狛犬72 熊野神社(山口市湯田)・徳佐八幡宮(山口市徳佐)

 

熊野神社

この長い石段、黒姫山の方をまっすぐ向いていたのでちょっとびっくり。 風水的に大きな意味があったんだろうなと思った。

徳佐八幡宮

ここは、「しだれ桜」で有名な、お花見の名所。ほんとに豪快な葉っぱが、たくさんサクランボの実をつけていた。来年の春こそは満開の桜を観賞したい。
文化6年(1809年)。たてがみのカールが、ぼこぼこと盛り上がっていた。
吽の右脚は、小さい玉を踏んでいた。阿の口の中にも、小さな玉があった。
彩色のほどこされた拝殿。
口が随分大きくて、あごひげもたっぷり。
愛嬌のある顔つきだ。

阿の右の鼻の穴にだけ、何かが詰まっていた。
あれは何なんだろう?誰かのいたずら??
それとも何か深い意味があるのだろうか??

吽の口は、半開きで舌がべろんと出ていた。


---HOME---BACK--

inserted by FC2 system