2000年10月〜2001年7月までの yoshikoの日記です
「yoshikoの部屋」 Topへ

*2001年7月14日*
総合的な学びを創る研究会の第2回学習会だった。会員以外の方も来て下さって盛会だった。防府教育事務所の吉鶴先生にご講演いただき、活動と一体化した生きた評価について学んだ。夜はmovixで「A・I」を鑑賞。愛を持つロボットを創造するなんて人間はなんて罪作りなのかと思った。また、愛されたくても親に愛されない子供や、子供の心を満たすことのできない親が世の中にどれだけいるのだろうと悲しくなった。

*2001年7月13日*
通知表記入がや〜っと終わった。いつもながら、睡魔や怠け心&良心との闘いだった・・。

*2001年7月11日*
お巡りさんに護身術を教えていただいた。でも、いざという時に使えるかは疑問。音に聞く刺股(さすまた:犯人を壁際に押しつけるY字型の道具)も初めて見て、意外とスマートなのにビックリした。

*2001年7月10日*
マイクさんと姪のアニーさんがクラスに遊びに来てくれた。子供たちは大喜びでたくさんの質問をぶつけ、ゲームをし、給食まで一緒に過ごした。とっさの英語が出るようになりたいぃぃ〜っ!

*2001年7月9日*
横浜にいる大学時代の友人Mちゃんから数年ぶりに電話があった。心が20年前にタイムスリップした。もうずっと別々の道を歩んでいるけど、原点は一緒なんだと思った。

*2001年7月8日*
家庭菜園でナス・トマト・キュウリがバンバン採れ始めた♪ d(⌒o⌒)b♪

*2001年7月7日*
町内幼保小中高校教職員の体育大会(バレーボール)に出場した。6セット出場し、どれも接戦でふらふらになった。帰宅しても体が冷えず、ジュース&牛乳&水風呂&水羊羹&アイスクリーム&あんみつ&トマト&スイカでちょっと復活。透明人間との闘いを描いた「インビジブル」を鑑賞してたらやっと元気に(たぶん平熱に)なった。すごくエキサイティングな1日だった。(ps「インビジブル」は評価B。)

*2001年7月6日*
七夕集会だった。司会の子に「先生の願い事は?」と、いきなりマイクを向けられたので、思わず秘密の目標(腕立て100回)を暴露してしまった・・(^_^;)

*2001年7月5日*
眠りながら観たシュワちゃんの「シックスデイズ」評価A。

*2001年7月4日*
放課後、バレーボールを楽しんだ。あまりに疲れたので、帰りにエスカップ(栄養ドリンク)を12本買って帰った。

*2001年7月3日*
早朝の水温が29度!今日も思いっきり泳いだ。肩と腕がヒリヒリする。なんだかシェイプアップ水着も伸びてきたみたいだっ!がーん!夕方は入院した子供のお見舞いに行った。とっても元気で安心した。

*2001年7月2日*
今日も猛烈に暑かった。夏休みまで体がもつか心配。シルベスター・スタローンの「追撃者」,評価C。

*2001年7月1日*
筋トレを始めて1週間。初め3回しかできなかった腕立て伏せが、ナント10回できるようになった。やっぱ筋肉は鍛えなくちゃいけないe(^。^)g!。

*2001年6月30日*
かんかん照りの空の下、保護者&子供たちと一緒に、汗まみれで運動場の除草作業をした。午後は、かつての同僚の結婚式へ。「結婚=幸せ&赤ちゃん」という図式の強制が、なぜこうも堂々と語り継がれているのか不思議だった。

*2001年6月29日*
雨降りだったが元気に泳いだ。必要感に駆られて買ったシェイプアップ水着を本日初めて着用。体がギュウギュウ締め付けられ、苦しくて息が止まりそうだった・・。σ(^◇^;)

*2001年6月28日*
水泳指導が始まって、体がどっぷり疲れてる。おとといと昨日はキューピーゴールドのお世話になった。

*2001年6月26日*
夢中で泳いだ。体に水着のあとが付いた。

*2001年6月25日*
教室の暑さと言ったらもう!立ってるだけで、汗がしたたり落ちてくる。

*2001年6月24日*
「ダイナソー」、評価B。ちょっと物足りなかった。

*2001年6月23日*
雨の中、露天風呂でのんびりした。夕方は、火星への移住準備を描いた「レッド・プラネッツ」を観た。評価はB。

*2001年6月22日*
「カル」、評価A。少しずつ謎が解けていくサスペンス仕立てで、「シュリ」よりも現実的なストーリー展開だった。儒教の国で親子関係の病理が描かれていたのも意外な気がした。

*2001年6月21日*
学校のプールで泳いだ(今季初!)。曇り空だったが、水温が高くていい気持ちだった。で、予想通りどっぷり疲れた・・。

*2001年6月20日*
43才のアメリカ人、マイクさんに会った。暖かみのある素敵な人だった。7月にうちのクラスに遊びに来てもらえることになった。楽しみ楽しみ(^-^)

*2001年6月19日*
学校からわずか100メートル先の外出先でバケツをひっくり返したような豪雨に見舞われた(すごく急に)。脚力には自信があったがダッシュの途中で息が切れ、びしょ濡れになった・・。脚力以前の問題だった・・(涙)。

*2001年6月18日*
山口県教育財団から助成金がもらえる旨、通知があった。\(^-^)/やったー!

*2001年6月17日*
日曜参観日だった。ものすごい数のお客さんだった。午後はCreateMedia編の「日本一醜い親への手紙」を読んだ(と言ってもwebサイトなら原文のままだけど、出版物は紙面の都合で原文を大きく割愛されているらしい)。精神的に自立できない親たちが、親への批判をタブー視する文化に守られて、かくもヌクヌク生きてきたのかと思うと腹立たしく、傷付けられ追い詰められる子供たちを誰も救えなかったことが哀しかった。今この瞬間も、訴える術を知らない子供たちが次々にその魂を傷付けられている・・。

*2001年6月16日*
学級花壇にニチニチソウを、家の花壇にハーブを植えた。

*2001年6月15日*
社会科で校区探検をした。公民館、特別養護老人ホーム、卸問屋、幼稚園、保育園、酒店、小売店、自動車販売店、美容院、駅・・・。学校の周りのあらゆる場所を、4人組で自由に(計画的に)探検。地域の方たちに大事にされ、ほんとに子供たちは幸せだと思う。雨が降らなくてよかった(^^ゞ)

*2001年6月13日*
プール開きだった。

*2001年6月11日*
家庭菜園にてキュウリを初収穫。曲がっていてトゲがチクチク出てる、これぞ本物のキュウリだっ!\(^o^))/

*2001年6月10日*
平野広朗氏の「闘いと癒し」を読んだ(半分だけ)。女か男かという二分法の危うさや、そんな社会の中で生きることの不快感、自らを省みることなく他人の非難に明け暮れる偽善者たちへの怒り等々、小気味よい文章だった。夜は例によってビデオ視聴(「シャンハイヌーン」評価C)。あぁ、今日もたまった仕事がちっとも片付かなかった・・(^^ゞ)。

*2001年6月9日*
夜、movixで「ハムナプトラ2」を鑑賞。評価B。CGが迫力あり、そこそこ楽しめた。

*2001年6月8日*
今日は厄日!6月30日に行われるハズだった教職員体育大会が、講師・会場確保・ポスター配布等調子よく済んでいた学習会の日(7月7日)に変更に!やめてよー!人集められないじゃん(涙)。その上、町教委を通じて6月20日の校内研修の指導者にと依頼していた指導主事が今になってキャンセル!(T-T) でも夕方は気を取り直してバレーボールに熱中したので、気分がちょっと楽になった・・。明日が休みでよかった。明日は絶対筋肉痛になる。夜は「タクシー2」を気楽に鑑賞(評価C)。フランスと日本との心理的な距離を感じた(日本が不思議な描かれ方だった)。

*2001年6月7日*
山特連(山口県特殊教育連合)の宿泊学習の応援に行った。温かい声援の中でみんな頑張っていた。もっともっと多くの人たちに、彼らと、彼らを取り巻く人々のこの姿を見てほしいと思った。人と比較するだけの相対評価(正規分布を前提に、そこに無理にでも当てはめようとする理不尽さよ!)や、絶対的な理想との距離を測るかのような到達度主義(=絶対評価:それを明らかにしたところで本当に子供たちは希望を持って伸びていってくれるのかはなはだ疑問!)に囚われない温かい認め方が、そこにはある。

*2001年6月6日*
あぁ、また衝動買い・・(^_^;)。なんでこうおんなじような物ばっかり買ってしまうんだろう・・?

*2001年6月5日*
新しい指導要領で社会科が年間70時間に減ってしまいガックリきていたが、総合の時間を使って今のところ週に5時間確保。やっぱこのくらいなくっちゃねぇ・・。それにしても地域の方々ってありがたい。子供たちの校外学習のお願いに行ったら、どなたも快く引き受けて下さった。

*2001年6月4日*
今年の人間ドッグは、初めて2泊3日の豪華版(?)に決定!何かワクワクするなぁσ(^^)

*2001年6月3日*
「スペース・カウボーイ」評価B。クリント・イーストウッド、大健闘してる。生涯現役って感じだ。

*2001年6月2日*
蛍めあてにここのところ毎日、夜の散歩を楽しんでいる。

*2001年6月1日*
青山学院大学文学部教授の佐伯胖氏の講演を聴いた。

*2001年5月31日*
「学校のまわり」(社会科)の探検計画もいよいよ大詰め。今日は訪問先の施設や商店へ、クラスのみんなで手分けして見学の依頼に行った。夜は5年生(去年の教え子たち)の宿泊訓練の応援へ。みんな1日で日焼けして、たくましくなっていた。

*2001年5月30日*
昨日&今日はみんなでスポーツテストに燃えた。

*2001年5月29日*
修理に出してたPCが返ってきた。ばんざ〜い \(^o^)/。

*2001年5月27日*
買い物を終え、車に帰ると鍵が開かない。見ると鍵穴にバラバラになった金属片!ひどい!あんまりだ!でも、車内の物は何もなくなっていなかった。なんで?鍵も閉まったまんまだったし・・。そう言えば、買い物の間中、知らない人がくっついて来てたんだけど、あれ、仲間だったのかなあ・・?気を付けようったって、気を付けようがないよね・・。ひど過ぎる・・。

*2001年5月26日*
弁護士、角田由紀子氏の「夫からの暴力」を読んだ。どんなに多くの女性が私的な人間関係の中で人間としての尊厳を踏みにじられ続けてきたか、また司法が、差別社会の存続にいかに積極的に加担し続けてきたかということに、大きな憤りを感じた。

*2001年5月25日*
自宅そばの小川で蛍が乱舞し始めた。
今日は人権活動家、鬼塚チェイス円さんの著書により、タイのNGO「エンパワー」の活動について知った。教育とは、人生の選択肢を広げ、自分の人生を自分で設計する力を付けることなんだと再確認した。

*2001年5月24日*
「元気でねー」「バイバーイ」etc・・。子供たちの別れの言葉の渦の中、今日もチョウが次々羽化し、空のかなたへ飛び立っていった。

*2001年5月23日*
教室で飼っていた青虫がサナギになり、今朝、3匹が羽化した!子供たちはもう大喜び。歓声の中、雨上がりの空へ旅立っていった。

*2001年5月22日*
昨日の雨がどうにか上がり、どんよりとした空のもと遠足に行った。12キロ!晴れてなくても結構な疲労感だった。

*2001年5月20日*
炎天下!自治会で公園掃除をした。ずーっとしゃがんで草と闘った。こ、腰が・・。ちょっとビックリしたのは、芸予地震で松尾八幡様の鳥居にガタがきたらしい。他にも屋根瓦がずれたり壊れたりした家が何件もあったそうな。どおりで、先月はいやに屋根の葺き替えしてる家が多いなって思ってたんだよね。鈍い私・・。

*2001年5月19日*
学年PTAで保護者と子供でドッジボールをした。

*2001年5月18日*
今日の会議は感じ悪かった。昔の私だったら「私がします!」なーんて元気に言っちゃってる!少し気が長くなったのかもしれない・・。ちょっと自己嫌悪。

*2001年5月16日*
2:15から始まる研修会議の資料が2:00に出来上がった・・・もう心を入れ替えたい・・。(x_x;)

*2001年5月15日*
教室でハムスターと青虫を飼い始めた。

*2001年5月13日*
「女6500人の証言」を著した長井チエ子氏の「働く権利とセクシュアル・ハラスメント」を読んだ。私自身がこれまでの人生の中で経験し、声に出さないできた理不尽な出来事・・忘れようとか、もう少し大人になるべきなんだとか考えて記憶に蓋をしてきた数々の被差別的事象について、一つ一つをよく思い出し、もう1度きちんと見つめ直したい、そうすべきなんだと思った。統計では、あらゆる職種・地位・年齢・雇用形態において、女性はセクハラを受け続け、被害者の10人に1人が退職にまで追い込まれているという。その元凶が社会にはびこる思い込み(女性に対する母親役割・性役割の期待感)であることは間違いない。女性であるということだけでおとしめられない社会が1日も早く来るよう、後悔しない毎日を生きていきたい。

*2001年5月12日*
堺市女性団体連絡協議会の山口典子氏の「ミスコン・ポルノ・性暴力」を読み、ミスコンがいかに女性の主体的意識を操りつつ巧妙に仕掛けられた政治的戦略であるかがよく分かった。また、これまで疑問に感じていた、ミスコン反対運動がなぜミスコンに参加する女性を批判しなかったかについても理解できた。最後の「現代社会の政治・経済・文化構造に深く根ざした性差別の重層化のワナを解き、その構造を変え、新しい文化を創り出すことが、女として生まれた私たちのつとめ」との下りでは溜飲が下がった。私も女に生まれてほんとにラッキーだった。教師として、女性やマイノリティへの人権侵害や巧妙な罠に気付く子供たちをたくさんたくさん育てていきたいと思った。

*2001年5月11日*
隣の校区との境目に2頭の熊出現!!再来週の遠足、大丈夫なんだろうか・・。

*2001年5月10日*
ブルース・ウィルスの「キッド」、評価A。40才って自分の半生を振り返るのに、最適の年齢だと思った。ハリソン・フォードの「ホワット・ライズ・ビニース」、評価A。予想通りの展開で意外性はなかったけど、2人(ハリソン・フォードと妻役の女性)の演技がうまくて引き込まれた。

*2001年5月9日*
理科でホウセンカとマリーゴールドの発芽を観察中。芽ってわずか1時間で様子が変わり、超ビックリ!放課後は探検遠足の下見に行った。ものすごい距離だった・・。

*2001年5月8日*
レントゲン撮影だった。健康への不安感が年々強くなってきた・・。

*2001年5月7日*
7 月7日、F教育事務所のY指導主事をお迎えして、総合的な学習の評価活動について研修を行います。近隣の皆様、7月7日の午後は空けておいてネ!(飛び入り参加、勿論OKです。)

*2001年5月6日*
輝く満月を仰ぎながら散歩した。夜の散歩もいいもんだ。

*2001年5月5日*
「ホワイト・アウト」、評価C。俳優の存在感っていったいどこで決まるんだろう・・。

*2001年5月4日*
庭で1日中キャンプファイヤー(?)。余計な物はすっかり燃やし、庭がとっても綺麗になった。

*2001年5月3日*
出発する間際になって次男がドタキャン!我が家のGW旅行が幻と化した・・・。(涙)

*2001年5月2日*
「オータム・イン・ニューヨーク」、評価B。明日から4連休。7日の朝が来るのが恐い。

*2001年5月1日*
「始皇帝暗殺」、評価A。ここのところ歴史物に凝ってる私。ラストシーンが若干力が抜けてる感じがしたが、戦闘場面や宮廷儀式等スケールが大きく、心情描写も丁寧で楽しめた。

*2001年4月30日*
「天と地と」、評価A。実話からなる女性の自己実現の物語だった。女という性がこれまでいかに男性に隷属的に扱われ続けてきたか、いかにハンデを持った性だったかを再確認せざるを得なかったが、逆境の中で懸命に生きる主人公にしみじみ共感。自分の心のままに生きていきたいと思った。

*2001年4月29日*
「エリザベス」、評価A。たくさんビデオ借りると結構ハズレもあるんだけど、ここのところハズレなし。オトコというジェンダーを抱えた人間には理解できなかったみたいだ(夫も息子も「なんで悲しいの?」と真顔で言った・・。)が、悲しい悲しい大作、ラストは涙が止まらなかった・・。精魂込めて求める愛が実らなかった時、私ならどこまで強くなれるんだろう。

*2001年4月28日*
リンダ・ハミルトンの「多重人格」、ものすごく楽しめた。評価A。主人公が記憶を取り戻した時に見えたものは、我が身しか愛せない父と、愛に飢えた自分の姿。前に観た「ファイト・クラブ」と違い、多重化することで癒される(多重化するしかなかった)人間の姿が切なく描かれており、興味深かった。

*2001年4月27日*
転勤のため会員がぐっと減ってスタートした今年の「総合的な学びを創る研究会」だが、昨日の懇親会から強力な新会員が加入。やったー(^o^)

*2001年4月26日*
昨日、卓球台とヘチマの鉄の支柱を移動させた。で、予想通り筋肉痛!ひ弱な私・・。

*2001年4月25日*
短い時間だったが、教職員の綱紀粛正のための研修があった。資料冊子には当たり前過ぎることが書かれているだけなのに、「こんなことに目くじら立てるなんて」とでも言わんばかりの空気をちらっと感じた・・・(思い過ごしかも)。資料に「だめ」と書いてあるからしないのではなく(するよりはマシだけど・・)、自分の理性と感性と良心に従って正しく行動できる人間であるべきだよね・・。ねっ!

*2001年4月23日*
家庭訪問第1日目だった。いつもながら家庭訪問はとっても楽しい。

*2001年4月22日*
4月に入って近所のコンビニが次々閉店。淋し・・。

*2001年4月21日*
先週の振り替え休日だった。朝、家族をゆったりとした気持ちで見送り幸せな気分に。午後は「総合的な学びを創る研究会」へ。今年度の活動もいよいよ本格始動した。

*2001年4月20日*
参観日・PTA総会の後、学級懇談会、夜はPTAとの懇親会・・・。ふーっ

*2001年4月19日*
子供たちと学校から駅までの道を歩いた(社会科「学校のまわり」の学習)。ほんの数百メートルの距離なのに、ゴミと看板の何と多かったこと!

*2001年4月18日*
毎日新聞社編集委員の重川治樹さんが書いた「見えない男性問題の危機」を読んだ。「頭では女性差別など自分とは無縁だと思っていても、実際は差別の構造に安住して差別する側のおいしさを存分に堪能している」男たちが、無意識の段階から追い立てられていく病理の数々について、男性の立場でこれほど鋭く切り込む人がいたなんて、男もなかなか捨てたもんじゃないと感心した。

*2001年4月17日*
山でタケノコを掘った。柔らかくてみずみずしくていい香り。山では大きなゼンマイや鳥の巣も発見!子供たちの目がキラキラと輝いていた。

*2001年4月15日*
小鳥のさえずりを聞きながら、山歩きを楽しんだ。子供の頃かいだ、懐かしい匂いがした。菜の花、れんげ、たくさんの花が咲いていた。
夜は久し振りに、眠ることなく読書を貫徹。青木もも子さんを中心とする「性暴力を許さない女の会」の活動ぶりを知った。「性暴力をふるう者は、それを許す男社会によって守られている」という意見には全く同感で、社会の土壌をタテにした人権意識のあまりに低い男性(教員を含む!)に失望することもしばしばだが(この世は、学校さえも性暴力の温床になり得るほどの男社会!)、だけど私は「男性の変わることは全く予想できない」(←本文より)とも思わないし、「男性に性暴力への真の理解を求めることは、砂漠にバケツで水をまくようなものだ」とも思いたくない(大人はダメとは思ってるけど・・)。国内外の膨大な数の被害者を思うと待ったなしの状況にあることも承知しているが、それでも私は信じていたい。私達が頑張って素敵な男の子達をいっぱい世の中に送り出していくんだから・・・。心に闘志が湧いてくる1冊だった。

*2001年4月14日*
学校行事のため第二土曜日も出勤!長い1週間だった。・・ぐったり・・

*2001年4月13日*
この1週間、夜、本を読もうとするとすぐに爆睡。1ページも読めなかった・・!!

*2001年4月12日*
脳ドックの申し込みをした。

*2001年4月11日*
考えてみれば家族4人が水入らずで暮らせるのもあと3年(上の子が高校を卒業したら多分別居するだろうから。下の子だってその3年後には巣立っていく。)。子育てなんて80年のうちのほんの10何年間かだけなんだなぁって思うと、一抹の寂しさもあるが気合いも入ってくる。今日というかけがえのない1日を大切に、今できること、しっかりしておきたい!(^o^)

*2001年4月10日*
勤務校の入学式だった。午後は職員会議&研修。今日も慌ただしい1日だった。ふーっ(¨;)

*2001年4月9日*
始業式、大掃除、学活、入学式準備の後、午後は長男の入学式へ。午前中がハードだったせいか、入学式では教師としての自分の在り方だとか、高校生だった頃の自分の考え方や行動なんかを思い起こしたりと、あれやこれやと思索に耽った。クラスメイトに教え子もいっぱいいた。かけがえのない3年間、ディープに過ごしてほしい。

*2001年4月8日*
春休み、最後の1日。家族みんなで早起きした。
レンタル、5本借りたんで今日もビデオ三昧だった。「ヴィールス」はよかったよん。

*2001年4月7日*
護国神社で花見をした。ものすごい桜吹雪だった。桜の命はほんとに短い。
夜はニコラス・ケイジの「8ミリ」を観た。これは名作!評価A。自分の幸せと引き替えにしようとも、真実を知り自分だけにできることを成し遂げようとする主人公の情念と、動機のない殺人を犯す殺人者達の情動の違いって、いったい何なんだろうとか、真実から目を背けないことの意義だとか、40年以上連れ添った夫婦でも分かち合えない人間の独自性についてだとか、いろんなことを考えさせてくれる作品だった。おもしろかった。

*2001年4月6日*
朝から事務ばっかりして超疲れた。早く子供たちに会いたい。(始業式は9日です。)

*2001年4月4日*
新年度初の職員会議だった。担任は予想通り○年生。(←始業式まで他言できない。)私、○年生は、なんと初めてなのです・・。

*2001年4月3日*
ムービックスで、ブルース・ウィルス主演の「アンブレイカブル」を鑑賞。「シックス・センス」を髣髴とさせる話だった。驚いたのは広い場内が貸し切り状態だったこと!だ〜れもいなかった!なんで〜??しかも、途中で余震あり!小刻みな揺れとやや振れる揺れを体験し、心臓がドキドキした・・。

*2001年4月2日*
日直だった。2日学校に行かなかっただけなのに、校舎の裏の桜が満開になっていた。春爛漫!
夜は「フラッシュ・ポイント」を鑑賞。何で主人公が生き残れたのかすごく不思議なんだけど、全体としてとてもおもしろかった。評価A。

*2001年4月1日*
エイプリルフールだったのに、誰も騙せなかった!!!ガクっ

*2001年3月31日*
ジョージ・クルーニーの「スリー・キングス」を観た。エゴイスティックな欲望のために奪い合い殺し合って生きている様が、軽妙なタッチで描かれていた。評価B。

*2001年3月30日*
離任式だった。別れの後に、新しい1年間が待っている。

*2001年3月29日*
朝から大袋3つ抱えてリサイクルショップに行った。1万にはなるって踏んでたんだよね。ところが!!提示された金額を見てビックリ!今日のショックはかなり大きい。もう二度と持って行かないと心に誓った。おまけに「買い取りできません。」と言われてしまったアイテムあり。思わず絶句した・・。

*2001年3月28日*
春休み2日目。何だか用事が多くて時間があっという間に過ぎていく。でも今日はいつもよりは長くPCいじれたのでちょっと嬉しい。かっこいい地図描こうといろいろ試してみた。各ソフトに習熟してないってことを再確認!トホ(^_^;)

*2001年3月27日*
長男の仮入学に行った。・・灰色だった自分の高校時代を思い出した。

*2001年3月26日*
遂に修了式。楽しい楽しい1年間が終わった・・。帰って手紙を読んでたらまた涙が出た。

*2001年3月25日*
ただいま〜(^_^)阿蘇に行ってきました。旅の様子、旅日記にupしたよん。よかったら見てね〜

*2001年3月23日*
午前中は、バスケにドッジ・漫才(漫才はここの所、我がクラスで大ブーム!)・ゲームと、遊びまくった(お別れ会)。最後にみんなから寄せ書きをもらい、感激!なんかコソコソやってるなーとは思ってたんだよねー。(^_^)2月にアメリカに転出したKちゃんの分まで書いてあり、とっても嬉しかった \(^_\)(/_^)/ 。最後の給食はピクニック気分で運動場へ。保護者会も終わり、残す所遂にあと1日となった!放課後はひとりひとりに心を込めて賞状を作った。はーっ終わっちゃったんだなぁ・・・。みんないい子たちだった・・・(涙)

*2001年3月22日*
花壇を整美し、教室をとことん綺麗にした。で、ばっくり疲れた・・。
夕方は長男の進学準備。なんで男と女で制服が違うんだろうねえ・・。
夜は「ダブル・ジョパディ」を観て不実なオトコ(主人公の夫)への怒りがメラメラ!口先より行動で勝負する自分でいたい。

*2001年3月20日*
指導要録完成!私の心にもやっと春が来た!
夜はクリント・イーストウッドの「トゥルー・クライム」を鑑賞。ストーリーはおもしろかったんだけど、古い体質の男性像への憧憬や哀愁みたいなものが見え隠れして、何となくひっかかる場面も・・。そう言えば前見た「GIジェーン」や「将軍の娘」あたりはフェミニズム的視点で見応えあったなあって、ちょっと思い出した。

*2001年3月19日*
夫の学校も修了式を終え、家族で早起きするのは私だけとなった・・・。

*2001年3月18日*
子供会のお別れ球技大会だった。私は他のゲームの審判しなけりゃならなかったんで最後の息子の勇姿が見れず、ちょっと残念。でも、この6年間こういう行事がいっぱいあったお陰で、息子もたくさんの地域の方々に声をかけてもらったり応援してもらったり励まされたりしてきたわけで、地域の力ってありがたい!とじーんと来た。

*2001年3月17日*
次男も卒業した。「小学生の母」の時代が遂に終わってしまった・・・。
夜はユートピア・サイオトの七色に輝くゲレンデでオールナイトスキーを楽しんだ。小雨が降っていて、びしょ濡れになったけど、と〜っても楽しかった。

*2001年3月15日*
長男のお祝いをした。来月からお弁当作りの3年間が始まる・・・。

*2001年3月13日*
オタマジャクシの孵化を見た。ぎえ〜っとビックリした!感動的だった!

*2001年3月12日*
卒業生と在校生の合同練習があった。6年生の子供たちの姿が、我が子(次男:小6)の姿と重なった。幼き日の無邪気な笑顔、泣いた顔、怒った顔・・・。次男も目の前の子供たちと同じ道のりを経て、少しずつだが確実に成長してきたんだなと思うと、6年間という歳月の重みを感じずにはいられなかった。

*2001年3月11日*
次男の進学の支度をした。やっぱり結構な出費だった・・・。(^^ゞ

*2001年3月10日*
お待たせしましたっ!(待ってなかったなんて言わないでね)性教育第3弾、upしました〜。
今日は長男の卒業式だった。義務教育を終え、遂に巣立った・・。

*2001年3月8日*
長男の高校入試が終わった。

*2001年3月7日*
空が真っ黄色だった。・・目が真っ赤になった。

*2001年3月5日*
1年間の図工作品をまとめ、一人一人の作品集を作った。

*2001年3月4日*
外を見てビックリ!吹雪だった・・・。

*2001年3月3日*
IT研究会に行って新しいテクをマスターした。(使わないうちに忘れる可能性はあるんだけど・・・)

*2001年3月2日*
「6年生を送る会」をした。プレゼント渡しにオリエンテーリング、みんなとっても楽しんでいた。廊下の掲示板にも「卒業おめでとう」の文字が並び、学校全体が遂に卒業式モードに切り替わった。

*2001年3月1日*
真っ黄色の花粉が分厚い渦を巻いて空に舞い上がってる!

*2001年2月28日*
転校したくないと言っていたK君がとうとうアメリカに旅立った・・。
午後からは、県内283校が参加しているWakuwakuプロジェクトのIさんが学校の取材に来られた。やまぐち元気図鑑(というHP)の「学校丸ごとアーカイブ」に載るらしい。

*2001年2月27日*
文集が完成した。1年間の思い出がたっぷり詰まった、世界に39冊だけの素敵な本になった。

*2001年2月26日*
ボストンの小学校に転校する子供のお別れ会をした。

*2001年2月25日*
今朝から目と鼻がむずがゆい・・・。去年は大丈夫だったのにぃ・・。へーっくしょん!(/><)/ついに発症か・・!(涙)

*2001年2月24日*
昨日の性教育の様子をupしました。よかったら見てね〜(^O^)/

*2001年2月23日*
最後の参観日、性教育をした。子供たちの目が知的好奇心に輝いてた。

*2001年2月22日*
今日は下流に行ってみた。川はおもしろい!時があっと言う間に過ぎていく。o(^o^)o

*2001年2月21日*
クリストファー・ヴォーン(イギリス・ジャーナリスト)の「How LIfe Begins」を読んだ。とっても分かりやすい生命科学の本だった。

*2001年2月20日*
むか〜しの実践なんだけど、さりげなくupしました。時代がかっていて恥ずかしいんだけど、私の足跡として。

*2001年2月19日*
ディベートをした。なかなか見応えのある論戦だった。子供の感性ってなんてみずみずしいんだと、いつも思う。取材っぷりも板に付いてきて、成長したな〜って嬉しくなった。

*2001年2月18日*
徳山市美術博物館で絵をみた。

*2001年2月17日*
ものすごく奥手だと思っていた長男が、意外に普通の若者だったことが分かり超ビックリ!!!(・・;)
午後は「総合的な学びを創る研究会」の学習会へ。今年度の研究集録作りをした。「総合的な・・・」のページに個人テーマとその概要をupしました。ついでに「yoshikoの仕事部屋」の「新しい出会い」にも加筆したよん。よかったら見てね〜。(^o^)

*2001年2月16日*
今日の長縄跳びも感動的だった。子供たちの目が一点に集中し、励まし合ったり教え合ったり、許し合ったりして心がひとつになるところが素敵なんだよね・・。・・。今日の最高記録は610回でした。

*2001年2月15日*
先週行った川の、更に上流に行ってみた(総合の時間)。そこで絶滅危惧種のメダカを発見!子供たちも「メダカだ、メダカだ。」と大喜びだった。

*2001年2月14日*
今日も長縄跳びに燃えた。記録がうんと伸びたことに感動し、泣き出す子もいた。励まし合いながら一心に跳ぶ澄んだ目の子供たちと、あと一ヶ月でお別れしなければならないと思うと、私の胸にも熱い思いがこみ上げてくる。

*2001年2月13日*
県内発行の某紙に載っていた某中学校育友会長の投稿を読み、ガッビーンときた!
→「母親も女として自立も大切だけど、その前に子供のためにできることは何か、子供のためにし残したことはないか、常に子供の側に立って考え、子供のために最善をつくしてから自分のことを考えてほしい。」と書いてあった。
なぜここで、「母親」と「女」だけが語られるのか。そしてなぜ、人としての自己実現と子育てとが切り離されて語られるのか。自分が産んだ子を育てることと、自分の人生設計とは果たしてほんとに別物なのだろうか・・。

*2001年2月11日*
もう速いのなんのって(^o^)!今までの64MBとは比べ物にならない256MBの、この威力!
HDDの容量は46,1GBでこちらはIBM。モニターは三菱で、DVD-ROMはPlextor、CD-RAMはHITACHI、FDDはSONY、FANは三洋電気ってな感じで、メーカーはバラバラの寄せ集めなんだけど、とぉ〜っても快適で文句ナシ!。CPU(PentiumV)も1GHzあるので、サクサクサクっと作業がはかどる、はかどる(^_^)(^_^)(^_^)(^_^)( ^ _ ^ )。もう、昨日今日と、にっこにこのよしりんでした。読んでくれてありがとう!m(._.)m

*2001年2月8日*
学校の裏の山を越え、川のうーんと上流に行った(総合の時間)。見つけた生き物はデジカメに撮ってすぐに逃がしたけど、中に見たこともない生き物(何かの幼虫らしい)がいて、大人になるまでみんなで飼ってみようということになった。いったい何になるんだろう・・。
午後は遂に念願のたき火&焼き芋!もうみんな大興奮。風が強くて恐かったけど、無事にお芋やお餅を食べることができ満足満足。待った甲斐があった!

*2001年2月7日*
ドッジボールで燃えまくった。

*2001年2月6日*
今日は私の担当する○○委員会主催の児童集会だった。学習発表会と時期が重なり、練習時間がほとんど取れなかったのに加えて、劇の主役で一番元気のよい子が何と欠席!な〜?うっそ〜!(^^;;;)でも他のメンバーで補い合い、何とか集会を貫徹。はぁ〜・・。超多忙な日々が、こうして一日一日終わっていくんだよね・・。さみし・・。
さみしいと言えば、今日も雨でたき火ができず、焼き芋が食べられなかった!ガクッ

*2001年2月5日*
落ち葉を集め、学習発表会の大道具(段ボールで作った岩・米俵・お地蔵さん・木の切り株・絵etc)を燃やして焼き芋をする予定だったけど、昨夜雨が降ったので延期した。うーん、残念。明日はできるといいなあ。
午後からは出張で同和教育主任会へ。文部科学省の方針もあって、他県では同和教育を人権教育の一部として捉え直し、人権教育の名称と内容で、全体計画や年間指導計画を作り直しているところが増えているが、山口県では同和問題が他の差別問題とは成り立ちを異にしているという認識から、切り替えに積極的ではない。
実は私、そこ(同和問題は他の差別問題とは違うという県の認識)の部分に以前からこだわりを持っていた。差別事象の差別化じゃないかと思ってた。差別の原因別にカテゴライズなんかして、そこにどういう意味があるのか、人間はすべからく平等であることを教えていくのが教育じゃないかと思っていた。
でも、今日ちょっとだけ、意識がゆらいだ。情報教育だって性教育だって、明確な定義はないわけだし、「○○教育」と名を付けそれを推進しようとすることは、そこに大いなる解決の必要性を感じ、良心の要求に従って子供を育てようとしている表れなのだ。だから、人種差別の問題だって男女差別の問題だって、障害者差別や年齢による差別の問題だって、そこに必要を感じたなら全体計画を立て年間計画を立て、その解決に向けて努力すべきなんだと思う。同和教育だけをことさら人権教育に含み込もうとしても、同和教育にはやっぱり同和教育の本質ってものがあるんじゃないかと思えてきた・・。で、混乱した。いったいどう考えたらいいのかなあ・・・???
あらら、今日は今までで一番長い日記になったみたい。我ながらビックリ!!(@o@)

*2001年2月4日*
和ダンス・洋ダンス・押入の中をとことん整理した。使いもしない物でもやたら取っとく癖は昔から変わらない私。でも今日は思い切っていっぱい処分した。スーッとした。(^・^)

*2001年2月3日*
オーダーメイドって何て素敵なの!ハードのことがちょっと気になっていたので昨日思い切ってハードの変更を依頼。
値段が少し高くなったけど、これで完璧なる私の思い通りのパソコンが出来上がった!早く来ないかにゃ〜(^^)。
今日の午前中は、みんなでアイディアを出し合い、練習に練習を重ね、待ちに待った学習発表会だった。
子供たちは本当にのびのびと演じきり、とても満足したようだった。
午後からは「未来を育む教科書を考える会」の学習会へ。
山口大学の纐纈 厚(こうけつ あつし)先生の講演を聴き、歴史から学ぶことの大切さや、正しい歴史認識を持つことの大切さ、固定観念の中で物を語ることの愚かしさ等について学んだ。
夜は豆まき。・・・結構体力を使った。(^。^;)

*2001年2月2日*
キューブラー・ロス女史の講演「死・成長の最終ステージ」の要約文を読んだ。「人間は一人一人完全のまま、必要な知識を備えて生まれてくる。」とか「人生とは生きている間の各瞬間に自分が下してきた一つ一つの選択の総和である。」等のくだりでは大いに共感。この世に、生まれなければよかった人間だとか、価値のない人間なんて一人だっていない、生まれて今存在するだけで、すべからく尊い存在なのだと思った。

*2001年2月1日*
あしなが育英会の小河光治さんの「親の死から学ぶ〜遺児の心に『七色の虹』を〜」を読んだ。親を失い喪失感や悲哀感・経済的困窮に直面した遺児たち自身が社会に働きかけ、災害遺児や病気遺児たちのための奨学金制度を誕生させた経緯を知り、何もしないで生きている自分(私)を申し訳なく思った。

*2001年1月31日*
今日は久しぶりに欠席0!でも、風邪ひきさんが38名中30名・・・。みんな頑張って学校に来てる。
今日は職員会議で男女混合名簿について検討する時間を設けてもらった。東京女性財団が制作した「隠れたカリキュラムを考える」のビデオを視聴し、意見交換。これまでは遠慮して言えないでいたことを今日ばかりはハッキリと発言することができ、心がスッキリした。
来年度から混合名簿が実現する運びとなった。

*2001年1月29日*
ものすごくゴージャスなパソコンを買った(注文した)。納品は約2週間後。2週間後から私の睡眠時間はきっとすごく短くなる。CPUはPentiumVで1,0GHzあり、メモリは256MB!今のノートPCは、ちょっと作業してたら「ドライブCがいっぱいになりました」って出てくるし、お陰でハードに入れておきたいソフトも抜かざるを得ず、使い勝手が悪いったらもう・・・。これであのヒヤヒヤドキドキから解放されると思うと、今、最高に幸せな気分!(^^_)♪

*2001年1月27日*
またまたローカルな話題をお一つ。N先生のご紹介で行った、徳山市の「養老の瀧」そばの「チャーリーズ」、素敵なお店でした。
お料理もお店の雰囲気も音楽もと〜ってもよかった。オススメです!

*2001年1月26日9時*
今日は夕方までサンウィング(めちゃローカル!)でパソコン研修会やってま〜す(現在進行中)。
ここ、ノートパソコン使い放題で他のハードも充実していて使用料も安くて言うことナシ!快適〜。

*2001年1月25日*
インフルエンザ流行の兆しあり・・。
私も喉が痛いんだけど、これは単なる大声の出し過ぎ・・!?

*2001年1月24日*
久し振りに長男(中3)とダンレボをした。勝負になどならなかった。無惨・・。
学習発表会に向けてのステージ練習は2日目。朝の体育館はものすごい冷え込みで、吐く息も真っ白だった。

*2001年1月23日*
運動場に人文字を書き、航空写真を撮った。いいお天気で太陽が眩しかった。
低空飛行で頭上を何度も旋回するセスナ機に子供たちは大喜びだった。

*2001年1月22日*
子供たちは実験が大好き。今日は初めてガスバーナーを使い、嬌声が上がった。

*2001年1月21日*
1週間は長いけど、休日はあっという間に終わる。

*2001年1月19日*
小さな田舎家に引っ越す夢を見た。これって逃避?仕事に追われて心に余裕のない今日この頃・・。

*2001年1月18日*
時間を忘れて長縄跳びに没頭した。やや筋肉痛。(^^ゞ)

*2001年1月17日*
寒風吹きすさぶ中での体育。やりたくな〜いんだけど、何か気持ちよくもある。
阪神大震災から6年が過ぎた今日は、子供たちと防災について話し合った。

*2001年1月16日*
次男(小6)の授業参観に行った。もうこれで一保護者として地域の小学校を訪れることはないんだと思うと感慨深いものがあった。

*2001年1月15日夜*
「グラディエーター」を観た。感動の大作だった。評価A。情念があるから歴史は創られ、人は生きてゆけるのだと思った。自分で生き方を選べなかった人々が、それでも必死で生きようとする姿が、時代という波に煽られる現代の子供たちの姿と重なった。明日を信じ、夢を持って生きていたいと思った。

*2001年1月15日朝*
雪2日目。今日は道路にも雪がうっすら積もってる。

*2001年1月14日*
初雪!小さな雪だるまを作った。

*2001年1月13日夜*
「カオス・ファクター」を観た。変に現実離れした展開だったし、クライマックスもスッキリしなかったので評価B。
その後、久し振りに高村光太郎の詩を読み、そのピュアな感性と闘志と粘着性のある情緒に改めて感動した。

*2001年1月13日朝*
ウッ{{{{(+_+)}}}}寒ううぅ~。こう寒いのは苦手。冬眠したくなる。
なのに、今日・明日は子供会のドッジボール大会がらみで冬眠できない・・。初雪降るのかなあ・・((p(>_<)q))

*2001年1月12日*
某園の前で、Y議員(秋に本校職員室で女性差別発言をした人)にバッタリ会った。Yさんは人なつっこい笑みで挨拶してきたが、私は過日の怒りがこみ上げ、挨拶は返したものの笑顔など作れなかった(私ってなかなか執念深い!)。あの笑顔により、彼には悪意など微塵もない本音の発言だったことを再確認。チャンスだから発言の真意を問い糾そうかとも思ったが、言っても無駄と心の中で自分をなだめた。・・で、後悔が残った。ダメな私。(涙)

*2001年1月11日*
毎日が夢のように過ぎ去っていく。2月3日の学習発表会に向けて、今、まっしぐらに進んでる。子供たち、途中で息切れしなけりゃいいんだけど・・。

*2001年1月10日*
職員会議で、男女混合名簿にしたい旨、提案した。校長は色よい返事だった。\(^o^))/

*2001年1月9日*
興奮しちゃって、朝はものすごく早く目が覚めた。学校はやっぱり楽しい!

*2001年1月7日*
白状します。昨日は「怪我の功名」なんて強がり言ったけどホントは相当ガックリきてる。
メモリがすっかりダメになったんだからほとんどの友達の連絡先が分からない。控えなんて取ってなかったし・・・。悲惨(;°°)ぅぅ!!
昼間は子供会の新年会をした。色紙ちぎりのゲームではとことんマジになってしまい、最後は我が子との一騎打ち。もちろん集中力の差で(気合いの差?)私が勝ったけど、子供相手にムキになるオバサンってやっぱ珍しいよね・・。
夜は、「バーティカル・リミット」観たよ〜ん。「パーフェクト・ストーム」に感じがよく似た山岳アクションだった(傑作・評価A)。人命を尊ぶ気持ちと、最大多数の最大幸福のための最善の決断との折り合いをどうつけていくか、その人の生のコンセプトそのものだと思った。

*2001年1月6日*
ケータイを壊してしまった・・・。ウグッ!薄手で軽くてかわいくて気に入ってたのに〜。
でも今度のは音も画面もクリアだし、プレゼントもいっぱいもらったんでちょっと嬉しくなった。怪我の功名だったかも?

*2001年1月5日*
まだ全部は読んでいないんだけど、平野広朗の「闘いと癒し」を読んでいる。な〜んて歯切れのよい生き方と文章!どことなくモヤモヤ感じながらもその正体が分からずにいたもの、それが一刀両断にさばいてあるとでも言いましょうか・・・。最近読んだ、ルポライターの藤井誠二にも感動したんだけど、今年はこの二人の考え方をしっかり見習って生きていきたいと思う。
「yoshikoの旅日記〜東北編」に写真を載せました。よかったら見てね〜。(^o^)/~~~

*2001年1月4日*
香を焚いた。家族はみんな嫌がったんだけど、気分が安らいだ。

*2001年1月3日*
「セイヴィア」を観た。殺し合いへと煽られる一人一人の心の弱さ・醜さ、そして潔いほどの生への諦め・・・悲しい映画だった。

*2001年1月2日*
あの決意はどこへやら。今日も福袋を買って幸せな気分になった。(^^ゞ

*2001年1月1日*
昨日、「来年こそ福袋は買わない!」(気に入るものが入ってないことが多いから)と宣言したばっかりだったのに、初売りに行くとど〜しても目についてしまい、また今年もたんまり買ってしまった・・。選んでる時のワクワク感がいいんだよね・・。初詣は夫の実家の近所の出雲大社分社へ。コートもいらないあったかいお正月でした。

*2000年12月31日*
速水由紀子の「援助交際を選択する少女たち」を読んだ。自らの自己決定スキル不足を棚に上げ、したり顔で非建設的な否定的審判のみ下す人々にずっと疑問を感じてきた私にとっては、何だか心がスッキリする論文だった。人から与えられたのでない自分だけの生き方を選択する大人だけが、居場所のないせつなさを知る彼女たちに、生き方のモデルを示すことができるのだと思った。

*2000年12月29日*
國分康孝の「自己発見の心理学」を読んで驚いた。國分康孝ってこういう人だったの〜?マイノリティの人々への何たる配慮のなさ!父権的恩情主義の人生観がありあり・・。ガックリきた一冊だった。

*2000年12月28日*
しっかり大掃除をした。で、ぐったり疲れた・・。

*2000年12月27日*
澤田瑞也の「共感の心理学」を読んだ。特に興味深かったのが「共感過程の発達」の章の「共感発達の性差」の項で、女性の共感性が生後の環境と経験によって作り上げられてきたことが分かりやすく書いてあった。私、昔から自分のことを他者への共感感情が薄い人間だなあ(他の女性たちより)・・・って感じてたんだけど、何だか妙に納得できた気がした。

*2000年12月26日*
昨晩は旅行から深夜に帰宅。ちょっと寝て、今日は日直出勤。
ひとつ年を取ったのに、そして昨日まで銀色の別世界にいたというのに、不思議なくらい元通りの生活。
旅の様子、載せました。よかったら見てね〜。(about meのページから入れます。)σ(^^)

*2000年12月22日*
終業式も終わり、晴れて今日から自由の身。夕方は「ボーン・コレクター」を観たり、大掃除をしたりして過ごした。
明日は早朝より東北の温泉に出発する。寒そうだし、今回は長男を置いてくんでちょっと不安なんだけど、ま、せっかくだから楽しんで来ま〜す。(^^)

*2000年12月21日夜*
2日目の個人懇談も無事終わり、夜は職場の忘年会だった。(幹事だったのにあんまり気を遣わなかったんでちょっと反省)\(__ )

*2000年12月21日朝*
学校に行くのもあと2日という今になって、元気印の次男が発熱嘔吐でダウン。あぁ・・

*2000年12月20日*
今日は個人懇談の第1日目。教室で初めてストーブをたき、そのあまりのパワーに感動した。

*2000年12月18日*
あと4日!年は取りたくない(誕生日が近い)けど、冬休みは大歓迎。まだかにゃ〜(^○^)

*2000年12月17日*
ボーナスで買うにはささやか過ぎるけど、ち〜っちゃいCDラジカセを買った。で、職場用のクリスマスプレゼントを買ってクリスマスカードを作った。温泉旅行の申し込みもした。・・冬休みはもう、すぐそこまで来てる!!

*2000年12月16日*
「ブルーストリーク」を観た。何も考えずに気楽に観れる痛快コメディだった。(^^)

*2000年12月15日*
子供たちと幼稚園を訪問した。石臼と杵で餅つきをし、ぜんざいをいただいた。お餅のつき方は、近所のお年寄りが教えに来て下さった。地域の人々に大切にされ、幸せだと感じた。私はどんなおばあちゃんになるんだろうと、ふと思った。

*2000年12月14日*
ジェンダーを考える授業をした。子供たちのこのみずみずしい感性が、たくさんの人々を救い、生かす力になるのだと思った。

*2000年12月13日*
ジレンマを乗り越えたわけじゃないけど、締め切りがどんどん近付いてくるんで、結局いつものように通知表をつけてる私。ちょっとやっては溜息をつき、ちょっとやっては気晴らししてる。つくづく自分を根性ナシだと思う。(・・,)

*2000年12月12日*
気分を変えて(?)石崎朝世の「落ち着きのない子どもたち」を読んだ。子供たちを決して集団から孤立させないこと、そして子供たちに納得できる言葉(言霊)を教えていくことが教師の仕事なんだと思った。

*2000年12月11日*
名取弘文の「通信簿と評価権」を読んだ。これまで私は教師の評価権を体制側の社会的機能として見ていなかったことに気付き、暗くなった。

*2000年12月10日*
プリンタを買った。ものすごく幸せな気分になった。

*2000年12月9日*
「船の上のピアニスト」を観た。私としては主人公への共感が今一歩だった。彼があまりに純粋で俗人離れしてるせいなのか、それとも私があまりに煩悩を背負い過ぎてるせいなのか・・。

*2000年12月8日*
ネットサーフィンしてて、通知表の無効を求めた裁判があることを知った。「通知表」っていったい何?同じ場所と時間と指導で、その子が一定の内容を習得したかどうかを判定し知らせることで、本当に家庭や学校での今後の指導が変わるんだろうか??もちろん、保護者にとっては情報アクセス権は当然の権利だけど、権威の衣をまとった評価権に、教師としてのやましさ・申し訳なさを感じる。

*2000年12月7日*
午後から出張で「人権を考える集い」に行った。自分の人生を諦めない子供を育てるためにも、私自身が自分を大切に生きていたいと思った。帰宅後は家庭菜園で作った大根を初収穫。ワオ!できてる〜!と感動の一瞬!草取り以外ろくなお世話もしなかったのに、育ってくれてアリガトーね〜。(^・^)

*2000年12月6日*
ブラッド・ピットの「ファイト・クラブ」を観た。憎しみながらも愛し、憧れながらも追い込んでいく人間の2面性が、謎解きとからめながら鮮烈に表現されていて面白かった。ワルの役するブラピはあんまり好きじゃないんだけど、好演だし筋肉もかっこよかったし、何てったってサイコなストーリーが興味深かったんで評価はA!!

*2000年12月5日*
担任しているAちゃん(♀:4年生)と運動場でプロレスごっこをした。昔から勝負事となると後に引けない私・・。髪も身体も土まみれになった。Aちゃんは柔道を習ってて大会で1位を取っただけのことはあり、なかなか手強くはあったが、まあ私に勝とうなんてまだまだ甘いわね!フッフッフ。(実はホッとしてる。(^^))

*2000年12月4日*
年休取って長男の進学説明会に行った。さすが高校は義務教育でないだけあって各校の特徴がくっきり。息子もこれまでは親の庇護の下ぬくぬくと育ってきたけど、これからは社会人となっても恥ずかしくないだけの人格を目指さなくっちゃねって思った。(まだ社会人にはなれないけど・・)

*2000年12月3日*
勤務校のPTA奉仕作業(廃品回収)に参加した。ものすごい量の廃品だった。これだけの物が各家庭に眠っていて、ややもするとゴミとして捨てられていたかもしれないと思ったら空恐ろしくなった。全ての物は資源として大切にされるべきだとつくづく思った。

*2000年12月2日*
クリスマス集会だった。今年は児童会の担当はしてないんだけど、昨年度末まで一緒に活動した子供たちが、あ〜んなに溌剌と頑張ってる姿を見て、彼らの伸びる力のすごさに感動した。夜はレンタルで「マーシャル・ロー」を観た。暴力で物事を解決すること、そして「違い」にこだわり続けることの、何という愚かしさよ。

*2000年12月1日*
出張で熊本大学教育学部の柴山謙二さんの講演を聴いた。構成的エンカウンターの演習を織り交ぜながらの楽しい講演会で、予防的カウンセリングの大切さや方法等について学ぶことができ、なかなかためになった。(^^)

*2000年11月29日*
バリウムを飲んだ。気分わるー。ウグッ!

*2000年11月28日*
総合的な学習の研究授業をした。提案したのは、方法知に偏らない(学習スキルの獲得に偏らない)総合的な学習のスタイルについて。従来型の、追究活動をして発表会して終わりというスタイルではなく、明日からの生活に生きる(直結する)総合的な学習のスタイルを探りたかった。今の気分はスッキリさわやか!(^○^)授業した60分間は最高に楽しいひと時だった。

*2000年11月26日*
「ディープ.ブルー」を観た。人間同士の助け合いのドラマだった。でもその裏に隠されてる、自由を奪われ虐げられる動物たちの苦難と悲しみを見落としちゃいけないなって思った。

*2000年11月25日*
山口個性化教育研究会に行った。午前中は小中5校の実践例を聞き、午後は今をときめく加藤幸次さん(上智大)やウィスコンシン大のタバチニックさんの講演を聞いた。タバチニックさんの話は日本の教育の問題点を明確化した歯切れのよい展開で、特に学校が果たすべき役割についての考え方や、知識の正体についての考え方なんか、大変参考になった。全国個性化教育研究会の会員にもなったし、なかなかの成果が見られた1日だった。

*2000年11月24日*
K中AETのG先生(日系4世♀38歳)をお招きして英語で遊んだ。彼女に初めて会ったのがちょうど1年前。この1年間で彼女の日本語はう〜んと上達した。で、私の英語は変化ナシ・・・。やっぱ飛び込んでいかなくっちゃね!人生は1度きりなんだから(^_^)。1年前、子供がほしくないか尋ねた私に「そんなことは私にとって重要なことじゃない。」と彼女はキッパリ!その言葉、たぶんずーっと私は忘れない。私に一番欠けてるのはあのかっこよさ、潔さなんだよね・・・。

*2000年11月22日*
「こどもの権利を買わないで」(横田洋三 監修・大久保真紀 文)という本を元に、アジアの子供買春について考え合う授業をした。子供たちは、自分たちの幸せの陰にどれだけ多くの子供たちの深い苦しみと悲しみが存在しているのかを知り、驚き、心を痛めていた。他者を搾取し支配することで自らの欲望を満たすような最低最悪の大人にならないためにも、人としての尊厳を踏みにじられ人生を狂わされる子供たちの存在を知ることは大切な第1歩なのだと思った。

*2000年11月21日*
総合的な学習の研究授業(校内研)をした。表現活動をどう仕組むかってのが研究主題なので、全員に出番のある発表会となるようジクソー型の発表会を行った。終わってスッキリ。みんなよく頑張ったね〜。(^○^)

*2000年11月20日*
「さっちゃんのまほうのて」を読み聞かせしていて涙がこぼれた。みんなしーんとして聞き入っていた。さっちゃんの「どうして私には手がないの。小学生になったら手がはえるの?」という問いに、胸を詰まらせながらもキッチリ応えたお母さん。指の有無じゃなく、さっちゃんの存在そのものをまるごと受け止め「魔法の手なんだ。」と言って笑ったお父さん。子供の素朴な問いをどこまで受け止め応えられるか、人間としての真価が試されるのだと思った。子供のどんな問いにも、親や教師としてでなくひとりの人間として、真正面から向き合える自分でありたい。

*2000年11月19日*
注文していた「地雷ではなく花をください」の本が届いた。この本を1冊買うごとに、カンボジアの10平方メートルの地雷原がきれいな土地に生まれ変わるという。私の買った、たった1冊でも、役に立てたかもしれないんだと思うと嬉しかった。

*2000年11月17日*
夕方、子持ちカレイを食べて気が滅入った。なんで「子持ち」の生き物を食べるんだろうって・・。人間って傲慢過ぎるよね?
午後は、下関市内の中学校の元校長・中村先生の講演を聴いた。遠い遠いセピア色の記憶が呼び覚まされたひと時だった。私たちが子供の頃には確かに在った数々の文化・・物を大切にする文化・人や先祖を尊ぶ文化・「よその子もみんな我が子」と考え育てる文化・・・その文化を忙しさにかまけて迷子にしてしまった私たち大人の責任は軽くはないと感じた。

*2000年11月16日*
道徳で「傷つけられる動物たち」という授業をした。薬品開発のための動物実験や、動物園・サーカスのこと、食用肉の生産性を高めるために高じられる様々な措置、毛皮や牙を取るためだけに殺される動物たちのこと・・・。同じ地球に住む仲間同士であるはずの動物と人間が、どうやったら共に生かされ幸せになれるのか・・・。子供たちは終始真剣なまなざしで、一生懸命考えていた。

*2000年11月15日*
学習資料を撮影するため近所のスーパーの車椅子用駐車場をハシゴした。そして憤慨した!どこのお店でも車椅子用駐車場はひとつとして空いていなかった。そして後から後から車が入ってきた・・。誰のための車椅子用駐車場?看板にも路面にも国際シンボルマークがちゃんと書いてあるのに!社会生活の基本は”いたわり合い”じゃあない?なんで元気でスタスタ歩ける人が、平気でとめるの???s(・`ヘ)ゞ私が関わる子供たちだけは絶対にそんな大人にならないことを祈らずにはいられない・・。

*2000年11月14日*
昨日、下の息子とプロレスごっこして初めて負けた。で、今日2連敗・・。ショック・・。

*2000年11月12日*
CGIでアンケートフォームを作った。だけど、転送する段になってジオがCGIを認めていないことが判明。私が加入してるプロバイダのTikiもダメ。w(☆o◎)wガーン!んじゃ、フォームデコードサービスを、と思って探したけど使い方が何だかよく分からなくて・・・どうやら徒労に終わった(もとい、終わるかもしれない)空しい時間だった(←もう半分諦めてる(・・,)グスン)。

*2000年11月11日*
昨晩は懸賞応募にハマりまくり!何か当たるといいなぁ(^^_)♪

*2000年11月9日*
大石順教さんという尼さんの略歴を読んで感動した。私はいつも自分のことだけで精一杯の生活をしてて情けない。反省・・。

*2000年11月8日*
夜、山大の立山紘毅さん(憲法・情報法)の講演を聴きに行った。丸山真男さんや家永三郎さんの15年戦争の責任問題の考え方を紹介され、大いに納得!私たち一人一人の手に、未来の平和を希求するために負うべき切実な課題が担わされていることを、理路整然と話して下さった。また、過去の失敗を生かす生き方についての示唆も与えられ、何だか胸スッキリ。普段いや〜なことも多いけど、未来のために元気出して生きていこーっと思った。(^^)


*2000年11月7日*

5年前に泣く泣く別れた犬T(♂ポメラニアン)に長男が会いに行ったそうな。新しい飼い主にたいそう可愛がられ、うちにいた時よりも一段とかっこよくなっていたらしい。幸せでよかった(涙)

*2000年11月6日*
「クリーン大作戦」で町内を歩いた。傘だのホイルキャップだのラジオだの・・・、いろんな物が道に落ちていた。煙草の吸い殻はどっさり集まった。放課後は、先週で陸上記録会が終わったので今日から音楽祭の練習開始。文化の秋は体力勝負ナノダ!

*2000年11月4日*
子供たち&保護者たちと虎が岳に登った。ものすごく急な、道無き道を歩いた。明日はきっと筋肉痛になる!でも、山頂に着いた時の爽快感と言ったらもう!!!子供たちも大喜びだった。

*2000年11月3日*
渡辺和子の「世界に拡がる女性の人権ネットワーク」を読んだ。女の性がいかに社会的に分断され階層性を持たされてきたかってことについては私も以前から憤りを感じ、そこに組み込まれない(同調しない=反論を試みる)だけの闘志を持って生きてきたつもりだったんだけど、この本では、無意図的であるにしろ日本女性がいかに世界有数の人身売買大国ニッポンを支えてきたかという、アジア女性に対するその加害者性がよく分かり、心が苦しかった。(←文、長過ぎて分かりにくかった?興奮すると文が長くなる私・・。)

*2000年11月2日*
もんのすごくかっこいいスクリーンセイバーを手に入れた。フランス人のモデル達が次々に現れてくるの。(\(・o・)/ワォ!)壁紙にもここの所凝っていて、起動するのがちょっと楽しみ・・。(現在の壁紙はギリシャ彫刻の傑作hermaphrouditus asleep!いつもうっとり見てる。)・・・今日は町美展の審査会に行き、他校の力作をしっかり見た。さ、さすが・・・。どの絵にも子供の思いがあふれていた。

*2000年11月1日*
21日にする校内研のオリエンテーションが終わった・・。今日から、28日の町教研の指導案に取りかかる!!!いつできるんだろ・・。

*2000年10月31日*
6年生の子供たちと一緒に60メートル障害走を10本走った。勿論全速力!だが、全速力でコレだけ?と、いぶかる私がそこにいた!完全に体力落ちてる!これでいいの?もう止められないのぉ?(−−;)ゥゥゥ・・。

*2000年10月30日*
給食で松茸ご飯が出た。感激!

*2000年10月29日*
今日は、広島性教協の定例会にて「いろいろな家族」の模擬授業をした。この授業、山口セミナーと長崎の全国セミナーに続き、3回目だったんだけど、その度に参加者の皆さんの貴重な体験や考えを拝聴することができ、毎回とても勉強になっている。情報を発信すると言うことは、それだけ多くのフィードバック情報を得ることなんだとつくづく思う。・・そりゃ当たり前か(^^_)♪!。だけど、いろんなこと知りたけりゃ、まずは実践&発信!・・だよね〜!広島の皆様、大変お世話になりましたっ。かきフライも最高でした!!!(^。^;)

*2000年10月28日*
今日は朝から雨。中古のパソコンショップに行っただけで、私としては珍しくずーっと家にいた・・。

*2000年10月27日*
今日は就学時健診。かわいい新1年生たちがたくさんやって来た。「1年生になるんだ〜」って意欲に燃えてる子、お母さんに甘えてわんわん泣いてる子、隣の子とけんかし始める子・・。いろんな子がいた。

*2000年10月25日*
今日は校内で就学指導委員会が開かれ、LDやADHDと思われる子供の指導について延々話し合った。でも、何か納得できない気分なのは私だけ?どんな病名が付こうと付くまいと、私は今受け持っている子供たちを一人だって手放す気はない。確かに特殊学級では、今より個に応じた指導ができるかもしれない、できることが増えるかもしれない。だけどそれが本当にその子と回りの子たちのためなのかは大いに疑問。私は、集団の中(いろんな子がいる集団の中って意味です)でこそ子供は育つと信じてるし、そうでなければならないと思っている(特学の存在否定をしてるわけでは決してない。念のため)。確かに教師は大変、ものすごく大変。その1年は格闘の日々。涙・涙の日々・・。(もち、経験者デス、私)だけど、それを引き受けれるのは教師しかいないんじゃないの?これをただのきれい事って言う?ん?(ちょっと怒ってるノダ)

*2000年10月23日*
明日は事務所からの訪問があるので、今日は徹底的に環境整美!・・のハズだったんだけど、何だか時間に追われてちっともきれいにならなかった。読書感想画コンクールや文化祭・美展の締め切りも迫ってて、ここの所やたら忙しい・・。放課後はPTAの仕事で息子の学校へ。残念ながら、用事がいっぺんに片付かず、週末にまた行くハメに・・・。(^u^;)ハァ〜・・・。

*2000年10月21日*
今日もハードな1日だった。参観日で総合学習したのはいいけど、会場が多すぎて歩き疲れた・・・。でもみんなのびのびと活動してくれて何よりだった。お招きしたのは心身障害者福祉作業所のI先生と園生のYさん、前来ていただいたH市のIさん。それぞれ別会場だったし、特別養護老人ホームに行くグループあり、デイケアセンターに行くグループあり、パソコンルームで写真取り込んでるグループや教室で前時のまとめしてるグループ、ブラインドウォークやってどっかに行っちゃうグループありで、私はただ歩き回ってたって感じ。こんな参観授業でよかったのか疑問・・。お三方やホーム、センターご利用の皆様方には、指導が行き届かず大変ご迷惑をお掛けしました。m(。-_-。)m

*2000年10月20日*
今日はチョコレートをイヤというほど食べた!自己嫌悪・・・

*2000年10月19日*
今日は社会見学でクリーンセンターや県立博物館、県庁を訪問した。社会見学ってほんとに楽し〜。子供たちもみんな生き生きとしててとってもかわいかった。私も髪を20p切ったせいかしら?自分をアクティブに感じた1日だった。

*2000年10月18日*
昨日はや〜っと11月の研究授業の指導案をブロック検討会に提出することができて、ちょっとスッキリ。やらなきゃならないことができてない時って結構ストレスなんだけど、いつもなかなか集中力が持続しない。でも、2〜3日前の「折々のうた」に、「明日の夜になさむ仕事を残しおく 眠りいる間に死なざらむため」って歌が出ていたのを見て、ばば〜んと完成した。(生きたいのに死を間近に感じる人もいるのに、私はただの甘えで仕事を後延ばしにしてるから。)この歌、これからも大事にしたい。σ(^^)

*2000年10月17日*
ドイツで行われている「死の準備教育」、私もやってみた〜いという欲求がここの所ムラムラと沸き上がっている。今まで知らなかったんだけど、調べてみると日本でも優れた実践がたくさんある。死を見つめることは生を見つめること。自分の生をしっかりと見つめる子供を一人でも多く育てたい。

*2000年10月16日*
昨日はmyroomからTVを撤去!前々から、どうせ見ないし邪魔だと思ってたんだけど、今まで踏ん切りがつかなかった。思い切って撤去してスッキリ!

*2000年10月14日*
「生と死の教育」のアルフォンス・デーケンさんと「デス・スタディーズ入門」の鈴木康明さんの対談を読んだ。自分なりの死生観を身に付けることの大切さだとか、いつか必ずやって来る大きな別れを乗り切る力を育てることの大切さだとかについて、大いに考えさせられた。

*2000年10月12日*
大野智也の「障害者は、いま」を読んだ。涙がいっぱい出た・・・。生きることの意味を自分に問いかけることなくして人の痛みなど分かるはずもなく、子供の心を揺さぶる授業などできるはずもないと思った。行動することこそ生きてる証。いつまでも心に残る本物の授業がしたい・・(~_~)

*2000年10月11日*
11月に校内研と町教研で公開授業する総合学習がいよいよ本格始動!子供たちは、近所の特別養護老人ホームを訪ねたり、車椅子を借りてきて体験したり、以前お招きしたIさんにコンタクトを取ったり、インターネットで調べたりと大奮闘。私としてもこれからの展開が非常に楽しみ。

*2000年10月8日*
今朝はカの羽音で目が覚めた。庭にはまだ朝顔も咲いている。夏のかけらがまだ残ってる。

*2000年10月7日*
なくしたと思っていたお気に入りの指輪が見つかり超ハッピー。3年振りに私の指へ!夜は「Xーメン」を観にムービックスへ。アクションはかっこよかったんだけど、ラストも余韻のない終わり方だったし、善か悪かの二者択一的な人物描写に終始していて、私は好きじゃなかった。よって評価はB。

*2000年10月6日*
明日から3連休!ワーイ\(^o^))/…\((^0^)/ワーイ

*2000年10月5日*
考えてみれば4年生の担任は久しぶりなんで、「一つの花」や「ごんぎつね」は昔からある教材だけど何か新鮮な感じ。気合い入れていこー!!と、妙な闘志がわく今日この頃・・・。昨日はデスクトップを物色した。やっぱ欲し〜よ〜!

*2000年10月3日*
早速ハードを物色した。なかなかお安い物もあるけど、お店に行くと、CD-RもDVDもできるようになりた〜い・・・と欲しい物だらけ。いっそのことデスクトップのすごくかっこいいPC買っちゃおうかと心が揺れている。(´ヘ`;)ハァ

*2000年10月2日*
私のノートPC、空き容量が少なくて、もう目一杯。ここの所いつもヒヤヒヤしてる。よ〜し!ハードもメモリも増設するゾぉぉぉ・・・!!(決意は固めたけど、いつになるかは・・・?)(^^ゞ)

*2000年10月1日*
運動会、飲み会と気力だけは絶好調!ただ体力は年々衰えていくばかり・・・。リレーでは、半周走っただけでもう足がついていかなかった。((p(>_<)q))




yoshikoの部屋へ|
inserted by FC2 system