the hunger site


狛犬22      

アンコール・ワット(カンボジア)
象のテラス(カンボジア)
カイラーサ寺院(インド)



---HOME---BACK--
2006@Yoshiko



急な階段の両脇に、まさしく!守護獣のライオンが何対も置かれていて、
「お座り」のポーズで正面を睨んでいた。
背中しか写ってないけど




「象のテラス」(カンボジア:アンコールトム 王宮前広場)

階段の上にライオン像が置かれていた。
向かって右側のライオンは既にないが、
左右対称だったハズ。

狩りに使う象をコントロールするために、
ここにライオン像が置かれたのかな?

<拡大写真>

「象のテラス」は12世紀後半、ジャヤヴァルマン七世によって造られた。
高さ3m、長さは300m以上。
3mっていうのは、象の背中に乗るための高さだったって
確かガイドが言ってたような・・・?




こちらは、「インド旅行」のページでも紹介した象。
2頭が寺院の前で向かい合っていた。

寺院の床も、たくさんの象に支えられていた。
象は高貴な生き物と見なされていたって、
確かガイドが言っていたような・・・?

それを必要とする人のために、そしてそれを伝えようとする人のお陰で仏教が大陸から渡ってきたように、
守護獣も、姿を変えつつも、しっかりとした足取りで、大陸から渡ってきたのだと思った。
遙かなる大陸との生命・魂の連続性を感じる。

狛犬のルーツが知りたい!

エジプトのスフィンクスも、ものすごく気になってきたっ <(・|・)>ノ☆



---HOME---BACK--

inserted by FC2 system