熱くて熱くて熱かったが、トロンとしていて全身がしっとりする心地よさ。 「うえの」のお湯は、加温・循環だが、熱すぎず、ぬる過ぎず、しっとり感も申し分なし。 飲み屋もハシゴし、夫孝行で夏を締めくくった。
 ここのところ、モンスターエンジン西森の「鉄工所ラップ」を毎日聴いている。かっこよすぎて涙が出そうだ。日本人の底力を見せてくれる歌だと思う。
2009/8/28
 人権交流研修会、同和地区に住む方達との交流会だった。学校で行う同和教育が、人権教育と名を変えてから随分時が経った。この間、女性や子ども、外国人、障害者、病気の人、お年寄り・・・etc、いろんな差別的事象に目が向くようになった代わりに、同和問題への注目度は、私の中では下がってきていたと言わざるを得ない。が、今日ばかりは目が覚めた。日本はこんなにも長い間この問題を乗り越えられずにきたのか。自分に課せられたミッションをはっきりと自覚し、自分自身がしっかりと人権意識を持って生きていたいと思った。
 放課後、ジムに行き、トレーニングした。→「Muscles
2009/8/27
 校内就学指導委員会。午後はジムに行き、いつもよりゆっくりめにトレーニングした。(→「Muscles」を見てね。) 体重は450g減ったが、帰ってからぜんざいとケーキとカステラとお好み焼きを食べたので、元の木阿弥。
 夜、久々に英会話教室に行った。
2009/8/26
 久し振りに出勤。机の上に書類が山のように溜まっていた。台所のリフォームは、本日めでたく完了した。夫が「これが最後のリフォームだよ。死ぬまでこの台所ね。」って言ったので、人生の秋を感じた。
2009/8/24
 「江森陽弘モーニングショー」のメインキャスターだった江森氏の講演に行った。ジャーナリストの講演は大谷昭宏氏以来だ。その時聴いた大谷氏の「司法と教育とジャーナリズムが健全なら、この国は大丈夫だ。」という言葉を信じて、希望を持って働いてきた。だから今回も、ちょっと期待していた。取材や報道を通じて、江森氏がどんなことを考えているのか知りたかった。・・・が、私の期待が高すぎたのかもしれない・・・彼は優しくていいおじいちゃんだったが、ケータイの話にしてもDVの話にしても、踏み込んだ内容がなくて残念だった。
2009/8/23
 今日は何だかホラー気分。トム・クルーズとブラッド・ピットの「インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア」、デンゼル・ワシントンの「悪魔を憐れむ歌」、ティム・バートン監督の「ビートル・ジュース」の3本を観た。やっぱホラーもシリアスじゃないとね。命へのリスペクトがないと好きじゃないなと感じた。感想はコチラ→「Movies1」「Movies2
 台所のリフォームは第2日目。コツコツと、ただひたすらに働き、予定通りの物を仕上げていく職人さんってすごいな〜といつも思う。
2009/8/22
 台所のリフォーム第1日目。今日は結婚以来使ってきた、思い出いっぱいのシステムキッチンを撤去した。産廃処理トラックで運ばれて行くとき、ちょっと寂しかった。夜、洗面所で料理&洗い物。。何だかキャンプみたいで楽しかった。
 鹿児島旅行をUPした。→「鹿児島3
2009/8/21
 人間ドックに行った。鼻から通す胃カメラを初体験した。口からのカメラより、よっぽど楽だったが、管が喉の壁、胃の壁などに当たると、やや気持ち悪かった。2度目のマンモグラフィは、やっぱり痛くて泣きそうだった。たまらず「痛い、痛い」と伝えてみたが、完全に無視。「もうちょっとですよ。」とか「我慢して下さいね。」とか言われたいわけでもないんだけど、技師はキビキビしていて冷徹だった。もうちょっと共感的に仕事ができないんだろうか。採血針は、大病院だから細いに違いないと予想していたが、ハズレて残念。産婦人科の回転椅子は初めて乗った。こんなんでどうやって診察するんだろうと思ってたら、回転しながら高くなり、股がぐぃーんと・・・。帰って夫に話すと大笑いされた。嬉しかったのは、「体脂肪がほとんどないですね。」と言われたこと。
 「Hot spring」(今回の温泉、上位にランクイン!)と「熊襲穴」UP
2009/8/20
 バスは満席で乗れなかったので、久し振りにのんびり列車の旅をした。夕方、家に到着。車中で読んだ本は「ベジタリアンの医学」と「アメリカのベジタリアンはなぜ太っているのか」。感想はこちら→「Books」の「vegan」の項 
2009/8/19
 鹿児島県霧島市の大霧地熱発電所に見学に行った。地熱発電の仕組や現状を説明するDVDを視聴した後、発電所内を案内してもらい、電気がどれだけ人類に貢献しているか、電気の供給がどんなに工夫されているかなど、とてもよく分かった。 次男も興味深そうにメモを取るなどしていた。
 その後、白い温泉(栗野岳温泉)、黒い温泉(鶴丸温泉)、ラムネ泉(妙見温泉)等、温泉巡り。これだけ入れて満足だ。アルカリ泉や酸泉など、狭いエリアにいろんなタイプの温泉があり、霧島の人達は何て幸せなんだろう。どこもとても個性的でおもしろかった。
 ブルーベリー農園や磨崖仏、湧水町の「丸池湧水」、八幡大地獄にも行った。充実した1日だった。 
2009/8/18
 前夜ふるさとを出発したが、例によってダラダラ運転したので宮崎到着は夜が明けてから。それから次男HりんのAPで食事したり掃除したり本を読んだりして、お昼前頃から大学図書館へ。涼しくて静かで快適だった。
 昼食は「港の駅めいつ」の海鮮レストランへ。ここは11:00amの開店と同時に満席になり、2:30pmにはラストオーダーとなる人気の店。前々から狙っていたが、いつも行列ができていて並ぶのが面倒なので入ったことがなかったのだが、、今日やっと実現した。
 その後、霧島温泉、妙見温泉、吉松温泉などの温泉地を見学しながら、お気に入りの日当山温泉へ。
 途中、「熊襲穴」へも寄った。古代をイメージした現代アートが壁面いっぱいに描かれていてびっくりした。夢の世界のようだった。
2009/8/17
 日直だった。
 長男はスーパーカミオカンデに帰って行った。夜、次男と2人で宮崎に向け出発した。 
2009/8/16
 夫は仕事で長男は出掛けたので、久し振りに次男とショッピングした。クルマ屋さんにも行って、次男のクルマをメンテナンスした。 
2009/8/15
 夫BBの新車インサイトで初ドライブ。長男YYも一緒に次男Hりんのいる宮崎へ。燃費がよくて、おまけに高速道路も1000円乗り放題だから、お得感いっぱいだった。青島や日南海岸をドライブし、宮崎牛や太平洋の海の幸を食べるなどし、最後はHりんのお気に入り、炭酸泉の湯之元温泉にどっぷり浸かり、HりんとBBの車の2台で山口県に帰ってきた。湯之元温泉は、相変わらず感動的なお湯だった。感想はこちら→「Hot spring
2009/8/14
 長男YYと石城山(いわきさん)や柳井市の白壁の町に行った。→「石城山4
2009/8/13
 今日も外国語活動の担当者会議。午前中は指導案と教材の作成で、午後からは模擬授業だった。模擬授業はみんなで見合い、研究協議し、とても参考になった。本会議、何と来年は開催されないそうだ。閉会式でそう聞いた時、大きなどよめきが起こった。これでもう来年は来なくて済むって思うからこそロングでディープな研修に耐えた人も多かったに違いない。
 夜、長男YYが帰ってきた。
2009/8/12
 外国語活動の担当者会議へ。演習も講義も盛りだくさんで、今日も結構疲れた。・・・と言う割には、帰りにジムでトレーニング→「Muscles
2009/8/11
 「S市元気こども会議」へ。発表したのは子ども達だし、私が疲れる筋合いは全然ないのだが・・・ものすごく疲れた。これで夏の大仕事が1つ終わった。
2009/8/10
 「卑弥呼はふたりいた」をやっと読み終えた。ほんとにもう、とんでもなく難解だった。なんでこんなにもたくさんの人々(神々)が登場するんだか。しかも1人の人にも5つも6つも名前があり、ややこしいの何のって。読みはしたものの、理解できていない部分も多いはずだが、古事記・日本書紀が中央政権の思惑によって、ここまでも大胆に、しかも言い訳がましく改ざんされていたことだけはよく分かった。収穫だったのは、九州北部と鳥取、東北でだけ発見されている装飾古墳についての理解が深まったこと。そういう記述はどこにもなかったのだが、ヤマト政権と装飾古墳にどんな関連があったのか、ヒントを得ることができてハッピー。
 夫の新車インサイト、本日納車。
 夜、アメリカ映画「ディストラクション合衆国滅亡」鑑賞。
2009/8/9

 国道433号は、すごい道だった。対向車と離合できない部分もあるくらい道幅も狭く、崖っぷちばかりだし、アップダウンも激しくて、とても恐かった。できることなら、もう2度と通りたくない。「昨日からこんなんばっかりだね。」「最後はこの車どこか傷付けてしまうのかな。」「運命って必然なんだよね。」などと夫と話しながら通った。向かったのは広島の奥座敷、湯来温泉。帰りは県道をチョイスしたので心穏やかに帰ることができた。「大型車通行困難」とは書いてあったが、ロードスターでも通行困難だった。冬は雪も積もるんだとか。命懸けだと思う。
 湯来温泉は久々だった。前来た時は、まだ子ども達が小学生くらいだった。「Hot spring」(独断のランキングは22位)に写真をUPした。
 帰りに湯の山温泉を観光。湯来町のマンホールと、湯の山温泉旧湯治場、気になる石垣をUPした。→「manhole」「湯の山温泉旧湯治場」「気になる石垣28」 
2009/8/8
 下関市の綾羅木古墳や下関市立考古学博物館、仁馬山古墳、植松古墳等に行った。下関にこんなにたくさんの古墳があったなんて驚きだった。この台地が朝鮮との交易上の重要なポイントだったこともよく分かった。珍しい出土品もたくさんあり、興奮した。仁馬山古墳周辺では、車幅プラス1cmもなさそうな道を、夫が強引に進むので緊張した。→「古墳16」を見てね。
 りりー・フランキーの「東京タワー」を涙ぼろぼろで読んだ。
 
2009/8/7
 「ファイアーズ・ピーク」と「ナイト・ミュージアム」鑑賞。「ファイアーズ・ピーク」は見てるだけで熱い・・・。大火に囲まれ、どう見たって絶体絶命なのだが、よく助かった。あんな大怪我をしているのに体を張って人を助けるなど可能なのかしら?2本とも、痛快でスッキリする映画だった。
 「卑弥呼はふたりいた」の第二章は、今冬釜山でその記事を目にしてからずっと気になっていた神功皇后について。筆者の情熱的な書きぶりがどうも引っかかる(史実と独創的解釈が混在しているんじゃないかと思える部分がある)が、仮説に基づきたくさんの書物を検証していく姿は、学者の真骨頂なのかも。
2009/8/6

 午前中、市小研の実技研修&講演へ。その帰り、久し振りにジムに寄ってトレーニング。(→「Muscles」を見てね。)
 今日読み始めた本は、関 裕二著「卑弥呼はふたりいた」。(まだ4分の1くらいだけど。)なるほど、神武東征も邪馬台国や卑弥呼の正体もなぜ謎のままなのか、発想を転換してみる(ヤマトは2ヶ所にあった)と納得できる推測もでき、これだから歴史って面白い。
 「manhole1」と「狛犬67」をUPした。
2009/8/5
 今期初の厚生特休。何だか初めてのんびりした気がする。読んだ本は、「立山黒部物語」。綺麗な写真満載で、日本人古来の信仰心が想像でき、ワクワクする本だった。

2009/8/4 
 午前中、市教研外国語活動部会の研修会。他校の現状やS市のAET派遣の様子、AETによる講演を聞いたり、外国語活動の時間に使えるゲームを体験したりした、午後は市教研家庭科部会。久し振りに会った前任校の同僚と、お昼はランチに、夕方はパフェ&ショッピングに行った。

       

inserted by FC2 system