...久里双水(くりそうずい)古墳...


国内最古級の前方後円墳

 
 昭和56年に発見。
 平成6年8月の学術調査の結果、古墳時代初期の3世紀末から4世紀初めの造成で、日本最古級の前方後円墳であることが確認された。

 全長 108.5m、後円部径62.2m、前方部幅42.8m

 後円部の頂上か らは、長さ2.5m、幅0.8mの竪穴式石室と、その内部には舟船形木棺を安置したと考えられる舟形粘土床が発見された。また、直径12.1cmの盤龍鏡1面と、管玉2個、刀子が出土した。

 出土した副葬品の在り方から、近畿とは別の文化圏の古墳であるとする説や、前方後円墳の起源が九州ではないかという説の拠り所にもなっている。

 末廬国の首長墓ではないかとも言われている。




砂岩製の天井板3枚で覆われた石室。
その上は、粘土で密閉されていた。



きれいに整備された公園





天井板をはずした石室が展示されていた。
粘土質の底で、内部には赤色顔料が施されていた。 









経文塚



inserted by FC2 system