2017.7.22

                      土居(岡山県美作市)

出雲街道土居宿西惣門
 
 慶長年間(1596-1614)、幕府により出雲街道が整備された時、ここに美作七駅の1つとして土居宿駅が設けられた。その時、国境警備のために東と西の出入口に惣門が築かれた。
 これらの門は朝夕、門番によって開閉され、明治2年の関所廃止令まで使われた。宿場町に惣門が築かれた例は珍しいという。

 平成13年3月、復元。
 高さ6m50cm、幅7m88cmの高麗門形式。



四つ塚志士顕彰碑

 尊王派の志士として、同士を募るために各地を回っていた4人の長州藩士が、1865年に住民から追い詰められて自害し絶命したところ。

 4人が金銭的なバックアップを依頼したことで、ただの金銭めあての行動だと批判した商人とトラブルになり、その商人から強盗に仕立てられ、惣門前まで追い詰められたのだという。



土居宿
 宿場町の名残はなかったが、所々に昔何が建っていたのか説明板があった。



土居駅

昭和の風情の無人駅。







土居神社







inserted by FC2 system