the hunger site


狛犬21
児玉神社


---HOME---BACK--
2006@Yoshiko



児玉神社は、山口県徳山生まれの陸軍軍人、児玉源太郎を祀った神社。

昭和8年
目も口も鼻も、大きくクリクリしている。わき毛(?)が何だかかわいらしい。

最近まで全く知らなかったのだが、どうやら今年(2006年)は、児玉病没後100周年に当たるらしい。
この児玉神社では、命日の7月23日に「百年祭」が行われるそうだ。
台湾総督として台湾の近代化に努めた児玉をしのび、台湾から李登輝元台湾総統も招く予定なんだそうだ。

<児玉源太郎 略歴>

 戊辰戦争に参加した後、陸軍へ入り、佐賀の乱、神風連の乱、西南戦争に従軍。
 その後、陸軍大学校校長、陸軍次官を経て、明治31年(1898)に第4代台湾総督に就任。
 第4次伊藤内閣の陸相や第1次桂内閣の内務大臣、文部大臣を兼任。
 37年(1904年)、大将となる。
 日露戦争では満州軍総参謀長、その後、陸軍参謀総長を務め、日本を勝利に導いた。

 54歳で没した。


 この神社は、児玉邸跡地に建てられた。


 毛利家の家紋の「一文字三つ星紋」に一本加えた紋が
児玉家の家紋

児玉神社に建つ「徳山七士碑」
 1864年の禁門の変後、徳山藩では、家老 富山源次郎が幕府に従う意向を示し、革新派七人の弾圧に乗り出した。
 翌年までに暗殺や処刑、騙し討ちなどで殺害。
 明治維新後、全員贈位され、靖国神社にも合祀された。

---HOME---BACK--

inserted by FC2 system