ヒロシマ 社会見学 (5年)

 前日も翌日も晴れたのに、この日だけ雨だった・・・。
 平和公園の自由行動では、ギリギリ傘をささずに見学できたのが、不幸中の幸い。

10:00 平和記念公園に到着。平和記念資料館へ。
11:00 バスの中でお弁当。食べ終わった班から、平和公園内の自由行動。
     私は、本川小学校資料館に行きたい班を引率。
12:25 バスに集合。
     日赤病院のガラスが突き刺さったオブジェや、広電本社の被爆建物、
     御幸橋等を見学しながら、マツダミュージアムへ。
13:00 マツダミュージアムで自動車生産についての学習と工場見学。
14:20 放射線影響研究所(旧ABCC)へ。
     広島城を車窓より見学。
16:00 帰校
 
<平和記念資料館より原爆ドームを臨む。>
 たくさんの見学者たち。
この時はまだ雨が降っていた。
<平和記念資料館内 市役所の模型と写真>
<平和記念資料館内 原爆ドームの縮小レプリカ>
 世界遺産原爆ドームも、随分老朽化し、私が子どもの頃見ていたドームとは姿が変わってきている。被爆アオギリに二世・三世を残していくように、ドームもこうやってレプリカを残しておく必要があるんだなと思った。(実物の73%)

<相生橋から原爆ドームを臨む。>

<祈りの泉>


<ローマ法王平和アピール碑>
素材は白色大理石
(イタリア:カラーラ産)

 碑文「戦争は人間のしわざです。戦争は人間の生命を奪います。戦争は死そのものです。過去を振り返ることは、将来に対する責任をになうことです。ヒロシマを考えることは、核戦争を拒否することです。ヒロシマを考えることは、平和に対して責任を取ることです。」
<被爆直後の爆心地周辺のジオラマ>



 
<平和記念資料館西館体験者コーナーの展示物>


<広島市役所旧庁舎の被爆石>

<西向寺の墓石>
昭和20年9月11日・・・3歳、21年7月3日・・・2歳などと記されていた。
「原爆死」の文字が刻まれたものもあった。

<本川小学校内 展示>


<韓国から贈られた太鼓>
 韓国・大邱広域市より、平成10年に
広島市に寄贈された大太鼓





Copyright (c) 2011- yoshiko. All rights reserved.


A Moveable Feast inserted by FC2 system