・・ 気になる石垣26(清水寺:山口市) ・・  〓
 長い石段を登り、大内文化の遺跡「清水寺」に行った。
山号は花瀧山。千手観音菩薩を本尊とする真言宗の寺らしいが、寺というよりは限りなく神社に近い雰囲気だった。

 看板(案内板)によると、平城天皇の御代(806〜809)の創建。建久六年(1195)の国府文書にもこの寺のことが記されているそうで、どうやら清水寺は山口盆地で最も古い寺なのだそうだ。

 山口県指定文化財は、清水寺観音堂・清水寺山王社本殿・木造金剛力士像の3つ。

この石垣、もしや1000年以上経っているってことなのだろうか?

山門周辺の石段

苔生す石段、風情満点
HOME ▼
BACK ▼
inserted by FC2 system