My Trouble 2 (経過)

last update :4,22.2005

シリーズ3へ続く→

2005年
4/22  遂に!遂に薬と縁が切れた! こんな日が来るなんて信じられない。夢みたいだ。応援して下さったみなさん、ありがとうございました。今日から自力で生きていく。自分で自分を攻撃するおバカな自己抗体は相変わらずあるものの(と言うか、一生付き合わねばならないものの)、これだけ(勝手に)薬を減らしても正常値だったので、お医者も納得できたようだった。
 しかも、数値のみにしか目を向けず、私の話を全く聞こうとしなかった主治医が5月で退職。「え?? 私、生き霊なんて飛ばしてないよね〜??」ってちょっと不安になり、自分を振り返った・・・。(^o^;)
 今日は、退職前の最後の診察だったせいか、いつもより随分口数多く、いろんな話をした。ほんとに不思議な体験だった。苦しかったが、終わりよければ全てよし・・・ってことにしておこう。
 これでひとまず連載(?)は終了します。ご愛読ありがとうございました。
4/16  2日に1錠でも飲んだ日はかなり辛いため、またまた勝手に3日に1錠にしてみた・・・。飲まない2日は好調だが、飲んだ1日は寝込みたくなるほどの不調に見舞われる。
4/9  飲むとあまりに体調が悪いので、お医者にナイショで薬は2日に1錠に決定! 薬を休んだ日は腰の痛みもすっかり取れて、筋肉痛も、やや軽い。次の検査でどんな結果が出るのかなぁ?
4/3  甲状腺が腫れてきた。ネットで調べると、薬を不規則に飲むと腫れると書いてあった!やっぱ、勝手なことしたのがまずかったのだろうか(T-T) 腫れてしまえば元の木阿弥。これまで何のための闘病だったかわからなくなっちゃう・・・。身体が痛いのは薬の効きすぎだから薬を減量すると治るとも書いてあった。は〜、早く薬から解放されたい・・・。って言うか、この身体の不調を親身に聞いてくれるお医者さんに出会いたい!(熱望!!)
3/28  この数日は、亢進してた時みたいに睡眠時間が短くなってきた。だいたい5時間眠ったら目が覚める。それに体中が痛い。腰も痛く、揉んでもさすっても湿布しても効果なし。もしかして腹部大動脈瘤とか脊椎カリエスかも〜〜?目も乾きがちだし、手足のむくみも取れず、いろんな症状盛りだくさん。泣ける! 薬は、3日飲んで1日お休みって飲み方がいいみたいだ。お医者にナイショだけどね。(^o^;)
3/9  つらいつらい花粉症まで始まった。(T-T)
3/8  飲めば飲むほど具合が悪くなる薬なんて!(身体の奥は改善されていってるのかもしれないけどね) それとも、元々薬なんて、期待した成果が上がることだけが大事なのであって、他の所が少々悪くなっても、\(^_\)ソレハ(/_^)/コッチニオイトイテ〜っていうコンセプトなのだろうか?患者にとっては、どっちも大事な「私の身体」なのに・・・。(ムッ) 人体実験では、ちょっといいことが分かってきた。朝飲むと絶不調、昼飲むと午前中だけは調子いい、夕方飲むとまあまあの1日って気がする。気のせい?(^^ゞ
3/7  相変わらず、むくみやしびれ、続行中。飲むととっても苦しいので、24時間ごとに飲まなきゃいけないお薬を、勝手に36時間に変更してみた。ちょっとだけ楽になった。
3/6  舌が何だか腫れてきた。橋本病の症状の中に「巨舌」ってあるが、それなのかなぁ?(号泣!)
2/23  病院に行った。むくみやしびれ、ものすごく疲れやすくなったことなどを伝えた(きちんと紙に整理して書いた)が、あっさり無視!むくみやしびれは、「ホルモンバランスが安定していないので、誰にでも起こる変化」なんだそうだ。(?) 「今まではどんなに食べても太らなかったし、どんなに働いても疲れなかったでしょうが、今の状態こそ正常な状態なんです!」とも言われた。
 Dr.は数値しか信用しない。今回は数値で証明されたから薬は1日1錠(今までの1/3)に減ったけど、心情に共感してもらえない(受容的でない)その態度、これってかなり虚しいと感じる。ま、「もうすぐ薬はやめられるでしょう。」とも言われたので、気を取り直し、(そこのところだけはちゃっかり信じ、)自分への期待感をもって闘病したい。
2/22  早朝、両腕のものすごいしびれで目が覚めた。顔も両足もむくんでいる。
2/13  と思ったら・・・連休に入っていきなり持ちかえした。私の場合、「ストレス」>「薬の影響」らしい。
2/10  絶不調に陥った。何なの、これ??歯磨きしてても耳掃除してても10秒で腕が疲れる。やる気ナシ。食欲ナシ。ものすごい眠気アリ。階段登っても数段で足が疲れる。せっかく減った体重も、これからがんがん増えるに違いない。(悲)
1/30  1/19以来、薬の量が減ったので、身体がかなり楽になった。だけど体力がぐぐ〜んと落ちた気がする。難儀な身体(>_<)
1/19  今年1回目の血液検査。予想通り、ほぼ正常値(亢進状態から、やや低下気味へ)だったのだが、橋本病ゆえ、放っておいても(苦しんで薬を飲まなくても)正常値になったに違いないという悶々とした思いが残る。
1/1  精神の健康が第一なんだと思い知らされた病気との出会いだった。今年こそは自分の気持ちを最優先に、我慢しないで生きてゆきたい!(我慢してるようにはなかなか見えないでしょうが・・・(;-_-;))


2004年
12/30  終業式後は絶好調だった。来年は是非とも、のほほんとした年にしたい。
12/27  薬にやっと慣れてきた感じ。飲んでも苦しくならなくなった。
12/19  心臓が痛いので、神戸行き(1泊旅行)が心配だったんだけど、のんびり遊んだら絶好調になった。 
12/12  手がむくんできた。これもただの脂肪?それとも飲み過ぎかな?
12/8  何だか足がむくんできた。ただの脂肪か?マッサージ行こうかなぁ・・・。時々心臓が痛い。
12/7  胃カメラの決意をした途端に、胃は全く痛まなくなった。不思議だ???
12/6  胃カメラの予約をしようかどうしようか、かなり悩んだが、結局、明日考えることにした。
12/4  ダイエット開始!「コチラを見てね。
12/2  顔がむくんできたと夫に言われた。(T-T)
12/1  体重は更に増加。胃が痛くなるのがイヤで、努めてたくさん食べていたせいに違いないっ。(・・・?)
11/30  迷った末、○上胃腸科に行ったが、「甲状腺のお薬を飲んでいるのならそちらで診てもらってください」と、門前払いされた。
11/29  何にもしないのに、なぜか歯茎は治まった。どうやら、ぎゅぎゅ〜っと噛みしめてただけだったみたい。
11/28  疲れがたまると炎症を起こしてた歯茎があるんだけど、そこが・・・痛くなった(T-T)
11/26  血液検査の結果、薬が効いていないことが分かったので、薬の量が2倍になった。体重も大幅UPしていてびっくりした。胃カメラを飲んで胃を調べるように言われた。
11/5  薬を飲むと不快だが、主治医からは薬は減らせない、どんな薬にも副作用はある、飲まないのなら病院に来なくていいと言われたので、困惑。ちょっと信用できなくなった。そこで、セカンドオピニオンを得るために別の病院にも行ってみた。ここでも薬は飲んだ方がいいと言われたので、やっと安心・納得した!もっと優しい言い方で言ってよね〜っ!頑張って飲むぞ〜〜っ。
11/4  胃は快適になったが心臓がバクバクし始めた。
11/2  胃薬も飲み始めた。
10/31  飲み初めて10日。胃の弱い私は早速胃が痛くなった。




HOMEへ戻る

(C)yoshiko 2005-.All rights reserved.



A Moveable Feast

inserted by FC2 system