岩原横穴墓/桜の上横穴群(熊本県山鹿市鹿央町岩原)
 
<岩原横穴墓>
 
 岩原横穴墓は、岩原台地の崖面に掘られた131基の横穴群。岩原古墳群の広がる山の麓にある。
 床面の構造は、平坦な平床と、三体の遺体を納める「コ」の字型の屍床のものが発見されている。
 外壁面の浮彫は、墓室内に悪霊が侵入するのを防ぐためらしい。


☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆
    

<桜の上横穴群>
 入り口に鉄扉が設置されていて、施錠されていた。ここには11基の横穴があり、そのうち1号と2号に装飾があるらしい。

 2号墳は、「コ」の字型に3面の屍床があり、白色で人物像と2隻の舟が描いてあるそうだ。

 この他にも、付近には「城横穴群」とか「付城横穴群」、「長岩横穴群」、「石貫穴観音横穴」「石貫ナギノ横穴群」など多数の横穴群があり、興味は尽きない。
 
☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆


<道路沿いに見えた横穴群>


HOME  BACK
inserted by FC2 system