* シャニクワと遊ぼう! *クラブ活動* 11/19/2007
 
 午前中に引き続き、シャニクワには午後もクラブ活動でお世話になった。
 子どもたちもそうだが、私もシャニクワの魅力にぐいぐい惹かれた。
 何ておおらかで、楽しい、しかも深い心根の人なんだろう。

 ひとつひとつのゲームにも、子どもたちの心の成長を助けるための深い意味がある。
 私は感動しまくりだった。

 アメリカで教師をしていた時、いろんなことで傷ついてきたようだった。
 日本にずっといたいと言っていた。
 もしほんとにそうなると、日本はありがたいが、アメリカは大損害だと思うよ。
 こんな素晴らしい教師を失うとは。
 
 子どもたちにとっても勿論だが、私にとっても、いい出会いだった。
 勉強になった。
 こんなふうに、確実に心を育て、心に残る教師になりたいと思った。


ひとりひとりと挨拶。 My name is ....
I am -years old.
▼シャニクワの家族の写真 I am from......
▼Hula pass
 みんなで手をつないで輪を送るゲーム
Everyone must go through the hoop without breaking the chain(holding hands)
▼みんな大喜び。「しゃがんでやろう!」とか、「輪を投げて。」とか、いろんな作戦を考え出していた。
▼輪が2個に増えた。しかも逆回り。

▼1周の最高記録は1分7秒だった。
▼輪になって後ろの人の膝に乗るゲーム。一斉にやらないとうまくいかない。
▼Lilly pads
 1列になって、火山の噴火口を渡るという設定。リリーパッドの上だけが安全地帯。
You must cross the lava using yhe lillypad,but if a person is not touching it the lillypad will burn up.
▼リリーパッドは、誰かが押さえていないと、どこかに飛んでいってしまう。自分の足元のリリーパッドを後ろの人が踏んだのを確かめてから足を離さないと全滅(向こう岸までたどり着けない)というゲーム。

▼みんなが渡り終わった後のリリーパッドは回収して、必要な場所にも使える。


最後に質問タイム。習った英語を駆使して、みんなしっかり質問できた。







yoshikoの部屋へ              yoshikoの仕事部屋へ







ネットマニア

inserted by FC2 system