えいごであそぼう 4
>「yoshikoの部屋」Topへ
>>
>「yoshikoの仕事部屋」へ
 一人一人が順番に、「Hello. My name is 〜.」「Good afternoon. I'm 〜.」等の、自己紹介をし合った。

 この活動には、もうすっかり慣れ、どの子も、大きな声で、はきはきとあいさつすることができた。

 ここで、「あいさつの言葉には、他にどんなのがあるかな?」と問いかけてみた。「nice to meet you.」や「good morning.」「good night.」「see you.」以外、あまり浮かばないようだったので、「Hello song」や「Where is thumbkin?」の冒頭部のみ歌い示すと、歌詞の中にある「How are you?」や「very well I thank you.」等の言い方を思い出すことができた。
 次に、色の言い方の復習をした。
 私が、「What color is this balloon?」と問いかけながら、いろいろな色の風船の絵を見せ、子どもたちは、「It's ○○」の言い方で答えていった。

 絵には、色を示す単語を書いておき、注目させた。その文字を見て、子どもたちは「pinkとpurpleは最初の字がおんなじだ。」とか、「blackとbrownも同じ字がある。」などと、気付きを発表し合った。私は、「p」や「b」の発音の仕方を助言した。子どもたちは「なるほど〜!」とか「あーそーか〜!」などと、目を輝かせて言っていた。

 ハエ叩きを配布し、「It's ○○.」の言葉を聞き取るカルタ遊びをした。みんな勝負事となると集中力が格段に高まる。血眼(?)になって、ゲームに参加した。

    

 好きな色の聞き方「What color do you like best?」を知らせ、練習した。

 取材用のプリントを配布。それを探検ボードにはさみ、約10分間、自由に保護者や友達に取材した。保護者の前ではちょっと恥ずかしそうにしている子もいたが、限られた時間内にほとんどの子どもが、積極的な態度で次々に相手を見つけ、大きな声で聞くことができた。

    
 「違うことも聞いてみたい。」と言った子がいたので感心した。ほんとに子どもたちってコミュニケーションの天才だと思う。「color」のところを置き換えると違うことも聞けるということにも、自分たちで気付いていった。

 「好きな動物が聞きたい。」とか「好きな食べ物を聞きたい。」とか言ったので、「animal」や「food」という単語のみ教えると、それを当てはめて楽しそうに活動した。

 この日は本年度最後の参観日だった。
最後は、みんなが好きな踊りを保護者のみなさんに披露し、学習を終えた。

 なんだか、始終、わいわいがやがやしていて、もうちょっと落ち着いた学習を設定した方がよかったかなぁと一抹の不安も感じたが、子どもたちがあんなに楽しんでくれたし、保護者とも触れ合えたので、まぁよしってことにしよう。=^-^=♪
 保護者のみなさんも、授業後、「よく声が出てましたね。」とか、「先生、留学してたんですか?」とか言ってくださったので、かなり嬉しい気分・・・(o^∇^o)ノ

 授業が終わっても、子どもたちの楽しい気分はなかなかは止まらない!次時では、またまた「Hokey Pokey」や「Ring-A-RingO'Roses」「Under the Spreading Chestnut Tree」「Little Peter Rabbit」等々を踊りまくり、汗びっしょりになった。これらの歌はもう全部歌えるし、短期間だったのにこんなにもたくさんのことを学んだんだなって思うと、とっても嬉しい。
 子どもたちの学ぶ力に感心しまくった英語学習だった。

 その後、「桃太郎」や「したきりすずめ」などの昔話の読み聞かせ(英語でね)をした。
inserted by FC2 system