・・不思議な光3・・

ほこり?
 〓

<向原2号墳>(山口県周南市)
7世紀の築造。空気はしっとりじっとり。
古墳の入口は岩や堆積した土で押しつぶされていて、ハイハイをして入った。
つまり、空気の入れ替わりの少ないかなりの密室。
左下の、ちょっと欠けたオーブが珍しいと思った。
<宮崎県高千穂神社の夜神楽にて>


小学校6年生の時、米軍のグラマン機に狙い撃ちされた経験を持つMさんのお話を聴いた。
Mさんがメガネをかける前


上の写真からほんの数秒後。(メガネ装着後)


<柳井市甘露醤油>



洞窟の中は空気の出入りがないので、こんなふうに写るのだろうなと思う。
スーパーカミオカンデ(岐阜県)


<インド エローラ石窟>
ここは屋外だが窪地なので、空気はやはり、どよ〜んとしていた。
<鯛生金山>(大分県)
坑道内


カンボジア(シェムリアップ)
ずーっと前から漂っている・・・そんな空気だった。
空気中の塵とか埃とか、そんなものがボワ〜ンと写った感じ。


クチトンネル(ヴェトナム)


スッピンじゃ〜〜
メンダット テンプル (インドネシア ボロブドゥール)


岩窟墳墓群(エジプト:アスワン西岸)



吉野ヶ里遺跡


<東京大学 本郷キャンパス 赤門>
側に立った時、木が息をしている気がした。



東京:増上寺のそばにひっそりと


諏方神社(東京都荒川区西日暮里)
ここの土はほっこりしていた。やっぱり動的エネルギーを感じる場所だった。


<宮崎神宮>


<潮嶽神社>宮崎県日南市


火の神を、まるで先導しているかのようなオーブ。(2010年)
↑1年後も同じように写った。(2011年)



<東大本郷キャンパス>

安田講堂




<周南市:旧徳山海軍燃料廠 廠長官舎>

<二井寺山極楽寺>


<「月の桂の庭」の桂邸>
HOME ▼

BACK ▼
inserted by FC2 system