→ HOME
→ BACK

 フルーツパフェを作ろう(5年:英語ノートLesson6 「What do you want?」第3時)
休み時間に本時の準備をした。
 いろいろなフルーツを印刷した用紙を1枚ずつ配布した。  各自で切り離してカードにした。
 カードの中には「好きな物引換券」を入れておいた。
本時1<チャンツ&ゲーム>
 初めに、どんなフルーツパフェが作りたいか、いろいろなパフェのイラストを見せてイメージを膨らませた。

 そして、「チャンツでフレーズの練習」 → 「フルーツ集めゲーム」 → 「振り返り」 という3ステップで授業を進めた。

<チャンツ>
What do you want? What do you want? What do you want?
Lemon,lemon, a yellow lemon,please.
Cabbage,cabbage, a green cabbage,please.

What do you want? What do you want? What do you want?
Tomato,tomato a red tomato,please.
Banana,banana,a yellow banana,please

<フルーツ集めゲーム>
「Hello,A.」
「Hello,B」.
〜ここでじゃんけん 〜
 負けた方から、相手の欲しいフルーツを聞く。「What do you want?」
 勝った方は、自分の集めたいフルーツを言う。「I want a red strawberry,please.」
 負けた方は、素直に「Here you go.」と言って渡す。持っていることを隠したり、嘘を言ったりしてはいけないというルールにした。
 勝った方は、「Thank you」 そして相手にも「.What do you want?」と尋ねる。
以下同じ。
 もし指定されたフルーツを持っていなかったら、「I 'm sorry.I have no~.」と言って自分の手持ちフルーツを見せ、別のフルーツを渡す。
 最後は、「See you.」などと言って別れる。同じ人とは2回やってもよいが3回目は別の人と・・・等のルールも決めておいた。

 途中、教室前方に用意した「引換コーナー」で、好きなフルーツを手に入れることができるようにした。

 ゲームで集めたかったフルーツが集められなかった子どもも、ここで挽回できるという仕掛けだが、8枚ずつしかないので引き換えるタイミングも重要。あまり早く引き換えるとゲームで奪われる可能性があるし、遅いと目当てのフルーツがなくなってしまう。

 (全員分用意しておきゲームの最後に引き換えるか、「引き換えたフルーツは交換できない」などのルールにする方法も考えられる。)
 本時2
 ゲーム後は、台紙に集めたフルーツを貼っていった。フルーツパフェの入れ物やフルーツ以外の材料は、絵で描いよいことを伝えた。
みんな生き生きと取り組んだ。「食べた〜い!」などと言っていた子どももいた。



自分のパフェがどんどん仕上がっていった。
 お目当てのフルーツを集めて満足そうだった。

本時3<振り返り>

英語の発音はどうか分からなかったけど、ちゃんと言えて勉強になった。今度の時間も英語が言えたらいいと思う。パフェの紹介は難しそうだけど、しっかり勉強して言えるようになりたい。

ぼくは料理は苦手だけどY君が一緒に考えてくれた。とても楽しかった。

めっちゃ面白いオリジナルパフェを作った。パフェの中にチーズやプリンが入っている。干しブドウも描いた。

アイスを乗せたりポッキーを乗せたりした。あんまり上手にできなかったけど楽しかった。

私は引換券でマンゴーをもらいました。でもゲームで取られてしまった。悲しかった。

外国語は朝の会の時もチャンツを練習したので分かった。フルーツはたくさんでないけど集められたので良かった。

私のフルーツパフェのポイントはアイスとフルーツでできている「雪だるま」だ。頭も手も足も全部フルーツで作った。友達に「すごい。」と言われて恥ずかしかったけどすごく嬉しかった。

私のパフェはフルーツがたくさん入っていてポッキーもアイスも入っている。みんなに発表するのは難しいけど頑張って、発音や言葉をしっかり覚え、みんなの前で発表したい。実際のパフェも作りたい。

私はアイスを雪だるまと見立てて冬、雪が解け始めていて、その雪だるまだけが解け残っているのを表現した。

次時<ショー&テル> オリジナルパフェの発表会をした。
 

 みんな思い思いのパフェを、楽しそうに発表した。
 発表の仕方はチャンツで練習しておいたので、英語に不安のある子どもも、自信を持って発表することができた。

    <チャンツ>
Hello,everyone.
This is my original fruitparfait.
I like mangos,grapes and kiwis.
That's all. Thank you.


<第4時の子ども達の感想>

 最初はうまく言えるか心配だった。でもやったらうまく言えたのでよかった。でもすごく恥ずかしかった。うまく言えてよかった。これからも外国語をたくさん学んでいきたい。頑張ってやりたい。

 私はちょっと恥ずかしかったけど先生に教えてもらってできたのでよかった。みんな英語がうまくていいなぁと思った。私も頑張りたい。

 私はまだ出来上がっていないので昼休みに続きをした。英語が言えたのでよかった。みんなのパフェはおいしそうだった。すごいなと思った。

 私のセールスポイントは上にも中にもアイスが乗っているところ。あと、アイスがいっぱい詰まっているところ。恥ずかしかったけど英語はきちんと言えたのでよかった。

 私は英語は得意ではないので上手に言えるかなあと思った。私の番が来ていざ発表するとなると声が小さくなってしまった。

参観して下さった先生から、「準備が素晴らしかった。」「クオリティの高い授業だった。」
「子ども達は幸せ。」「私も習いに来たい。」等、お誉めの言葉をいただいた。とても嬉しく思った。

 

inserted by FC2 system