千金甲(せごんこう)古墳群


 
甲号(第1号墳)
 権現山の中腹、海抜110mにある装飾古墳(円墳)。
 熊本市HPによると、「石室は安山岩の割石平積みで、高さ2.5m、奥行2.7m、
幅2.6m」とある。入口は埋没していて入れそうもなかった。
 ↓これが入口。周囲はコンクリートで固められていた。 甲号からの眺め↓
 同じく熊本市HPによると、「石室内には凝灰岩板石6枚を使って、石障(せきしょう)
をめぐらし、その内壁に同心円と対角線と靱の文様を刻み、赤・青・黄の三色で彩色
している。早くから石室の天井部近くが開口していたため、副葬品は残っていないが、
6世紀の初め頃の築造と推定されている。」
乙号(第3号墳)
 甲号墳の南、海抜60mの地点にある円墳。6世紀半ば頃の築造と推定。
 羨道の長さ2.6m、石室の奥行き3.6m、幅3m。高さは推定4m以上。
石室は安山岩の割石平積み。奥に巨大な石屋形があり、石屋形の高さは
1.17m、内側の幅は1.75m、奥行1m。架石の厚さは30cm。
 この石屋形の内面には三重の同心円や弓・靱・舟・太刀などが描かれ、
赤と緑で彩色されていたのだという。
 今は入口に鍵がかかっているが、町内会長さんの話では、20年くらい前までは、
自由に中に入って見学できたそうだ。
眼下の有明海 ↑
 昭和35年にかけられた覆屋 ↓
 ↑ 円墳上部を覆い、土の流出を防いでいた。

丙号
 Copyright © 2012-Yoshiko    all right reserved.
inserted by FC2 system