the hunger site


狛犬13


---HOME---BACK--
2006@Yoshiko
<長尾八幡宮>周防大島町


末社 木造の鳥居  末社そばにあった小さな狛犬
(狛犬じゃないのかも?)
拝殿前の狛犬
文化12年(1815年)

<大帯姫八幡宮>柳井市日積大里









<柳井市日積:県道437号沿いの神社>
建物はなかったが、鳥居、狛犬、燈籠があった。
 神社から数十m離れた道端
蓮華座に立つ立像。



<周防大島町 海のそばの神社>
大島大橋を渡って右折し、15分くらい走ったところ。
漁や航海の安全を祈願したところなのかな?
 目を大きく見開き、口角もきりっと上がっていて、貫禄の表情。  こちらはかなり風化していた。
 表面が剥げて、中の石が見えている部分があった。
 この燈籠には、天明元年(1781年)の銘があった。(が、それにしては新しげ。再建されたものかも?)ゆっくり探せば、もっと古い年銘の燈籠もあったに違いない。
 境内の燈籠には全て、灯明が灯された痕跡があり、現役らしかった。
 燈籠に明かりが灯されたところを、海から見てみたい。
享保4年(1719年)の鳥居



<周防大島町 日見の西長寺そばの神社>
 頭が三角に盛り上がっていた。
 顔と身体の境目がないが、
首の回し方がかなりハッキリ。
大きな口がちょっと珍しい・・・。
前脚が前に出ていて、踏ん張ってる感じ。



---HOME---BACK--

inserted by FC2 system