さまざまな性 (5年:道徳)

主 眼
 多様な性のあり方を知り、自分らしく生きる大切さに気付く。


準 備
地図、グラフ、ワークシート、資料(「ゲイ・リポート」より抜粋)


学習活動 教師の働きかけ
1 エルトン・ジョンの結婚について、知っていることや疑問に思ったことを発表する。

○エルトン・ジョンの言葉、「彼のいない人生は考えられない」「デビットにめぐり合えたことが、自分の人生で一番素晴らしいこと」などを紹介する。
○イギリスのシビルパートナーシップ法や、スイスのシビルユニオン法、カナダ、デンマーク、ノルウェー、スウェーデン、オランダ、ドイツ・・・などの国々は法律で同性婚が認められていることや、異性夫婦と同じ配偶者死亡後の年金受給、遺産相続における優遇税制などが適用されていることなどを伝える。
○IOC(世界保健機関)や国連人権委員会の考え方を伝える。
○2人の結婚を祝福した人も多い中、「気持ちが悪い」「子どもが生まれない」「異常だ」などと言って非難した人もいることを伝え、みんなはどう思うか問いかける。
○朝日新聞の世論調査の結果を提示し、「同性愛を理解できない」と答えた人が、日本にもかなり多いことに気付かせる。
2 性的指向が好みや趣味の問題などではなく、本人の意思で変えることはできないことを知る。 ○アメリカの統計によると男性の約4%・女性の約3%、イギリスの通商産業省の発表では6%の人々が同性愛者である。同性愛者は、いつの時代にもどこの国にでもおり、既に多くの国々で治療が必要な疾病から外されている。しかし、その中で、親にも言えず、誰かに知られてしまうのではないかとビクビクして暮らしている人や、自殺を考えている人までいることを知らせる。

○自分の「性的指向」は思春期になって気付く人が多く、自分の意思で変えられないことを伝える。
3 自分が同性愛者であることに気付いた高校生2人の作文を読み、感想を小グループで話し合う。 ○同性愛者が、テレビや親、教師、友達などの言動によって、どれほど傷付き苦しんできたか、資料を読んで考え合う。
4 本時の感想をワークシートに書く。 ○自分の周りにも必ず何人かの同性愛者がいる。自分かもしれないし、友達かもしれない。同性愛者が思春期になって自分の性的指向に気付いた時、自己否定したりせず、自信を持って堂々と生きていってほしいと心から願っていることを伝える。
○自分の性の自己決定権は自分自身にあるということを再度確認する。


活動3 
<子どもの感想>  
 
 
好きになったらしょうがないし、バカにする方がいけない。
いろいろ言われてかわいそうだ。ちっとも悪くないと思う。
男でも女でも愛は大事。
自殺まで考えていたけど、それにもめげず立ち直ったのがすごい。
友達に、いろんな女の子を紹介されてとてもつらいと思う。
気持ちはとても分かるけど、そんなに悩まなくてもいいよ。そんなこと、考えなくてもいいんだよ。
ゲイの人生を歩もうと決めたことはとてもいいことで、自殺なんか考えちゃ、ダメ。死んだら誰とも会えない。
一生懸命生きることは大切。この人の考えで応援したい。
自分が同性愛だな〜と思ったら、気にせず同性愛を生きたい。
たとえ性的なことで人と違っても、そのことで悩むことはないと思う。
誰かに相談したらいい。思ったことを話したらいいと思った。
自分の気持ちを大切に。
男が男を好きになっても悪くない。差別はかっこ悪い。人を好きになることは大切。
この人はえらい。ゲイの人生を生きようとする勇気がすごい。
私は、自分が異性愛か同性愛か両性愛かまだ分からないけど、いつかははっきりすると思う。どれであっても、そのままでいいと思う。
自分でなりたくてゲイになったわけではないのに、バカにされるのはひどい。
自分の道を進んだのですごく立派だ。
自分が悪いんじゃなくても差別があったら、差別する人が悪い。ぼくなら友達に気持ちを伝えたい。
自分の性を生きる人はすごい。
そんなことがあっても、ぼくは絶対自殺しない。生きて損はない。
私は、同性を好きな人がいると初めて知って、びっくりした。でも自分は「この人が好き」って思ったら、自分の気持ちを大切にしたらいいと思った。それに、はじめはびっくりしたけど、そういう人でもいいじゃないかと思った。
このクラスにゲイがいたって構わない。誰を好きでも勝手だと思う。
いろんなことに余計に傷付いてかわいそう。
人の気持ちを分かってあげないといけない。
手紙がきて、自分の考えが変わってよかったと思う。

<事後の感想>  
★日記より★  
 
 
日本はまだ同性愛を(法は)許してないから、早くよくしてほしい。
異性愛が多数派だから、異性愛が普通という考えは違うと思う。自分の性的指向に気付いたら、自分の思う通りに生きていきたい。
ナチスやイスラームの法律など、罪もない人を殺したり責めたりするのはおかしい。
日本でも、「府中青年の家」裁判で、同性愛が変じゃないことが認められてよかった。これからも頑張ってほしい。
はじめ、何なのかなぁと思ってたけど、勉強したからよく分かった。
同性愛でも異性愛でもいいのに、文句を言ったり、悪いこと(差別)をしたりするのはいけない。ぼくも関係ないことではないので、もし同性を愛している人がいても悪いことを言ったりしないようにしたい。
私は同性愛を最近知った。テレビでやってたのを見た。最初びっくりした。でも同性愛はいけないことではないと思う。だけど、差別する人がいるからかわいそうだ。
理解しようとする気持ちが大切だ。少数派でも安心して暮らせる社会がいい社会だと思う。
差別にも負けず頑張ってほしい。
世の中には、いろんな愛や性があるんだと思った。





HOME BACK

A Moveable Feast inserted by FC2 system