頭骨標本の観察


遠足で徳山動物園に行く1・2年生に、動物への興味をもってもらおうと、徳山動物園から頭骨標本を借りた。
そして2日間、掲示資料や音声資料とともに展示した。

せっかくの機会なので1・2年生だけでなく、上の学年も自由に来室するよう呼びかけた。

私は2日間展示室に張り付いて、児童管理と資料の説明をした。

休み時間ごとに訪れる子もいた。
      私のことを「動物博士」と呼んでくれる子もいた。      


展示室入口↓
前面掲示↓


背面掲示(来週行く動物園の様子を紹介)

象の会話・ラクダの声を、自由に聞けるようにした。↓
ミミナガヤギの頭骨↓

トラの頭骨↓
ウシの頭骨↓

「手を咬ませたよ。」↓ 音声コーナーも大好評。↓

ウシの歯は、大きいね。」↓

トラの下顎↓

頭の後ろ側↓

じーっと見つめてしっかりスケッチ↓


「フラミンゴはこんな立ち方だよ。」↓
「早く動物園に行きたいね。」↓


inserted by FC2 system