・・こしき石(大分県宇佐市安心院町)・・

蓋石を取り除くと暴風になると伝えられていて、暴風石とも呼ばれている。
何だかロケットみたいだ。 角度は60度

まっすぐ米神山を向いている。

「うーん、麻羅観音に似ている!」って言うと、夫は、「安産祈願じゃないの?これ」と言っていた。



柳田民俗学によると、山の神は稲作を守護するため卯月八日に里に下り田の神になり、収穫を終えると山に帰る。
だからこの岩は、霊山米神山から山の神を迎え入れ、送り出すための道標であり、ゲートだったのかも?

HOME ▼
BACK ▼
Update : 25/Nov/2007
追記:04/Nov/2008
inserted by FC2 system