磐石橋
(長門市)
 〓

大寧寺そばの大寧川に架かる石橋。防長三奇橋の一つ。九州の石橋と造りが違うらしい。

 1668年に架設され、1764年に再建された。

 大小の石を組み合わせて 橋梁および橋脚が造られた。 長さ約14.2m、高さ約3m。

 自然石のみでできているので、突桁部の大きさ等、左右で違っている。

ドイツで開発されたゲルバー橋(1868年)以前に、日本にこの突桁式工法の技術があったものと推測され、
文化的価値が高い。日本の技術、すごい!



HOME ▼
BACK ▼
inserted by FC2 system