→ HOME
→ BACK

男子の二次性徴(5年:学級活動)
めあて
 男子の性器の構造や働きを知り、生命の神秘に気付くとともに、自分の成長を喜びと期待をもって
受け止めることができるようにする。
準 備
電子黒板、プレゼン資料、人体図、外性器の模型、プリント、ふりかえりカード 


<指導案>
1 前時の学習を想起し、本時の課題をつかむ。
・女子の二次性徴
・内性器・外性器
・卵子・排卵
・月経・初経
・プライベートゾーン
・プライバシー
○ プレゼン資料や図、模型を提示し、思春期の女子に発現する様々な
体の変化を想起することができるようにする。
○ プライベートゾーンは人に見せたり勝手に他人のものを見たり触った
りしてはならないこと、また人に聞かれてもプライバシーを答える必要は
ないことを確認する。
2 男子の二次性徴についての話を聞く。
・変声・発毛・骨格の変化
・内性器・外性器
・精子・射精(精通)
○ 性器や精子の働き・射精の概要等についてのプレゼン資料の内容を、
図や模型を用いて補足したりクイズ形式で問いかけたりしながら説明し、
理解を促す。
○ プリントへの記入を指示し、知識の定着を図る。(評価ア)
○ 二次性徴の発現の時期にはばらつきがあることを知らせ、人と違って
いても心配いらないことを伝える。
3 ふりかえりカードに気付きや感想を書き、発表し合う。
・初めて知ったこと
・もっと知りたいこと
・これから気を付けたいこと
○ 感じたことを素直に表現するよう促す。(評価イ)
○ 他の人の発言とのつながりを考えながら聞くよう指示する。
○ 汚れ物の処理について考えさせ、女子には女性の、男性には男性のエ
チケットがあることに気付かせる。
4 学習のまとめをする。
・個人差
・エチケット
・成長への喜びと期待
○ 性の分化についてふれ、男女がいかに共通性のある存在かということや、
性がバリエーションに富んだものであることを知らせる。
○ 自分や他の人の性を尊重し、傷つける言動をしてはならないことを確認する。
○ 不安があれば信頼できる大人に相談するとよいことを伝える。
<評価>
ア 二次性徴の概要が分かったか、問いかけへの反応やプリントへの記入により見取る。
イ 成長への見通しをもち、これから気を付けたいことを自分なりに考えたか、発表やふりかえりカードの記述により見取る。
実際の授業の流れ

プレゼン資料の数は全部で40枚。
内性器や外性器、精子、受精場面等の写真をもとに構成した。

最初は女子の二次性徴についての簡単な復習から。
男子には保健体育以外では初めて見せる資料もあった。
ひととおり復習が終わったら---
第1章は「生きの玉」 ←精巣と、精巣を包む陰嚢がいかによくできているか、
絵などの資料を見せながら話していった。
第2章は「精子」、
第3章は「内性器・外性器」、
第4章は「射精」

話したい内容がたくさんあったので、時々はクイズを交えたが、
資料を次々に見せながら、当分の間ひとりでしゃべりまくった。

子どもたちは、一言も発さず、目を皿のようにして見入っていた。
背後で学校中の教職員が参観していたので、すくんでいたのかもしれない。

第4章まで終わると、知識の定着度を見るプリントと、
ふりかえりカード(自己評価カード)配布し、記入させた。
そして、発表。ここでも子どもたちは、よそ行き姿。
遠慮がちに話していた。

そして、ここで無情にも終了のチャイム・・・・!
仕方ないので、「最終章 初めはみんな女」は、次の時間ということに。


<次時>

次時の「最終章」では、各週の胎児の絵を見せながら、性の分化の話をした。
妊娠初期には外性器はみんな一緒だが、
12週くらいからY染色体由来の胎児の性器と脳が男性化していくというもの。

参観する教職員の数が減ったので、今度はみんな元気な反応。
驚きを素直に表現していた。

そして、いつもの「KYT」。今日のKYTは↓
この後、子どもたちからバンバン質問が出た。
ニキビのこと、発毛のこと、生理のこと、胎児の発育についてなどの内容だった。
身近な人の婦人病について語った子どももいた。

写真絵本の読み聞かせもした。、
子どもたちの感想
分かったこと・初めて知ったこと 男子の二次性徴の仕組みがよく分かった。
初めての射精を精通ということが分かった。
自分の体の中で何が起こっているのか分かった。
特に驚いたのは、心臓が一回動くと千個もの精子が作られるようになること。
卵子や精子のことは知っていたけど詳しく分かった。
男子も女子も、命のもとが体の中に何億も何万もあることが分かった。
自分の体の中では、すごい働きをしていることが分かった。
精子にはXとYがある。
陰嚢が温度の変化で伸びたり縮んだりすることが分かった。
一日に一億個も精子が生まれてすごいと思った。
精子の大きさや運ばれ方などがよく分かった。
女子だけでなく男子も大変なんだと分かった。
男子もいろいろ成長することが分かった。
月経は女子だけにあると思っていたけど男子にも精通があった。
信頼できる大人の人を見つけておかなければいけないことを初めて知った。
男子も女子と同じくらい大変なんだなと思った。
男子は男子で大変なんだなぁと思った。
今まで知らなかった場所や名前が分かった。
違いは誰にでもあるので悩まなくていいと分かった。
何か困ったことがあったら、親しい人に相談すればいいことが分かった。私は母に相談することに決めた。
人それぞれであることが分かった。
自分の体にこんなにいっぱいすごいことがあると知ってびっくりした。
男の子と女の子の体は同じような感じだということを初めて知った。今回の授業のお陰で安心したことがある。
X精子は長生きするし、Y精子は素早く動くこと、精子はそれぞれ別の遺伝子を持っていることが分かった。
男女の別はXYで分かれ、最初はみんな女の子だったこともびっくりした。
人間ってすごいことを感じた。
これからの僕たちに大切なことばかりだった。
体はとても大切だと思った。
性は人それぞれだと分かった。
男子には精子があり、酵素で卵膜を溶かして入ることが分かった。
体のいろいろな部分の名前が分かったのでよかった。人の体のことがいろいろ知れてよかった。
体の中にはいろいろなものがあって、全てに役割があることが分かった。
私は女性の外性器や内性器しか分からなかったけど、男性の外性器や内性器もよく分かった。
男子のいろいろなことが分かったので少しためになった。女子のことも復習できたので、前よりよく分かった。
男子の体の変化を知れてよかった。みんな初めは女子からだと初めて知った。
体の中ではいろいろなものがあって、たくさんの働きをしている(役割がある)ことが分かった。男子の体のことは関係ないと思っていたけれど、少しは女子も関係あることもあるんだなぁと思った。体内・体外のことを初めて詳しく知った。体の中や外の働きはすごいと思った。
外性器や内性器の働きで知らなかったことが多かったが、今日の授業で初めて分かった。
女子のことは前に勉強したけど、男子のことは初めて勉強したのでいろいろなことを知った。
精子が作られるのは卵子とほぼ同じだと思った。初めはみんな女性で、それから変わっていくんだと分かった。
人と比べて悩まなくていいということが分かった。
女子の月経や卵子のことを復習したり、男子も大人になるために準備していることを聞いてとても勉強になった。
疑問に思ったこと・質問したいこと 体が男子で心が女子の人に、どのように接すればいいのか。
DNAのこと
なぜ性別は男子と女子の2つなんだろうと思った。
精子が卵子にくっつくと、他の精子はなくなるのか。
赤ちゃんが生まれる時、まだ知らないで産んだ人はいるのか。
ニキビなどどうしてできるのか知りたい。
女子の生理は何歳まで続くのか。
これから気を付けたいこと エチケットを守りたい。
悩みがある時、思い出したい。
何かあった時にはやっぱり信頼できる人や、父母に話したいと思った。
自分の体をしっかり理解し、対応したい。
人と成長が違うから、違っても人を傷付けてはいけない。
人と比べないようにしたい。
何かあったら母に相談したい。
成長に従って体は変化するけど、あまり気にしないようにしようと思った。
人の大事なところをたたいたりしないようにしたい。
体の中には大切なものがあるから、体は大切にしないといけないと思った。
体の成長が遅くても気にしないようにしたい。
私は男子ではないので、関係ないと思っていたけど、関係があったのでびっくりした。
異性をかわかわないことが大切だと思った。
無理に人に聞くのはプライバシーなのでやめようと思った。
男子も女子も体を大切にしようと思った。
自分のペースを大切にということが分かったので、自分のペースでこれからも生きたい。
人の成長のペースが違うので、傷つけないようにしたい。
ちょっと恥ずかしかったけど、いろんな成長の仕方が知れてよかった。女っぽい女の子や男っぽい性格の人など、たくさんいるので、からかわないようにしたい。
人を傷つけないようにしたい。
自分の体を大切にしたい。
体の変化に悩まないようにしたい。人と比べないようにしようと思う。
「生きの玉」を大切にしたい。人と違っても比べたりしなくていい。
精巣に何かが当たって痛いのは守るためだと分かった。自分でも守りたい。射精があったら大げさに騒がない。
たくさんの言葉を習ったので全部覚えたい。
みんな人それぞれで違うことはたくさんあるけど、気にしなくていいことが前より分かった。
差別しないことに気を付けたい。これからも身長を気にしないで一生懸命生きていきたい。
感想 先生がおもしろく進めてくれたので少し楽しかった。たくさん先生方がいらっしゃっていたのでとても緊張した。
参観者の感想
自分もとても勉強になった。
こんなに詳しく教えてもらえて、子ども達は幸せだ。
自分のクラスにも来て教えてほしい。
(受精の話を聞いて)障害児も、こうなふうにとらえればいいんだと思った。
自分が子どもの時にこの授業が受けたかった。娘にも話したい。自分は正しい知識がなくて、結婚するまでずっと精子の製造場所を勘違いしたままだった。
「KYT」が何か、ずっと気になった。
「生きの玉」という言い方は初めて知った。
あの模型はすごい。手作り資料もたくさんで感心した。
資料提示の仕方など、若い人も参考になったことと思う。
(最終章を見た人から)最終章が感動的だ。本時に入らなくて残念だ。
教師の話が面白かった。男子の外性器の模型にピンポン球を入れたと聞いて、爆笑しそうになり、必死でこらえた。

 

inserted by FC2 system