綾羅木古墳・岩谷古墳・仁馬山古墳・若宮1号墳 (山口県下関市)


下関市立考古学博物館
 

 

 

陶損(とうけん)土笛

日本で初めて発見された陶損。
前面に四孔、後面に二孔を持っていた。


蓋弓帽

紀元前200年頃、中国の位の高い人の馬車に使われていた。


多鈕細文鏡(たちゅうさいもんきょう)と細形銅剣(ほそがたどうけん)

朝鮮半島で作られたもの。


綾羅木郷台地遺跡では、弥生時代前期末から中期初頭にかけての
貯蔵用竪穴が1000基以上も発見された。
集落には環濠がめぐらされていた。

岩谷古墳

下関市椋野町にあったものを移築した。
大きさ:15m

うっすらとベンガラの赤を感じた。

もしかして黒も使われていたのかも?

天井部。板石の下には平べったい形の石が積まれ、ドーム状になっていた。
暗かったので現地では見えなかったのだが、この点々は何??

墳丘墓


若宮1号古墳

仁馬山古墳の後の、5世紀の築造。
後円部三段、前方部二段の前方後円墳。
墳丘の表面は葺石で覆われ、墳頂や段からは
円筒埴輪や壺形埴輪が発見された。
白色粘土で密封された箱式石棺の長さは2.85mで
二体以上の人骨と勾玉、管玉、刀、剣、斧があった。
付近一帯を治めていた豪族の墓だが、仁馬山古墳と埋葬方法が異なるので
首長の系列が代わったと見られている。

背後に見える山が気になる。(信仰を集めた霊山に違いない。)




国指定記念物(史跡)仁馬山古墳

前方部を西に向けた前方後円墳で全長74m。下関市最大。
4世紀後半の築造。後円部の径が46mあり、三段。(前方部がかなり短い。)
伝統的な箱式石棺。
濠や、陪塚と見られる小円墳2基も発見されている。

ここに至るまでが、もうすごい道だった。
一応舗装されていたがボロボロで、車幅プラス1cmもなかった!
崖ではないものの、アスファルトが段になっているので、脱出不能にならないかヒヤヒヤした。

隣接地では上ヶ原古墳の他に、埋葬施設が6基発見されている。




植松古墳

山口県では数少ない方墳。
仁馬山古墳からわずか70mの距離。
発掘調査されていないらしい。





inserted by FC2 system