萩 〜美術館・博物館・史料館〜
+  +  +

2007,10,06〜07


山口県立萩美術館・浦上記念館

  「ヴィクトリア アンド アルバート美術館所蔵 浮世絵名品展」を目指して行った。
  会期が10月8日までだったので、ギリギリ間に合った!(大喜)

  ロンドンのヴィクトリア アンド アルバート美術館は、3年前、長男YYと一緒に訪れ
 たことのある美術館なのだが、何せ広い美術館だったし、ロンドン滞在最終日だった
 という事情もあり、じっくり鑑賞する気力も体力も時間も我々にはなく、あの時はほん
 と、もったいないことをした。
 
  そこには浮世絵とか、日本の陶磁器とか家具とか、たくさんたくさん飾られていたけ
 れど、展示室を早足で駆け抜けた記憶がある。

  今回、再びチャンスが巡り、日本で(しかも山口県で)こんなにじっくり鑑賞すること
ができた。何てラッキーなの!!

  展示された浮世絵は、どれも、緻密で繊細、色彩豊か。構図も独創性に富み、
 1点1点が輝いていた。
  西洋人が感動しないわけはない。日本が誇る、最上級の芸術だ。

  200年以上も昔の紙に印刷された浮世絵を、こんなにも美しく保存していたイギリス
 人にも、敬意を払いたい。

                      
                      <展示品>
 第1セクション 華麗なる錦絵の展開  第2セクション希少な団扇絵の世界
 鈴木春信・ 一筆斎文調・ 喜多川歌麿
 歌川豊国・ 葛飾北斎・ 魚屋北渓
 歌川広重                他
 歌川広重・ 歌川国芳
 歌川貞秀・ 喜多川歌麿
 酒井抱一・ 鈴木其一
 魚屋北渓              他
 第3セクション 最盛期の狂歌絵本  第4セクション 肉筆画と版下・画稿
 喜多川歌麿
 歌川豊国
 葛飾北斎                他
 歌川広重・ 葛飾北斎
 河鍋暁斎・ 礒田湖龍斎
 勝川春山・ 歌川国直
 歌川貞秀・ 歌川国芳       他


石井茶碗美術館





萩博物館





萩史料館





門・長屋




堀内 鍵曲




平安橋・物見矢倉




書状集箱





土塀・石垣



市内観光後、ホテルにチェックインし、ちょうど開催中だった「萩焼まつり」に行った。
ご飯茶碗と湯飲み茶碗をペアで買ったよ。あとビアカップもね。
食べ方や飲み方が、お上品になるかしら?

それから、初体験の指圧マッサージへ。
他は何ともなかったが、目の上をぎゅーっと押された時だけ、ものすごーっく痛かった・・・。


inserted by FC2 system