宮原古墳・花岡古墳・天王森古墳  


宮原古墳
県内最初の環濠集落

奥壁 〜 ツルンとした、きれいな表面

内壁の岩肌(入って左側)
巨石で築造された羨道、玄室を持つ
方袖横穴式石室墳。

 大正年間、旧制山口高校によって調査され、石棺、馬具類、
須恵器の遺物が出土したようだ。

 6世紀頃の豪族の墓と考えられている。

 入口は、ハイハイすれば入れるくらいの高さだったが、
中では立つこともできた。
大きさの違う巨石で壁面が構成されていて、
所々、随分大きな隙間があった。

左奥の壁
何かで削った跡がある。

彩色などの装飾はないか目を凝らしたが、
よく分からなかった。
天井

ぶら下がってるこの2匹、こうもりかも?

天井付近にはめ込まれた石・・・落ちてきそう・・・。

地下水が染み込んで、カビが発生していた。


花岡古墳
 花岡八幡宮のすぐそば。
昔から知っている場所だが、
今まで古墳とは気付かなかった。

確かに前方後円墳の形をしていた。
埋葬施設は分からなかった。

手水鉢の寄進は、文政12年

社があった。灯籠は、明治建立の銘があった。



天王森(東光寺東)古墳

 
前方後円墳。後円部の径22〜25m、高さ5m。前方部の最大幅は25〜28m、高さ4m。
墳丘全長は46〜50m。埴輪の出土がなく埴輪の配列なし。
葺石が墳丘に施されていた。測量調査は1995年。築造は古墳時代の後期と推定。

付近には東洋鋼鈑の社宅(?)、「天
王台アパート」が10棟くらい建っていた。


そこには神社が建っていて、
木製の鳥居には「平成21年建立」と記されていた。
良かった!現代まで大切にされていたんだ。
丘のてっぺんに、古木の茂っているところがあった。
花壇とか、鉢植えもあった。  墳丘の一部に
「高松宮殿下お手植・・・」
と書いてある棒が立っていた。
30cm四方くらいの石がたくさんあった。覆石だったのかな?
覆石にしては、随分大きいのだが。
それと、追葬墓があるのかないのかも気になった。


Copyright © 2010-    all right reserved.
inserted by FC2 system