the hunger site


狛犬41
石城神社/浅江神社(光市)


---HOME---BACK--
2007ー@Yoshiko


石城神社

石城神社の不思議な立地については、こちらを見てね。→「石城山」「石城山2」「石城山3
その、不思議な石城山にある神社の狛犬。

浅江神社

こちらは、光市の町中にある神社

阿の後ろ姿
 どっしりとした体形で、存在感はなかなかのものだ。

 神主さんによると、昭和44年に島根県の産地で破格値で造ったのだそうだが、なにせ砂岩のため耐久性が悪いそうだ。
確かにあっちこっちが欠けていた。

阿を別角度から 吽の顔は、かなり平べったい
 こちらは「天明8年9月吉日」と記されている。(1788年)古い割りには肉付きもよく、躍動感があってなかなか凝った作品だと思う。
 砂岩だから加工しやすかったってことなのかもしれない。
 寛保2年壬戌6月(1742年)建立の燈籠。
他にも、寛政5年(1793年)や、寛政11年、
文化5年(1808年)の燈籠などがあった。
 昭和3年の新しい燈籠だが、地震(周防
灘地震のことかな?)で、一番上の石が落
ちたのだそうだ。
 この鳥居は、「天明7年丁未7月吉祥日」
(1787年)の建立。所々補修されていた。
 用水の右側に、ころんと転がってい
るのが燈籠の先
 
     <神主さんの話>
 浅江神社は、地元の5つの神社が合祀されて誕生した。
 また、ここは旧海軍工廠を見下ろす高台にある。終戦の前日、海軍工廠が空襲を受けたが、その際、爆風が直撃し、本殿が激しく損傷した。
 

---HOME---BACK--

inserted by FC2 system