→ HOME
→ BACK

Indonesia  16 メングウィ

タマン・アユン寺院
1891年まで栄えたメングウィ王国の国寺。1634年建立、1937年修復。
バリ島では2番目に大きな寺院で、「バリ島で最も美しい寺院」と言われている。
10基のメル(塔)が建っている。
アグン山を模したメルの屋根はヤシの葉で葺かれ、3から11の奇数で作られていることが多い。
タマン・アユンには、11層のメルが4塔ある。屋根の階層が多いほど格が高いとされている。
周辺を散策した。
↑ 見張り台があり、何だか吉野ヶ里遺跡みたいだ。 ↑ バリでは珍しく、周囲が掘で囲まれている。
塔(見張り台)からの眺め→

庭園の掃き掃除をしていた人。→
手作りのほうきで掃いていた。

 

inserted by FC2 system