← HOME

← BACK

狛 犬 2 (遠石八幡宮・山崎八幡宮・熊毛神社・川崎観音堂)



うむ、年代の見分け方が分かってきたゾ。
江戸時代の狛犬は、脚がまっすぐで、躍動感がないのが多い・・・たぶん。
表情も肉質も、時代が進むほど発達してきているみたいだ。
あと材質。柔らかめの花崗岩は、どうやら古いものっぽい。

 
遠石八幡宮







←吽のアップ。
 なかなか恐い顔をしている。
 いかにも昭和っぽいスタイル

こちらは平成10年12月建立。色の入っている狛犬もいるんだな。

 こちらの狛犬は安永6年(1777年)建立。
 スタイルといい、材質といい、いかにも古げだ。
顔はかなり風化していた。
吽の口は、もう上と下の区別がなくなっていた。

昭和57年建立


文政7年(1824年)建立
 江戸時代の作だが、
時代が下がってきてるせいか、
肉付きがいいみたいだ。
石の材質もやや硬い感じ。
  
熊毛神社
 文化時代(1804年〜1817年)の狛犬。 暗かったので年号がちゃんと読み取れなかった。
狛犬は、熊毛神社境内にはなくて、ちょっと離れた交差点にあった。
もう1体は道の反対側で交通量も多かったので、撮影できず。
今度明るいときにゆっくり見に行こうっと。
 
 狛犬の耳の形とか前脚の肉付きとか台座の文様とかが、遠石八幡宮の文政7年の狛犬と
同じだった。 当時流行のスタイルだったのか、それとも同じ作者だったりして!?

 教え子のpiyoccoちゃんの情報によると、この狛犬の脚をなでると足が速くなるって言い伝
えがあるそうだ。
山崎八幡宮

↑大正十年(1921年)
↑安永6丁酉6月(1777年)
爬虫類に似ている。
天和3年(1683年)の鳥居

鳥居の語源は、
「鳥(アマテラスを呼んだニワトリ)が居る」
または「通り入る」、なのだそうだ。
毛利元就ゆかりの石碑
遠石八幡宮(その2)
 ものすごく風化していたが、ご神体のようだった。
本殿近くの社に祀られていた。こういうの、心惹かれる。どこかから掘り出されたものなんだろうか?
牛さんもいた これって究極の世渡り術だ







17.Feb.2006
日本中どこに行っても、土地土地に社があり、氏子たちがみんなで守っている。
狛犬も、そんな氏子パワー、住民パワーの一部だ。
お茶目でかわいく、時に荒々しくて恐ろしい、不思議なオーラを放っている狛犬たち。
もっと見たい!


おまけ 〜 「川崎観音堂」


 手作りおっぱいがたくさん
奉納されている。
 景清が目を洗ったとされる井戸


inserted by FC2 system