工場夜景クルーズ 


 所要100分・3800円。企画・実施はJTB徳山支店。
 解説は、夜景鑑定士2級(東京の一般社団法人「夜景観光コンベンション・ビューロー」認定)の竹島さん。
 夜景鑑定士は全国に4000人、1級は20人いるのだそうだ。
 (アンジャッシュ渡部さんは、3級の資格を持っている。)
 
 郷土の歴史等、いろいろ説明してくれたけど、観賞&撮影でバタバタし、所々聞き逃した。

 色とりどりの明かりが海面に映え、夜景はもう、とてもきれいだった。



【出航前:港からの風景】




【8月23日18:50 いよいよ出港】


夜景鑑定士の竹島さん
地元への愛をびんびんに感じた






【トクヤマ】


【出光興産】


【間もなくとっぷりと日が暮れた】

内海に出て黒髪島の周囲をぐるっと周り、周南大橋の下をくぐって海岸線を進むコースだった。

大津島のそばも通った。
回天訓練基地は、2014年11月8日で70周年を迎えるのだそうだ。

このあたりは「徳山御影石」の産地で、黒髪島は国会議事堂の石、
大津島は大阪城に使った石を産出したのだそうだ。
東京スカイツリーのソラマチ広場のモニュメントにも使われている。


30kmの海岸線に様々な工場が建ち並ぶ。


【山口県で3番目に長い「周南大橋」】

一番長いのは、言わずと知れた「角島大橋」  ←クリック
二番目に長いのは関門大橋だ。
私、「橋」も結構好きなので、良かったらこちらのページもご覧あれ。







【東ソー】


【巨大クレーン:まるでキリンさん】

こういうの、テクノスケープというのだそうだ。







かっこいい船が1隻、光の中で待機していた。
ブルネイで行った水上家屋を思い出した。→「カンポン・アイル














【20:30 帰港】





inserted by FC2 system